Category
お米と暮らし
焼き菓子と素材
オススメのスポット
写真家の視線
ベジフード
目利きの逸品
フィトテラピー
自然派ワイン
地域の人々
絵本の紹介
イベント
Back Number
2021年9月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
  • ヘッセ田園都市

お米と暮らし

  • 新米は新嘗祭(にいなめさい)

    by 金井 一浩 on 2014年11月20日
    11月23日といえば勤労感謝の日ですが、もともとは天皇陛下がその年に収穫された新穀を神様にささげ、自らも始めて新穀を食し、収穫に感謝するという宮中祭祀、新嘗祭が始まりです。 飛鳥時代から続いて
  • 米相場

    by 金井 一浩 on 2014年11月 1日
    新米食べましたか?おいしかったですか?それ、いくらで買いました? お米には相場があります。簡単に言うと毎年の気候状態により日本全国の収穫量が変わるからです。 ただ、それだけではなく日本人
  • 体の臭い、気になりませんか?

    by 金井 一浩 on 2014年9月23日
    すっかり気候も秋めいてきて、夏の暑さを忘れてしまいそうですが、暑いと良く出るのが汗、スポーツの時は清清しい汗も、通勤時や営業先、デートの とき気になりませんか汗、ではなく臭い。 「お米と暮ら
  • 甘さのヒミツ 第4回

    by 金井 一浩 on 2014年9月13日
    冷めたご飯と、あったかいご飯、どっちが美味しく感じますか? 実はこれ温度に関係があります。人の味覚は、冷たいものより暖かい方が敏感に感じるそうです。 ホクホクの焼き芋と、冷めた焼き芋を食べたと
  • 甘さのヒミツ 第3回

    by 金井 一浩 on 2014年7月18日
    最近、炭水化物抜きや糖質制限ダイエットが流行っていますよね。 前回の甘さのヒミツで書いた「糖質」の種類を見ていただければ分かると思いますが、単糖類や二糖類の採りすぎは危険です! ただ、糖質は全身
  • 甘さのヒミツ 第2回

    by 金井 一浩 on 2014年6月18日
    「糖質」は大きく4種類に分けられるそうです。 ①単糖類 → それ以上分解できない最小単位のブドウ糖、果糖。 ②二糖類 → 二つの単糖が結合したもので蔗糖(白砂糖)、麦芽糖、乳糖など。 砂糖は「二糖
  • 甘さのヒミツ 第1回

    by 金井 一浩 on 2014年5月20日
    態度が軽い、手ぬるい、不十分な状況など厳しい表現に使われる「甘さ」、しかし味覚や香りを意味する「甘さ」となると印象が一変しますよね。特に女性にとってスイーツは「別腹」と言われるように格別なのでし
  • 新潟のコシヒカリはコシヒカリじゃない!?...

    by 金井 一浩 on 2014年4月27日
    宮城県の有名な品種に「ササニシキ」があります。栽培が難しいのと、需要が低迷しているために、年々栽培量は減っています。ただ、コシヒカリのような粘りが強くないために寿司米には好まれる品種でもあります
  • 新潟のコシヒカリはコシヒカリじゃない!?...

    by 金井 一浩 on 2014年3月28日
    多くの品種改良したお米は、先祖帰りや品質の劣化など、徐々に形質が変化していく傾向にあります。しかし「コシヒカリ」に関してはそれを感じません。米穀業界では「腐ってもコシヒカリ」という言葉があるくら
  • 新潟のコシヒカリはコシヒカリじゃない!?...

    by 金井 一浩 on 2014年3月 1日
    江戸時代に「コシヒカリ」や「ササニシキ」という品種が存在した記述や歴史は聞いた事がありません。もしかしたら調べ足りないのかもしれませんが、年貢を納めるために農家が独自に収量を上げようと各地域で優良
  • 新潟のコシヒカリはコシヒカリじゃない!...

    by 金井 一浩 on 2014年1月20日
    農林水産省のホームページから世界のお米生産量が分かります。抜粋しますと「お米(もみ)の生産量は2009年のFAOの統計で、世界の生産量が67,869万トン、そのうち中国、インド、インドネシアの3カ
  • 新潟のコシヒカリはコシヒカリじゃない!?...

    by 金井 一浩 on 2013年12月27日
    「和食」が無形文遺産に登録されましたね。欧米化された現代の日本食が、本来の伝統食を見直すきっかけとなればと思っています。さてそんな視点も取り入れながら世界のお米から新潟コシヒカリまでを覗いていきま
  • 〜新米を賢く食す〜第3回 食べ方

    by 金井 一浩 on 2013年11月28日
    秋は美味しい食材が多いい、食欲の秋とはよく言ったものだ。特に収穫期を迎えたお米は一年の幕開けである。 しかしここで勘違いしてはいけないのが新米なだけにはまだまだ半人前、扱いが難しい。だから余計にい
  • 〜新米を賢く食す〜第2回 賢い選び方

    by 金井 一浩 on 2013年10月16日
    「特Aランク米」とは、毎年新米が出揃う時期に、日本穀物検定協会が各生産地の品種に食味のランクを付ける評語のことです。 さて今年はいったい何処のお米が特Aに選ばれるのでしょうか。と、言いつつ実は、私
  • 〜新米を賢く食す〜第1回 新米とは

    by 金井 一浩 on 2013年9月11日
    早い物で今年も新米の収穫時期がやってきました。そこで新米を賢く食べる方法を皆さんに3回シリーズでお伝えしたいと思います。第1回目は「新米とは」です。日本人なのに意外に知らないお米の事、日本の良さを再
前の20件 1  2  3  4