早熟は早老

2016年10月15日

「人間の栄養学を求めて」という本があります。私事で恐縮ですが現在受講中の小児食生活アドバイザー無期限コースの課題図書がありまして、その中の一冊なのですがいまや絶版にて入手困難、ネットで中古販売されていますが16800円と驚きの価格。
個人的に著者の執筆作業や労力に還元できるようにと本はなるべく中古で購入にないようにしているのですが、古書や絶版本は仕方ないので古本店より購入します。しかし今回は価格が価格なだけに、いったいどんな本なのかと思いながら矢も得ず図書館にてレンタルしました。ちなみに武蔵野市図書館での取り扱いは無かったためリクエストして多摩市図書館からの越境本でした。よって2週間という期間限定、暇を見つけては読み倒すという慌しさの中でなんとか期限内に読破できたのですが、中古価格が物語っているように健康という概念が理論整然と書かれた内容にもう少しじっくり読みたかった本でした。
健康関連ビジネスに関係している方もそうでない方も、是非読んでもらいたい、健康という概念を矯正するためには最適な教材だと思いました。

さて、現在の栄養学は人間が中心の考え方だと本の中にありました。栄養といわれると漠然とした健康イメージが選考しますが、自然環境の中では人間も循環の中の一生物という観点で考えた時、どうイメージしますか。
例えば同じトマトでも、雨水を森林がろ過し、その水で食物連鎖のある健康な土壌で微生物が沢山育んでいる畑で育った物と、ハウス栽培のように人間に管理され季節関係なく育った物、完熟してから収穫した物、流通に乗せるために完熟前に収穫した物、もっと言えば収穫されてから店頭に陳列されるまでの移動距離や時間差。姿かたちが同じでもその中の成分は栽培のイロハで確実に違ってきます。昔のトマトは思わず目を閉じてしまうくらいスッパイ印象だったように、いまやトマトだけではなくは人の手で改良された生産物が主流です。素材に含まれる栄養素はその物だけで見るのではなく品種や育った環境と収穫方法を考慮する事が本来の栄養学だと学びました。

いま、お米の世界も新品種が続々開発され世の中にデビューしています。地方創生ということで産地が付加価値を演出しマーケット重視の栽培になりつつあります。
本来の生物学的観点は自然からの恵みに対しての恩恵こそが純粋な栄養素となります。私たちの遺伝子は数億年から数千年単位という途方もない年月をかけ自然環境に順応してきた経緯を考えると、あまりにも早く変化する種子ビジネスに私たちの体は対応できているのだろうかと考えてしまいます。遺伝子組み換え作物の影響も今後の課題になるかもしれない事を考えると、長い間生きながらえてきた原種と付き合うほうが自然で、体に対しての影響力は大きいように思います。地球上生物の途方もない長い営みを感じながら健康と向き合う事が未病という本来の健康ダイエット法であろうと思いふけっています。

Profile

金井 一浩(かない かずひろ)

金井一浩(かないかずひろ)

吉祥寺生まれ吉祥寺育ち。
高校卒業後、大学に進学せず1990年証券会社へ入社しバブル崩壊を肌で経験。阪神淡路大震災の時に感じた利益優先のマーケットに疑問を感じこの年に退社。フリーター業で生計を立てるも、規制緩和の時代変化に対応できていない実家の米屋に危機感を覚え家業を継ぐことに。その後、お客さんに目が向いていないお米業界の古い体質や流通から脱するために1年半の通信教育を経て業界で一番難しいといされる「お米アドバイザー」を取得、後に第1回環境社会検定試験に合格し、フード&ヘルス研究所主催の小児食生活アドバイザーに認定される。単に美味しさだけではなく環境や健康も考えた生活の中のお米選びをお客様に提案し提供している。現在では本業の他に業界の若い世代が集まる「和日米会」の会長を務め、「フリースクール上田学園」にて日本食文化の講師を担当する。

  • 自然派ワインの造り手「ブルーノ デュシェ...

    by 竹之内 一行 on 2016年10月20日
    南フランスのルーション地方バニュルスという地で「南仏のロマネ・コンティ」と評する人もいるほどの素晴らしいワインを造る男がいます。ブルーノ・デシュン、もともとはキノコ生産者だった彼ですがある時ワイ
  • 早熟は早老

    by 金井 一浩 on 2016年10月15日
    「人間の栄養学を求めて」という本があります。私事で恐縮ですが現在受講中の小児食生活アドバイザー無期限コースの課題図書がありまして、その中の一冊なのですがいまや絶版にて入手困難、ネットで中古販売されて
  • ダリってダレ?

    by 石黒 健治 on 2016年10月12日
    ヒント 1) ぐにゃりと垂れ下がった時計。 2) ぎょろ目で針金ひげ。 もちろん、スペイン生まれのシュールレアリズム(超現実派)の画家、サルバドール・ダリですね。 » 記
  • 逆転発想のハンドクリーム

    by 中村 滋 on 2016年10月 3日
    ・炊事、庭仕事、洗車などの水仕事に手荒れはつきもので、年をとるとかさつきがひどくなります。ただ、いちいち手洗いのあとタオルで拭いてハンドクリームを塗るのは面倒で、ほったらかしです。 ・それなら濡れ
  • 自然派ワインの造り手「ドメーヌ・ラ・ボエ...

