花を棲みかに

2017年5月30日
「花を棲みかに」

個人的な意見だが
僕がしあわせだったな
と思うのは
何か読みたい本ある?
と親に言われなかったことかな
とふと思った
本屋に行って
読みたい本を選びましょう
と言われた記憶はないし
選んだ本を
それはあなたにはまだ早いわね
と言われたこともない
絵本は家の本棚にあって
知らないうちに少しづつ増えていた
選ぶのは
その中からだった
例えば自分にはまだ早いと思われるような本だって
勝手に父親が絵から物語を作って読んでくれた
欲しいって言ったから買ったのに
と言われることもなく
そもそも
これは良く読んだから当たりの本
これは気に入らなかったから外れの本という感覚もなかった気がする
絵本は当たり前のように家にあった
いつまでも
(もちろん今も)
だからかどうかはわからないが
本に対するプレッシャーのようなものがないまま
本当に自分で好きな本を選べる年齢までこれたのかもしれない
(あくまでこの方法が僕と相性がよかっただけだが)
本は娯楽だ
絵本なんて更に娯楽だ

興味がなければ
本棚にねかせておけばよい
たまに背表紙が目に入る
必要とされる日は
いつか必ず来る
それも
思いがけない瞬間に

エルンスト・クライドルフ 作
矢川澄子 訳
「花を棲みかに」
福音館書店

この不朽の名作
大人がその魅力にやられてしまうクライドルフの代表作もそうだ

我が家には物心ついた頃から
クライドルフやアロイス・カリジェ
ワイルドスミスなど
およそ子どもうけしそうにない本も
「だるまちゃん」の隣
「サラダでげんき」の隣にしれっと挟まれていた

子ども心にこれらの本は
「なんか凄いけど読む本ではない」
と認識されていて
たまに気まぐれで2、3ページ開いてはみるものの
すぐに閉じてしまう本だった
でもよく考えたらそれって凄いことで
読んでいないのに未だにちゃんと記憶に残っているということなのだ
本棚の左隅にあって
たまに取り出して
違うなと思ってまた元に戻した本
ちゃんとそういう記憶として
20年30年経った後にも僕の中に残っている
図書館で借りて来ただけだったら
きっと数日で忘れてしまっていただろう
絵本を沢山読むことが大事なのではなく
読んだ本がいつでも手の届くところにあることが
実は大事なのかもしれない
そして
大人になったある日
ちゃんと近所の本屋で邂逅するのだ
この本本棚にあったぞ!と

開いてみる
大人になった僕にはもうその価値がわかる
なんだこの絵は!
幼い頃に撒かれた種が
にょきにょきと芽を出す瞬間だ

エルンスト・クライドルフ
(1863〜1956)スイスの国民的な絵本作家
幼少期より自然と親しみ
ドイツにて画家として仕事を開始するも体調を崩し
アルプスにて療養する
ある日その美しさに摘んで来たプリムラとリンドウ
その事が結果的にその花の命を縮めてしまうことに気づき
その姿を絵に描く
それが初めての絵本「花のメルヘン」が誕生するきっかけとなる

あからさまに脳内で生み出されたフィクション作品ではなく
佐藤さとるさんのコロボックルシリーズや宮沢賢治の「さるのこしかけ」と同じように
草はらを1時間位見つめていたらきっとこんな光景に出会えるに違いない
そう信じさせてくれる
いわゆる「見える側の人」の作品を生み出した絵本作家

小さな世界を大きな世界と同じように愛しむ
そういう眼差しを持った方で
葉っぱで出来た家
木の枝に弦を張った楽器
バッタの馬車
鉄琴のようなつらら
花の照明
クライドルフの世界を実現させた
クライドルフランドがあればさぞ楽しいだろうと思わせてくれる

そしてひそかに注目しているのは
扉、中扉のデザイン
表紙と違い扉のデザインは凝りに凝っていて
蔓で縁取らていたり
虫たちで囲まれていたり
美しい門や窓のようになっていて
何よりもそれらが
ただ草木や虫をコラージュした感じではなく
あくまで自然の法則の中で描かれている美しさ
葉っぱの虫喰い部分をうまく利用したり
枝の絶妙な曲がり具合
それぞれの特性
Googleの画像検索で調べただけでは決して描けない
匂い
重さ

