あしたもよかった

2018年2月27日
「あしたもよかった」

何かをぼーっと眺める時間
少なくなってきたな
と思う
例えば
電車の移動中
車窓を流れる景色を見たり
中吊り広告をぽけっと眺めたり
斜め前に座る人の寝顔をこっそり観察したり
目は開いているのだけれど
気づいたら何も見ていなかったり
そんな何をしているのでもない
たゆんとたるんだ時間
一言で言うなれば「暇」な時間が
携帯電話のおかげで見事になくなった
時間は手軽に潰せるようになった
エレベーター待ち
待ち合わせ相手の遅刻
出て来る料理の遅さ
あまり気にならなくなった

だけど何だろう
この寂しさは

街中にあった空き地
季節毎に様々な雑草がやんちゃに生えて
夏には虫の声がしゃわしゃわ聴こえていたあの空き地にある日
○○邸建築予定
という看板が立った
あれを発見したときのような寂しさ

ぼんやり何かを眺めるって
実はとてつもなく大切な時間だったのじゃないかと
ふと思う

「あしたもよかった」
森山京 作
渡辺洋二 絵
小峰書店

あさ
くまの子はぼんやりと川のふちに座っています
ただぼんやりと足湯のように
すると
なんだか川のせせらぎがささやいているように聴こえて来るのです
最初はきつねくんきつねくんと
きつねのことを呼んでいるようにきこえます
可笑しいなとくまはニッコリ
次はうさぎのことを呼んでいるようにきこえ
またまたニッコリ
時間はのんびりのんびりと過ぎていき
読んでいるこちらもそれならば
と腰を据えて
じっくりと観察することにします
まるで小さい子と公園を散歩するときのように

耳をすますくまのこ
そしてやっとのこと「くまくんくまくん」と聴こえてくると
「よかった。ぼくのこと、うたってる」
とくまのこはくすくす笑うのです
くまのこだけの世界が確かにそこにあって
じっと眺めないと外からは見つけられないその特別な世界を
特別に覗き見させてもらっているような不思議な感覚にさせてくれます

立ち上がったくまのこ
今度はひらひら舞う蝶の真似をして目をつぶり駆け回る内に
頭で蜘蛛にぶつかってしまいます
ぶらぶら揺れる蜘蛛の糸を
「ちぎれないで...、ちぎれないで...」とじっと見つめるくまのこ
揺れる蜘蛛の糸
一つ一つの出来事を
ゆっくりゆっくりと描く
ゆっくりゆっくりと観察する
じっと見守る
一緒に呼吸を忘れて糸の揺れを見てしまいます

ひる
疲れて野に倒れているひばりのこを介抱します
「くまのこは、ひばりのこをじぶんのほおにそっとおしあてました。
どきどきとむねのなるおとがかすかにつたわってきました。
いきてるってあったかいなあ」
小さな命のあたたかさを感じるくまのこ
(僕が命のあたたかさを初めて知ったのは
恥ずかしながら30を過ぎた頃
西荻窪から吉祥寺に坂を下っていると
目の前で車と衝突した黒猫
抱き抱えたその黒猫があたたかくて
同じように
命って温かいんだなと
知識ではないところで初めて知ったのです。)

そして夕方
帰り道で朝出会った蜘蛛と再会するのです...が
その際の出来事が
この絵本をただ可愛いくまさんのお話で済ませないところ
読み終えて本を閉じ
再び表紙を見たときに
ああ
と思わせるのです
森という自然環境の中で生きるということは
そうだねそういうこともあるねと
くまのこの澄んだ
好奇心のかたまりのような目を通して森の一日を体感する
目的があるって素晴らしいけど
目的がないのはもうそりゃ最高
個人的には
子どもは大人になるために生きているのではなく
子どもは子どもの今を生きているのだと思っている僕には
羨ましすぎる時間たち
足早に目的のために歩くことに慣れてしまった大人に
ゆっくりとした時間を切りとってくれる
特別な一冊
「あしたもよかった」
フランソワバチスト氏がご紹介致しました