    by 竹之内 一行 on 2016年9月28日
    フランスの真ん中、ヴォルヴィックやヴィッテルというミネラルウォーターの採水地としても有名なオーヴェルニュ地方。ワイン産地としてはやや地味な産地であるがナチュラルワイン好きにとっは外すことの出来な
  • 魔女たちのあさ

    by 冨樫 チト on 2016年9月26日
    「魔女たちのあさ」 エイドリアンアダムズ さく 奥田継男 訳 アリス館 ハロウィンが近づいて来る 棚の奥からカタコトと 存在をアピールしてくる本がいる 魔女 そして雰囲気のある木を描かせ
  • ユーロの方舟、沈没か グローバル資本主義...

    by 石黒 健治 on 2016年9月20日
    ヒースロー空港に着いたのは午後6時。先着の仲間たちとの夕食に間に合うはずだった。しかし、イミグレーションへ向かう廊下に長蛇の列。通りすぎようとすると係員に制された。列に並べという。 行列は動かな
  • 「伊勢の神宮」に思いを馳せる

    by 金井 一浩 on 2016年9月15日
    今月の「お米と暮らし」は日本人と稲作の深いかかわりがよくわかる、「伊勢の神宮」を紹介させていただきます。 表題から読み取れる通り伊勢神宮に関する書籍ですが読み進めるにつれ、あまりにも日常化しす
  • ホントに役立つキーホルダー

    by 中村 滋 on 2016年9月 2日
    ・キーホルダーとかストラップとかは、知らない間に集まり引き出しに溜まりますが、数ある中でホントに役に立つモノをピックアップしてみました。 ・+D ポケットプラスチックホルダー。緊急用のマイバッ
  • わにのなみだ

    by 冨樫 チト on 2016年8月30日
    「わにのなみだ」 アンドレ・フランソワ さく いわやくにお やく ほるぷ出版 変わった形の本 というものが世の中には沢山あって これもまたそのひとつ 写真に写っているのはケースで ワニの
  • 自然派ワインの造り手「ヴィニヴィオ」

    by 竹之内 一行 on 2016年8月26日
    まだまだ暑い日が続いておりますが、暑い日に最高に美味しいワインの一つにポルトガルの「ヴィーニョ・ヴェルデ」というワインがあります。ポルトガルの最北部、スペインとの国境付近のミーニョ地方で産する
  • 電気炊飯器の選び方

    by 金井 一浩 on 2016年8月15日
    日本の家電はよくできています。その中でも電気炊飯器は日本のお米文化から生まれた正真正銘のガラパゴス家電。しかし最近では海外の方も電気炊飯器を持っているらしく、来店される旅行者やビジネスマンに尋
  • ポケモンもびっくり! ヨーロッパの江戸写...

    by 石黒 健治 on 2016年8月12日
    イギリスがEU離脱を決めて間もないころ、パリ北駅、ユーロスター・ロンドン行きのイミグレーションで、イギリスの入国管理官からストップをかけられた日本人がいた。荷物の中に、複雑な形の木箱と重くて大
  • ズボンのポケットに入る夏の小さな手拭い

    by 中村 滋 on 2016年8月 3日
    ・手を拭いたり汗を拭ったりは一般的にタオルです。ただ肌触りがいいものの、かさばり吸水性も乾きも悪く携行向きではありません。水分を拭うのはなんといっても日本手拭いが一番。ただ、日本手拭いはやや大きく
  • やなせメルヘン名作集

    by 冨樫 チト on 2016年7月27日
    「やなせメルヘン名作集」やなせたかしカザン 夏休み 子どもや孫が あんぱんまんを夢中で読んでいる そのとなりで おとなはこんな本をゆっくりと読んでいたい ご本人曰く 人生のクライマックスの時期に
  • 自然派ワインの造り手「パトリック・デプ...

    by 竹之内 一行 on 2016年7月21日
    元写真家だったという所有者のパトリック・デプラ氏は、シャープな頬に無精ひげをたくわえた表情をし、「アトリエで新しい作品に没頭中」という一種"アーティスト"の雰囲気を持っている。小さい頃過ごしたオル
  • 「ふるさと納税」を考える

    by 金井 一浩 on 2016年7月15日
    先日、同業者や農家の集まりがありまして地方からの参加者が多かったせいか「ふるさと納税」の話題が上りました。私のように出身、実家、在住が全て東京だと今一つ馴染みが薄いのですが、そんな境遇でも適した
  • 夏休みは星空を駈ける時間旅行を 宮沢賢治...

    by 石黒 健治 on 2016年7月12日
    ☆銀河鉄道の夜☆  ジョバンニ少年は、学校の放課後、活字拾いのアルバイトで貰った銀貨でパンと角砂糖を買って、一目算に牛乳屋へ向かいました。病気の母に砂糖入りの牛乳をあげようと思ったのです。父は
  • 小さな花を一輪飾る浮遊フラワーベース

    by 中村 滋 on 2016年7月 4日
    ・一輪挿しという花を一本活ける花瓶がありますが、これは小さな花びら一つを飾るものです。水鉢に浮かべると花がゆらゆら漂い、夏に相応しい涼しげなインテリアグッズです。 ・花束から一輪挿し、そしてこの
  • ツバメ号とアマゾン号

    by 冨樫 チト on 2016年6月28日
    「ツバメ号とアマゾン号」アーサーランサム岩田欣三、神宮輝夫訳岩波書店 地図が描いてある本は 大体面白い 過去の読書の経験から導き出された 一つの法則 エルマーしかり ゲド戦記しかり(原作は最高に面白
1

Homeに戻る