自然派ワインの造り手
クロ・デ・ジャール

2019年1月23日
自然派ワインの造り手 クロ・デ・ジャール

ラングドック地方、ミネルヴォワ地区の若手醸造家

南フランスのミネルヴォワ地区のコーヌ・ミネルヴォワ村に若手醸造家Vivien Hemelsdaelヴィヴィアン・エメルスダールが誕生した。

両親の畑12hを譲りうけて2010年にClos des Jarresクロ・デ・ジャールを立ち上げた。

ヴィヴィアンは自分が生計を立てるのに、地球を汚すような農業をしたくなかった。
アルザスのビオ栽培の元で研修をしたヴィヴィアンは最初からビオ栽培を実行している。

喉をスーット通るスタイルのワイン

勿論、醸造も自生酵母のみで発酵、SO2も最小限に抑えた自然な造り。
ヴィヴィアンは自分自身、濃厚過ぎるワインがあまり好きではない。
最初から目指すワインは、飲みやすく喉をスーット通るスタイルのワイン。

酸を残す為にビオ栽培

BioWine_sub12010年に母は引退し、ヴィヴィアンの課題は、熱い太陽の南仏でワインに酸を残すことだった。
葡萄の根っ子を地中深く伸ばすこと地中深いところには水分がある。
その為には、地表に化学肥料をやらず、根っ子が自ら地中深くに伸びていくビオ栽培をすること。


極限までの短い剪定

そして、それでも葡萄の水分が少なくなることを避けるため、葡萄の房を少なくすること。
厳しい剪定を実行。芽を一つずつしか残さない超短い。ここまで短い剪定をみたことがない。

BioWine_sub2

ビオ栽培を初めて7年目に入った畑が生き生きしてきたのをヴィヴィアンは感じている。
葡萄の根っ子が地中深く伸びている。
乾燥した年でも葡萄のストレスが見られなくなった。
地中深くから水分を補給できるようになっているのを感じる。
水分と共にミネラル分も吸い上げられる。ミネラルが増すと透明感がでてくる。
根っ子が地中深くから水分を吸い上げるお蔭で、葡萄実が酸を残しながら熟すようになった。
ワインが、爽やかで心地よい果実味もありながらスーット体に入るようになってきた。

BioWine_sub3やっと、自分が目指すワインができてきた。
それと同時に、パリのビストロ、ワイン屋からも外国からも注文が入るようになった。
パリにあるナチュラルワインの名店、パピーユからも注文が入った!(写真→)


Clos des Jarresクロ・デジャールの土壌

BioWine_sub4石灰土壌。元海底だった頃の石灰岩盤の上に粘土質が覆っている。
粘土層が浅く、根っ子は石灰岩盤の中に打ち破って伸びていったり、岩の亀裂沿いに伸びていく。
石灰岩は海の魚介類の骨などが化石化して固まったもの。
だから潮っぽいさ、ヨード風味、昆布ダシ系の旨味がワインに入っていく。
ここの特殊性は、石灰に混じって石英石が多くあること。
ワインにスッキリした透明感が出てくる。
ここの白ワインL'Estrangierレストランギエールは海の潮っぽさがあって魚介類にあう。
勿論、赤ワインの中にも、潮っぽさ、昆布ダシ系の旨味が入っている。
だから、出汁系の和食に合わせやすい。



ワイン

●エストランジェ 白

BioWine_sub5ソーヴィニヨン・ブラン種。
「エストランジェ」とは、地方言語であるオック語で、外国の、よそ者のという意味。ソーヴィニヨン・ブランという品種は、このラングドック地方原産の品種ではないことから名付けた。香りや力強さで抜きん出ており、ソーヴィニヨン・ブランの枠に収まらないワイン。石灰から来る爽やかなミネラル感と共に、繊細で優雅な飲み口へと続く。すっきり辛口だが、厚みも十分!


●ユトピー 白

BioWine_sub6グルナッシュ・ブラン、ルーサンヌ、ヴェルメンティーノ種。
2009~2010年頃、ヴィヴィアン氏が醸造所を構えた頃に植えた若いブドウで造ったワイン。2014年が初ヴィンテージ。
ワイン名は、ユートピアを意味するフランス語のユトピー(utopie)から。ためらったり、人からの忠告もあったが、ミネルヴォワの白ワインを造ることが当初からヴィヴィアン氏の望みだった。これがヴィヴィアン氏にとってのユートピアの実現だった。
非常に厚みを感じさせる白ワイン。カラフェに移すか、空気に触れさせるとワインが開く。白い花や桃などの複雑な香り。余韻も長く芳醇。味わいは上品で、繊細な酸味が心地良い。苦みと酸味のバランスも良好。