Profile

冨樫 チト(とがし ちと)

冨樫 チト (とがし ちと)

本名である。フランス童話「みどりのゆび」のチト少年にちなんで両親から命名される。富士の裾野の大自然の中、植物画と読書と空想の幼少期を過ごす。
早稲田大学在学時よりプロダンサーとしての活動を開始。
舞台演出、振付け、インストラクター、バックダンサーなど、踊りに関わる全てに携わる傍ら、持ち前の遊び心で、空間演出、デザイナー、リゾートホテルのライブラリーの選書、壁画の製作、ライブペイントによる3Dトリックアートの製作など、無数のわらじを履く。
2015年2月、フランソワ・バチスト氏として、住まいのある吉祥寺に絵本児童書専門古書店、「MAIN TENT」をオープン。
氏の部屋をそのまま移動させた小さな絵本屋から、エンターテインメントを発信している。

  • ガラス瓶の中の自然、苔テラリウム

    by 中村 滋 on 2018年3月 5日
    苔が流行っているようで、苔盆栽、苔玉とか各種苔図鑑とか、カプセルトイにもあります。さらに最近はガラス瓶や水槽で鑑賞する苔テラリウムというのが登場して、その講習会に行ってきました。蘚苔類(せんたい)
  • あしたもよかった

    by 冨樫 チト on 2018年2月27日
    何かをぼーっと眺める時間少なくなってきたなと思う例えば電車の移動中車窓を流れる景色を見たり中吊り広告をぽけっと眺めたり斜め前に座る人の寝顔をこっそり観察したり目は開いているのだけれど気づいたら何
  • ジョージア料理を食べに行く

    by 石黒 健治 on 2018年2月15日
     新年早々、日本の伝統・大相撲の灰黒色のもやもやを、えいやと投げ飛ばしたのは、栃ノ心関だった。本名、レヴァニ・ゴルガゼ。ジョージア出身の31歳。イケメンで角界のニコラス・ケイジと言われる。
  • 自然派ワインの造り手「ローラン・サイヤー...

    by 竹之内 一行 on 2018年1月23日
    パリから南西にTGVで約1時間程のところにトゥールという街がある。ロワール渓谷地域の城を訪れる観光客に拠点としても多く人達が訪れる。大学も多くあり大学街としても有名。そのトゥールの街の東からロワ
  • つながっている森と田んぼ

    by 金井 一浩 on 2018年1月15日
    今年、お米の消費量と生産量を調整していた「減反政策」が廃止されます。それによってお米を作る量は生産者にゆだねられることになりました。 だからと言ってやみくもに作ると供給過剰になり米価は下落し農
  • あらゆるものが超軽量化するウルトラライト...

    by 中村 滋 on 2018年1月10日
    ミュージシャンが、ギターのほかにケースを引っ張って歩いている姿を街でよく見かけます。あれはギター用のエフェクターなるものが数個入っていて、演奏中に切り替えて音色を様々に変化させるのですが、重いのでキ
  • こいぬのうんち

    by 冨樫 チト on 2017年12月25日
    泣ける絵本というものが世の中にはある僕の父親は寝る前の絵本に「チロヌップのきつね」を読むたび目を真っ赤にして子ども部屋から出ていっていた2人目を生んだ親御さんから絶大な人気を誇るのは瀧村有子さん
  • 自然派スパークリングワイン!?

    by 竹之内 一行 on 2017年12月21日
    自然派ワインの生産者の中にも発泡性のワインを造っている生産者も多く楽しみが広がる!「メトード・アンセストラル」(アンセストラル方式)と呼ばれる方式で造られることが圧倒的に多い。別名「古代方式」
  • お米は生きている

    by 金井 一浩 on 2017年12月15日
    お米○○といった肩書のある人よりお米のことが詳しくなれる本の紹介です。 漢字にフリガナが符ってあるので小学生以上であればだれでも手軽に読むことができます。 この本のタイトル「お米は生きている」とは
  • 南へ!

