Category
お米と暮らし
焼き菓子と素材
オススメのスポット
写真家の視線
ベジフード
目利きの逸品
フィトテラピー
自然派ワイン
地域の人々
絵本の紹介
イベント
Back Number
2021年11月
2021年10月
2021年9月
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
  • ヘッセ田園都市

きたかぜとたいよう

2021年10月26日
「きたかぜとたいよう」

『きたかぜとたいよう』
作者不明

絵本の古本屋には基本的に
二つの柱がある
一つはもちろん、絵本を売ることである
そしてもう一つは絵本を
買うことである
書店や古書店での修行も全くなく
未経験からある日突然絵本の古本屋を始めた僕は
古本屋を始めるときに、「どう売るか」ばかり考え
「どう買うか」は殆ど考えて来なかった
面陳しよう
カテゴリーでわけよう
作者で分けてみよう
平置きしてみよう
毎日色々な方法を模索する
が、続けてみて思うのは
よい絵本を売ることは、実際そんなに難しいことではなく
よいな、この絵本、と思った本は黙っていても数日か数週間でちゃんと旅立ってゆく
難しいのは
そのよい絵本をどう仕入れるかである
そしてよい絵本の古本屋になるには
その仕入れがほぼ全てなのだ
ヨーロッパなどへの買付けの旅もあるが
古書組合などに加盟していない当店の基本は
買取りである
さいわいオープン当初より
本当に多くの方に絵本を譲って頂いた
今もまだ当店が続いているのは、間違いなくそのおかげである
「ここにあると絵本が輝いて見えるから」
「次の方に引き継いで下さい」
「お墓までは持っていけないからね」
「お店をやめることにしたので」
など、その事情は様々だ
お宅に直接伺うこともあるし
全国各地
遥か海を越えて送って頂いたこともある
7年ほど絵本の古本屋をやっているし
40年以上絵本と触れながら生きて来たが
それでも驚くほど知らない絵本と毎回毎回出会う
買取りの度に
新しい感動と
新しい知識に触れる
買取りの度に
お客様に育てて頂く
仕掛け絵本について教えてくださる方がいる
ヨーロッパの絵本について教えてくださる方がいる
児童書について教えてくださる方もいる
当店にやって来る絵本によって
当店は成長し、形作られてゆく
例えではなく
古本屋というものは
お客様に育てて頂くのである

そして
そんな買取りの中でも
なんだこれは!?
というものとたまに出会う
そこに価値を見出すかどうか、
度胸を試されるような絵本
個人的に一番記憶に残っているのは
ディック・ブルーナ作
『うさこちゃんとうみ』
こちらには
最後見返しのページに
持ち主の子ども自作の続きが付けてあった
「でも おうちまでかえるとちゅうで うさこちゃんは ねむくなりました」
で本来は終わるのだが、確かにあれ?終わりかな
ともう1ページめくりたくなるような終わりかただ
自作の続きにはちゃんと帰宅するところまでが描かれている
これは素晴らしかった
はい、おしまい
に納得しないことだって、当然あるんだと
おしまいのその後が、その子の中で続いてたりするんだと
気付かされた一冊
文字通り、この世にたった一冊しか存在しない絵本だった

チェコ買付けで出会った
『UKRADENY ORLOJ』

UKRADENY ORLOJ

ぼろぼろになった表紙に、自作で
文字と絵が新しく貼り付けてあったもの
こちらはまずクオリティが素晴らしかったし
絵本に落書きしたり
絵をなぞってトレーシングしたり
時には切り取ったりして遊ぶ
チェコ独特の、本に対する自由さの象徴のような一冊だった

そして最後にご紹介するのが最近出会ったこちら
50年ほど前に
誰かが作った絵本
『きたかぜとたいよう』

きたかぜとたいよう

こういう子どもによる自作絵本自体は珍しくはないので
にこやかに読んだあと、スルーしたいところだったけれど
この北風がどうにも引っかかった
太陽はわかる
丸の中に顔
子どもがよく描くタイプの太陽だ
でもこの味のある北風は一体なんだろう
ページをめくってみたら
上から吹くところもよいし
よく見たら風の口も
人のサイズも、一度描き直している

きたかぜとたいよう

そうやってじっくり見ていくと
タイトルを太字にしたのもグッとくるし
手描きの絵本ならではの魅力がそこかしこに詰まっていて
色々吟味された結果
こちらは無事当店の本棚に並ぶことになった
そういえば
子どもにとって
絵本は読むものであると同時に
たまに描くものでもあったりしたな
そんな大切なことを
思い出させてもらえた、愉快な一冊だった
今月は
絵本の古本屋ならではの
少しイレギュラーな絵本たちをご紹介致しました

