SEASONS

2016年5月25日
「SEASONS」

「SEASONS」
John Burningham

邦題は「はる なつ あき ふゆ」
ガンピーさんのシリーズなどで有名な
ジョン・バーニンガムさんがおくる
まさに大人のための絵本
「はるになったら」で始まり
次の春がやって来るまでの一年間
水面にたつ波紋や
夕暮れに巣に帰る鳥たち
それぞれの季節の一番美しい瞬間を
バーニンガムの絵筆で切り取り
さらには季節に一枚
43×54センチの巨大なポスターが添えられ
見る
眺める
なでる
たたまれたポスターをひらく
立ち上がる紙の匂い
しばし時間を忘れ
ジョンバーニンガムという絵本界の巨匠の才能と
真正面から対峙する
贅沢な一冊

僕の子ども時代の本棚にもあったけれど
案の定
全く興味を示さなかった一冊
でも
その時代の僕にはまらなかっただけで
今こうしてこの本を手にして思うことは
子ども時代に本棚にこの本がなければ
今こうしてこの本と再会してもスルーしていたかもしれないわけで
結局のところ
本棚にその本があった
ということが大事で
ああこの本好きで良く読んだなあ
という思い出と同じくらい
ああこの本本棚にあったけれど
全く読まなかったな
という思い出も大切なんだろうなということ
それはCDやレコードを
アルバムで買う感覚と似ていて
アルバムの3曲目の
普段は全く聴かない曲に
恋愛した時だったり
年齢だったり
それこそ「SEASONS」
季節の変化だったり
ふとした瞬間にもの凄くはまってしまう
あの嬉しい発見

今聴きたいシングルをiTunesなどでダウンロードする方法では
決して辿り着くことのない
喜びや発見が
本棚の作り方にも当てはまるのではないかな
と思うのです
移り変わる4つの季節を
贅沢に閉じ込めた一冊
ジョンバーニンガム
「SEASONS」
フランソワ・バチスト氏が
ご紹介いたしました

Profile

冨樫 チト(とがし ちと)

冨樫 チト (とがし ちと)

本名である。フランス童話「みどりのゆび」のチト少年にちなんで両親から命名される。富士の裾野の大自然の中、植物画と読書と空想の幼少期を過ごす。
早稲田大学在学時よりプロダンサーとしての活動を開始。
舞台演出、振付け、インストラクター、バックダンサーなど、踊りに関わる全てに携わる傍ら、持ち前の遊び心で、空間演出、デザイナー、リゾートホテルのライブラリーの選書、壁画の製作、ライブペイントによる3Dトリックアートの製作など、無数のわらじを履く。
2015年2月、フランソワ・バチスト氏として、住まいのある吉祥寺に絵本児童書専門古書店、「MAIN TENT」をオープン。
氏の部屋をそのまま移動させた小さな絵本屋から、エンターテインメントを発信している。

  • 梅雨時や夏向きの部屋履き

    by 中村 滋 on 2016年6月 2日
    ・湿気が多くなってきて、フローリングの床だと素足がべとつくようになりました。これを防ぐのはスリッパなのですが、重く暑苦しくてつい外してしまいます。が、超軽量で通気性に優れるものがありました。・「お
  • SEASONS

    by 冨樫 チト on 2016年5月25日
    「SEASONS」 John Burningham 邦題は「はる なつ あき ふゆ」 ガンピーさんのシリーズなどで有名な ジョン・バーニンガムさんがおくる まさに大人のための絵本 「は
  • 自然派ワインの造り手「ラ・ヴィーニュ・デ...

    by 竹之内 一行 on 2016年5月20日
    フランス・南東部のサヴォワというスイスやイタリアの国境付近のワイン産地でとんでもなくピュアでエレガントなワインを造る蔵がある。ラ・ヴィーニュ・デ・ペロンだ。造っている男の名はフランソワ・グリナン、
  • 【 みんなが五月病になるとき】

    by 石黒 健治 on 2016年5月18日
    かなり以前から、五月病は東京大学生しかかからない病気だと思っていた。 度の強い眼鏡をずり上げ、勉強勉強また勉強。黒いズボンに白いシャツ、姿勢が悪く猫背で歩く。スポーツはだめ、映画も見ない。女の
  • 流行の「もち麦」を検証

    by 金井 一浩 on 2016年5月15日
    少し前になりますがTVで「もち麦」を特集したそうですね、いまだに問い合わせがあります。よって今回も検証シリーズ「もち麦」の何がいいの?を分析してみたいと思います。 もち麦が体にいいとされる理由の
  • ニッチマーケットが日本を救うという話

    by 中村 滋 on 2016年5月 2日
    ・流木専門店というショップがありました。文字通り流木と流木アクセサリーを売っているインテリアショップです。面白いと思いますが、やってけるんだろうかと余計な心配をしてしまいます。 ・しかし、日本経
  • こんにちはトラクター・マクスくん

    by 冨樫 チト on 2016年4月25日
    絵本を英語で言うと何でしょうか? children's book?picture book?それともart bookでしょうか?僕が思うのはpicture bookもしくはart book
  • 自然派ワインの造り手「ルイ・ジュリアン...

