LITTLE NEMO

2016年3月25日
「LITTLE NEMO」

「LITTLE NEMO」
WINSOR MCCAY

小学生の頃
夢中になって発明を目指していたものが
2つあった
1つは
永久運動をする装置
PERPETUAL MOTION MOVEMENT MACHINEの発明
最近ジャン・ピエール・ジュネ監督の映画
「天才スピヴェット」を観て
机上の空論を繰り広げていた
あの頃を思い出した

もう1つは
夢を録画できるビデオを作ること
本の虫だった僕は
夢は
寝ている間に自動で読める最高に面白い本
のように思っていて
ただ
目覚めと共に忘れてしまうことが
悔しくて悔しくて
いつか録画できる機械を発明してやる!
と日々悶々としていた

きっと作者のウィンザーマッケイさんも
同じようなことを考えていた気がして
「誰でもないもの」という意味の
名前をもつ
少年ニモは
毎晩眠りにつく度に
スランバーランド
という夢の国へ行く
そこはまさに夢の国で
時間が伸び縮みし
空間が伸び縮みし
ベッドの足もラクダのように伸び
美しい色彩に溢れ
巨大なキノコの森や象の群れ
サーカスのピエロに
月面に浮かぶ顔
自由自在
奇想天外
奇天烈怪奇でユーモアに溢れた世界
毎晩毎晩
目覚めるまでの束の間の旅

まるで「ダンボ」のピンクの象の行進
まるでティムウォーカーの写真
まるでティムバートンや
テリーギリアムの映画
そう
きっとそれらみんなのバイブル
19世紀の始めに
ニューヨークヘラルド紙の日曜版に毎週掲載されたこのコミック
絵本の世界では
モーリスセンダックはオマージュとして
「まよなかのだいどころ」を生み
佐々木マキは「やっぱりおおかみ」を
生み出し
僕の絵本屋MAIN TENTも
構想段階で幾度となく読み返し
現実の店舗に再現しようと試みた
アイデアの宝庫
インスピレーションの源
読むたびに新たな発見と出会う
2016年の今でも尚色褪せない傑作
ウィンザーマッケイ
リトルニモ
写真はドイツ版
フランソワ・バチスト氏が
ご紹介致しました

Profile

冨樫 チト(とがし ちと)

冨樫 チト (とがし ちと)

本名である。フランス童話「みどりのゆび」のチト少年にちなんで両親から命名される。富士の裾野の大自然の中、植物画と読書と空想の幼少期を過ごす。
早稲田大学在学時よりプロダンサーとしての活動を開始。
舞台演出、振付け、インストラクター、バックダンサーなど、踊りに関わる全てに携わる傍ら、持ち前の遊び心で、空間演出、デザイナー、リゾートホテルのライブラリーの選書、壁画の製作、ライブペイントによる3Dトリックアートの製作など、無数のわらじを履く。
2015年2月、フランソワ・バチスト氏として、住まいのある吉祥寺に絵本児童書専門古書店、「MAIN TENT」をオープン。
氏の部屋をそのまま移動させた小さな絵本屋から、エンターテインメントを発信している。

  • 靴先のゴミ取り専用ブラシというニッチ商品

    by 中村 滋 on 2016年4月 5日
    これは気がつかなかったです。靴の先に差し込んで掃除するブラシです。ほとんどの人がシューズ内の掃除などしたことがないと思いますが、この「ほこりんぼうmini+」なるものでかき回すと、ビックリするくらい
  • LITTLE NEMO

    by 冨樫 チト on 2016年3月25日
    「LITTLE NEMO」 WINSOR MCCAY 小学生の頃 夢中になって発明を目指していたものが 2つあった 1つは 永久運動をする装置 PERPETUAL MOTION MOVE
  • 自然派ワインの造り手「ドメーヌ・ポンコツ...

    by 竹之内 一行 on 2016年3月22日
    2015年、新たに自然派日本ワインが誕生した。その名も「ドメーヌ・ポンコツ」。造り手の名は松岡数人(かずと)氏。 松岡氏は大阪府堺市の出身で、山梨大学にてブドウ栽培や、発酵,醸造の基礎を学ぶ。
  • 【 チリからフクシマへ 防潮堤神話のい...

    by 石黒 健治 on 2016年3月18日
    岩手県山田町では、この日はわかめの採取解禁日だった。まだ暗いうちからわかめ採りに浜へ出ていた人たちが、2時半ごろ、波の引き方の異常に気づいた。津波の前兆であるはずの地震はなかったが、何度も津波
  • 今年は海苔がピンチです!

    by 金井 一浩 on 2016年3月15日
    お米の友として欠かせない逸品、それは海の恵み「海苔」。 熱々のごはんの上に載せると一層食欲が沸く「海苔の佃煮」そして手巻きや軍艦巻きに欠かせない風味豊かな寿司用と、おむすびにはほのかに香るパリパリ
  • マスク嫌いも使えるマスク

    by 中村 滋 on 2016年3月 2日
    インフルエンザが収まって来ると、今度は花粉症の季節ということで街にマスクが減りません。マスクってよいのはわかっているのですが、口周りのガサガサ感、紐の耳あたり、なんといっても息苦しさなどなど、どう
  • おまえをたべちゃうぞーっ!

