「ツナマヨおむすび」最強説を化学的に解明!

2020年11月15日
「ツナマヨおむすび」最強説を化学的に解明!

テレビや雑誌で「おむすび」の具材特集をやると、だいたい「ツナマヨ」が1番人気になりますね。確かに、口の中でマヨネーズとツナの油分が米粒を一つ一つ包み込み、海苔の風味と絶妙なバランスを醸し出しますので、相性は抜群です。でも実はこれ、脳内伝達物質に関する書籍をいくつか読むと、人気の秘密が理論的に解明できてしまうのです。
「悪魔のおむすび」が一時流行りましたよね、「天むす」も同じ原理になりますが、美味しさの秘密は、脳内伝達系と深い関係にあることに注目できます。「〇〇産のコシヒカリが最適」と言った素材の話ではなく、美味しく感じてしまう脳内の錯覚をうまく利用した販売戦略なのでしょう。よって詳細に分析してみようと思います。

まず、ハンバーグ、ステーキ、ラーメン、カレー、ピザ、パン、チョコレートなどなど、これら全てに含まれているのが油脂分です。たぶん、どれも嫌いな人はいないはずです。むしろ、好きと答える人の方が多いのではないでしょうか。この油脂分は、「βエンドルフィン」という物質が脳内で分泌されるきっかけを作ります。この物質は鎮痛効果や気分の高揚・幸福感などが得られるために別名「脳内麻薬」ともいわれています。食べ物を口に入れると、脳内ではまず「延髄孤束核(えんずいこそくかく)」に信号が送られ、「偏桃体(へんとうたい)」で美味しさの判断をします。そして、「側坐核(そくざかく)」へ、その旨さの基準レベルが送られるのですが、その信号が強ければドーパミンの分泌が始まり、快感と認識されます。そして視床下部から摂食中枢を刺激されもっと欲しくなる、「病みつき」になるというメカニズムです。俗に報酬系の成分ともいわれています。舌ではなく、脳への刺激で「旨い」「美味しい」という認識になるのでしょう。

では、なぜ油が病みつきになるかというと、これは人類の飢餓の歴史が関係しているそうです。人類史上、現在のように食べ物に困らない生活が送れるようになったのはつい最近です。それまでは飢えとの戦いで、食事に何時ありつけるか分からない体は、エネルギーをため込み、備えるという細胞の記憶が残っているために、蓄積するという行為に至るそうです。その報酬系と言われている3大要素が、砂糖、油脂、うまみ成分。それぞれが「病みつき」信号を脳へ誘発するそうです。

高揚感が得られる物質を含んだ食材を過剰に摂取した場合、脳への影響が懸念されます。特に報酬系を常用すると、脳がオーバーヒート気味になります。結果、気性が安定せずにイライラしたり、躁鬱を引き起こしたりする原因にもなります。逆に脳を安定化ささる効果を持つのがギャバです。このギャバはお米の胚芽に含まれているので、精神的なバランスを保つのに有効です。最近では安眠用のサプリとして、この成分が使われていますね。

当店で「ツナマヨおむすび」ありますか。と尋ねられることがあるのですが、販売しない理由はここにあります。食べる人の体だけではなく精神的な健康面を考えると、美味しくても、脳や体にいい影響を与えるのか、そうではないのか判断し営業しています。よく「たらこ」のおむすびありますか、とも尋ねられることがあるのですが、着色料や保存料、化学調味料といった添加物がどの程度使われているのかわからないので使いません。明太子も同じです。

それぞれのお店にはコンセプトがあるので、良し悪しの判断は消費者にゆだねられると思います。ただ、体が欲するのか、脳が欲するのかは知っておいた方がいいと思います。
それは、ダイエットなど無縁で、心の安定と、健康的な日常を送る大前提になると考えているからです。

Profile

金井 一浩(かない かずひろ)

金井一浩(かないかずひろ)

