くんちゃんのはたけしごと

2020年12月25日
「くんちゃんのはたけしごと」

くんちゃんのはたけしごと
ドロシー・マリノ 作
まさきるりこ 訳
ペンギン社

よい絵本
というものがある。
絵本の専門店が
よい絵本とはこれだ!
と断定するのは
とても危ういことだと思う。
「じゃあ他の絵本は駄目なのか?
それぞれの絵本にはそれぞれのよさがあるじゃないか」
勿論その通り。
それを踏まえた上でやはり
よい絵本というものは存在する。
言葉にするのはとても難しくて、誤解を招きやすい。
誰かを傷つけることなく
誰かの作品を貶めることなく
ワインの味を表現するみたいに
書いてみたい。

*まず絵本は子どものものである。
「大人の絵本」「大人こそ読みたい絵本」のようなものはあるとしても
やはり絵本とは子どものものである。
お店にいてもよく
「これは大人向けの絵本ね」という言葉をよく耳にするが
それは大人の中にある子どもの部分
マトリョーシカの中のほう
そこに向かう絵本なのではないかと
個人的には思っている。
そう言えば、チェコには絵本作家という概念はないそうだ。
あるのはイラストレーター、絵描きという概念だけ。
相反する概念のようだが
絵本は子どものためのもの

絵本作家というカテゴリーはない
というのはどちらも同じ根っこのような気がしている。

大人が、子どものために、
もてる知識、経験、才能を総動員した創作物
『絵本』

*大切なものはやはり、「観察」だと思う。
・じっと子どもを観察する。
例えば韓国の絵本『よじはんよじはん』
『くんちゃんのはたけしごと』などのくんちゃんシリーズなどは
子どもという最高に面白いいきもの
その日常の中から生まれた作品だ。

・長い時間をかけ、動物を観察する。
中谷千代子さんの『かばくん』
ロジャンコフスキーの『野うさぎのフルー』は、長い時間をかけて動物たちを観察した中で、その動物たち自身の中きら生まれた作品だ。

・季節の移り変わりを注意深く観察する
ジョン・バーニンガム『はるなつあきふゆ』
ピーター・スピア『なつのくも』
シャーロット・ゾロトウ『のはらにおはながさきはじめたら』
とどまることなく、時に大きく、時に少しずつ変化し続ける自然
よい絵本の答えはほぼ、その中にある。

*子どもの何が面白いかって、凄まじいスピードで変化するから。
一年前とは全然違う
一月前とも全然違う
午前中とすら全然違う
下手すると一秒前とも違う
絵本はもともと彼らの中にある。
その宝物をちょいと外に出してあげて
本の形にしてあげる。
初めて鏡を見た時のように
絵本の中に自分たちを発見して
みんな夢中になる。

例えば我々ダンサーが音楽を聴くときは
一つのまとまった曲として聴くのと同時に
ドラム、ベース、ボーカルなどを全て分けて聴く。
その場で初めて聴いた曲にも即興で対応出来る秘密は、そこにある。
人が手と呼んで動かしている部位は我々は
肩甲骨、僧帽筋、肘、手首、みぞおちあたりまで分けたり繋げたりしながら動かしている。
料理人だってきっとカレーを食べても
牛肉とジャガイモと玉ねぎと、隠し味にリンゴと...
と分けて考えるに違いない。
宮崎駿さんの半径3メートルの話も同じ。
観察する。
時に望遠鏡を、時に虫眼鏡を
時にタイムマシンを使い
観察する。
イシュトバン・バンニャイの『zoom』や
かとうあじゅ『じっちょりんのあるくみち』のように。
答えはそこにある。

