ゆきになったくまさん

2019年12月26日
「ゆきになったくまさん」

まだ僕がちいさいころ
僕の掛け布団のカバーには
キキララのような男の子と女の子のイラストが描かれていた
キキララと違うのは
キキララがお互い正面を向いているのに対し
その二人はお互いが向き合って寄り添い、目を閉じていたこと

幼い僕はそれを見るたびに、胸の奥になんとも言えない感覚が生まれるのを感じていた
好きか嫌いかで言えば好きなほうの感覚
でもリンゴが好き!ピーマンが嫌い!
というシンプルに体の外に出せる感覚ではなく
肋骨に守られた体の中の
喉の奥の少し先
息を吸うと上がる横隔膜のちょい上
そのあたりに何かちいさなものがごしょごしょっとして
温度がかわる感覚
あれが正確には何だったのかは今もわからないし
言葉にすることで誰かと共有できるものでもない気がする

絵本を読んだときに感じるものも
それと似ている
面白い、明るい、泣ける
昔話、実話、ファンタジー
作者、国、時代、初版、絶版
これはどんな絵本ですか?
と尋ねられたとき、そういう言葉で表現することは難しくないけれど
実際その絵本を読んだときに自分の中にのこるのは
あの日に感じた感覚のような
言葉よりは「温度」に近いもの
その絵本が好きなのは
絵が好き、ストーリーが好きはもちろんだけど
それだけではなく
その「温度」を感じたくて読んだり
積んでおいたり、背表紙を眺めたりしている
特に自分の場合は
もう一度読むわけではないのに
幼い頃読んだ児童書を古本屋で見つけるたびに、買い集め本棚に並べてしまう癖がある
不思議なことに
背表紙を眺めていると、その当時その本から感じた温度を
ちゃんと胸の奥に感じることが出来るのだ

自分の体内におこるちいさな温度変化
それを最近一番感じた絵本
それがこちら
『ゆきになったくまさん』
矢崎節夫 文
小野千世 絵

どこまでが現実で、どこからが非現実なのかわからない
雪の朝のような一冊
物語は...

ある日くまは川で小さな折り鶴を見つけます
誰が流したのだろうと上流に上って行くと
一軒の家に病気の女の子が寝ています
くまは自分の姿を見せては女の子を驚かせてしまうと
小さな葉っぱを一枚
窓際に置きます
葉っぱの手紙
その日から毎日、くまは葉っぱの手紙を窓辺に置きます
眠るときには胸の上に折り鶴をのせ
女の子のことを思いながら寝ます
夏には花びらの手紙を
朝顔の咲くころになると
くまは女の子と遊ぶようになります
くまと女の子は、毎日毎日
日が暮れるまで一緒に遊びます
くまは、こんなに楽しいことは初めてでした
コスモスの咲くある秋のこと
女の子は麓の町に帰ってしまいます
くまは毎日女の子を想い
町にいる女の子のもとへ届くかな
と紅葉の手紙を川に流します
やがて寒くなり、椿が咲く頃
くまはどうしても
どうしても女の子に逢いたくなり
ほら穴を出ます
外は吹雪
前も見えません
駆けて駆けて、いつしかくまは...

特にお気に入りは
女の子と遊んでいるシーン
淡い色で描かれた朝顔の向こう側に見える
くまの背中の愛おしいこと!
くまのフォルムというのはやはり
人間の子ども
特におむつをはいておなかもぽっこり出ている
あの年齢の子どもにそっくりで
それが遊びに夢中になっているときの後ろ姿はたまらないものがあります

読んでいる最中にも
体の中の温度がジワジワと変化していき
最後
雪は冷たいけれど
あたたかい
科学的には証明出来ないかもしれないけど
その感覚は何となく伝わる
そんな不思議な温度に辿り着く一冊
『ゆきになったくまさん』
フランソワ・バチスト氏が、ご紹介致しました

Profile

冨樫 チト(とがし ちと)