    by 竹之内 一行 on 2016年4月20日
    これぞ自然派ワインのキング・オブ・テーブルワイン!と称したいワインがルイ・ジュリアンだ!いかにも安そうな1リットル瓶にキャップはプラスチック栓。最近は新品の瓶らしい綺麗な瓶が多いが以前はリサイクル
  • 玄米ヨーグルトを検証

    by 金井 一浩 on 2016年4月15日
    いまネットで流行っているのでしょうか玄米醗酵ヨーグルト。昨年あたりからちらほら問い合わせがあり対応しております。どんなものかというと、まずヨーグルトに生の玄米を入れ醗酵させる至って簡単な健康法らし
  • 【 町のカフェとホールとかかりつけの本屋...

    by 石黒 健治 on 2016年4月12日
    コミュニティには劇場(ホール)と本屋さんが必要だ。この2つがなければ町でも村でもない、ただの雑居・雑踏だ、と思う。 ヨーロッパでは、教会が巡礼の人々のために酒が飲める場所を作った。土地の人も来
  • 靴先のゴミ取り専用ブラシというニッチ商品

    by 中村 滋 on 2016年4月 5日
    これは気がつかなかったです。靴の先に差し込んで掃除するブラシです。ほとんどの人がシューズ内の掃除などしたことがないと思いますが、この「ほこりんぼうmini+」なるものでかき回すと、ビックリするくらい
  • LITTLE NEMO

    by 冨樫 チト on 2016年3月25日
    「LITTLE NEMO」 WINSOR MCCAY 小学生の頃 夢中になって発明を目指していたものが 2つあった 1つは 永久運動をする装置 PERPETUAL MOTION MOVE
  • 自然派ワインの造り手「ドメーヌ・ポンコツ...

    by 竹之内 一行 on 2016年3月22日
    2015年、新たに自然派日本ワインが誕生した。その名も「ドメーヌ・ポンコツ」。造り手の名は松岡数人(かずと)氏。 松岡氏は大阪府堺市の出身で、山梨大学にてブドウ栽培や、発酵,醸造の基礎を学ぶ。
  • 【 チリからフクシマへ 防潮堤神話のい...

    by 石黒 健治 on 2016年3月18日
    岩手県山田町では、この日はわかめの採取解禁日だった。まだ暗いうちからわかめ採りに浜へ出ていた人たちが、2時半ごろ、波の引き方の異常に気づいた。津波の前兆であるはずの地震はなかったが、何度も津波
  • 今年は海苔がピンチです!

    by 金井 一浩 on 2016年3月15日
    お米の友として欠かせない逸品、それは海の恵み「海苔」。 熱々のごはんの上に載せると一層食欲が沸く「海苔の佃煮」そして手巻きや軍艦巻きに欠かせない風味豊かな寿司用と、おむすびにはほのかに香るパリパリ
  • マスク嫌いも使えるマスク

    by 中村 滋 on 2016年3月 2日
    インフルエンザが収まって来ると、今度は花粉症の季節ということで街にマスクが減りません。マスクってよいのはわかっているのですが、口周りのガサガサ感、紐の耳あたり、なんといっても息苦しさなどなど、どう
  • おまえをたべちゃうぞーっ!

    by 冨樫 チト on 2016年2月25日
    「おまえをたべちゃうぞーっ!」 トニー・ロス 作、絵 神鳥統夫 訳 岩崎書店 冬の空は とても澄んでいる 家に帰る道すがら ふと自転車を止めて 夜空を見上げてみる 白い息の向こう側 何かが光った
  • 自然派ワインの造り手「イヤニック・アミロ...

    by 竹之内 一行 on 2016年2月23日
    カベルネ・フランという葡萄品種をご存知でしょうか?ワイン好きならば知っているでしょうが一般的にはカベルネ・ソーヴィニョン種があまりにも有名でフランは聞いたことがないという方もいらっしゃると思います
  • 春の香りを和テイストに~桜とお抹茶のパウ...

    by 小野 公美 on 2016年2月19日
    三寒四温で春の気配を感じ、待ち遠しい今日この頃。 一足先に春の味覚を楽しんでみませんか? 今回は満開の桜を感じるような、桜の香りがお口いっぱいに広がる和テイストのパウンドケーキをご紹介します
  • 【 今年は皇紀2646年 太陰暦から仏滅...

    by 石黒 健治 on 2016年2月17日
    太陰暦  今日2月10日は、中国人のバク買いまっ盛りでしょう。中国は実用的には西暦を使っているが、秦の始皇帝の時代から伝わってきた伝統の暦も色濃く残っている。2月8日が事実上のお正月で、日本でも
1

Homeに戻る