Category
お米と暮らし
焼き菓子と素材
オススメのスポット
写真家の視線
ベジフード
目利きの逸品
フィトテラピー
自然派ワイン
地域の人々
絵本の紹介
イベント
Back Number
2021年10月
2021年9月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
  • ヘッセ田園都市

自然に造るボージョレ・ヌーヴォーのオススメ生産者!

2021年10月 6日
自然に造るボージョレ・ヌーヴォーのオススメ生産者!

ボージョレ・ヌーヴォーが今年もやって来る!
ヌーヴォーは好きじゃない!という人もたまに見かける。けれども今。ボージョレには素晴らしくナチュラルなヌーヴォーを造る生産者がいる。この人たちのヌーヴォーを飲んでからナチュラルヌーヴォーを毎年飲み、その後ボージョレのワインを追いかけてガメラー(ボージョレで使われているガメイ種のブドウを好きになった人達のこと)を自称する方達も増えました。店頭ても旨ガメイくださーい!と来店してくるお客様もおおいですよ!
これからオススメする生産者のヌーヴォーやヌーヴォー以外のボージョレワインを見つけたら是非試してみてください!

まずは今年の作柄から!
2021年、フランスのワイン産地ほぼ全域に遅霜が降りるという衝撃的な幕開けから始まり、その後ボジョレーでは雹、長雨による病気の蔓延など、天候的に厳しい年に。ブドウの栽培にとって厳しい年にもかかわらず品質に恵まれた2012年とサイクルが似ているため、天候次第では再びワインの品質に恵まれることを期待する生産者も多い2021年!生産者の力量が試される年かもしれませんね!

オススメのボージョレ・ヌーヴォー生産者その1

BioWine_sub1ドメーヌ・ラフォレ
ボージョレ地区の、ブドウ畑と緑の平原が広がるとてものどかで美しいレニエ・デュレット村にあります。
現当主ジャン=マルク・ラフォレ氏は4代目で、16歳の時からワイン造りを始めました。丁寧に育てられたぶどうは、単に飲みやすいだけでなく、完熟したぶどうの旨味が凝縮された非凡なボージョレを造る。また、ボージョレといえばヌーヴォが有名ですが、ラフォレ氏の造る、新鮮な果実味いっぱいのヌーヴォは多くのファンを魅了しています。現在は、三つ子の息子のうち、トーマさんとピエールさんが引き継いでいます。
ワインは果実味たっぷりで誰が飲んでも美味しい親しみやすい味わい!


オススメのボージョレ・ヌーヴォー生産者その2

BioWine_sub2ジャン・フォワヤール
ジャン・フォワヤールの造るワインはヌーヴォーに限らずまるでピノ・ノワールだ!!というのがワイン好きのもっぱらの評判だ!鮮やかな色調、透明感のある果実味。なんといっても繊細でとてもエレガントなワインだ。通常の熟成スタイルのワインに限らず新酒のヌーヴォーでもこの酒質は変わらない。彼は、マルセル・ラピエール、ギイ・ブルトン、イヴォン・メトラ、ジョセフ・シャモナール等、現在活躍する自然派ワインの生産者と深く知り合い、次第に彼らのワインづくりに興味を抱くようになる。特にマルセル・ラピエールに影響を受けたという彼は、ジュール・ショーヴェの本を片手に、マルセルのカーヴに足繁く通いながら独学でワインの醸造を勉強した。ジャンの艶っぽく、エレガントなガメイは、ボジョレーのヴァンナチュールを代表するだけではなく、AOC、ヴァンナチュール、品種の枠を超え、現在世界各国で高く評価されている。寝かせると物凄いのがジャンのワイン!