例えば娘のおもちゃ箱には
ひろってきた石がたくさん入っている。
きれいなまるいやつでなく
駐車場のコンクリートの破片。
それはときにスープの材料になり
ときにただ水面に放られるだけの石ころになる。
完成した玩具ではあまり遊ばなくなってきたこの頃
成長というものは面白いな
と観察している。
そしてふと最近気付いたのは
それと同時に
モノクロの絵本の世界に入れるようになってきたこと。
『もりのなか』や
『いたずらきかんしゃちゅうちゅう』など
ロングセラーにはモノクロの絵本が多いことは知られているけれど
やはり幼児期の絵本やエリックカールなどの影響で
絵本はカラフル!
色彩豊かな絵本がよい絵本!
という概念が強い気がする。
けれども
最近娘が読む絵本は
『くんちゃん』シリーズも
『アラネア』も
視覚的には色のない世界
ここが楽しめるようになるのと
既成の玩具ではないドングリや葉っぱや石ころで
想像力で遊べるようになってきたこと
ここに何らかの関係があるのではないか。
小さなからだの中で生まれる変化を
愛おしく思いながら
あれこれ考える。
よい絵本とはの答えは
この小さなからだの中につまっている。
この小さなからだを包む世界の中に散らばっている。
それを我々は、仏師運慶のように
丁寧に取り出したり
孫悟空の元気玉のように
少しずつ力を借りる。
そういうものなのではないかと
最近思う。
そして、正直に言えば
『くんちゃんのはたけしごと』を読めば
よい絵本とは何か
の全てが詰まっている。
2021年は、どんな絵本と出会えるのだろうか
楽しみにしながら
今年最後の絵本紹介を終えさせて頂きます。
ありがとうございました。

Profile

冨樫 チト(とがし ちと)

冨樫 チト (とがし ちと)

本名である。フランス童話「みどりのゆび」のチト少年にちなんで両親から命名される。富士の裾野の大自然の中、植物画と読書と空想の幼少期を過ごす。
早稲田大学在学時よりプロダンサーとしての活動を開始。
舞台演出、振付け、インストラクター、バックダンサーなど、踊りに関わる全てに携わる傍ら、持ち前の遊び心で、空間演出、デザイナー、リゾートホテルのライブラリーの選書、壁画の製作、ライブペイントによる3Dトリックアートの製作など、無数のわらじを履く。
2015年2月、フランソワ・バチスト氏として、住まいのある吉祥寺に絵本児童書専門古書店、「MAIN TENT」をオープン。
氏の部屋をそのまま移動させた小さな絵本屋から、エンターテインメントを発信している。

  • マスク忘れを防止するボックス

    by 中村 滋 on 2021年1月 7日
    マスクを忘れて出かけて、コンビニやドラッグストアで買おうとしたら、「マスクなし入店禁止」なんてことがあります。そんなウッカリが多い人の道具があります。玄関の扉にこのマスクホルダーを付けておけば、目の
  • くんちゃんのはたけしごと

    by 冨樫 チト on 2020年12月25日
    くんちゃんのはたけしごとドロシー・マリノ 作まさきるりこ 訳ペンギン社よい絵本というものがある。絵本の専門店がよい絵本とはこれだ!と断定するのはとても危ういことだと思う。「じゃあ他の絵本は駄目なの
  • 自然派ワイン(ナチュラルワイン)が楽し...

    by 竹之内 一行 on 2020年12月 9日
    ビートイート(世田谷区喜多見) 小田急線の喜多見駅からほど近いマンションの地階にナチュラルワイン好きはもちろん美味しいもの食べるために遠方からも多くのお客さんがやってくるカウンター6席のみのジ
  • 「ツナマヨおむすび」最強説を化学的に解明...

    by 金井 一浩 on 2020年11月15日
    テレビや雑誌で「おむすび」の具材特集をやると、だいたい「ツナマヨ」が1番人気になりますね。確かに、口の中でマヨネーズとツナの油分が米粒を一つ一つ包み込み、海苔の風味と絶妙なバランスを醸し出しま
  • 葉も花も実も楽しめる常緑の低木

    by 中村 滋 on 2020年11月 4日
    フェイジョアの実が落ち始めました。落ちた実を2週間ほど追熟し、柔らかくなったら食べられます。鉢植えにしたものを2年前の夏に置きました。翌年の春は花が数個咲き、実は小さなものが2~3個しか付かなか
  • 絵本とビートミュージック

    by 冨樫 チト on 2020年10月28日
    ビートのお話太鼓を叩くとドンと音が鳴るもう一度叩くとまたドンと音がなるこのドンがビートなのだが僕ら踊り手が大切にするのはそのドンとドンのあいだ太鼓を叩く手が振り上げられているその「すきまのじかん」だっ
  • 自然派ワイン(ナチュラルワイン)が楽しめ...

    by 竹之内 一行 on 2020年10月 7日
    SAjiYA(渋谷区神山町) 「奥渋」(オクシブ)という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 渋谷の喧騒からちょっと離れた「神山町」「宇田川町」「富ヶ谷」という地名のあたりのことを言うらしいです。
  • 農家が自分で食べるお米は特別!これ都市伝...

