「伊勢の神宮」に思いを馳せる

2016年9月15日
「伊勢の神宮」に思いを馳せる

今月の「お米と暮らし」は日本人と稲作の深いかかわりがよくわかる、「伊勢の神宮」を紹介させていただきます。

表題から読み取れる通り伊勢神宮に関する書籍ですが読み進めるにつれ、あまりにも日常化しすぎて深く考える事が無いお米と日本人との深い関係、伊勢神宮と神話の世界、日本各地で行われている様々な祭り、そして日本が歩んで来た歴史を知る事ができます。

実はこの本の著者であるジャーナリストの南里さんは、当店近所にお住まいで古くからのお客様。平成23年神道文化功労者表彰を受賞した日本文化に精通した方です。私の米屋に対する姿勢や考えを雑誌記事として掲載する事になり南里さんの取材依頼を受け、そのお礼を兼ね日本人とお米の造詣が深まるようにと足掛け10年取材し執筆した「伊勢の神宮」をプレゼントしてくれたという経緯です。

日本人は無意識のうちに神道という概念が根付いているとおもいます。ごはんを食べる前に唱える「いただきます」、物を大事に使い大切にする気持ちの「もったいない」という感覚は、まさに大自然界から全てが産まれ万物に感謝する心だと思います。
世界を見ると一神教という一人の神様を祀る宗教観がほとんどですが、万物に神が宿りそれぞれの神様に御参りする八百万の神の概念は日本独特だと思います。

秋を迎えるころ日本各地では穀物の収穫作業が始まります。1年を豊かに過ごせるか、それとも飢えるのか、穀物の収穫量が民の命を左右した時代は神様へ祈念し感謝する儀式的な祭り(祀り)は日常的に行われていたのだと本を読んで感じました。それも稲作が中心となり今でも毎月行われていることは驚きです。
それは厳粛な儀式の中でも最も代表的な祀りが9月上旬の抜穂祭(ぬいぼさい)、10月の神嘗祭(かんなめさい)、11月の新嘗祭(にいなめさい)、そして記憶に新しい20年に1度の式年遷宮。

古来、稲作が中心だった頃の慣わしがいまでも引き継がれていると考えると日本文明、文化に誇らしさを感じます。南里さん曰く、日本文化を象徴するお米の仕事に従事している事はとても名誉なこと、お米の文化を絶やさずに頑張ってほしい、そして「造化の三神」や「結び」という謂れを持つ「おむすび」という言葉を大切にして欲しいと。
いま世界で起こっているニュースを見ると、日本人に生まれてよかったと改めて思います。「和」という志の大切さを感じ世界に誇れる文明、文化を継承し米穀業に反映できるよう心がけたいと思いました。

Profile

金井 一浩(かない かずひろ)

金井一浩(かないかずひろ)

吉祥寺生まれ吉祥寺育ち。
高校卒業後、大学に進学せず1990年証券会社へ入社しバブル崩壊を肌で経験。阪神淡路大震災の時に感じた利益優先のマーケットに疑問を感じこの年に退社。フリーター業で生計を立てるも、規制緩和の時代変化に対応できていない実家の米屋に危機感を覚え家業を継ぐことに。その後、お客さんに目が向いていないお米業界の古い体質や流通から脱するために1年半の通信教育を経て業界で一番難しいといされる「お米アドバイザー」を取得、後に第1回環境社会検定試験に合格し、フード&ヘルス研究所主催の小児食生活アドバイザーに認定される。単に美味しさだけではなく環境や健康も考えた生活の中のお米選びをお客様に提案し提供している。現在では本業の他に業界の若い世代が集まる「和日米会」の会長を務め、「フリースクール上田学園」にて日本食文化の講師を担当する。

  • ユーロの方舟、沈没か グローバル資本主義...

    by 石黒 健治 on 2016年9月20日
    ヒースロー空港に着いたのは午後6時。先着の仲間たちとの夕食に間に合うはずだった。しかし、イミグレーションへ向かう廊下に長蛇の列。通りすぎようとすると係員に制された。列に並べという。 行列は動かな
  • 「伊勢の神宮」に思いを馳せる

    by 金井 一浩 on 2016年9月15日
    今月の「お米と暮らし」は日本人と稲作の深いかかわりがよくわかる、「伊勢の神宮」を紹介させていただきます。 表題から読み取れる通り伊勢神宮に関する書籍ですが読み進めるにつれ、あまりにも日常化しす
  • ホントに役立つキーホルダー

    by 中村 滋 on 2016年9月 2日
    ・キーホルダーとかストラップとかは、知らない間に集まり引き出しに溜まりますが、数ある中でホントに役に立つモノをピックアップしてみました。 ・+D ポケットプラスチックホルダー。緊急用のマイバッ
  • わにのなみだ

    by 冨樫 チト on 2016年8月30日
    「わにのなみだ」 アンドレ・フランソワ さく いわやくにお やく ほるぷ出版 変わった形の本 というものが世の中には沢山あって これもまたそのひとつ 写真に写っているのはケースで ワニの
  • 自然派ワインの造り手「ヴィニヴィオ」

    by 竹之内 一行 on 2016年8月26日
    まだまだ暑い日が続いておりますが、暑い日に最高に美味しいワインの一つにポルトガルの「ヴィーニョ・ヴェルデ」というワインがあります。ポルトガルの最北部、スペインとの国境付近のミーニョ地方で産する
  • 電気炊飯器の選び方

    by 金井 一浩 on 2016年8月15日
    日本の家電はよくできています。その中でも電気炊飯器は日本のお米文化から生まれた正真正銘のガラパゴス家電。しかし最近では海外の方も電気炊飯器を持っているらしく、来店される旅行者やビジネスマンに尋
  • ポケモンもびっくり! ヨーロッパの江戸写...