    by 石黒 健治 on 2017年12月12日
     毎年、新年の挨拶にかえて、沖縄の話を披露してきたのですが、今回は1ヶ月を待ちきれずに、最近刊行の3冊の本を紹介したいのです。沖縄本島と八重山諸島と南北大東島、いずれも時間をかけて取材した写真
  • 競馬で牝馬をひんばと読みますが牡馬は?

    by 中村 滋 on 2017年12月 5日
    来年、広辞苑が10年ぶりの改訂とかで、「スマホ」とか「萌え」とかが載るということですが、これをニュースにするというのは、なんか時代とズレてませんか。辞典編集部の担当役員をした経験から言うと、辞典編集
  • ぴちぴちカイサとクリスマスのひみつ

    by 冨樫 チト on 2017年11月30日
    さあ今年もホリデーシーズンがやってきたぼんやりと外の雨を眺める日々も終わり年に一度の絵本屋の張り切り時一年間ためた200冊あまりのクリスマスの絵本を一度に放流する今年はなかなか楽しい絵本を捕獲
  • 「1968年」無数の問いの噴出の時代

    by 石黒 健治 on 2017年11月22日
    「1968年」無数の問いの噴出の時代」展が、国立歴史民俗博物館で開催されています。無数の問いとは何でしょうか。誰が何を、だれに問うのか、問いには答えがあったのか?第1の問いは、ベトナム戦争です。1
  • 美味しさの秘訣は計量

    by 金井 一浩 on 2017年11月15日
    「同じお米なのになぜ?毎回違う炊き上がり!」という経験ありませんか? ごくまれに、「前回のお米はベチャっと炊き上がり美味しくなかった」「今回のお米は粘りがすくなく感じた」このような問い合わせがあり
  • 2017年の自然派ボージョレ・ヌーヴォー...

    by 竹之内 一行 on 2017年11月13日
    2017年の作柄 6、7、8月の3か月は殆ど雨が降らなかった。 降ったのは雹だけ。しかも2度に渡って降った。 3か月も雨が降らなかったので、葡萄が熟す大切な8月は水不足で葡萄がシワシワになって
  • 街は騒音と雑音に満ちていると気づく道具

    by 中村 滋 on 2017年11月 6日
    夜道を歩いていて聴こえる虫の音も、気温のせいか小さくなっています。そんな虫や鳥、風の音は心地良い音色ですが、電車やトラック、バスのロードノイズ、バイクの排気音は騒音です。街はなんと雑音に満ちているこ
  • おおきなくまがいいました

    by 冨樫 チト on 2017年10月27日
    週に一度仕事で横浜に行く吉祥寺から新宿へ湘南新宿ラインに乗り換え横浜へ1時間ほどの電車の旅だボックス席に乗りながら本を読んだり携帯をいじったり周りもほぼ同じように自分の世界を過ごしている新聞であ
  • 自然派ワインの造り手「オリヴィエ・クザン...

    by 竹之内 一行 on 2017年10月24日
    フランスのロワール地方の中にアンジュ・ソミュール地区とういワイン生産地がある。 ここでは赤はカベルネ・フラン、ガメイ、グロロ。白はシュナンブランを主に栽培されている。一般的には軽やかで安いワインが
  • 風景と調和すれば、存在が許される――安部...

    by 石黒 健治 on 2017年10月18日
     [美しい山。川を流れる石ころ。砂浜に打ち上がる流木。それらの形はとうてい人間には作り得ない必然性を持つ。]  安部大雅のパンフレットは、こんな詩的な文章から始まる。続けて、[我々人間がどこまで
  • 有機栽培は無農薬栽培なの!?

    by 金井 一浩 on 2017年10月15日
    最近、お米以外でも野菜や果樹、輸入品までJAS有機栽培の農産物を見かけます。ファーマーズマーケットのように生産者の直売イベントでは栽培表記が必須ですよね。 そこでJAS有機栽培、無農薬栽培、減農
1

Homeに戻る