    by 冨樫 チト on 2016年2月25日
    「おまえをたべちゃうぞーっ!」 トニー・ロス 作、絵 神鳥統夫 訳 岩崎書店 冬の空は とても澄んでいる 家に帰る道すがら ふと自転車を止めて 夜空を見上げてみる 白い息の向こう側 何かが光った
  • 自然派ワインの造り手「イヤニック・アミロ...

    by 竹之内 一行 on 2016年2月23日
    カベルネ・フランという葡萄品種をご存知でしょうか?ワイン好きならば知っているでしょうが一般的にはカベルネ・ソーヴィニョン種があまりにも有名でフランは聞いたことがないという方もいらっしゃると思います
  • 春の香りを和テイストに~桜とお抹茶のパウ...

    by 小野 公美 on 2016年2月19日
    三寒四温で春の気配を感じ、待ち遠しい今日この頃。 一足先に春の味覚を楽しんでみませんか? 今回は満開の桜を感じるような、桜の香りがお口いっぱいに広がる和テイストのパウンドケーキをご紹介します
  • 【 今年は皇紀2646年 太陰暦から仏滅...

    by 石黒 健治 on 2016年2月17日
    太陰暦  今日2月10日は、中国人のバク買いまっ盛りでしょう。中国は実用的には西暦を使っているが、秦の始皇帝の時代から伝わってきた伝統の暦も色濃く残っている。2月8日が事実上のお正月で、日本でも
  • 聖バレンタインデーとチョコとドラッグ

    by 金井 一浩 on 2016年2月15日
    男性のみなさまは今年いくつチョコレートをもらいましたか? 私事で恐縮ですが、そんなイベントすっかり他人事です。でもなぜバレンタインに女性が男性へチョコレートを贈る習慣ができたのでしょうか、そも
  • ギター、ウクレレのちょい録音が簡単

    by 中村 滋 on 2016年2月 4日
    楽器練習の新兵器です。ギターやウクレレで、プロミュージシャンのコピーをしたり、楽譜を見て弾いて、それを録音して忘れないようにしたりするのですが、普通はレコーダーを使います。今ならスマートフォンです。
  • 火よう日のおはなし

    by 冨樫 チト on 2016年1月26日
    「火よう日のおはなし」 ムラースコーバー さく ちの えいいち やく 偕成社 ご存じの通り 火よう日には 火よう日の精がいる 朝起きてカーテンをあけた人が なんて素敵なてんきだ 今日はいい1日
  • 自然派ワインの造り手「ラ・プティト・ヴニ...

    by 竹之内 一行 on 2016年1月20日
    南フランスのスペイン国境に近いルーション地方のモーリー村という殆どが赤の甘口を造っている産地で驚くほどミネラル分に富んだ辛口白ワインや優しくスゥーと染み渡るような赤ワインを造る造り手がいる。最
  • お正月太りとダイエット

    by 金井 一浩 on 2016年1月15日
    あけましておめでとうございます!今年も「お米と暮らし」宜しくお願いいたします。 さて、今年は一体どんな一年になるのでしょう?TPPに安保にアベノミクス、参議院選挙も控えていますがやっぱり一番気
  • ~はちみつ金柑パウンド~

    by 小野 公美 on 2016年1月14日
    お正月が明け、ようやく日常の生活が戻りつつある今日この頃。 ふと見ると近所の軒先で黄色い実がたわわになっている光景を目にすることはありませんか? 今はちょうど黄金色の金柑が美味しい季節。
  • 【 丙申(ひのえさる)波乱の兆し 201...

    by 石黒 健治 on 2016年1月13日
    明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。  いま、若い人の間で、陰陽五行説が密かにはやっている。その若い友人が仕入れたばかりのうんちくによれば、2016年の干支・丙申は、な
  • 新しい年は柔軟な新しい発想で

    by 中村 滋 on 2016年1月 6日
    年が明けてもテレビ番組や新聞の誌面は、同じことの繰り返しで代わり映えがせず、変えられないあるいは変えたくない人が多いんですね。従来の考えにとらわれて融通が利かなくなっている、そんな人が周りにいたらこ
  • セシのポサダの日

    by 冨樫 チト on 2015年12月24日
    「セシのポサダの日」 マリー・ホール・エッツ&アウロラ・ラバスティダ 作 田辺五十鈴 訳 冨山房 クリスマス バーバパパもクリスマス ババールもクリスマス マドレーヌも パディントンも
  • 自然派ワインの造り手「ドメーヌ・モス」

    by 竹之内 一行 on 2015年12月21日
    オーナーであるルネ・モスと妻のアニエスは、1987年からトゥール市内でバーを兼ねたワインショップを営んでいた。1993年ワインショップを閉め、ワインをつくる世界に転身を図る。1994年、彼らはア
1

Homeに戻る