●アンスシアンス 赤

BioWine_sub7カラドック(マルベック×グルナッシュの交配品種)、メルロ。
2012年が初ヴィンテージ。カラドックは有機栽培にするのが難しく、良いブドウができるか大変心配させられた。たくさんの気がかりの中、それを忘れさせるために、「悩みなし」という意味のワイン名にした。唯一の透明ボトル。気軽にグイグイ飲んでほしいワイン。
カラドックから来る厚み、タンニンの強さを感じる。口当たりは柔らかく飲みやすい赤ワイン。強烈な果実のアロマと、爽やかさ、軽やかさが魅力的。仲間が集まってワイワイ楽しく飲むのにピッタリ。


●アブランシス 赤

BioWine_sub8グルナッシュ、カリニャン、シラー。
ワイン名の「アブランシス」とは、醸造所がある土地の名前。
複雑さを感じる赤ワイン。シラーの比率は低いが、多品種とのブレンド比率の良さが出て、豊かなタンニンを感じる。後味のキレが特徴的。赤い果実のアロマと、ガリッグ(野生の香草)やスパイスのアロマにより「テロワール」が表現されている。


●アンヴィ 赤

BioWine_sub9この「アンヴィ(EnVie)」というワインは、ワインを造るというヴィヴィアン氏の夢という意味で、「欲望(アンヴィ=envie)」の成果である。また、栽培しているブドウやワインは生きていることから、「生きている(アンヴィ=en vie)」と掛けている。
非常にバランスが良い赤ワイン。余韻も長く、後味も心地よいタンニンの渋みを感じる。酸は穏やかで、飲みやすい。繊細な口当たりでまろやか、ブルーベリーやプラムの香り、スパイシーなニュアンスがある。しっかり焼いた肉にソースを付けて、ジビエ、甘辛料理やほんのりスパイスの効いた料理と一緒に飲みたい!


これからますます楽しみな造り手の一人!見つけたら試して欲しい。

Profile

竹之内 一行(たけのうち かずゆき)

竹之内 一行 (たけのうち かずゆき)

1968年10月生まれ 神奈川県出身。横浜商業高校卒後、レストラン&バーでの修業、
1993年約3週間ヨーロッパへ食べ歩きの旅行をきっかけにワインに興味をもつ。
1996年日本ソムリエ協会ワインアドバイザー修得。その後も都内ワインスクールにてテイスティングの勉強を重ねる。2000年再度渡仏の際に教科書やワインスクールでは、知ることができなかった自然派ワインや地元でしか流通していない真のお宝ワインがあることに興味を持ちはじめ毎年渡仏し現地生産者等と交流を深める。現在、父親が始めた酒販店「エスポアしんかわ」代表。都内等ワイン飲食店にワインの卸や初心者のためのワイン講座等も行っている。

  • 【 北斎パスポート 】 新・北斎展と奇想...

    by 石黒 健治 on 2019年2月14日
    パスポートが変わるそうです。どう変わるのか? 表紙や外観ではなく、中のページ、出入国の時にハンコを押してもらう査証のページが変わるんだそうです。試みに、手許のパスポートを拡げてみてください。
  • 自然派ワインの造り手クロ・デ・ジャール

    by 竹之内 一行 on 2019年1月23日
    ラングドック地方、ミネルヴォワ地区の若手醸造家 南フランスのミネルヴォワ地区のコーヌ・ミネルヴォワ村に若手醸造家Vivien Hemelsdaelヴィヴィアン・エメルスダールが誕生した。 両親
  • 新米の意味を知っておこう!

    by 金井 一浩 on 2019年1月15日
    新年あけましておめでとうございます。 今年も「お米」を中心としたトリィビア的情報をお届けできれば幸いです。本年もよろしくお願い申し上げます。 さて、新年の初投稿は「新米の概念」を知っていますか?
  • 首根っこを押さえるといいますが。

    by 中村 滋 on 2019年1月 9日
    これからが一年で最も寒い季節です。防寒といえば、ダウン、フリース、発熱下着が街着でも定着しました。これに付け加えるとしたら、手袋、帽子、そしてマフラーです。中でも首回りが一番の押さえどころというこ
  • ぼくは

    by 冨樫 チト on 2018年12月25日
    突然だが 僕はその昔 臨死体験?のようなものをしたことがある あれは20代中頃 その日もいつものように 友人がアルバイトをしていた原宿の服屋さんで閉店後にワイワイしていた 大体集まっては最近聴い
  • 南インド料理を食べに行く

    by 石黒 健治 on 2018年12月19日
     先月28日、インドのモディ首相が来日、安倍首相は軽井沢の自分の別荘に招いて夕食会を開いたという。  メニューは何だったのだろう。カレーも出たのだろうか。インド人は365日3食すべてカレーを
  • 自然派ワインの造り手テスタロンガ

