自然派ワインの造り手
「ル・トン・デ・スリーズ」

2016年12月22日
自然派ワインの造り手 「ル・トン・デ・スリーズ」

ワインはその土地を表すというが造り手の個性も表す。これほどワインと造り手の個性がリンクしたワインがあるのかと思わせる蔵がある。「ル・トン・デ・スリーズ」だ。
東ドイツ出身という異色の経歴を持つ造り手アクセル・プリュファー。自然と音楽をこよなく愛する彼は、非常に柔らかい物腰と、優しいまなざしの男。そんな彼の人柄と瓜二つなのが、彼の手がけるル トン デ スリーズのワインたち。太陽照りつける南フランスでありながら、標高の高い畑から淡くチャーミングな果実味を備えた癒し系のワインを生み出しています。このじんわりと広がる旨味とスムーズな飲み心地は、ル トン デ スリーズならではの個性なのだ。

その柔らかい人柄とゆったりとした物腰。彼のほんわかしたキャラクターは、近隣の自然派ワインの造り手たちからもとても愛されており、まだ自身の醸造所を持っていなかった2003年にはフラール ルージュのジャン=フランソワ ニックが醸造所の一部を貸してくれたり、剪定作業が遅れていた時にはル カゾ デ マイヨールのアラン カステックスやヨヨ、ドメーヌ スカラベのイザベル フレールらが手伝いに来てくれたりしたこともあります。また映画や音楽が大好きで、彼が手がけるワインの名前は、様々な映画や音楽の一節から引用されていたりもします。

経済大学に2年ほど通っていましたが、自分の望む本来の生き方とは違うのではないかと疑問を抱くようになり、バーなどで働きはじめます。その後、兵役に就くのを嫌ってキャンピングカーに乗り込み、安住の地を求めて放浪します。そして行き着いたのがフランス ラングドック地方。この地で彼は、ヤン ロエル、ジャン=フランソワ ニック、エリック ピュフェリン(ラングロール)と出会い、彼らからワイン造りの手法とそれにかける情熱を学び、自らもヴィニュロン(ブドウ・ワイン生産者)となりました。

ル トン ド スリーズのワインを産する畑は、南フランス ラングドック地方のベダリューという街からすこし山を登った森の中にあります。ラングドック地方といえば、果実味の凝縮した力強いタイプのワインが一般的に造られるエリアですが、ル トン ド スリーズの畑の多くは標高の高い山間にあり、比較的涼しい気候と乾燥した風によってみずみずしさと清涼感のある味わいを備えたワインとなります。畑でのブドウ栽培においては、除草剤や殺虫剤、化学肥料を用いない自然な栽培を行い、醸造に関しては自然酵母による発酵にはじまり人為的な介入を避けたシンプルな方法で醸造を行っています。

BioWine_sub3そのシンプルな手法で造られた彼のワインを口にすると、淡く優しい果実味とスムーズな飲み心地があり、「これは本当に南フランスのワインなのだろうか」と思えるほどチャーミングな魅力に溢れています。アクセル プリュファー自身の素朴でほがらかな人柄がピュアにあらわれた、癒しを感じさせてくれるワインとなっています。



ワイン

BioWine_sub4 ●アン パ ド コテ2015
「一歩、横に」という結婚式の際にも使われる言葉で、忠誠を意味する。人が為すことを一歩離れ、客観的に見つめ直すというアクセルの冷静な想いが込められた名前のワイン。トップキュヴェであるランドマン キ シャントゥの区画のブドウを含むグルナッシュ100%で造られています。香水を思わせるような鮮やかで妖艶な香りに濃密な赤系果実の香りが加わり、期待感たっぷりのアロマ。味わいからは、しっかりとした骨格と密度の高い、果実の旨味があり、余韻にはローストの浅い、フルーティーなコーヒーのようなエキゾチックなニュアンスも感じられます。現時点でもフォーカスのしっかり定まったバランスの良い味わいではありますが、ぎっちりと芯に詰まった果実のニュアンスからは、今後どんどんと進化していきそうな途方も無いポテンシャルの高さが感じられます。
グルナッシュ 100%