    by 金井 一浩 on 2020年9月15日
    先日、ネットで発見したのですが「農家が自分で食べるお米」という商品がありました。商品説明を読むと、少々お米の流通やトレサビリティー法を理解していない人が書いた文章だと推測できる内容でした。 ただ
  • スイスアーミーナイフの爪切り

    by 中村 滋 on 2020年9月 9日
    爪切りは常時携帯しています。楽器弾きは爪の手入れが欠かせないので、弦を押さえる指の爪や割れた爪の手入れをします。バッグに入れるので薄く軽くは当然ですが、なかなかいい物がありません。刃の動きがゆっく
  • まちでさいごのようせいをみたおまわりさん...

    by 冨樫 チト on 2020年8月28日
    MAIN TENTの隣にはマンションのゴミ置き場がある。先日、そこに一匹の若いネズミが、息絶えていた。周りを見回すと、隣の民家の配電盤に齧られたあとがあった。もしかしたら、感電したのかもしれな
  • 自然派ワイン(ナチュラルワイン)が楽し...

    by 竹之内 一行 on 2020年8月 7日
    鮨 おとわ(横浜市青葉区) 横浜市青葉区のこどもの国に程近い閑静な住宅街の一軒家で驚く程のクオリティのお寿司屋さんがある。店名は「鮨 おとわ」。最寄り駅からも徒歩で10分以上、周囲に他のお店も見当
  • 種に知的財産権は必要なのか?

    by 金井 一浩 on 2020年7月15日
    少し前にSNS上で種苗法改正に伴う賛否がありました。法案は継続審議となりましたが、その法案を読み込むと、いま日本の置かれている種の現状が見えてきます。映画や音楽、書籍なとは知財権が守られていますが
  • 強撥水、耐風、自動開閉を1本で

    by 中村 滋 on 2020年7月 8日
    畳んだ傘を一振りして水滴を飛ばし、車、バス、電車にそのまま持ち込む‥‥は実に便利です。古くは福井のヌレンザ、台湾のフォーモサタフタがあります。ナノコーティングした生地が水を弾きます。数年前から
  • エルシー・ピドック、ゆめでなわとびをする

    by 冨樫 チト on 2020年6月30日
    小さい頃の夢はいくつかあった。一つは外部からエネルギーをうけることなく永久に動き続ける機械「永久機関」を作り出すこと。もう一つは「夢を録画出来る機械」をつくることだ。「永久機関」は(もっともそう呼ぶ
  • 自然派ワイン(ナチュラルワイン)が楽し...

    by 竹之内 一行 on 2020年5月29日
    76vin(根津) レトロでお洒落な下町風情たっぷりの谷根千。谷中銀座商店や根津神社、情緒ある喫茶、たい焼き屋さん、行列のできるかき氷屋さん等々・・。デートスポットとしても人気の高いこのエリアにナ
  • こんな時期だからこそ"免疫力"を考える

    by 金井 一浩 on 2020年5月15日
    武漢発症のコロナウイルスは世界を混沌とさせ、日常という営みを根本から奪い去り、不安と恐怖を人類に突き付けました。そもそも人類と疫病の歴史は古く、奈良の大仏が建造された理由を考えると、今とは違う疫病
  • ヴァイオリンが絡むイタリアンミステリー

    by 中村 滋 on 2020年5月11日
    ヴァイオリンの名機といえばストラディバリウスですが、触ったことがあります。アメリカに住む従姉妹がヴァイオリニストで、一番いい時期のものを持っていて、あのカリフォルニア地震の時に「ママは私より先に楽器
  • たのしい世界の国旗絵本

    by 冨樫チト on 2020年4月28日
    さあこの一大騒動勿論絵本の古本屋MAIN TENTも大変なことになっております悪あがき大作戦と題し絵本の選書サービスを始めたのですがこれがなかなかに難しくそして面白い4000冊の在庫からオーダー
  • 自然派ワイン(ナチュラルワイン)が楽...

    by 竹之内 一行 on 2020年3月27日
    winestand waltz(ワインスタンド ワルツ) (恵比寿) JR恵比寿駅の東口から徒歩9分程の路地裏からさらに遊歩道沿いにひっそりと佇む4坪の小さなワインバー。カウンターのみでスタンデ
  • コロナウイルスから学ぶ食の安全性

    by 金井 一浩 on 2020年3月15日
    もともと自然界には、未知のウイルスや細菌がたくさん存在し、未だ90%は解明されていないといわれています。ルイ・パスツールが白鳥の首フラスコによって微生物の存在を証明したのが、たかが150年ほど前
1

Homeに戻る