質感が漂って来る絵
精密画が持つリアリティではなく
そのものが何であるかをしっかり描いたリアリティ
そこがきっとクライドルフの世界の美しさなのだろうと
改めて思う

葉っぱは風で揺れる
虫が飛び立つと葉っぱは揺れる
朝露が葉先からぽたりと落ちると
葉っぱは揺れる
風が吹くと気持ちいい
虫が飛び立った先の空には
雲が浮かんでいる
朝露は落ちると地面に当たって
四方に飛び散る
この世界は美しい

絵本が伝えられるのは
きっとそういう世界だ

非日常を日常として描く魔法使い
エルンスト・クライドルフ
「花を棲みかに」
フランソワバチスト氏がご紹介致しました

Profile

冨樫 チト(とがし ちと)

冨樫 チト (とがし ちと)

本名である。フランス童話「みどりのゆび」のチト少年にちなんで両親から命名される。富士の裾野の大自然の中、植物画と読書と空想の幼少期を過ごす。
早稲田大学在学時よりプロダンサーとしての活動を開始。
舞台演出、振付け、インストラクター、バックダンサーなど、踊りに関わる全てに携わる傍ら、持ち前の遊び心で、空間演出、デザイナー、リゾートホテルのライブラリーの選書、壁画の製作、ライブペイントによる3Dトリックアートの製作など、無数のわらじを履く。
2015年2月、フランソワ・バチスト氏として、住まいのある吉祥寺に絵本児童書専門古書店、「MAIN TENT」をオープン。
氏の部屋をそのまま移動させた小さな絵本屋から、エンターテインメントを発信している。

  • スポーツブランドの機能性アロハシャツ

    by 中村 滋 on 2017年6月 5日
    もうすぐアロハシャツの季節がやってきます。アロハシャツはもともと日本の着物を利用したものなので、シルクかその代用品のレーヨンが多く、有名ブランドはそのどちらかです。ハワイのような乾燥している風土
  • 花を棲みかに

    by 冨樫 チト on 2017年5月30日
    個人的な意見だが僕がしあわせだったなと思うのは何か読みたい本ある?と親に言われなかったことかなとふと思った本屋に行って読みたい本を選びましょうと言われた記憶はないし選んだ本をそれはあなたにはまだ早
  • 自然派ワインの造り手「パスカル&ジャッ...

    by 竹之内 一行 on 2017年5月22日
    お茶目で陽気なジャッキーおじさん! ここのワインは安い!旨い!!自然!!!の3拍子揃ったワインだ! この三つが揃ったワインは世界でもなかなか見つからない! 歴史 1966年よりワイン造りを
  • 人生を変える1枚? 人生をかけた20点!

    by 石黒 健治 on 2017年5月18日
     ゴールデン・ウイークはいかがでしたか? 全国的には天候異変があったようですが、東京地方はおおむね晴れ、何処も人出が多く、公園では芝生に寝転ぶ一家団らんの情景が展開していました。  しかし、心地
  • 来る平成30年に問題が!?

    by 金井 一浩 on 2017年5月15日
    あまり報じられていないニュースに「平成30年減反政策廃止」があります。 "減反政策"と言われても馴染みが薄いと思いますので簡単に説明いたしますと、政府がお米の需要供給バランスを調整し、余剰米の生産
  • シニア向け機能性チョコレート大増殖

    by 中村 滋 on 2017年5月 2日
    機能性チョコレートが流行っているらしいです。トクホとか機能性食品とかは効果が疑わしいといわれていますが、チョコレートはまあ、おいしいので+サプリ気分で食べられます。中でも乳酸菌、ビフィズス菌などの
  • 夢ってなんだろう

    by 冨樫 チト on 2017年4月24日
    「夢ってなんだろう」村瀬学 文杉浦範茂 絵福音館書店 小さい頃の夢は「夢」を録画するビデオを発明することだった 今朝見た夢がどうしても思い出せない何だか凄く変わった夢でほぅそんなタイプの夢もあるん
  • 自然派ワインの造り手「クロ・デ・ジャール...

