ローカーボダイエットと環境問題の関連性

2016年11月15日
ローカーボダイエットと環境問題の関連性

糖質制限ダイエットが下火になってきたと思ったら先日ラジオ番組でローカーボダイエット食品市場が拡大していると言っていました。糖質制限の言い方を変えただけではないか!と突っ込みたくなりましたが、その市場規模は企業にとって魅力的なマーケットなのだろうと思いました。

糖質制限で痩せるというフレーズはすでに一般化していますが、その効果と後遺症の情報はかなり氾濫しています。
単純に考えて人間も動植物と同じと考えれば、生息地域により気象環境が違い、生息動植物も違う。そこに住む人間の食文化は住環境に左右され、それにより民族単位で消化吸収能力が違う。宗教的な考えもそこから派生していると考えれば、先祖代々育まれてきた伝統食が一番自然の摂理に即した最適の健康食になるはずです。

いまや食にトレンドがある現代。ローカーボと言われるとなんだか少し流行の最先端を進んでいる優越感を感じますが、ただ炭水化物を横文字にしただけ。それを制限するダイエット方法は動物性たんぱく質、いわゆる肉や魚、卵の摂取量を増やすように書かれている物を多く見ます。
今回は食事の観点ではなく自然環境という観点から動物性たんぱく質の多食を考えてみました、するとバーチャルウォーターや遺伝子組み換え作物(GM)というキーワードが思い浮かびます。

まず畜産に欠かせないのが飼料。牛や豚、鳥を育てるには麦やトウモロコシなどの穀類が必要になります。この飼料に使われる穀類はほとんど輸入に頼っています。よって日本の自給率を下げている原因は飼料の輸入が大きいと言われています。
つぎに、その飼料用穀類にGMが使われるということです。輸入先によっては異なりますが人間の口に入る穀物には5%ルールという規制があるのはご存知だと思います。しかし畜産業には適用されていません。よって畜産業者次第になりますが、飼育方法によっては間接的なGM摂取につながる可能性があります。

もう一つはバーチャルウォーターです。考え方なのですが家畜の場合、飼料を栽培するために必要な水と、家畜として飼育するために必要な水があります。たとえば牛肉100g生産する場合に必要な水の量はどのくらいなのか、と言った考え方です。詳しい内容は環境省のホームページに書いてあります。
http://www.env.go.jp/water/virtual_water/

世界の中で安全な水を蛇口からとめどなく飲める、使える環境で生活できる国は日本以外ほとんど無いそうです。数年前から外国資本の日本土地買収が問題になっていますが、政府はもっと早く対応しないと外資から水を買わざる得なくなってしまう、なんて考えると末恐ろしい限りです。

日本は地質学的に砂漠化や旱魃などの被害が少なく食材に恵まれているのに輸入食材に溢れている現在。食糧と環境と農業の関連性を考慮すればローカーボダイエットは自然の摂理から不自然な行為だと思います。健康はバランス、自然もバランスが大切。

Profile

金井 一浩(かない かずひろ)

金井一浩(かないかずひろ)

吉祥寺生まれ吉祥寺育ち。
高校卒業後、大学に進学せず1990年証券会社へ入社しバブル崩壊を肌で経験。阪神淡路大震災の時に感じた利益優先のマーケットに疑問を感じこの年に退社。フリーター業で生計を立てるも、規制緩和の時代変化に対応できていない実家の米屋に危機感を覚え家業を継ぐことに。その後、お客さんに目が向いていないお米業界の古い体質や流通から脱するために1年半の通信教育を経て業界で一番難しいといされる「お米アドバイザー」を取得、後に第1回環境社会検定試験に合格し、フード&ヘルス研究所主催の小児食生活アドバイザーに認定される。単に美味しさだけではなく環境や健康も考えた生活の中のお米選びをお客様に提案し提供している。現在では本業の他に業界の若い世代が集まる「和日米会」の会長を務め、「フリースクール上田学園」にて日本食文化の講師を担当する。

  • 青春の一閃のきらめき 高倉健三回忌

    by 石黒 健治 on 2016年11月17日
     高倉健さんが亡くなってちょうど2年。11月10日は3回忌を迎える。  1960年代の「網走番外地」の純粋で美しい健さん。つづく「昭和残侠伝」シリーズの鮮烈な一閃の輝きに、自分の青春のきらめき
  • ローカーボダイエットと環境問題の関連性

    by 金井 一浩 on 2016年11月15日
    糖質制限ダイエットが下火になってきたと思ったら先日ラジオ番組でローカーボダイエット食品市場が拡大していると言っていました。糖質制限の言い方を変えただけではないか!と突っ込みたくなりましたが、その市
  • 自分向きアルコール飲料が作れるリモンチェ...

    by 中村 滋 on 2016年11月 2日
    ・パーティーで集まると、酒飲みが多いように見えますが、知る限りでは半分はソフトドリンカーです。宴会イコール酒のように思うのは、酔っ払いは声が大きいからです、多分。 ・とある最近のデータによると、若
  • ことりはどこ?

    by 冨樫 チト on 2016年10月26日
    「ことりはどこ?」 シャーロットゾロトウ 文 ナンシータフリ 絵 みらいなな 訳 童話屋 コロボックルが見える 木と話しができる ちょっとだけ空を飛べる 自分にとっては当た
  • 自然派ワインの造り手「ブルーノ デュシェ...