オススメのボージョレ・ヌーヴォー生産者その3

BioWine_sub3ジャン・クロード・ラパリュ
毎年進化する作り手! 評論家パーカー、世界一ソムリエのオリヴィエ・プーシェ、三ツ星タイユバンも一押しのヌーヴォー! 徹底した冬季剪定と夏季剪定作業をしています。品質の高いぶどうが生るように、余分なぶどうを切り落とします。せっかく生っているぶどうを取るのは残念ですが品質を追求するため。 質・量ともにベストである1ヘクタール当たり45lhになるように切ります。「冬の剪定」で短くしたため切り落とすぶどうが少なく、樹の生育にインプットされているので栄養分が効率よくぶどうに行きわたります。 醸造の時はもちろん天然酵母です。 古樹中心で収穫量を抑えるため芳醇タイプから最近はエレガントさも!価格もそれなりにいいですがそれに見合う品質のものだと思っていますので是非ともお試しください。


オススメのボージョレ・ヌーヴォー生産者その4

BioWine_sub4レミ・デフェイトル
ラグビーのフォワードの選手のようないかつい風貌とは対照的にピノのような驚くほどの繊細なワインを造る!平均樹齢60年、平均収量30hl/ha。酸化防止剤は一切使用しない。味わいは葡萄の果実をストレートに表したとても繊細で女性的なタッチのワイン。優しい味わいのワインが好きな方にはおすすめのヌーヴォーです!
2006年、レミ・デュフェイトルと彼の妻(元)ローランスはブルイイやコートドブルイイ周辺の畑を購入しワイン造りをスタートしました。当初より葡萄栽培は有機にて行っておりましたが、醸造設備等は一切なく、収穫した葡萄は全て共同組合に売っていました。
2人にとって納得がいく葡萄が収穫出来たときに自ら醸造。醸造したワインをモルゴンのジャン・フォアイヤールやブルイイのジャンクロードラパリュらに試飲してもらうと、すぐさまレミの溢れる才能を見出します。彼らはレミに醸造所の立ち上げを提案し、2011年に自身のドメーヌを立ち上げます。ジャンフォワイヤールやラパリュはレミにさらにワイン造りのコツを教え、レミをパリのカヴィスト達(酒屋さん達)に紹介していったのです。パリのシャトーブリアン(名門ビストロ)の試飲会ではジャンやラングロールのエリックなどと共に若手自然派生産者代表として肩を並べました。


オススメのボージョレ・ヌーヴォー生産者その5

BioWine_sub5シルヴェール・トリシャール(蔵元名:セレネ)
2012年からワイン造りを始めた若き生産者。 2002年にジャン・クロード・ラパリュに出会い収穫を体験。 そこから自然派ワインそのものや造り方にも衝撃を憶えスイッチが入った。
おじさんから畑を譲り受け酸化防止剤ゼロのワインで経験が浅いにもかかわらずグロゼイユのような赤い透明感がありミネラル分に富むワインをつくりだす。 おじさんも以前よりビオディナミ農法を実践しており長い間その農法で栽培されている葡萄でワインを造る事が出来ている。若い世代のヌーヴォーの代表格になる素質がある生産者かもしれない!


オススメのボージョレ・ヌーヴォー生産者その6

BioWine_sub6フィリップ・パカレ
ボージョレというよりブルゴーニュを代表する造り手の一人。自然派ワインの大御所である故マルセル ラピエールの甥であり、プリューレ ロックの醸造長を務め一時はロマネ・コンティの醸造長をも依頼されたという。
自然派ワインの祖ともいえるジュール ショヴェに師事し、寝食を共にしてショヴェの哲学やエスプリを引き継いだ経験です。ジュール ショヴェと聞いてもあまりピンとこないのが正直なところでしょうが、彼の残した哲学を受け継いでいる生産者の系譜を見ると、その影響の大きさを感じざるを得ません。酸化防止剤や農薬に頼らないでワインを造り、しかも熟成によってえもいわれぬガメイを生み出したマルセル ラピエール、ジュール シュヴェの弟子ジャック ネオポールからワイン造りを学んだヤン ロエル、その他にもフレドリック コサール、イヴォン メトラ、ジャン フォイヤールなどジュール ショヴェの残した書物から学んだ生産者は多くいます。そのジュール ショヴェ最後の愛弟子がフィリップ パカレです。彼はジュール ショヴェと6年間寝食を共に過ごし、その哲学を学びました。


以上、オススメのボージョレ・ヌーヴォーの生産者を6蔵ご紹介させていただきました。
ご紹介した生産者はヌーヴォー以外も造っていますのでぜひともお試しくださいませ!