    by 竹之内 一行 on 2017年4月19日
    南フランスのラングドック地方ミネルヴォワ地区のコーヌ・ミネルヴォワ村にヴィヴァン・エメルズダエルという若手醸造家がいる。1990年に、ヴィヴィアンの両親がミネルヴォワのブドウ畑を購入した。本業と
  • 主役ではないけど主食です

    by 金井 一浩 on 2017年4月15日
    日本の主食は、と聞かれれば「お米」と当り前のように答えると思います。では他の国の主食はいったい何になるのでしょうか。そもそも主食という概念はあるのでしょうか。 実はヨーロッパでは肉もパンにも主
  • 伝統か? 統合か?【フュージョン料理の真...

    by 石黒 健治 on 2017年4月12日
     三田健義さんは、イタリアレストランのシェフの時代から、なかなか納得できない疑問を持っていた。  世界各国の料理を合わせたフュージョン料理が台頭していた。それは無国籍料理とも多国籍料理とも呼ば
  • 日本では、桜は観るだけでなく様々

    by 中村 滋 on 2017年4月 3日
    桜がそろそろです。我が日本では観て宴を開くだけでなく、歌から街の飾りから桜餅、道明寺までまさに満開になりますが、こんな職人芸「飴細工」もあります。「飴細工」は注文をその場で作る実演が売り物で、大
  • だれのおうちかな?

    by 冨樫 チト on 2017年3月28日
    「だれのおうちかな?」 作 ジョージ・メンドーサ 絵 ドリス・スミス 訳 福原洋子 あ!これはあれだ 小さい頃出会っていたら夢中になっていたやつだ 一目見ただけでそうピンとくる そんな
  • 自然派ワインの造り手「アレクサンドル・ジ...

    by 竹之内 一行 on 2017年3月24日
    オーナーのアレクサンドル・ジュヴォー氏はディジョン大学で美術を専攻し、卒業後、ディジョンで美術品の個展を開くアトリエを2年運営。その後、農業学校に入りなおし、ぶどう栽培とワイン醸造を学びました。
  • イギリス料理を食べに行く【不味いか? お...

    by 石黒 健治 on 2017年3月17日
     世界中の男たちの最高の幸せは、アメリカの家に住み、日本人の女性を妻として、フランス料理を食べること。その反対、最悪の不幸は、日本の家屋に住み、アメリカの女と結婚し、毎日イギリス料理を食べること
  • 同位体検査ってなんだ?中国産米混入のニュ...

    by 金井 一浩 on 2017年3月15日
    2月、週刊ダイヤモンドに掲載された記事で「告発スクープ 産地偽装疑惑に投げ売りも JAグループの深い闇」というショッキングな内容がありました。 http://www.j-cast.com/tv/2
  • シニア向けのドリップコーヒー・バッグ

    by 中村 滋 on 2017年3月 6日
    「アウトドアでもドリップコーヒーを」というのは変わらぬ欲求のようで、軽量コンパクトな新製品が次から次へと登場しています。ウルトラライトが優先ならスターバックスのインスタントコーヒーが秀逸で、味と香
  • だれも知らない小さな国

    by 冨樫 チト on 2017年2月27日
    違う本で原稿を書いていた 入稿間近だった だが2月9日 佐藤さとるさんがお亡くなりになった 僕という存在のど真ん中にあって 今の僕を形成しているのは間違いなくこのコロボックルシリー
  • 自然派ワインの造り手 「ピエール・オヴ...

    by 竹之内 一行 on 2017年2月24日
    ブルゴーニュというあまりにも有名なワイン産地から東へ車で2時間程走るとアルボワという産地がある。ハードチーズで有名な「コンテ」チーズの産地でもある。ワインだけでなく牧畜も盛んな地域。スイス国境にほ
  • 地球温暖化説は本当か?

    by 金井 一浩 on 2017年2月15日
    毎日寒い日が続いていますが、こう寒い日が続くと地球温暖化の話題が影を潜めますね。温暖化が進むと北海道が旨いお米の一大産地になる!そんなイメージを持つくらい地球温暖化というキーワードが根付いている今
  • 春を観に行く ティツィアーノとヴェネツィ...

    by 石黒 健治 on 2017年2月13日
     冷たい風に押されて駆け込むように都美術館「ティツィアーノとヴェネツィア展」へ。入り口の大きなヴェネツィアの航空写真が、一気に異郷へ連れて行ってくれる。ヴェネツィアの光は美しく、影が明るく清ら
1

Homeに戻る