BioWine_sub5 ●フ デュ ロワ2015
フ デュ ロワは、中世に王に仕え、世の中で起こっている事を進言する側近の意味。淡い色調と鮮やかな赤い果実の香り、じんわり広がる滋味深い旨味が特徴で、2014年と同傾向のスタイルですが、緩さのあった2014年と比較すると芯にある果実味がしっかり詰まっていて、淡く、柔らかい味わいにも関わらず骨格を感じるポテンシャルがあります。余韻にはどこか野生のハーブを思わせるいきいきとした風味があり、非常に高い完成度です!
グルナッシュ、カリニャン、サンソー


BioWine_sub6 ●ラ プール ド ルージュ2015
「赤が怖い」と名付けられな白ワイン、ラ プール ド ルージュは、今年は使用される品種が変わりまして、シャルドネ、クレレット、テレブレが用いられています。小さな白い野花を思わせるような可憐でほんのり蜜のニュアンスを感じさせてくれる香りがあり、味わいには、香ばしさとコク、ほんのりハーブを思わせる苦味があり、余韻にチャーミングな果実味がふわりと広がります。シンプルなようでいて奥ゆかしさもあり、和美人のような趣ある美味しさ。
シャルドネ、クレレット、テレブレ

Profile

竹之内 一行(たけのうち かずゆき)

竹之内 一行 (たけのうち かずゆき)

1968年10月生まれ 神奈川県出身。横浜商業高校卒後、レストラン&バーでの修業、
1993年約3週間ヨーロッパへ食べ歩きの旅行をきっかけにワインに興味をもつ。
1996年日本ソムリエ協会ワインアドバイザー修得。その後も都内ワインスクールにてテイスティングの勉強を重ねる。2000年再度渡仏の際に教科書やワインスクールでは、知ることができなかった自然派ワインや地元でしか流通していない真のお宝ワインがあることに興味を持ちはじめ毎年渡仏し現地生産者等と交流を深める。現在、父親が始めた酒販店「エスポアしんかわ」代表。都内等ワイン飲食店にワインの卸や初心者のためのワイン講座等も行っている。

  • 赤ひげのとしがみさま

    by 冨樫 チト on 2016年12月27日
    クリスマスに素敵な本が溢れるのは当然として モチロンお正月にだってちゃーんと素敵な本が控えています その一つがこれ 「赤ひげのとしがみさま」 ファリードファルジャーム/ミームアザード
  • 自然派ワインの造り手「ル・トン・デ・スリ...

    by 竹之内 一行 on 2016年12月22日
    ワインはその土地を表すというが造り手の個性も表す。これほどワインと造り手の個性がリンクしたワインがあるのかと思わせる蔵がある。「ル・トン・デ・スリーズ」だ。 東ドイツ出身という異色の経歴を持つ
  • ヌカ床の話

    by 金井 一浩 on 2016年12月15日
    熟成された糠床に旬の野菜を漬け込む、栄養価も高く体に美味しい発酵食品。 今の季節ですと大根やカブが美味しく漬かるでしょう。沢庵も乾燥させた大根を糠に漬けて作りますから糠漬けになるのでしょうかね、と
  • ロンドンを切る 早川伸生の天狗のハサミ

    by 石黒 健治 on 2016年12月12日
     ミョルニルで髪を切ってもらっていると、早川さんの手の中のハサミの音がリズミカルで、ポップな音楽を聴いているように、うきうきしてしまう。そして、演奏が終わって鏡を見ると、変身! 生まれ変わった
  • バターナイフもアップデートして2.0へ

    by 中村 滋 on 2016年12月 5日
    ・バターナイフって、平らか角度がつくかぐらいであまり変化はしてません。でも冷蔵庫から出してすぐの固いものを削ろうとするとスリップしてイラッとし、さらにそれを焼きたてのトーストに載せてもうまく広がらず
  • ボクは知っている

    by 冨樫 チト on 2016年11月30日
    「ボクは知っている」 神山ますみ 講談社 さあ 一年で一番楽しい季節のお出ましだ 吐く息は少しずつ白くなり 街はどこもかしこもキラキラ ショーウィンドウにはこれでもかとプレゼント
  • 自然派ワインの造り手「ジャン・マルク・ラ...

