Category
お米と暮らし
焼き菓子と素材
オススメのスポット
写真家の視線
ベジフード
目利きの逸品
フィトテラピー
自然派ワイン
地域の人々
絵本の紹介
イベント
Back Number
2021年8月
2021年7月
2021年6月
2021年5月
2021年4月
2021年3月
2021年2月
2021年1月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年9月
2020年8月
2020年7月
2020年6月
2020年5月
2020年4月
2020年3月
2020年2月
2020年1月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年9月
2019年8月
2019年7月
2019年6月
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
  • ヘッセ田園都市

知っておきたい「グリホサート」という発がん性物質

2021年7月15日
知っておきたい「グリホサート」という発がん性物質

私たちが健康的に生活していくうえで、一番重要な行為が食事になると思います。
その食事に不要な物が混ざっていたら、体の機能はどうなるのでしょうか。
近年、製造工程が複雑な加工食品がおおく、ぶどう糖液糖のような添加物や保存を目的とした化学物質が多用され、残留農薬も検出されるようになり、それが体にどのような影響を及ぼすかの研究も進んでいます。
今回は、その中でも「グリホサート」という除草剤成分に着目したいと思います。

このグリホサートは、主に輸入小麦に多く使われていると言われている農薬です。
以前、冷凍ホウレンソウの残留農薬事件で一躍有名になった、農民連食品分析センターから公表されている記事を拝見したのですが、驚きました。輸入小麦を使っている製品からは、ほぼそのグリホサートが検出されているのです。
以下、その検査結果が公表されているURLです。

・小麦製品のグリホサート残留調査1st
https://earlybirds.ddo.jp/bunseki/report/agr/glyphosate/wheat_flour_1st/index.html

・食パンのグリホサート残留調査
https://earlybirds.ddo.jp/bunseki/report/agr/glyphosate/wheat_bread_1st/index.html

・市販ビールのグリホサート残留調査2019
https://earlybirds.ddo.jp/bunseki/report/agr/glyphosate/beer2019/index.html

・学校給食パンのグリホサート残留調査2019
https://earlybirds.ddo.jp/bunseki/report/agr/glyphosate/school_bread1st/index.html

輸入小麦の大半は、パン、パスタ、うどんに使われているのですが、唐揚げや、たこ焼き、お好み焼きに使われる小麦粉だけではなく、菓子類や加工食品などにも多く使われているため、日常的に摂取する機会が多くなります。
この除草剤には、発がん性の懸念があるとIARC(国際ガン研究機関)の評価です。

・一般社団法人生物化学安全研究所
http://www.riasbt.or.jp/150325

・グリホサート 厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11121000-Iyakushokuhinkyoku-Soumuka/0000168500.pdf

このご時世、免疫力を高める様々な情報と、それに付随する商品が溢れています。
食事で体を整えるとき、簡単で単純な風土食か、自分の住んでいる場所から、なるべく近くで栽培採取されているかが重要だと考えます。
なぜなら、精製され、添加物が多く使われている複雑な加工食品には、輸入品が多く使われているからです。長い道のりを船でゆっくり旅をする商品ですから、いかに損害を受けないよう、リスク回避のため防虫、防菌、除草剤が使われるのは当たり前です。近隣で収穫、採取された食品は、移動距離が少なくてすむので、鮮度や栄養価が高く、経費の観点からも化学物質を使う理由が見当たりません。安全や安心は、必然的に考えると分かりやすいかもしれません。
そして、それらの物質がひとたび体に入ると、分解、消化するため内臓の負担が大きくなり、免疫力は確実に低下します。そしてグリホサートのように疾患の可能性も含まれています。
リスク回避の一番いい方法は、お金の使い方だと思います。流行りに乗って先々を考えないか、将来かかる医療費を見据え賢く使うか、その選択が重要だと思います。

生活にGデザインを心がけてます

2021年7月 7日
生活にGデザインを心がけてます

吟味され、優れていて、デザインに気配りされたものに囲まれて暮らす「坐辺師友」が晩年の理想なのですが、現実はなかなかそうはいきません。
空を見上げれば電線と電柱、統一感のない建物、乱雑な看板、それらに合わせたかのようなデザインの車で構成される街の風景は、相変わらずアジアの一員で支離滅裂。こればっかりはヨーロッパに敵いません(清潔さと安全では勝ってますが)。

» 記事の続きはクールシニアのウェブマガジン「クールシニアマガジン」で!

1