    by 竹之内 一行 on 2016年10月20日
    南フランスのルーション地方バニュルスという地で「南仏のロマネ・コンティ」と評する人もいるほどの素晴らしいワインを造る男がいます。ブルーノ・デシュン、もともとはキノコ生産者だった彼ですがある時ワイ
  • 早熟は早老

    by 金井 一浩 on 2016年10月15日
    「人間の栄養学を求めて」という本があります。私事で恐縮ですが現在受講中の小児食生活アドバイザー無期限コースの課題図書がありまして、その中の一冊なのですがいまや絶版にて入手困難、ネットで中古販売されて
  • ダリってダレ?

    by 石黒 健治 on 2016年10月12日
    ヒント 1) ぐにゃりと垂れ下がった時計。 2) ぎょろ目で針金ひげ。 もちろん、スペイン生まれのシュールレアリズム(超現実派)の画家、サルバドール・ダリですね。 » 記
  • 逆転発想のハンドクリーム

    by 中村 滋 on 2016年10月 3日
    ・炊事、庭仕事、洗車などの水仕事に手荒れはつきもので、年をとるとかさつきがひどくなります。ただ、いちいち手洗いのあとタオルで拭いてハンドクリームを塗るのは面倒で、ほったらかしです。 ・それなら濡れ
  • 自然派ワインの造り手「ドメーヌ・ラ・ボエ...

    by 竹之内 一行 on 2016年9月28日
    フランスの真ん中、ヴォルヴィックやヴィッテルというミネラルウォーターの採水地としても有名なオーヴェルニュ地方。ワイン産地としてはやや地味な産地であるがナチュラルワイン好きにとっは外すことの出来な
  • 魔女たちのあさ

    by 冨樫 チト on 2016年9月26日
    「魔女たちのあさ」 エイドリアンアダムズ さく 奥田継男 訳 アリス館 ハロウィンが近づいて来る 棚の奥からカタコトと 存在をアピールしてくる本がいる 魔女 そして雰囲気のある木を描かせ
  • ユーロの方舟、沈没か グローバル資本主義...

    by 石黒 健治 on 2016年9月20日
    ヒースロー空港に着いたのは午後6時。先着の仲間たちとの夕食に間に合うはずだった。しかし、イミグレーションへ向かう廊下に長蛇の列。通りすぎようとすると係員に制された。列に並べという。 行列は動かな
  • 「伊勢の神宮」に思いを馳せる

    by 金井 一浩 on 2016年9月15日
    今月の「お米と暮らし」は日本人と稲作の深いかかわりがよくわかる、「伊勢の神宮」を紹介させていただきます。 表題から読み取れる通り伊勢神宮に関する書籍ですが読み進めるにつれ、あまりにも日常化しす
  • ホントに役立つキーホルダー

    by 中村 滋 on 2016年9月 2日
    ・キーホルダーとかストラップとかは、知らない間に集まり引き出しに溜まりますが、数ある中でホントに役に立つモノをピックアップしてみました。 ・+D ポケットプラスチックホルダー。緊急用のマイバッ
  • わにのなみだ

    by 冨樫 チト on 2016年8月30日
    「わにのなみだ」 アンドレ・フランソワ さく いわやくにお やく ほるぷ出版 変わった形の本 というものが世の中には沢山あって これもまたそのひとつ 写真に写っているのはケースで ワニの
  • 自然派ワインの造り手「ヴィニヴィオ」

    by 竹之内 一行 on 2016年8月26日
    まだまだ暑い日が続いておりますが、暑い日に最高に美味しいワインの一つにポルトガルの「ヴィーニョ・ヴェルデ」というワインがあります。ポルトガルの最北部、スペインとの国境付近のミーニョ地方で産する
  • 電気炊飯器の選び方

    by 金井 一浩 on 2016年8月15日
    日本の家電はよくできています。その中でも電気炊飯器は日本のお米文化から生まれた正真正銘のガラパゴス家電。しかし最近では海外の方も電気炊飯器を持っているらしく、来店される旅行者やビジネスマンに尋
  • ポケモンもびっくり! ヨーロッパの江戸写...

    by 石黒 健治 on 2016年8月12日
    イギリスがEU離脱を決めて間もないころ、パリ北駅、ユーロスター・ロンドン行きのイミグレーションで、イギリスの入国管理官からストップをかけられた日本人がいた。荷物の中に、複雑な形の木箱と重くて大
  • ズボンのポケットに入る夏の小さな手拭い

    by 中村 滋 on 2016年8月 3日
    ・手を拭いたり汗を拭ったりは一般的にタオルです。ただ肌触りがいいものの、かさばり吸水性も乾きも悪く携行向きではありません。水分を拭うのはなんといっても日本手拭いが一番。ただ、日本手拭いはやや大きく
  • やなせメルヘン名作集

    by 冨樫 チト on 2016年7月27日
    「やなせメルヘン名作集」やなせたかしカザン 夏休み 子どもや孫が あんぱんまんを夢中で読んでいる そのとなりで おとなはこんな本をゆっくりと読んでいたい ご本人曰く 人生のクライマックスの時期に
  • 自然派ワインの造り手「パトリック・デプ...

    by 竹之内 一行 on 2016年7月21日
    元写真家だったという所有者のパトリック・デプラ氏は、シャープな頬に無精ひげをたくわえた表情をし、「アトリエで新しい作品に没頭中」という一種"アーティスト"の雰囲気を持っている。小さい頃過ごしたオル
1

Homeに戻る