ボクは知っている

2016年11月30日
「ボクは知っている」

「ボクは知っている」
神山ますみ
講談社

さあ

一年で一番楽しい季節のお出ましだ

吐く息は少しずつ白くなり

街はどこもかしこもキラキラ

ショーウィンドウにはこれでもかとプレゼントの箱が並び

子どもたちも心なしかそわそわ

この時季に決まって子どもたちの話題になるのは

そう

サンタクロースの正体

一晩で世界中の子どもたち

(よい子だけ)

にプレゼントを配る謎のおじさん

白い髭をたくわえているらしい

(引っ張って痛いっと言えば本物)

太っているらしい

(どうやって煙突から入って来るの?!)

赤い服を着ているらしい

(もとは緑って噂を聞いたよ!?)

トナカイの引くソリに乗って来るらしい

(9頭全部名前言える?僕は言えるよ!ルドルフ、コメットにプランサー、あと...ダンサーに...えっと...)

たまにこんな子もいる

まだサンタクロースなんて信じているの?

サンタクロースは本当は...

おっとそこまで

まあこういう子にはかの有名な

「サンタクロースっているんでしょうか?」
作 ニューヨークサン新聞社説
絵 東逸子
訳 中村妙子
偕成社

「サンタクロースってほんとうにいるの?」
作 てるおかいつこ
絵 杉浦範茂
福音館書店

を読んでもらうとして

サンタクロースが何者なのかは結局

我々人類が未だに解けない大きな謎の1つなのです

かく言う僕も

一度だけサンタクロースを疑ったことがあって

あれは中1の頃だったかな もしかしてサンタクロースはあのひとたちなんじゃないかと

みんなと同じように疑ぐり

よし

夜遅くまで起きてサンタクロースの正体を突き止めてやろう

と子ども部屋で息を潜めていたのです

多分2時位まで粘って

結局そのまま寝落ちしてしまったのですが

事件は朝起きます

我が家のクリスマスは

20歳になるまでクリスマスが祝えるようにと家の裏に両親が植えてくれた20本のモミの木を

毎年1本ずつ室内に飾って(1番てっぺんの星を飾るのだけは父親の役目でした)

クリスマスの朝にはそのモミの木の下にプレゼントがある習わしでした



その年の朝もいつもより早起きした僕はいそいそと薪ストーブの傍にあるモミの木の下を見に行ったのです

(両親はまだぐっすり寝ていました)



そこにあったのは明らかに妹のものと思われるプレゼント1つだけ

昨日スヤスヤと早めに寝た妹

やめなよ

サンタさん来ないよ

と忠告してくれた

妹のプレゼントしかなかったのです



ツリーの周りをトラのようにぐるぐる回り

隅々まで調べましたが

やはりプレゼントはありませんでした

どうしたって?

いや

もう部屋に帰ってベッドでさめざめと泣きましたよ

ああ自分はなんて馬鹿なことをしたんだと

サンタさんは疑う心を持った僕を見ていたんだって

そして

不思議なことはここからで

やっと起きて来た家族が

ふて寝している僕の様子に気付いて

どうしたんだ珍しいなと

クリスマスの朝なのに

いつもなら真っ先に起きてプレゼントを見せに来るじゃないかと

でもでも

プレゼントはないわけで

今年は僕にはプレゼントはないんだ

とかぶつぶつつぶやきながら

ふてくされた顔でツリーの前を通ると...

あるのです

さっきは確かに無かった

あの場所にプレゼントが2つ

妹のプレゼントの隣に

それより一回り大きな僕のプレゼント

サンタクロースが上空で片目をつぶったのを見たような気がする出来事

あれ以来

僕はサンタクロースを疑うことをやめました

さて

この本はやはりサンタクロースの正体を知ってしまった男の子のおはなし

サンタはあの人と同じ眼鏡をかけていた

あのつつみはあの人が会社帰りに持っていたのと同じだ

プレゼントだってあの人におねだりしたものと一緒!

証拠は続々と集まります

そう!

つまり...

