農業は儲かる!

2017年8月15日
農業は儲かる!

先日、和日米会(わかこめかい)というお米に携わる人で構成されている会の定例会に参加してきました。簡単にこの会を紹介しますと、「和」は日本の心、「日」は日常、「米」は日本食文の礎という理念の下、各々が自己啓発プログラムを企画し運営する集まりです。
当初、東は秋田、西は九州まで会員がいて5、60名いました。会が大きくなるとどうしても勉強目的の入会ではなく商売目的で会を利用する人が増えてきます。
会の趣旨が希薄になってきた数年前に刷新し現在は少数精鋭となり活動しております。

そんな会員だからこそ様々な伝がありまして、稲作農業に携わる4団体にそれぞれがアポイントをとり当日講演をいただきました。講演いただいた内3団体のみなさんは農業に未来のビジョンを見出していて確実に儲けていました。とかく稲作農業と言うと労働条件が悪く既得権や地域社会との整合性、しがらみや政策に左右させられるといったブラックなイメージにより就農する人は少なく、既存の農業従事者の減少も加速的で生産量の減少が危ぶまれています。政策で地方創生事業が盛んに行われていますが、これもなかなか上手くいかないのが現状です。

そんな状況の中でたくましく収益を上げているのが、若い世代の経営する農業法人です。政策に左右されない経営基盤を確立することに長けて、助成金などの農業政策は上手く利用する。一つの団体の方は助成金に頼らない経営を確立するとまで断言していました。そして皆さんに共通して言える事は、地元地域から信頼を得て農地を委託され、栽培業務に集中し特化するという事です。

現在お米の流通は法律上、生産者自ら栽培したお米を自分で販売する事が出来ます。政府主導で6次産業と言われる生産と加工が一体となった助成事業も盛んに取り組まれています。ただ、生産者が加工業を手掛け直接消費者へ販売するためには設備投資と人件費が必要になるとともに営業活動と事務処理も増え複雑な作業により労力が分散され生産力が落ちてしまいます。
そうなると要の生産物が品質低下を起こし本来の業務がなおざりになります。NPOなどの非営利組織ではなく、営利目的の株式会社だからこそ知恵を働かせた経営努力が試され自由な発想が可能になるのだと改めて実感しました。
消費者への直接販売は小売店に任せ、質のいいものを生産し納品先が納得して販売してもらえる品質を生産すると、自然に信頼や信用が得られているのでしょう。

毎年変わる天候で品質が変化する農産物は栽培技術のマニアル化や農機具のIT化でカバーし品質を担保している様子を伺い、農業こそ労働力を機械化やIT化によって補う事で未知の可能性が広がる業種だとつくづく思いました。
伝統と先進技術の融合こそが農業者の減少と生産力低下に歯止めをかける有効な手段だと感じました。すでに儲かる農業は実現しています。

Profile

金井 一浩(かない かずひろ)

金井一浩(かないかずひろ)

吉祥寺生まれ吉祥寺育ち。
高校卒業後、大学に進学せず1990年証券会社へ入社しバブル崩壊を肌で経験。阪神淡路大震災の時に感じた利益優先のマーケットに疑問を感じこの年に退社。フリーター業で生計を立てるも、規制緩和の時代変化に対応できていない実家の米屋に危機感を覚え家業を継ぐことに。その後、お客さんに目が向いていないお米業界の古い体質や流通から脱するために1年半の通信教育を経て業界で一番難しいといされる「お米アドバイザー」を取得、後に第1回環境社会検定試験に合格し、フード&ヘルス研究所主催の小児食生活アドバイザーに認定される。単に美味しさだけではなく環境や健康も考えた生活の中のお米選びをお客様に提案し提供している。現在では本業の他に業界の若い世代が集まる「和日米会」の会長を務め、「フリースクール上田学園」にて日本食文化の講師を担当する。

  • ヨコハマ トリエンナーレ2017とヴェネ...

    by 石黒 健治 on 2017年8月17日
     3年に1度、世界各国からアーチストを招待して開かれる現代アートの国際展「ヨコハマ トリエンナーレ2017」が開幕した。タイトルは『島と星座とガラパゴス』―《「接続」と「孤立」をテーマに、世界
  • 農業は儲かる!

    by 金井 一浩 on 2017年8月15日
    先日、和日米会(わかこめかい)というお米に携わる人で構成されている会の定例会に参加してきました。簡単にこの会を紹介しますと、「和」は日本の心、「日」は日常、「米」は日本食文の礎という理念の下、各々
  • 夜、これがバッグの中にあると助かります

    by 中村 滋 on 2017年8月 2日
    大きめのショルダーやトートバッグに手回り品を投げ込んで歩く人が多いと思いますが、夜、タクシーやバスの中でスマホ、キー、財布をバッグに手を突っ込んで探す時、これ、便利です。ほんの少し触れるだけでポッ
  • 自然派ワインの造り手「アレクサンドル・バ...