冨樫 チト (とがし ちと)

本名である。フランス童話「みどりのゆび」のチト少年にちなんで両親から命名される。富士の裾野の大自然の中、植物画と読書と空想の幼少期を過ごす。
早稲田大学在学時よりプロダンサーとしての活動を開始。
舞台演出、振付け、インストラクター、バックダンサーなど、踊りに関わる全てに携わる傍ら、持ち前の遊び心で、空間演出、デザイナー、リゾートホテルのライブラリーの選書、壁画の製作、ライブペイントによる3Dトリックアートの製作など、無数のわらじを履く。
2015年2月、フランソワ・バチスト氏として、住まいのある吉祥寺に絵本児童書専門古書店、「MAIN TENT」をオープン。
氏の部屋をそのまま移動させた小さな絵本屋から、エンターテインメントを発信している。

  • 代替品を選択するという意思表示

    by 中村 滋 on 2020年1月 7日
    トップの呆れる行為、不祥事に対してのペナルティーは、政治家なら選挙があり、役人は出世に影響します。厄介なのは法曹関係者、中でも裁判官です。社会の良識とかけ離れた、いわゆる世間知らずの判決を見ると、
  • ゆきになったくまさん

    by 冨樫 チト on 2019年12月26日
    まだ僕がちいさいころ僕の掛け布団のカバーにはキキララのような男の子と女の子のイラストが描かれていたキキララと違うのはキキララがお互い正面を向いているのに対しその二人はお互いが向き合って寄り添い、目
  • 自然派ワイン(ナチュラルワイン)が楽...

    by 竹之内 一行 on 2019年11月28日
    リベルタン(渋谷) 渋谷駅から明治通りを宮下公園(現在工事中)沿いに原宿の方へ進むみキャットストリートを入ってすぐのピンクドラゴンを右に入った小さな路地裏にあるビストロ。 シェフの紫藤さんは24歳
  • 間接的な復興支援は誰でも簡単にできる

    by 金井 一浩 on 2019年11月15日
    復興支援と治水効果促進 今年は大型化した台風や大雨による災害が多くありました。千葉県に甚大な被害をもたらした台風15号、関東から東北地方の広範囲に大雨を降らせ各地で堤防を決壊させた台風19号。その
  • 作業着から機能性街着へのアプローチ

    by 中村 滋 on 2019年11月 1日
    秋は雨の季節です。で、いつも思うのですが、撥水か防水の靴、ジャケットを着て傘をさすのが街歩きのスタイルですが、膝下が濡れます。少しでも雨が強いと、長いレインコートでもスラックスがビショビショになりま
  • たぷの里

    by 冨樫 チト on 2019年10月25日
    よい絵本とは何か感覚ではわかるものの言葉にするのはなかなか難しい絵本は誰のものかこれは簡単絵本は子どものものだそう絵本は子どものものだわれわれがだれを相手にしているかたまにきちんと思い出すことはと
  • 自然派ワイン(ナチュラルワイン)が楽しめ...

    by 竹之内 一行 on 2019年9月26日
    ワインスタンド ブテイユ (渋谷) 渋谷のスクランブル交差点から徒歩1分。山手線のガードをくぐった左手に「渋谷のんべえ横丁」という間口1間ほどの小さな居酒屋、スナック、バーなどが軒を連ねる昭和感
  • 「こうきょう」と「みんかん」を考えてみた...

