たらばがにのはる

2019年4月24日
「たらばがにのはる」

「たらばがにのはる」
あんどうみきお さく
おのきがく え
福音館書店
1970年


春が来たな
と感じるタイミングは
きっと人によって違って
誰かにとっては部屋の窓を開けたときであったり
また違う誰かにとっては
散歩中に桜の蕾が膨らむのを見つけたときであったり
ふふふんと鼻唄を歌いながら自転車を漕ぐお爺ちゃんとすれ違ったときであったり
日なたで寝そべる犬の毛がゆるやかにそよぐのを見たときだったり
それはそれぞれに
一年にたった一度しか訪れない
特別な瞬間

僕にとって今年は
井の頭公園でサンドイッチを頬張っていたとき
池の水はキラキラ輝き
その上をアヒルボートが泳ぎ
遠くに桜が咲き
パンの間から溢れ落ちたアボカドを
目敏いアリが発見していました

そして
こちらは北国の海
暗く静かで、冬と春の違いなどまるでないような海の底にいた
たらばがにのお母さんにとっても
その日は特別
こんな何の変化もないような海の底でも
ちゃんと春の気配は感じられるのです
そう
春になったら
おなかにかかえたたまごを生むため
浅いところに引っ越さねばなりません
隣の奥さんと
甲羅の脱ぎ変えもしなきゃよね
そんな話しをしていたとき...
いつの間にか忍び寄ってきた水ダコがあっという間に隣の奥さんをさらって行きます
一瞬の出来事
一瞬の油断
なんと恐ろしい
たった一ページの出来事
ページをめくればまたもとの静かな海
ページを戻れば穏やかなカニの談笑
ほんのわずかな油断も許されない自然界の厳しさ
けれどもその恐ろしい水ダコのなんと美しいこと
水彩絵の具の紫、青、緑、仄かにえんじ
点描で淡く、雨の日の街の光のようにボワッと
それでいてゴムのように素早くしなやかに伸びる足
序盤のいきなりの展開に
ドキドキします
さて
タラバガニの夫婦は浅い海まで上がって来て
産卵、そして甲羅の脱ぎ変えという大仕事に取り掛かります
産卵はもちろん一大事ですが
実は甲羅の脱ぎ変えは更に命がけ
というのも脱ぎたての甲羅は柔らかく
小魚のほんのわずかな攻撃にすら耐えられないくらいなのです
まずはおとうさんガニが守り
おかあさんガニが脱ぎ変えます
案の定無防備で柔らかいカニを狙ってタラが四方から寄って来ます
実はこのおとうさん
浅瀬に行くときに泥の中でのんびりしていて遅れて合流したり
美味しそうに貝を頬張ったりと
かなりゆったりしているのですが
やるときはやります
両方のハサミを振り回し
おかあさんガニを守り抜きます
戦い疲れヘトヘトになった頃に今度は交代
おかあさんガニがハサミをふりふり
おとうさんガニを守る番です
こうしてタラバガニの夫婦は春の大仕事
産卵と甲羅の脱ぎ変えを終え
深い海の底へ戻って行くのです
めでたしめでたし
その夫婦の最後の会話が
春らしくてなんともよいのですが
それは読んでのお楽しみ

そういえば
桜の鉢植えには
花が終わると肥料をあげなければなりません
花を咲かすには
ものすごいエネルギーを使うのです
近所の小学校の角で
おかあさんに無言でぎゅっとしがみついてから
校門に向かう黄色い帽子を今朝見ました

人も含め
変化を迎える忙しい季節
心の栄養に
美しく生命力に溢れた絵本をどうぞ
春の一冊
「たらばがにのはる」
フランソワ・バチスト氏がご紹介致しました

Profile

冨樫 チト(とがし ちと)

冨樫 チト (とがし ちと)

本名である。フランス童話「みどりのゆび」のチト少年にちなんで両親から命名される。富士の裾野の大自然の中、植物画と読書と空想の幼少期を過ごす。
早稲田大学在学時よりプロダンサーとしての活動を開始。
舞台演出、振付け、インストラクター、バックダンサーなど、踊りに関わる全てに携わる傍ら、持ち前の遊び心で、空間演出、デザイナー、リゾートホテルのライブラリーの選書、壁画の製作、ライブペイントによる3Dトリックアートの製作など、無数のわらじを履く。
2015年2月、フランソワ・バチスト氏として、住まいのある吉祥寺に絵本児童書専門古書店、「MAIN TENT」をオープン。
氏の部屋をそのまま移動させた小さな絵本屋から、エンターテインメントを発信している。

  • 日用品がグッドデザインだと街も美しくなる

    by 中村 滋 on 2019年5月 7日
    シニア向けのアシストツールは昔からたくさんあります。百均にもあります。ただ、この手の日用品は機能重視で、意匠に気を遣っていません。 引き出しにしまって置かなくていいものがありました。あらゆる蓋を開
  • たらばがにのはる

    by 冨樫 チト on 2019年4月24日
    「たらばがにのはる」あんどうみきお さくおのきがく え福音館書店1970年 あ春が来たなと感じるタイミングはきっと人によって違って誰かにとっては部屋の窓を開けたときであったりまた違う誰かにとって
  • 【中国・朝鮮半島と日本】 関谷興人さんの...

    by 石黒 健治 on 2019年4月11日
    韓国は好きだ。行きたいけど、このところどうもね、行ってイヤな思いをしそうだから、と言う人が多い。筆者もその一人だ。まず従軍慰安婦像だ。ソウルでもプサンでも行けば目にすることになる。考えただ
  • 自然派ワインの造り手ブルーノ・シュレール

    by 竹之内 一行 on 2019年3月28日
    今回は2019年3月に初来日を果たしたアルザスワインの造り手ブルーノ・シュレールをご紹介致します。 蔵の名前は「ジェラール・シュレール」ジェラールとはブルーノ・シュレールのお父さんジェラール・シュ
  • 本当に人手不足は経済に悪影響なのか!?

