おまえをたべちゃうぞーっ!

2016年2月25日
「おまえをたべちゃうぞーっ!」

「おまえをたべちゃうぞーっ!」
トニー・ロス 作、絵
神鳥統夫 訳
岩崎書店

冬の空は
とても澄んでいる
家に帰る道すがら
ふと自転車を止めて
夜空を見上げてみる
白い息の向こう側
何かが光ったように見えた
星ではない
何かが...

宇宙の果てに
おそろしい怪獣が住んでいた
はらぺこの怪獣
鋭い牙で
その星に住むものも
最後にはその星自体すらも
りんごのように食べてしまう
宇宙船に乗って
星から星へと渡り歩き
星という星を食べ尽くして来た

先ほどキラリと光ったのは
実はその怪獣が乗った
宇宙船だったのだ
船内のモニターには
地球に住む
美味しそうな
幼い男の子の姿

迫る怪獣
危うし男の子
危うし地球!

ドスーンという音と共に
怪獣はとうとう地球に到着した
危うし男の子!
危うし地球!!

朝になった

何も知らない男の子は
いつも通り玄関を開ける

そこに

宇宙からやってきた
鋭い爪
鋭い牙を持った
獰猛な怪獣が
ヴアァァァと襲いかかる

ページいっぱいに描かれる怪獣
二つに裂けた真っ赤な舌
野生の熊のように逆立った毛
緑色の角は6本も生えている
手にした巨大な棍棒を振り上げ
目をカッと見開いて
無防備な少年に飛びかかる

危うし男の子!!
危うし地球!!!

残るは1ページ
その最後のたった1ページ
文章のない
絵のみの1ページに
読んでいたみんなが
あっ
と驚くような展開が待っている

ご安心を
少年は今も元気にしている

さて
何が起こったのか

シックスセンスのシャマラン監督も脱帽の
ラスト1ページに目が離せない
1986年最大の衝撃作
トニー・ロス
「おまえをたべちゃうぞーっ!」
フランソワ・バチスト氏がご紹介いたしました

Profile

冨樫 チト(とがし ちと)

冨樫 チト (とがし ちと)

本名である。フランス童話「みどりのゆび」のチト少年にちなんで両親から命名される。富士の裾野の大自然の中、植物画と読書と空想の幼少期を過ごす。
早稲田大学在学時よりプロダンサーとしての活動を開始。
舞台演出、振付け、インストラクター、バックダンサーなど、踊りに関わる全てに携わる傍ら、持ち前の遊び心で、空間演出、デザイナー、リゾートホテルのライブラリーの選書、壁画の製作、ライブペイントによる3Dトリックアートの製作など、無数のわらじを履く。
2015年2月、フランソワ・バチスト氏として、住まいのある吉祥寺に絵本児童書専門古書店、「MAIN TENT」をオープン。
氏の部屋をそのまま移動させた小さな絵本屋から、エンターテインメントを発信している。

  • マスク嫌いも使えるマスク

    by 中村 滋 on 2016年3月 2日
    インフルエンザが収まって来ると、今度は花粉症の季節ということで街にマスクが減りません。マスクってよいのはわかっているのですが、口周りのガサガサ感、紐の耳あたり、なんといっても息苦しさなどなど、どう
  • おまえをたべちゃうぞーっ!

    by 冨樫 チト on 2016年2月25日
    「おまえをたべちゃうぞーっ!」 トニー・ロス 作、絵 神鳥統夫 訳 岩崎書店 冬の空は とても澄んでいる 家に帰る道すがら ふと自転車を止めて 夜空を見上げてみる 白い息の向こう側 何かが光った
  • 自然派ワインの造り手「イヤニック・アミロ...

    by 竹之内 一行 on 2016年2月23日
    カベルネ・フランという葡萄品種をご存知でしょうか?ワイン好きならば知っているでしょうが一般的にはカベルネ・ソーヴィニョン種があまりにも有名でフランは聞いたことがないという方もいらっしゃると思います
  • 春の香りを和テイストに~桜とお抹茶のパウ...

    by 小野 公美 on 2016年2月19日
    三寒四温で春の気配を感じ、待ち遠しい今日この頃。 一足先に春の味覚を楽しんでみませんか? 今回は満開の桜を感じるような、桜の香りがお口いっぱいに広がる和テイストのパウンドケーキをご紹介します
  • 【 今年は皇紀2646年 太陰暦から仏滅...