Profile

竹之内 一行(たけのうち かずゆき)

竹之内 一行 (たけのうち かずゆき)

1968年10月生まれ 神奈川県出身。横浜商業高校卒後、レストラン&バーでの修業、
1993年約3週間ヨーロッパへ食べ歩きの旅行をきっかけにワインに興味をもつ。
1996年日本ソムリエ協会ワインアドバイザー修得。その後も都内ワインスクールにてテイスティングの勉強を重ねる。2000年再度渡仏の際に教科書やワインスクールでは、知ることができなかった自然派ワインや地元でしか流通していない真のお宝ワインがあることに興味を持ちはじめ毎年渡仏し現地生産者等と交流を深める。現在、父親が始めた酒販店「エスポアしんかわ」代表。都内等ワイン飲食店にワインの卸や初心者のためのワイン講座等も行っている。

  • きたかぜとたいよう

    by 冨樫 チト on 2021年10月26日
    『きたかぜとたいよう』作者不明絵本の古本屋には基本的に二つの柱がある一つはもちろん、絵本を売ることであるそしてもう一つは絵本を買うことである書店や古書店での修行も全くなく未経験からある日突然絵本の古
  • 自然に造るボージョレ・ヌーヴォーのオスス...

    by 竹之内 一行 on 2021年10月 6日
    ボージョレ・ヌーヴォーが今年もやって来る! ヌーヴォーは好きじゃない!という人もたまに見かける。けれども今。ボージョレには素晴らしくナチュラルなヌーヴォーを造る生産者がいる。この人たちのヌーヴォ
  • 行動経済学からフレーミング効果を学ぶ

    by 金井 一浩 on 2021年9月15日
    連日のコロナ報道、そしてニュース速報で流れる感染者数。さてこの状況、どのように感じますか。恐怖を感じますか、それとも、たいしたことないと感じますか。行動経済学には「フレーミング効果」と言われる考
  • ニコンFとウォークマンPの修理

    by 中村 滋 on 2021年9月 6日
    整理していたら大量のカセットテープが出てきました。そこでウォークマンプロをひっぱり出して聴こうとしたら、動きが悪いです。何しろ37年前の製品だから当たり前か。最近はiPhoneとBluetoothス
  • ひなちゃんの日常

    by 冨樫 チト on 2021年8月24日
    ひなちゃんの日常南ひろこ産経新聞社の本これは「絵本の素」である。当店には 絵本作家になりたい方 絵本を描きたい方が頻繁にいらっしゃる。 そんな皆さまにこっそりお教えしたい。 絵本の種はこ
  • 自然派ワインQ&A その2

    by 竹之内 一行 on 2021年8月 4日
    よくある自然派ワインに関するご質問をまとめてみました。 Q6. 自然派ワインに濁ったワインが多いのは何で? 葡萄の旨味をダイレクトに表現したい為、製造段階で無濾過または濾過のフィルタ―の粗
  • 知っておきたい「グリホサート」という発が...

    by 金井 一浩 on 2021年7月15日
    私たちが健康的に生活していくうえで、一番重要な行為が食事になると思います。 その食事に不要な物が混ざっていたら、体の機能はどうなるのでしょうか。 近年、製造工程が複雑な加工食品がおおく、ぶどう
  • 生活にGデザインを心がけてます

    by 中村 滋 on 2021年7月 7日
    吟味され、優れていて、デザインに気配りされたものに囲まれて暮らす「坐辺師友」が晩年の理想なのですが、現実はなかなかそうはいきません。 空を見上げれば電線と電柱、統一感のない建物、乱雑な看板、それ
  • ちいさいモモちゃんあめこんこん

    by 冨樫 チト on 2021年6月24日
    松谷みよ子 文中谷千代子 絵講談社この間恵比寿でのダンスレッスンの合間2階の窓からふと隣のタコ公園を見下ろすとまだよちよち歩きの男の子が、お父さんと散歩していた。空は気持ちよく晴れていたが朝降った
  • 自然派ワインQ&A

    by 竹之内 一行 on 2021年6月 9日
    よくある自然派ワインに関するご質問をまとめてみました。 Q1.自然派ワインってなんですか? 葡萄畑の栽培において有機農法もしくはビオディナミ農法にて出来たブドウを使用。 収穫したブドウは加
  • お米は「冷蔵庫」で保管しないほうがいい!...