    by 竹之内 一行 on 2017年7月28日
    辛口・白ワインといえばシャブリ!というワインファンは多いと思うが同等に有名なのがプイィ・フュメというワイン。一般的にはレモンや柑橘類の爽やかな香りが感じられ果実味豊かで親しみやすいワインとされ
  • くまくんのじてんしゃ

    by 冨樫 チト on 2017年7月24日
    「くまくんのじてんしゃ」エミリー・ウォレン・マクラウド 文デイビッド・マクフェイル 絵アリス館読書感想文の季節ですね苦手だった方たくさんいるでしょう何せまず感動しなきゃなりませんからそして僕も私
  • 風評被害を考える

    by 金井 一浩 on 2017年7月15日
    昨年の東京都知事選挙。新しく就任した小池都知事が議会の承認を得ないまま独断で豊洲移転延期を決断してしまいました。築地市場の豊洲移転が「風評被害」というマッチポンプ商法でメディアに煽ら、安全なのに
  • アルチンボルドの楽しみ方

    by 石黒 健治 on 2017年7月11日
     アルチンボルドって、聞き慣れない変な名前ですが、意外に日本人に身近に親しまれている画家なんです。気がつけば、筆者がいま使っているノートの表紙が彼の代表作[夏」、裏表紙が[冬]でした! 何
  • 「本を読む為のマグカップ」とは

    by 中村 滋 on 2017年7月 3日
    世界の有名ブランドが集まる最大店舗という銀座シックスに行ってきました。といってもファッションブランドに興味があるわけではなく、雑貨・バラエティーフロアを見たあと銀座・蔦屋書店へ。 ここはTSUTAY
  • 自然派ワインの造り手「レ・カプリアード」

    by 竹之内 一行 on 2017年6月29日
    真面目な性格なパスカル・ポテールと陽気なモーズ・ガドゥッシュがタッグを組んで造るこだわりの発泡性ワイン! 地理 ロワールの古城で有名なシュノンソー城に程近いモントリシャーという町付近にパスカル
  • せかいのひとびと

    by 冨樫 チト on 2017年6月22日
    本屋をやっているとたまにこんなことを言われる「絵本ってなぜこんなにサイズがバラバラなんですか?」明確な答えが見つからないまま2年が過ぎたある日ふと思ったこじつけかも知れないが少しお時間を頂きた
  • スマホ vs デジタルカメラ

    by 石黒 健治 on 2017年6月19日
     人はなぜ写真を撮るのか。フランスの精神科医で映像評論家のG・ティスロンは、「思い出を、とりあえずカメラという箱の中へ投げ込んでおく。あとで取り出して見るための行為」だといいます。しかし、いま
  • 自然の物を独占していいのだろうか? 種子...

    by 金井 一浩 on 2017年6月15日
    種子の権利が民間へ開放されます。これによりこれから始まるであろう主要穀物種の利権争いに経済的にも健康的にも一番の被害を受けるのは消費者です。ワイドショーと化している国会質疑の影でしれっと通過し
  • スポーツブランドの機能性アロハシャツ

    by 中村 滋 on 2017年6月 5日
    もうすぐアロハシャツの季節がやってきます。アロハシャツはもともと日本の着物を利用したものなので、シルクかその代用品のレーヨンが多く、有名ブランドはそのどちらかです。ハワイのような乾燥している風土
  • 花を棲みかに

    by 冨樫 チト on 2017年5月30日
    個人的な意見だが僕がしあわせだったなと思うのは何か読みたい本ある?と親に言われなかったことかなとふと思った本屋に行って読みたい本を選びましょうと言われた記憶はないし選んだ本をそれはあなたにはまだ早
  • 自然派ワインの造り手「パスカル&ジャッ...

    by 竹之内 一行 on 2017年5月22日
    お茶目で陽気なジャッキーおじさん! ここのワインは安い!旨い!!自然!!!の3拍子揃ったワインだ! この三つが揃ったワインは世界でもなかなか見つからない! 歴史 1966年よりワイン造りを
  • 人生を変える1枚? 人生をかけた20点!

    by 石黒 健治 on 2017年5月18日
     ゴールデン・ウイークはいかがでしたか? 全国的には天候異変があったようですが、東京地方はおおむね晴れ、何処も人出が多く、公園では芝生に寝転ぶ一家団らんの情景が展開していました。  しかし、心地
  • 来る平成30年に問題が!?

    by 金井 一浩 on 2017年5月15日
    あまり報じられていないニュースに「平成30年減反政策廃止」があります。 "減反政策"と言われても馴染みが薄いと思いますので簡単に説明いたしますと、政府がお米の需要供給バランスを調整し、余剰米の生産
  • シニア向け機能性チョコレート大増殖

    by 中村 滋 on 2017年5月 2日
    機能性チョコレートが流行っているらしいです。トクホとか機能性食品とかは効果が疑わしいといわれていますが、チョコレートはまあ、おいしいので+サプリ気分で食べられます。中でも乳酸菌、ビフィズス菌などの
  • 夢ってなんだろう

    by 冨樫 チト on 2017年4月24日
    「夢ってなんだろう」村瀬学 文杉浦範茂 絵福音館書店 小さい頃の夢は「夢」を録画するビデオを発明することだった 今朝見た夢がどうしても思い出せない何だか凄く変わった夢でほぅそんなタイプの夢もあるん
  • 自然派ワインの造り手「クロ・デ・ジャール...

    by 竹之内 一行 on 2017年4月19日
    南フランスのラングドック地方ミネルヴォワ地区のコーヌ・ミネルヴォワ村にヴィヴァン・エメルズダエルという若手醸造家がいる。1990年に、ヴィヴィアンの両親がミネルヴォワのブドウ畑を購入した。本業と
1

Homeに戻る