Category
お米と暮らし
焼き菓子と素材
オススメのスポット
写真家の視線
ベジフード
目利きの逸品
フィトテラピー
自然派ワイン
地域の人々
絵本の紹介
イベント
Back Number
2021年11月
2021年10月
2021年9月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
  • ヘッセ田園都市

お米と暮らし

  • なぜ精米を「搗く」と言うのか!?

    by 金井 一浩 on 2021年11月15日
    玄米の表面を削り、白米にすることを「精米」と言います。別の言い方をすると「搗(つ)く」とも表現します。 玄米を削る行為なのになぜ「搗く」と表現するのでしょうか。それは、古来より日本人が水との
  • 行動経済学からフレーミング効果を学ぶ

    by 金井 一浩 on 2021年9月15日
    連日のコロナ報道、そしてニュース速報で流れる感染者数。さてこの状況、どのように感じますか。恐怖を感じますか、それとも、たいしたことないと感じますか。行動経済学には「フレーミング効果」と言われる考
  • 知っておきたい「グリホサート」という発が...

    by 金井 一浩 on 2021年7月15日
    私たちが健康的に生活していくうえで、一番重要な行為が食事になると思います。 その食事に不要な物が混ざっていたら、体の機能はどうなるのでしょうか。 近年、製造工程が複雑な加工食品がおおく、ぶどう
  • お米は「冷蔵庫」で保管しないほうがいい!...

    by 金井 一浩 on 2021年5月15日
    5月ごろは湿温ともに過ごしやく気持がいいですよね。ただ、だんだんと夏が近づくにつれ湿度と気温が上がり、気が付けば、じっとり暑い、本格的な夏が到来します。 収穫からそろそろ1年が経とうとしているお米
  • 白米に玄米を混ぜてはダメな訳

    by 金井 一浩 on 2021年3月15日
    ほとんどの方が、栄養価の高い玄米を白米に混ぜて炊くことで、健康的なイメージを持たれることだと思います。最近そのような動機で来店される方が多くいらっしゃいます。でも、この炊き方で玄米を食べても、す
  • 産地ブランド米の時代の終焉

    by 金井 一浩 on 2021年1月15日
    最近、新品種のお米がやたらと開発され、市場に多く出回るようになりました。直近では秋田県の「サキホコレ」がニューフェイスです。そんな中、苦戦している産地ブランド米があります。そもそも日本人の一人当た
  • 「ツナマヨおむすび」最強説を化学的に解明...

    by 金井 一浩 on 2020年11月15日
    テレビや雑誌で「おむすび」の具材特集をやると、だいたい「ツナマヨ」が1番人気になりますね。確かに、口の中でマヨネーズとツナの油分が米粒を一つ一つ包み込み、海苔の風味と絶妙なバランスを醸し出しま
  • 農家が自分で食べるお米は特別!これ都市伝...

    by 金井 一浩 on 2020年9月15日
    先日、ネットで発見したのですが「農家が自分で食べるお米」という商品がありました。商品説明を読むと、少々お米の流通やトレサビリティー法を理解していない人が書いた文章だと推測できる内容でした。 ただ
  • 種に知的財産権は必要なのか?

    by 金井 一浩 on 2020年7月15日
    少し前にSNS上で種苗法改正に伴う賛否がありました。法案は継続審議となりましたが、その法案を読み込むと、いま日本の置かれている種の現状が見えてきます。映画や音楽、書籍なとは知財権が守られていますが
  • こんな時期だからこそ"免疫力"を考える

    by 金井 一浩 on 2020年5月15日
    武漢発症のコロナウイルスは世界を混沌とさせ、日常という営みを根本から奪い去り、不安と恐怖を人類に突き付けました。そもそも人類と疫病の歴史は古く、奈良の大仏が建造された理由を考えると、今とは違う疫病
  • コロナウイルスから学ぶ食の安全性

    by 金井 一浩 on 2020年3月15日
    もともと自然界には、未知のウイルスや細菌がたくさん存在し、未だ90%は解明されていないといわれています。ルイ・パスツールが白鳥の首フラスコによって微生物の存在を証明したのが、たかが150年ほど前
  • 2020年、消費増税ともう一つの問題

    by 金井 一浩 on 2020年1月15日
    あけましておめでとうございます。本年も「お米と暮らし」ヘッセ武蔵野Webマガジンよろしくお願いいたします。さて昨年10月、消費税が8%から10%に引き上げられました。ただ今までと違うのは軽減税率の
  • 間接的な復興支援は誰でも簡単にできる

    by 金井 一浩 on 2019年11月15日
    復興支援と治水効果促進 今年は大型化した台風や大雨による災害が多くありました。千葉県に甚大な被害をもたらした台風15号、関東から東北地方の広範囲に大雨を降らせ各地で堤防を決壊させた台風19号。その
  • 「こうきょう」と「みんかん」を考えてみた...

    by 金井 一浩 on 2019年9月15日
    最近なにかと話題のN国党。発信媒体が多様化している昨今、高額受信料を強制徴収するテレビ局に公共放送とは言え国民の大半は不服に思っているはずです。徴収方法に問題がありますし、職員の高額な給料体系や天下
  • 「ふるさと納税」やってみた!

    by 金井 一浩 on 2019年7月15日
    「お米と暮らし」では、いままで寄稿した多くの内容がお米中心でしたので「暮らし」の観点も取り入れていきたいと思い今回は「ふるさと納税」に関して書いてみました。 私が住んでいる武蔵野市では月に1
  • 中食需要は増えているけど「お米が不味い...

    by 金井 一浩 on 2019年5月15日
    先日、帰宅時間が遅くなり夕食の準備ができないので仕方なく駅中で弁当を買って帰りました。外で弁当を買う機会があまりないので今と昔を比較できませんはが、お米が不味かった。 昨年の夏、産地視察に向かった
  • 本当に人手不足は経済に悪影響なのか!?

    by 金井 一浩 on 2019年3月15日
    現在、日本の求人倍率はバブル期よりも高水準となり、あらゆる産業で人手不足が問題視されています。せっかく景気が回復しているのに人口減少による労働者不足が懸念材料となり、外国人労働者の受け入れ拡大
  • 新米の意味を知っておこう!

    by 金井 一浩 on 2019年1月15日
    新年あけましておめでとうございます。 今年も「お米」を中心としたトリィビア的情報をお届けできれば幸いです。本年もよろしくお願い申し上げます。 さて、新年の初投稿は「新米の概念」を知っていますか?
  • ネオニコチノイドという殺虫剤

    by 金井 一浩 on 2018年11月15日
    新潟県魚沼地区でお米を栽培している農家さんの田んぼで異変が起きました。ある日大切に飼育していたタガメ80匹が一晩で全滅してしまったそうです。何が起きたのか困惑しながらいろいろと調べていたらニオネコ
  • We are ready for ENG...

    by 金井 一浩 on 2018年9月15日
    先日、新宿まで備品の買い出しに行きました。日中ともあって夜の新宿とは少し違う落ち着いた雰囲気の繁華街、買い物客が行きかう風景が目に映ります。しかし行き交う人たちを眺めていると異国のセンスで着こなす
1  2  3  4