    by 石黒 健治 on 2016年8月12日
    イギリスがEU離脱を決めて間もないころ、パリ北駅、ユーロスター・ロンドン行きのイミグレーションで、イギリスの入国管理官からストップをかけられた日本人がいた。荷物の中に、複雑な形の木箱と重くて大
  • ズボンのポケットに入る夏の小さな手拭い

    by 中村 滋 on 2016年8月 3日
    ・手を拭いたり汗を拭ったりは一般的にタオルです。ただ肌触りがいいものの、かさばり吸水性も乾きも悪く携行向きではありません。水分を拭うのはなんといっても日本手拭いが一番。ただ、日本手拭いはやや大きく
  • やなせメルヘン名作集

    by 冨樫 チト on 2016年7月27日
    「やなせメルヘン名作集」やなせたかしカザン 夏休み 子どもや孫が あんぱんまんを夢中で読んでいる そのとなりで おとなはこんな本をゆっくりと読んでいたい ご本人曰く 人生のクライマックスの時期に
  • 自然派ワインの造り手「パトリック・デプ...

    by 竹之内 一行 on 2016年7月21日
    元写真家だったという所有者のパトリック・デプラ氏は、シャープな頬に無精ひげをたくわえた表情をし、「アトリエで新しい作品に没頭中」という一種"アーティスト"の雰囲気を持っている。小さい頃過ごしたオル
  • 「ふるさと納税」を考える

    by 金井 一浩 on 2016年7月15日
    先日、同業者や農家の集まりがありまして地方からの参加者が多かったせいか「ふるさと納税」の話題が上りました。私のように出身、実家、在住が全て東京だと今一つ馴染みが薄いのですが、そんな境遇でも適した
  • 夏休みは星空を駈ける時間旅行を 宮沢賢治...

    by 石黒 健治 on 2016年7月12日
    ☆銀河鉄道の夜☆  ジョバンニ少年は、学校の放課後、活字拾いのアルバイトで貰った銀貨でパンと角砂糖を買って、一目算に牛乳屋へ向かいました。病気の母に砂糖入りの牛乳をあげようと思ったのです。父は
  • 小さな花を一輪飾る浮遊フラワーベース

    by 中村 滋 on 2016年7月 4日
    ・一輪挿しという花を一本活ける花瓶がありますが、これは小さな花びら一つを飾るものです。水鉢に浮かべると花がゆらゆら漂い、夏に相応しい涼しげなインテリアグッズです。 ・花束から一輪挿し、そしてこの
  • ツバメ号とアマゾン号

    by 冨樫 チト on 2016年6月28日
    「ツバメ号とアマゾン号」アーサーランサム岩田欣三、神宮輝夫訳岩波書店 地図が描いてある本は 大体面白い 過去の読書の経験から導き出された 一つの法則 エルマーしかり ゲド戦記しかり(原作は最高に面白
  • 自然派ワインの造り手「ドメーヌ・ナカジマ...

    by 竹之内 一行 on 2016年6月22日
    北陸新幹線「上田駅」から車で20分ほど行くと穏やかな丘陵地が広がる長野県東御市。その中でも急な斜面に雑草が程よく茂っているブドウ木が植わっているのがドメーヌ・ナカジマの畑。トラクターなどの機械は使
  • 風が吹けば桶屋が儲かる

    by 金井 一浩 on 2016年6月15日
    ジメジメした梅雨の空、心も晴れやかになりませんね。ただ植物にとっては大事な季節。気温が高く湿度が高い日本の梅雨は植物の成長を促す絶好の気候。よって日本は世界の中で一番植物の種類が多く恵まれた環境だ
  • 優雅の極みvsゲスの極み 源氏物語を京こ...

    by 石黒 健治 on 2016年6月10日
    ワイドショーの定番といえば、あいも変わらず不倫スキャンダルだ。視聴率が取れるのだろう、先ごろはゲスの極みとかCMタレントとか、国会議員とかが登場してひときわ賑やかだったようだ。が、不倫といえば
  • 梅雨時や夏向きの部屋履き

    by 中村 滋 on 2016年6月 2日
    ・湿気が多くなってきて、フローリングの床だと素足がべとつくようになりました。これを防ぐのはスリッパなのですが、重く暑苦しくてつい外してしまいます。が、超軽量で通気性に優れるものがありました。・「お
  • SEASONS

    by 冨樫 チト on 2016年5月25日
    「SEASONS」 John Burningham 邦題は「はる なつ あき ふゆ」 ガンピーさんのシリーズなどで有名な ジョン・バーニンガムさんがおくる まさに大人のための絵本 「は
  • 自然派ワインの造り手「ラ・ヴィーニュ・デ...

    by 竹之内 一行 on 2016年5月20日
    フランス・南東部のサヴォワというスイスやイタリアの国境付近のワイン産地でとんでもなくピュアでエレガントなワインを造る蔵がある。ラ・ヴィーニュ・デ・ペロンだ。造っている男の名はフランソワ・グリナン、
1

Homeに戻る