    by 金井 一浩 on 2021年5月15日
    5月ごろは湿温ともに過ごしやく気持がいいですよね。ただ、だんだんと夏が近づくにつれ湿度と気温が上がり、気が付けば、じっとり暑い、本格的な夏が到来します。 収穫からそろそろ1年が経とうとしているお米
  • 希少アナログ音源をデジタル保存

    by 中村 滋 on 2021年5月 7日
    倉庫を整理していたら、1983年に録った開高健さんのインタビューテープが出てきました。カセットプレーヤーを引っ張り出して聴くのも面倒なのでデジタル化して、iPhoneに入れることにしました。古
  • おやすみなさいコッコさん

    by 冨樫 チト on 2021年4月26日
    『おやすみなさいコッコさん』片山健 さく・え福音館書店 これは魔法についての話。科学では解明できない不思議な出来事のお話。本というのはそもそも不思議なものでその小さな四角の中に猫やら犬やら竜やら、泥
  • 自然派ワイン(ナチュラルワイン)が楽しめ...

    by 竹之内 一行 on 2021年4月 5日
    木と(目黒区・学芸大) 東急東横線・学芸大駅より徒歩4、5分の線路沿いに2018年にオープン。 L字型のカウンタ―席が10席のこじんまりとしていたワインと気の利いた美味しいおつまみが楽しめるお店
  • 白米に玄米を混ぜてはダメな訳

    by 金井 一浩 on 2021年3月15日
    ほとんどの方が、栄養価の高い玄米を白米に混ぜて炊くことで、健康的なイメージを持たれることだと思います。最近そのような動機で来店される方が多くいらっしゃいます。でも、この炊き方で玄米を食べても、す
  • 40年間使い続けているソックス

    by 中村 滋 on 2021年3月 5日
    一生ものとかライフタイム・ギャランティーとかいう商品が時折ありますが、手入れが悪いからか羊頭狗肉なのか、あるいは壊れる前に飽きたりで周りから消えていきます。そんな中で、なんと40年使い続けている靴
  • アラネア

    by 冨樫 チト on 2021年2月24日
    J.ワグナー 文R.ブルックス 絵大岡信 訳岩波書店絵本の古本屋を6年やっていると、絵本に詳しいですねとお客様から言われることが多い。この作家さんは何年の生まれで、出身はどこで、他にこういう仕事もし
  • 自然派ワイン(ナチュラルワイン)が楽...

    by 竹之内 一行 on 2021年2月10日
    鳥すみ(横浜市都筑区仲町台) 昨年2月に横浜市営地下鉄ブルーライン仲町台駅近くの遊歩道沿いに「鳥すみ」さんという鳥料理が美味しいお店がオープン! 福島の伊達鶏を主体にした鮮度抜群の鶏肉を使用。
  • 産地ブランド米の時代の終焉

    by 金井 一浩 on 2021年1月15日
    最近、新品種のお米がやたらと開発され、市場に多く出回るようになりました。直近では秋田県の「サキホコレ」がニューフェイスです。そんな中、苦戦している産地ブランド米があります。そもそも日本人の一人当た
  • マスク忘れを防止するボックス

    by 中村 滋 on 2021年1月 7日
    マスクを忘れて出かけて、コンビニやドラッグストアで買おうとしたら、「マスクなし入店禁止」なんてことがあります。そんなウッカリが多い人の道具があります。玄関の扉にこのマスクホルダーを付けておけば、目の
1

Homeに戻る