追記
絵本の古本屋にとって
同じ絵本は一冊としてなく
タイトルが同じでも
誰が読んだか
誰のものであったかによって全然違う
同じ『いないいないばあ』でも
これは50年前に
ちいさな手がめくったいないいないばあ
こちらは赤ちゃん生まれた次の日に
おばあちゃんが贈ってくれたといういないいないばあ
ここにほら
噛み跡がある
ほら
こちらはページが取れそうなくらい読まれている
おや
こちらは新品同様だ
みんなおんなじ『いないいないばあ』だけど
みんな違う『いないいないばあ』だ
その全てが
再び誰かの大切な一冊となるよう
今日もまた
絵本を磨くことにする

自然に造るボージョレ・ヌーヴォーのオススメ生産者!

2021年10月 6日
自然に造るボージョレ・ヌーヴォーのオススメ生産者!

ボージョレ・ヌーヴォーが今年もやって来る!
ヌーヴォーは好きじゃない!という人もたまに見かける。けれども今。ボージョレには素晴らしくナチュラルなヌーヴォーを造る生産者がいる。この人たちのヌーヴォーを飲んでからナチュラルヌーヴォーを毎年飲み、その後ボージョレのワインを追いかけてガメラー(ボージョレで使われているガメイ種のブドウを好きになった人達のこと)を自称する方達も増えました。店頭ても旨ガメイくださーい!と来店してくるお客様もおおいですよ!
これからオススメする生産者のヌーヴォーやヌーヴォー以外のボージョレワインを見つけたら是非試してみてください!

まずは今年の作柄から!
2021年、フランスのワイン産地ほぼ全域に遅霜が降りるという衝撃的な幕開けから始まり、その後ボジョレーでは雹、長雨による病気の蔓延など、天候的に厳しい年に。ブドウの栽培にとって厳しい年にもかかわらず品質に恵まれた2012年とサイクルが似ているため、天候次第では再びワインの品質に恵まれることを期待する生産者も多い2021年!生産者の力量が試される年かもしれませんね!

オススメのボージョレ・ヌーヴォー生産者その1

BioWine_sub1ドメーヌ・ラフォレ
ボージョレ地区の、ブドウ畑と緑の平原が広がるとてものどかで美しいレニエ・デュレット村にあります。
現当主ジャン=マルク・ラフォレ氏は4代目で、16歳の時からワイン造りを始めました。丁寧に育てられたぶどうは、単に飲みやすいだけでなく、完熟したぶどうの旨味が凝縮された非凡なボージョレを造る。また、ボージョレといえばヌーヴォが有名ですが、ラフォレ氏の造る、新鮮な果実味いっぱいのヌーヴォは多くのファンを魅了しています。現在は、三つ子の息子のうち、トーマさんとピエールさんが引き継いでいます。
ワインは果実味たっぷりで誰が飲んでも美味しい親しみやすい味わい!


オススメのボージョレ・ヌーヴォー生産者その2

BioWine_sub2ジャン・フォワヤール
ジャン・フォワヤールの造るワインはヌーヴォーに限らずまるでピノ・ノワールだ!!というのがワイン好きのもっぱらの評判だ!鮮やかな色調、透明感のある果実味。なんといっても繊細でとてもエレガントなワインだ。通常の熟成スタイルのワインに限らず新酒のヌーヴォーでもこの酒質は変わらない。彼は、マルセル・ラピエール、ギイ・ブルトン、イヴォン・メトラ、ジョセフ・シャモナール等、現在活躍する自然派ワインの生産者と深く知り合い、次第に彼らのワインづくりに興味を抱くようになる。特にマルセル・ラピエールに影響を受けたという彼は、ジュール・ショーヴェの本を片手に、マルセルのカーヴに足繁く通いながら独学でワインの醸造を勉強した。ジャンの艶っぽく、エレガントなガメイは、ボジョレーのヴァンナチュールを代表するだけではなく、AOC、ヴァンナチュール、品種の枠を超え、現在世界各国で高く評価されている。寝かせると物凄いのがジャンのワイン!