    by 竹之内 一行 on 2018年11月27日
    南アフリカで抜群にうまいナチュラルワインを造るテスタロンガ! テスタロンガはクレッグとカーラのご夫婦でワインを造る。 ドメーヌ(蔵)はスワートランドという地区の中でも山奥にぽつんとあり犬3匹と
  • ネオニコチノイドという殺虫剤

    by 金井 一浩 on 2018年11月15日
    新潟県魚沼地区でお米を栽培している農家さんの田んぼで異変が起きました。ある日大切に飼育していたタガメ80匹が一晩で全滅してしまったそうです。何が起きたのか困惑しながらいろいろと調べていたらニオネコ
  • 「定説を覆す」が肝心、こんな日用品でも

    by 中村 滋 on 2018年11月 5日
    最近気になった著名人の言葉。まず、あの樹木希林さんです。「驕らず、人と比べず、面白がって生きればいい」。名言ですが、成功した人が言える言葉です。彼女らしいのはこっちです。「ピンチピンチ、チャンスチャ
  • はしれ!かもつたちのぎょうれつ

    by 冨樫 チト on 2018年10月25日
    「絵本の中には大人でもハッとするような真理のようなものが描かれていることがありますよね」絵本の古本屋をやっていて、たまに言われることだ子ども向けのお話なのに大人が読んでもグッとくるいわゆる「深い」絵本
  • 輝く青い海は何処へ行った 沖縄

    by 石黒 健治 on 2018年10月16日
      写真を勉強する会の真眼塾の夏期合宿は、沖縄で、8月10日午後、現地ホテルに集合と決まっていた。それぞれの仕事や家庭の都合にあわせて出発も滞在も自由とし、10日を挟む前後3日間を撮影合宿に当て
  • 自然派ワインの造り手ジャン・マルク・ラフ...

    by 竹之内 一行 on 2018年9月25日
    ボージョレ・ヌーヴォー2018 収穫速報! 9月に入ってボージョレ・ヌーヴォーの収穫が始まりました! 毎年美味しいヌーヴォーを造ってくれるジャン・マルク・ラフォレの収穫速報をお届けいたします!
  • We are ready for ENG...

    by 金井 一浩 on 2018年9月15日
    先日、新宿まで備品の買い出しに行きました。日中ともあって夜の新宿とは少し違う落ち着いた雰囲気の繁華街、買い物客が行きかう風景が目に映ります。しかし行き交う人たちを眺めていると異国のセンスで着こなす
  • 使い道が色々ある手動ポンプ式シャワー

    by 中村 滋 on 2018年9月 3日
    最近の車の塗装、というかコーティングは優れていて、1年や2年はワックス掛け不要といいます。つまり水掛けだけでいいと。たしかに土砂降りの雨のあと車はピカピカになります。というわけで、ガススタンドで
  • ピッピ南の島へ

    by 冨樫 チト on 2018年8月28日
    「ピッピ南の島へ」 リンドグレーン 作 大塚勇三 訳 小学生の頃の友だち 中学生で聴いた音楽 帰り道に買った駄菓子 友だちも音楽も駄菓子も あの感覚はあの時にしか味わえない 若い時に旅をしなけ
  • 鎮魂と再生――ワルシャワから広島・長崎ま...

    by 石黒 健治 on 2018年8月21日
     東京オリンピック・パラリンピックの開閉会式のチーフ・エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターに就任した野村萬斎さんは、記者会見で、式典のコンセプトについて「"鎮魂と再生"の精神を生
  • 自然派ワインの造り手パルティーダ クレウ...

    by 竹之内 一行 on 2018年7月27日
    イタリア人がスペインで造るフランス的ワイン!? スペイン北部カタルーニャ地方の沿岸部、タラゴーナから東北に30km。 ボナストレ村でとびっっきりのピュアでナチュラルなワインを造る男がいた! パルテ
  • 環境保護と農業とビジネスの関係

    by 金井 一浩 on 2018年7月15日
    前回はお米屋さんの経営状況について書きましたが、今回は農業経営を考えてみたいと思います。 俗に農業、農家というと一律に生産物を栽培する第一次産業をイメージすると思います。 しかし農業と言っても
  • 日本人のデザインセンスは落ちているのか?

    by 中村 滋 on 2018年7月 6日
    テニスの錦織圭が着るテニスウェア、センス悪いです。2020東京オリンピックのボランティア制服も、最初も今もひどい(1964時の選手ウェアは美しい、ポスターも)。TV情報・ニュース番組の背景を一度注視
  • ぬまばばさまのさけづくり

    by 冨樫 チト on 2018年6月27日
    かけただけでダンスが3割は上手く見える魅惑の髪型ドレッドヘアーをかけるにはそれ専用の美容室を探さなければならなかった時は90年代の終わり僕が仲間や先輩にきいて探し出したのは原宿のブランコ通りにあっ
1

Homeに戻る