    by 石黒 健治 on 2016年2月17日
    太陰暦  今日2月10日は、中国人のバク買いまっ盛りでしょう。中国は実用的には西暦を使っているが、秦の始皇帝の時代から伝わってきた伝統の暦も色濃く残っている。2月8日が事実上のお正月で、日本でも
  • 聖バレンタインデーとチョコとドラッグ

    by 金井 一浩 on 2016年2月15日
    男性のみなさまは今年いくつチョコレートをもらいましたか? 私事で恐縮ですが、そんなイベントすっかり他人事です。でもなぜバレンタインに女性が男性へチョコレートを贈る習慣ができたのでしょうか、そも
  • ギター、ウクレレのちょい録音が簡単

    by 中村 滋 on 2016年2月 4日
    楽器練習の新兵器です。ギターやウクレレで、プロミュージシャンのコピーをしたり、楽譜を見て弾いて、それを録音して忘れないようにしたりするのですが、普通はレコーダーを使います。今ならスマートフォンです。
  • 火よう日のおはなし

    by 冨樫 チト on 2016年1月26日
    「火よう日のおはなし」 ムラースコーバー さく ちの えいいち やく 偕成社 ご存じの通り 火よう日には 火よう日の精がいる 朝起きてカーテンをあけた人が なんて素敵なてんきだ 今日はいい1日
  • 自然派ワインの造り手「ラ・プティト・ヴニ...

    by 竹之内 一行 on 2016年1月20日
    南フランスのスペイン国境に近いルーション地方のモーリー村という殆どが赤の甘口を造っている産地で驚くほどミネラル分に富んだ辛口白ワインや優しくスゥーと染み渡るような赤ワインを造る造り手がいる。最
  • お正月太りとダイエット

    by 金井 一浩 on 2016年1月15日
    あけましておめでとうございます!今年も「お米と暮らし」宜しくお願いいたします。 さて、今年は一体どんな一年になるのでしょう?TPPに安保にアベノミクス、参議院選挙も控えていますがやっぱり一番気
  • ~はちみつ金柑パウンド~

    by 小野 公美 on 2016年1月14日
    お正月が明け、ようやく日常の生活が戻りつつある今日この頃。 ふと見ると近所の軒先で黄色い実がたわわになっている光景を目にすることはありませんか? 今はちょうど黄金色の金柑が美味しい季節。
  • 【 丙申(ひのえさる)波乱の兆し 201...

    by 石黒 健治 on 2016年1月13日
    明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。  いま、若い人の間で、陰陽五行説が密かにはやっている。その若い友人が仕入れたばかりのうんちくによれば、2016年の干支・丙申は、な
  • 新しい年は柔軟な新しい発想で

    by 中村 滋 on 2016年1月 6日
    年が明けてもテレビ番組や新聞の誌面は、同じことの繰り返しで代わり映えがせず、変えられないあるいは変えたくない人が多いんですね。従来の考えにとらわれて融通が利かなくなっている、そんな人が周りにいたらこ
  • セシのポサダの日

    by 冨樫 チト on 2015年12月24日
    「セシのポサダの日」 マリー・ホール・エッツ&アウロラ・ラバスティダ 作 田辺五十鈴 訳 冨山房 クリスマス バーバパパもクリスマス ババールもクリスマス マドレーヌも パディントンも
  • 自然派ワインの造り手「ドメーヌ・モス」

    by 竹之内 一行 on 2015年12月21日
    オーナーであるルネ・モスと妻のアニエスは、1987年からトゥール市内でバーを兼ねたワインショップを営んでいた。1993年ワインショップを閉め、ワインをつくる世界に転身を図る。1994年、彼らはア
  • 【 いまこそ歌え! クリスマス キャロル...

    by 石黒 健治 on 2015年12月17日
    1843年にディケンズが書き、ベストセラーになって以来、何度も映画化された「クリスマス キャロル」。小学生のころ課外授業で見せられて、怖い思いをしたことを覚えておられる方も多いだろう。 &r
  • コーヒー豆とお米の意外な共通点

    by 金井 一浩 on 2015年12月15日
    先日、当店のお客様がコーヒー豆の焙煎を専門に仕事されている方と一緒に来店されました。何気ない世間話が意外な展開に発展したのでその内容を紹介させていただきます。 まず、コーヒー豆の選別にお米専用
  • 世界のお玉を集めました

    by 中村 滋 on 2015年12月 7日
    夏に東京・代々木公園で開かれたアウトドアフェスで、ひさしぶりに新しいお玉を見つけました。チュニジアのオリーブの木で出来たというラドル(お玉)です。もう30年以上前から、なんとなくお玉が集まってきてコ
  • 自然派ワインの造り手「大岡弘武(ラ・グラ...

    by 竹之内 一行 on 2015年11月26日
    今回はフランスで活躍する日本人の自然派ワイン生産者をご紹介致します。 フランス南東にコート・デュ・ローヌ地方でラ・グランド・コリーヌという蔵を運営している大岡弘武さんです。フランス語でグランドは
  • のはらにおはながさきはじめたら

    by 冨樫 チト on 2015年11月24日
    「のはらにおはながさきはじめたら」 ぶん シャーロットゾロトウ え ガースウィリアムス 福武書店 シルクドソレイユ 壮大で 派手で 観る人を圧倒するエンターテイメントその中に僕の大好きな フ
1

Homeに戻る