ここからこの男の子が導き出す答えが

最高なのです

やられた

そうだよな

そうなんだよな

とおでこをピシャリとしたくなる

目から鱗の極上の結末

数あるクリスマス本の中でも最高に粋な一冊

神山ますみ

「僕は知っている」

フランソワ・バチスト氏がご紹介致しました

Profile

冨樫 チト(とがし ちと)

冨樫 チト (とがし ちと)

本名である。フランス童話「みどりのゆび」のチト少年にちなんで両親から命名される。富士の裾野の大自然の中、植物画と読書と空想の幼少期を過ごす。
早稲田大学在学時よりプロダンサーとしての活動を開始。
舞台演出、振付け、インストラクター、バックダンサーなど、踊りに関わる全てに携わる傍ら、持ち前の遊び心で、空間演出、デザイナー、リゾートホテルのライブラリーの選書、壁画の製作、ライブペイントによる3Dトリックアートの製作など、無数のわらじを履く。
2015年2月、フランソワ・バチスト氏として、住まいのある吉祥寺に絵本児童書専門古書店、「MAIN TENT」をオープン。
氏の部屋をそのまま移動させた小さな絵本屋から、エンターテインメントを発信している。

  • バターナイフもアップデートして2.0へ

    by 中村 滋 on 2016年12月 5日
    ・バターナイフって、平らか角度がつくかぐらいであまり変化はしてません。でも冷蔵庫から出してすぐの固いものを削ろうとするとスリップしてイラッとし、さらにそれを焼きたてのトーストに載せてもうまく広がらず
  • ボクは知っている

    by 冨樫 チト on 2016年11月30日
    「ボクは知っている」 神山ますみ 講談社 さあ 一年で一番楽しい季節のお出ましだ 吐く息は少しずつ白くなり 街はどこもかしこもキラキラ ショーウィンドウにはこれでもかとプレゼント
  • 自然派ワインの造り手「ジャン・マルク・ラ...

    by 竹之内 一行 on 2016年11月18日
    11月の第3木曜日はボージョレ・ヌーヴォーの解禁日!最近ではペットボトルのヌーヴォーの登場などで価格もお手頃なものも見られるようになりましたが品質はどうかと聞かれれば僕は黙ってしまいます・・。
  • 青春の一閃のきらめき 高倉健三回忌

    by 石黒 健治 on 2016年11月17日
     高倉健さんが亡くなってちょうど2年。11月10日は3回忌を迎える。  1960年代の「網走番外地」の純粋で美しい健さん。つづく「昭和残侠伝」シリーズの鮮烈な一閃の輝きに、自分の青春のきらめき
  • ローカーボダイエットと環境問題の関連性

    by 金井 一浩 on 2016年11月15日
    糖質制限ダイエットが下火になってきたと思ったら先日ラジオ番組でローカーボダイエット食品市場が拡大していると言っていました。糖質制限の言い方を変えただけではないか!と突っ込みたくなりましたが、その市
  • 自分向きアルコール飲料が作れるリモンチェ...

    by 中村 滋 on 2016年11月 2日
    ・パーティーで集まると、酒飲みが多いように見えますが、知る限りでは半分はソフトドリンカーです。宴会イコール酒のように思うのは、酔っ払いは声が大きいからです、多分。 ・とある最近のデータによると、若
  • ことりはどこ?

    by 冨樫 チト on 2016年10月26日
    「ことりはどこ?」 シャーロットゾロトウ 文 ナンシータフリ 絵 みらいなな 訳 童話屋 コロボックルが見える 木と話しができる ちょっとだけ空を飛べる 自分にとっては当た
  • 自然派ワインの造り手「ブルーノ デュシェ...

    by 竹之内 一行 on 2016年10月20日
    南フランスのルーション地方バニュルスという地で「南仏のロマネ・コンティ」と評する人もいるほどの素晴らしいワインを造る男がいます。ブルーノ・デシュン、もともとはキノコ生産者だった彼ですがある時ワイ
  • 早熟は早老

    by 金井 一浩 on 2016年10月15日
    「人間の栄養学を求めて」という本があります。私事で恐縮ですが現在受講中の小児食生活アドバイザー無期限コースの課題図書がありまして、その中の一冊なのですがいまや絶版にて入手困難、ネットで中古販売されて
  • ダリってダレ?