オススメのボージョレ・ヌーヴォー生産者その3

BioWine_sub3ジャン・クロード・ラパリュ
毎年進化する作り手! 評論家パーカー、世界一ソムリエのオリヴィエ・プーシェ、三ツ星タイユバンも一押しのヌーヴォー! 徹底した冬季剪定と夏季剪定作業をしています。品質の高いぶどうが生るように、余分なぶどうを切り落とします。せっかく生っているぶどうを取るのは残念ですが品質を追求するため。 質・量ともにベストである1ヘクタール当たり45lhになるように切ります。「冬の剪定」で短くしたため切り落とすぶどうが少なく、樹の生育にインプットされているので栄養分が効率よくぶどうに行きわたります。 醸造の時はもちろん天然酵母です。 古樹中心で収穫量を抑えるため芳醇タイプから最近はエレガントさも!価格もそれなりにいいですがそれに見合う品質のものだと思っていますので是非ともお試しください。


オススメのボージョレ・ヌーヴォー生産者その4

BioWine_sub4レミ・デフェイトル
ラグビーのフォワードの選手のようないかつい風貌とは対照的にピノのような驚くほどの繊細なワインを造る!平均樹齢60年、平均収量30hl/ha。酸化防止剤は一切使用しない。味わいは葡萄の果実をストレートに表したとても繊細で女性的なタッチのワイン。優しい味わいのワインが好きな方にはおすすめのヌーヴォーです!
2006年、レミ・デュフェイトルと彼の妻(元)ローランスはブルイイやコートドブルイイ周辺の畑を購入しワイン造りをスタートしました。当初より葡萄栽培は有機にて行っておりましたが、醸造設備等は一切なく、収穫した葡萄は全て共同組合に売っていました。
2人にとって納得がいく葡萄が収穫出来たときに自ら醸造。醸造したワインをモルゴンのジャン・フォアイヤールやブルイイのジャンクロードラパリュらに試飲してもらうと、すぐさまレミの溢れる才能を見出します。彼らはレミに醸造所の立ち上げを提案し、2011年に自身のドメーヌを立ち上げます。ジャンフォワイヤールやラパリュはレミにさらにワイン造りのコツを教え、レミをパリのカヴィスト達(酒屋さん達)に紹介していったのです。パリのシャトーブリアン(名門ビストロ)の試飲会ではジャンやラングロールのエリックなどと共に若手自然派生産者代表として肩を並べました。


オススメのボージョレ・ヌーヴォー生産者その5

BioWine_sub5シルヴェール・トリシャール(蔵元名:セレネ)
2012年からワイン造りを始めた若き生産者。 2002年にジャン・クロード・ラパリュに出会い収穫を体験。 そこから自然派ワインそのものや造り方にも衝撃を憶えスイッチが入った。
おじさんから畑を譲り受け酸化防止剤ゼロのワインで経験が浅いにもかかわらずグロゼイユのような赤い透明感がありミネラル分に富むワインをつくりだす。 おじさんも以前よりビオディナミ農法を実践しており長い間その農法で栽培されている葡萄でワインを造る事が出来ている。若い世代のヌーヴォーの代表格になる素質がある生産者かもしれない!


オススメのボージョレ・ヌーヴォー生産者その6

BioWine_sub6フィリップ・パカレ
ボージョレというよりブルゴーニュを代表する造り手の一人。自然派ワインの大御所である故マルセル ラピエールの甥であり、プリューレ ロックの醸造長を務め一時はロマネ・コンティの醸造長をも依頼されたという。
自然派ワインの祖ともいえるジュール ショヴェに師事し、寝食を共にしてショヴェの哲学やエスプリを引き継いだ経験です。ジュール ショヴェと聞いてもあまりピンとこないのが正直なところでしょうが、彼の残した哲学を受け継いでいる生産者の系譜を見ると、その影響の大きさを感じざるを得ません。酸化防止剤や農薬に頼らないでワインを造り、しかも熟成によってえもいわれぬガメイを生み出したマルセル ラピエール、ジュール シュヴェの弟子ジャック ネオポールからワイン造りを学んだヤン ロエル、その他にもフレドリック コサール、イヴォン メトラ、ジャン フォイヤールなどジュール ショヴェの残した書物から学んだ生産者は多くいます。そのジュール ショヴェ最後の愛弟子がフィリップ パカレです。彼はジュール ショヴェと6年間寝食を共に過ごし、その哲学を学びました。


以上、オススメのボージョレ・ヌーヴォーの生産者を6蔵ご紹介させていただきました。
ご紹介した生産者はヌーヴォー以外も造っていますのでぜひともお試しくださいませ!

1