    by 金井 一浩 on 2019年3月15日
    現在、日本の求人倍率はバブル期よりも高水準となり、あらゆる産業で人手不足が問題視されています。せっかく景気が回復しているのに人口減少による労働者不足が懸念材料となり、外国人労働者の受け入れ拡大
  • 彫刻家というより木工職人という清々しさ

    by 中村 滋 on 2019年3月 5日
    時の経つのが速すぎます。これはもう時空が歪んできているせいです。さらに最近はポイントだ、キャッシュレスだ、と覚えることが多くてウンザリですが、そんな中、なんともホッとする木彫り人形を見つけました。
  • すみ鬼にげた

    by 冨樫 チト on 2019年2月26日
    ながいながい旅に出てボロボロで帰りつきふと窓から外に目をやると実は探していた伝説の花は我が家の庭に咲いていたなんて物語やこの人が私の運命の王子様とあこがれのサッカー部の先輩を追いかけていたが実は本当
  • 【 北斎パスポート 】 新・北斎展と奇想...

    by 石黒 健治 on 2019年2月14日
    パスポートが変わるそうです。どう変わるのか? 表紙や外観ではなく、中のページ、出入国の時にハンコを押してもらう査証のページが変わるんだそうです。試みに、手許のパスポートを拡げてみてください。
  • 自然派ワインの造り手クロ・デ・ジャール

    by 竹之内 一行 on 2019年1月23日
    ラングドック地方、ミネルヴォワ地区の若手醸造家 南フランスのミネルヴォワ地区のコーヌ・ミネルヴォワ村に若手醸造家Vivien Hemelsdaelヴィヴィアン・エメルスダールが誕生した。 両親
  • 新米の意味を知っておこう!

    by 金井 一浩 on 2019年1月15日
    新年あけましておめでとうございます。 今年も「お米」を中心としたトリィビア的情報をお届けできれば幸いです。本年もよろしくお願い申し上げます。 さて、新年の初投稿は「新米の概念」を知っていますか?
  • 首根っこを押さえるといいますが。

    by 中村 滋 on 2019年1月 9日
    これからが一年で最も寒い季節です。防寒といえば、ダウン、フリース、発熱下着が街着でも定着しました。これに付け加えるとしたら、手袋、帽子、そしてマフラーです。中でも首回りが一番の押さえどころというこ
  • ぼくは

    by 冨樫 チト on 2018年12月25日
    突然だが 僕はその昔 臨死体験?のようなものをしたことがある あれは20代中頃 その日もいつものように 友人がアルバイトをしていた原宿の服屋さんで閉店後にワイワイしていた 大体集まっては最近聴い
  • 南インド料理を食べに行く

    by 石黒 健治 on 2018年12月19日
     先月28日、インドのモディ首相が来日、安倍首相は軽井沢の自分の別荘に招いて夕食会を開いたという。  メニューは何だったのだろう。カレーも出たのだろうか。インド人は365日3食すべてカレーを
  • 自然派ワインの造り手テスタロンガ

    by 竹之内 一行 on 2018年11月27日
    南アフリカで抜群にうまいナチュラルワインを造るテスタロンガ! テスタロンガはクレッグとカーラのご夫婦でワインを造る。 ドメーヌ(蔵)はスワートランドという地区の中でも山奥にぽつんとあり犬3匹と
  • ネオニコチノイドという殺虫剤

    by 金井 一浩 on 2018年11月15日
    新潟県魚沼地区でお米を栽培している農家さんの田んぼで異変が起きました。ある日大切に飼育していたタガメ80匹が一晩で全滅してしまったそうです。何が起きたのか困惑しながらいろいろと調べていたらニオネコ
  • 「定説を覆す」が肝心、こんな日用品でも

    by 中村 滋 on 2018年11月 5日
    最近気になった著名人の言葉。まず、あの樹木希林さんです。「驕らず、人と比べず、面白がって生きればいい」。名言ですが、成功した人が言える言葉です。彼女らしいのはこっちです。「ピンチピンチ、チャンスチャ
  • はしれ!かもつたちのぎょうれつ

    by 冨樫 チト on 2018年10月25日
    「絵本の中には大人でもハッとするような真理のようなものが描かれていることがありますよね」絵本の古本屋をやっていて、たまに言われることだ子ども向けのお話なのに大人が読んでもグッとくるいわゆる「深い」絵本
  • 輝く青い海は何処へ行った 沖縄

    by 石黒 健治 on 2018年10月16日
      写真を勉強する会の真眼塾の夏期合宿は、沖縄で、8月10日午後、現地ホテルに集合と決まっていた。それぞれの仕事や家庭の都合にあわせて出発も滞在も自由とし、10日を挟む前後3日間を撮影合宿に当て
  • 自然派ワインの造り手ジャン・マルク・ラフ...

    by 竹之内 一行 on 2018年9月25日
    ボージョレ・ヌーヴォー2018 収穫速報! 9月に入ってボージョレ・ヌーヴォーの収穫が始まりました! 毎年美味しいヌーヴォーを造ってくれるジャン・マルク・ラフォレの収穫速報をお届けいたします!
  • We are ready for ENG...

    by 金井 一浩 on 2018年9月15日
    先日、新宿まで備品の買い出しに行きました。日中ともあって夜の新宿とは少し違う落ち着いた雰囲気の繁華街、買い物客が行きかう風景が目に映ります。しかし行き交う人たちを眺めていると異国のセンスで着こなす
1

Homeに戻る