    by 石黒 健治 on 2016年10月12日
    ヒント 1) ぐにゃりと垂れ下がった時計。 2) ぎょろ目で針金ひげ。 もちろん、スペイン生まれのシュールレアリズム(超現実派)の画家、サルバドール・ダリですね。 » 記
  • 逆転発想のハンドクリーム

    by 中村 滋 on 2016年10月 3日
    ・炊事、庭仕事、洗車などの水仕事に手荒れはつきもので、年をとるとかさつきがひどくなります。ただ、いちいち手洗いのあとタオルで拭いてハンドクリームを塗るのは面倒で、ほったらかしです。 ・それなら濡れ
  • 自然派ワインの造り手「ドメーヌ・ラ・ボエ...

    by 竹之内 一行 on 2016年9月28日
    フランスの真ん中、ヴォルヴィックやヴィッテルというミネラルウォーターの採水地としても有名なオーヴェルニュ地方。ワイン産地としてはやや地味な産地であるがナチュラルワイン好きにとっは外すことの出来な
  • 魔女たちのあさ

    by 冨樫 チト on 2016年9月26日
    「魔女たちのあさ」 エイドリアンアダムズ さく 奥田継男 訳 アリス館 ハロウィンが近づいて来る 棚の奥からカタコトと 存在をアピールしてくる本がいる 魔女 そして雰囲気のある木を描かせ
  • ユーロの方舟、沈没か グローバル資本主義...

    by 石黒 健治 on 2016年9月20日
    ヒースロー空港に着いたのは午後6時。先着の仲間たちとの夕食に間に合うはずだった。しかし、イミグレーションへ向かう廊下に長蛇の列。通りすぎようとすると係員に制された。列に並べという。 行列は動かな
  • 「伊勢の神宮」に思いを馳せる

    by 金井 一浩 on 2016年9月15日
    今月の「お米と暮らし」は日本人と稲作の深いかかわりがよくわかる、「伊勢の神宮」を紹介させていただきます。 表題から読み取れる通り伊勢神宮に関する書籍ですが読み進めるにつれ、あまりにも日常化しす
  • ホントに役立つキーホルダー

    by 中村 滋 on 2016年9月 2日
    ・キーホルダーとかストラップとかは、知らない間に集まり引き出しに溜まりますが、数ある中でホントに役に立つモノをピックアップしてみました。 ・+D ポケットプラスチックホルダー。緊急用のマイバッ
  • わにのなみだ

    by 冨樫 チト on 2016年8月30日
    「わにのなみだ」 アンドレ・フランソワ さく いわやくにお やく ほるぷ出版 変わった形の本 というものが世の中には沢山あって これもまたそのひとつ 写真に写っているのはケースで ワニの
  • 自然派ワインの造り手「ヴィニヴィオ」

    by 竹之内 一行 on 2016年8月26日
    まだまだ暑い日が続いておりますが、暑い日に最高に美味しいワインの一つにポルトガルの「ヴィーニョ・ヴェルデ」というワインがあります。ポルトガルの最北部、スペインとの国境付近のミーニョ地方で産する
  • 電気炊飯器の選び方

    by 金井 一浩 on 2016年8月15日
    日本の家電はよくできています。その中でも電気炊飯器は日本のお米文化から生まれた正真正銘のガラパゴス家電。しかし最近では海外の方も電気炊飯器を持っているらしく、来店される旅行者やビジネスマンに尋
  • ポケモンもびっくり! ヨーロッパの江戸写...

    by 石黒 健治 on 2016年8月12日
    イギリスがEU離脱を決めて間もないころ、パリ北駅、ユーロスター・ロンドン行きのイミグレーションで、イギリスの入国管理官からストップをかけられた日本人がいた。荷物の中に、複雑な形の木箱と重くて大
1

Homeに戻る