吉祥寺生まれ吉祥寺育ち。
高校卒業後、大学に進学せず1990年証券会社へ入社しバブル崩壊を肌で経験。阪神淡路大震災の時に感じた利益優先のマーケットに疑問を感じこの年に退社。フリーター業で生計を立てるも、規制緩和の時代変化に対応できていない実家の米屋に危機感を覚え家業を継ぐことに。その後、お客さんに目が向いていないお米業界の古い体質や流通から脱するために1年半の通信教育を経て業界で一番難しいといされる「お米アドバイザー」を取得、後に第1回環境社会検定試験に合格し、フード&ヘルス研究所主催の小児食生活アドバイザーに認定される。単に美味しさだけではなく環境や健康も考えた生活の中のお米選びをお客様に提案し提供している。現在では本業の他に業界の若い世代が集まる「和日米会」の会長を務め、「フリースクール上田学園」にて日本食文化の講師を担当する。

  • 「ツナマヨおむすび」最強説を化学的に解明...

    by 金井 一浩 on 2020年11月15日
    テレビや雑誌で「おむすび」の具材特集をやると、だいたい「ツナマヨ」が1番人気になりますね。確かに、口の中でマヨネーズとツナの油分が米粒を一つ一つ包み込み、海苔の風味と絶妙なバランスを醸し出しま
  • 葉も花も実も楽しめる常緑の低木

    by 中村 滋 on 2020年11月 4日
    フェイジョアの実が落ち始めました。落ちた実を2週間ほど追熟し、柔らかくなったら食べられます。鉢植えにしたものを2年前の夏に置きました。翌年の春は花が数個咲き、実は小さなものが2~3個しか付かなか
  • 絵本とビートミュージック

    by 冨樫 チト on 2020年10月28日
    ビートのお話太鼓を叩くとドンと音が鳴るもう一度叩くとまたドンと音がなるこのドンがビートなのだが僕ら踊り手が大切にするのはそのドンとドンのあいだ太鼓を叩く手が振り上げられているその「すきまのじかん」だっ
  • 自然派ワイン(ナチュラルワイン)が楽しめ...

    by 竹之内 一行 on 2020年10月 7日
    SAjiYA(渋谷区神山町) 「奥渋」(オクシブ)という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 渋谷の喧騒からちょっと離れた「神山町」「宇田川町」「富ヶ谷」という地名のあたりのことを言うらしいです。
  • 農家が自分で食べるお米は特別!これ都市伝...

    by 金井 一浩 on 2020年9月15日
    先日、ネットで発見したのですが「農家が自分で食べるお米」という商品がありました。商品説明を読むと、少々お米の流通やトレサビリティー法を理解していない人が書いた文章だと推測できる内容でした。 ただ
  • スイスアーミーナイフの爪切り

    by 中村 滋 on 2020年9月 9日
    爪切りは常時携帯しています。楽器弾きは爪の手入れが欠かせないので、弦を押さえる指の爪や割れた爪の手入れをします。バッグに入れるので薄く軽くは当然ですが、なかなかいい物がありません。刃の動きがゆっく
  • まちでさいごのようせいをみたおまわりさん...

    by 冨樫 チト on 2020年8月28日
    MAIN TENTの隣にはマンションのゴミ置き場がある。先日、そこに一匹の若いネズミが、息絶えていた。周りを見回すと、隣の民家の配電盤に齧られたあとがあった。もしかしたら、感電したのかもしれな
  • 自然派ワイン(ナチュラルワイン)が楽し...

    by 竹之内 一行 on 2020年8月 7日
    鮨 おとわ(横浜市青葉区) 横浜市青葉区のこどもの国に程近い閑静な住宅街の一軒家で驚く程のクオリティのお寿司屋さんがある。店名は「鮨 おとわ」。最寄り駅からも徒歩で10分以上、周囲に他のお店も見当
  • 種に知的財産権は必要なのか?