    by 竹之内 一行 on 2016年11月18日
    11月の第3木曜日はボージョレ・ヌーヴォーの解禁日!最近ではペットボトルのヌーヴォーの登場などで価格もお手頃なものも見られるようになりましたが品質はどうかと聞かれれば僕は黙ってしまいます・・。
  • 青春の一閃のきらめき 高倉健三回忌

    by 石黒 健治 on 2016年11月17日
     高倉健さんが亡くなってちょうど2年。11月10日は3回忌を迎える。  1960年代の「網走番外地」の純粋で美しい健さん。つづく「昭和残侠伝」シリーズの鮮烈な一閃の輝きに、自分の青春のきらめき
  • ローカーボダイエットと環境問題の関連性

    by 金井 一浩 on 2016年11月15日
    糖質制限ダイエットが下火になってきたと思ったら先日ラジオ番組でローカーボダイエット食品市場が拡大していると言っていました。糖質制限の言い方を変えただけではないか!と突っ込みたくなりましたが、その市
  • 自分向きアルコール飲料が作れるリモンチェ...

    by 中村 滋 on 2016年11月 2日
    ・パーティーで集まると、酒飲みが多いように見えますが、知る限りでは半分はソフトドリンカーです。宴会イコール酒のように思うのは、酔っ払いは声が大きいからです、多分。 ・とある最近のデータによると、若
  • ことりはどこ?

    by 冨樫 チト on 2016年10月26日
    「ことりはどこ?」 シャーロットゾロトウ 文 ナンシータフリ 絵 みらいなな 訳 童話屋 コロボックルが見える 木と話しができる ちょっとだけ空を飛べる 自分にとっては当た
  • 自然派ワインの造り手「ブルーノ デュシェ...

    by 竹之内 一行 on 2016年10月20日
    南フランスのルーション地方バニュルスという地で「南仏のロマネ・コンティ」と評する人もいるほどの素晴らしいワインを造る男がいます。ブルーノ・デシュン、もともとはキノコ生産者だった彼ですがある時ワイ
  • 早熟は早老

    by 金井 一浩 on 2016年10月15日
    「人間の栄養学を求めて」という本があります。私事で恐縮ですが現在受講中の小児食生活アドバイザー無期限コースの課題図書がありまして、その中の一冊なのですがいまや絶版にて入手困難、ネットで中古販売されて
  • ダリってダレ?

    by 石黒 健治 on 2016年10月12日
    ヒント 1) ぐにゃりと垂れ下がった時計。 2) ぎょろ目で針金ひげ。 もちろん、スペイン生まれのシュールレアリズム(超現実派)の画家、サルバドール・ダリですね。 » 記
  • 逆転発想のハンドクリーム

    by 中村 滋 on 2016年10月 3日
    ・炊事、庭仕事、洗車などの水仕事に手荒れはつきもので、年をとるとかさつきがひどくなります。ただ、いちいち手洗いのあとタオルで拭いてハンドクリームを塗るのは面倒で、ほったらかしです。 ・それなら濡れ
  • 自然派ワインの造り手「ドメーヌ・ラ・ボエ...

    by 竹之内 一行 on 2016年9月28日
    フランスの真ん中、ヴォルヴィックやヴィッテルというミネラルウォーターの採水地としても有名なオーヴェルニュ地方。ワイン産地としてはやや地味な産地であるがナチュラルワイン好きにとっは外すことの出来な
  • 魔女たちのあさ

    by 冨樫 チト on 2016年9月26日
    「魔女たちのあさ」 エイドリアンアダムズ さく 奥田継男 訳 アリス館 ハロウィンが近づいて来る 棚の奥からカタコトと 存在をアピールしてくる本がいる 魔女 そして雰囲気のある木を描かせ
  • ユーロの方舟、沈没か グローバル資本主義...

    by 石黒 健治 on 2016年9月20日
    ヒースロー空港に着いたのは午後6時。先着の仲間たちとの夕食に間に合うはずだった。しかし、イミグレーションへ向かう廊下に長蛇の列。通りすぎようとすると係員に制された。列に並べという。 行列は動かな
  • 「伊勢の神宮」に思いを馳せる

    by 金井 一浩 on 2016年9月15日
    今月の「お米と暮らし」は日本人と稲作の深いかかわりがよくわかる、「伊勢の神宮」を紹介させていただきます。 表題から読み取れる通り伊勢神宮に関する書籍ですが読み進めるにつれ、あまりにも日常化しす
  • ホントに役立つキーホルダー

    by 中村 滋 on 2016年9月 2日
    ・キーホルダーとかストラップとかは、知らない間に集まり引き出しに溜まりますが、数ある中でホントに役に立つモノをピックアップしてみました。 ・+D ポケットプラスチックホルダー。緊急用のマイバッ
1

Homeに戻る