    by 金井 一浩 on 2019年9月15日
    最近なにかと話題のN国党。発信媒体が多様化している昨今、高額受信料を強制徴収するテレビ局に公共放送とは言え国民の大半は不服に思っているはずです。徴収方法に問題がありますし、職員の高額な給料体系や天下
  • 炭酸ソーダ水もバリエーションの時代

    by 中村 滋 on 2019年9月 4日
    コンビニ最大手のセブンイレブンが、9年数か月ぶりに前年割れだそうです。既存店の7月が3.4%減で、新規出店による売上増でのカバー(最近はこのパターンでした)ができなかったとか。長雨とセブンペイの失敗
  • O JABLONCE

    by 冨樫 チト on 2019年8月27日
    さて、お待たせいたしました 前回のハンガリー編に続き 今回は絵本大国チェコに仕入れの旅に出かけたお話です ハンガリー編はこちら http://hesse-web.com/musashino/book
  • 自然派ワインの造り手レ コステ

    by 竹之内 一行 on 2019年7月24日
    ジャンマルコ アントヌーツィ、ヴァレンティーニやジュラール シュレール、愛する造り手のワインを飲むうちに、自らワインを造りの道を選んだジャンマルコ。フランスをはじめとした多くのワイナリーでの経験、
  • 「ふるさと納税」やってみた!

    by 金井 一浩 on 2019年7月15日
    「お米と暮らし」では、いままで寄稿した多くの内容がお米中心でしたので「暮らし」の観点も取り入れていきたいと思い今回は「ふるさと納税」に関して書いてみました。 私が住んでいる武蔵野市では月に1
  • シニアには利点が多いネックアンダーウェア

    by 中村 滋 on 2019年7月 4日
    その昔、漫画家の白土三平さんに教えてもらった「ドカン」という首巻きがあります。親しい千葉の漁師がホコリよけ風よけ、昼寝の寝冷え防止とかで一年中首に巻いているのだそうです。木綿の布を筒状に縫ったもの
  • HAMUPIPOKE

    by 冨樫 チト on 2019年6月25日
    5月にチェコとハンガリーに旅に出て500冊の絵本を買って来た今月はそのお話をしようと思うきっかけ昨年だったろうか、高円寺の「えほんやるすばんばんするかいしゃ」さんにロシア絵本の展示を見に行ったロシア絵
  • 自然派ワインの造り手フレデリック コサ...

    by 竹之内 一行 on 2019年5月28日
    生産地 ボーヌ市から西に6 km、ポマール、オークセイ・デュレスと通り抜けさらに奥へ上ると、目の前に切り立った急崖が広がる。その崖を目指してさらに進むと標高400 mの高台にサン・ロマンの村がある
  • 中食需要は増えているけど「お米が不味い...

    by 金井 一浩 on 2019年5月15日
    先日、帰宅時間が遅くなり夕食の準備ができないので仕方なく駅中で弁当を買って帰りました。外で弁当を買う機会があまりないので今と昔を比較できませんはが、お米が不味かった。 昨年の夏、産地視察に向かった
  • 日用品がグッドデザインだと街も美しくなる

    by 中村 滋 on 2019年5月 7日
    シニア向けのアシストツールは昔からたくさんあります。百均にもあります。ただ、この手の日用品は機能重視で、意匠に気を遣っていません。 引き出しにしまって置かなくていいものがありました。あらゆる蓋を開
  • たらばがにのはる

    by 冨樫 チト on 2019年4月24日
    「たらばがにのはる」あんどうみきお さくおのきがく え福音館書店1970年 あ春が来たなと感じるタイミングはきっと人によって違って誰かにとっては部屋の窓を開けたときであったりまた違う誰かにとって
  • 【中国・朝鮮半島と日本】 関谷興人さんの...

    by 石黒 健治 on 2019年4月11日
    韓国は好きだ。行きたいけど、このところどうもね、行ってイヤな思いをしそうだから、と言う人が多い。筆者もその一人だ。まず従軍慰安婦像だ。ソウルでもプサンでも行けば目にすることになる。考えただ
  • 自然派ワインの造り手ブルーノ・シュレール

    by 竹之内 一行 on 2019年3月28日
    今回は2019年3月に初来日を果たしたアルザスワインの造り手ブルーノ・シュレールをご紹介致します。 蔵の名前は「ジェラール・シュレール」ジェラールとはブルーノ・シュレールのお父さんジェラール・シュ
1

Homeに戻る