    by 金井 一浩 on 2020年7月15日
    少し前にSNS上で種苗法改正に伴う賛否がありました。法案は継続審議となりましたが、その法案を読み込むと、いま日本の置かれている種の現状が見えてきます。映画や音楽、書籍なとは知財権が守られていますが
  • 強撥水、耐風、自動開閉を1本で

    by 中村 滋 on 2020年7月 8日
    畳んだ傘を一振りして水滴を飛ばし、車、バス、電車にそのまま持ち込む‥‥は実に便利です。古くは福井のヌレンザ、台湾のフォーモサタフタがあります。ナノコーティングした生地が水を弾きます。数年前から
  • エルシー・ピドック、ゆめでなわとびをする

    by 冨樫 チト on 2020年6月30日
    小さい頃の夢はいくつかあった。一つは外部からエネルギーをうけることなく永久に動き続ける機械「永久機関」を作り出すこと。もう一つは「夢を録画出来る機械」をつくることだ。「永久機関」は(もっともそう呼ぶ
  • 自然派ワイン(ナチュラルワイン)が楽し...

    by 竹之内 一行 on 2020年5月29日
    76vin(根津) レトロでお洒落な下町風情たっぷりの谷根千。谷中銀座商店や根津神社、情緒ある喫茶、たい焼き屋さん、行列のできるかき氷屋さん等々・・。デートスポットとしても人気の高いこのエリアにナ
  • こんな時期だからこそ"免疫力"を考える

    by 金井 一浩 on 2020年5月15日
    武漢発症のコロナウイルスは世界を混沌とさせ、日常という営みを根本から奪い去り、不安と恐怖を人類に突き付けました。そもそも人類と疫病の歴史は古く、奈良の大仏が建造された理由を考えると、今とは違う疫病
  • ヴァイオリンが絡むイタリアンミステリー

    by 中村 滋 on 2020年5月11日
    ヴァイオリンの名機といえばストラディバリウスですが、触ったことがあります。アメリカに住む従姉妹がヴァイオリニストで、一番いい時期のものを持っていて、あのカリフォルニア地震の時に「ママは私より先に楽器
  • たのしい世界の国旗絵本

    by 冨樫チト on 2020年4月28日
    さあこの一大騒動勿論絵本の古本屋MAIN TENTも大変なことになっております悪あがき大作戦と題し絵本の選書サービスを始めたのですがこれがなかなかに難しくそして面白い4000冊の在庫からオーダー
  • 自然派ワイン(ナチュラルワイン)が楽...

    by 竹之内 一行 on 2020年3月27日
    winestand waltz(ワインスタンド ワルツ) (恵比寿) JR恵比寿駅の東口から徒歩9分程の路地裏からさらに遊歩道沿いにひっそりと佇む4坪の小さなワインバー。カウンターのみでスタンデ
  • コロナウイルスから学ぶ食の安全性

    by 金井 一浩 on 2020年3月15日
    もともと自然界には、未知のウイルスや細菌がたくさん存在し、未だ90%は解明されていないといわれています。ルイ・パスツールが白鳥の首フラスコによって微生物の存在を証明したのが、たかが150年ほど前
  • 小さくとも進化し続ける文房具その1

    by 中村 滋 on 2020年3月 9日
    プリントした資料や楽譜は2穴ファイルでまとめています。順番が狂いませんし、文字を書き込めるからです。ただし、穴あけが必要で順番変更も面倒。クリアファイルは汚れずいいのですが、反射して見にくく、これ
  • いえのなかを外へつれだしたおじいさん

    by 冨樫 チト on 2020年2月26日
    アーノルド・ローベル 作奥田継夫 訳アリス館 ご存知の通り絵本の古本屋MAIN TENTはごちゃごちゃしているお店には4000を超える絵本が所狭しとひしめきあい床には太鼓が1.2.3.4...5
  • 自然派ワイン(ナチュラルワイン)が楽し...

    by 竹之内 一行 on 2020年1月28日
    イタリア料理 樋渡 (芝公園) 芝公園の程近くの小さな路地裏にひっそりとたたずむ「イタリア料理 樋渡」。 表札といった方がいいような小さな木に店名「樋渡」と控えめに記されたちいさな看板。 素朴な
1

Homeに戻る