絵本とビートミュージック

2020年10月28日
絵本とビートミュージック

ビートのお話
太鼓を叩くとドンと音が鳴る
もう一度叩くとまたドンと音がなる
このドンがビートなのだが
僕ら踊り手が大切にするのは
そのドンとドンのあいだ
太鼓を叩く手が振り上げられている
その「すきまのじかん」だったりする
絵本がビートだとしたら
ドンは開かれたページだろうか
そこにある絵と
ページをめくるとあらわれる
次の絵
その間のことを
最近考えていた
思い浮かんだのは2人の絵本作家
『はしれかもつたちのぎょうれつ』で知られるドナルド・クリューズと
『よかったねネッドくん』が傑作なレミィ・シャーリップ

シャーリップは絵本作家であると同時に、役所、舞台演出、振付けもこなします。
まず彼の脳内が覗けるのは、作品集のような絵本、『ARM IN ARM』
言葉と絵を使い、遊べる限り遊び倒した悔しくなるような一冊。

絵本とビートミュージック

1957年の『Where is Everybody?』
では、定点観察された一つの景色に
少しずつ色々なものたちが描き込まれ
やがてやってくる雨により
また全てが隠れてゆく。
学芸会サイズの舞台を体育館でパイプ椅子に座って観ているような、不思議な作品。
ページを横切る川の水面、これが舞台の前っつら、へりの部分となり
その高さはページをどれだけめくっても変わらない。
その上を、時に下を、大道具や登場人物たちが動く。
絵本を一つの舞台として捉えていて、ページをめくってもめくっても同じリズムが刻まれています。

絵本とビートミュージック

同じ手法は名作、『いたずらこねこ』でも使われていて

絵本とビートミュージック

こちらの舞台のへりは、庭の芝生。
ページに芝生の線が真っ直ぐ横切り
上手には木の柵。
これが袖幕となり、こねこはこちらから登場。
下手には亀の住むちいさな池。
この舞台で物語は進行します。
(幼稚園の学芸会でやるには丁度よい作品だと思うのですが...)
いずれもページとページを1本の線が繋げていて、日常の穏やかなリズムを刻んでいるとても素敵な絵本です。
逆にページとページの間
ビートとビートの間を、ドキドキして止まる呼吸や、そして〜という「ため」で繋ぐのが
人気作『よかったねネッドくん』
こちらはページをめくる毎に色彩も、場面も、シチュエーションも変わるので
子どもたちはわーきゃー言いながら夢中になります。
(読み聞かせの際の子どもの反応、ということを主体に考えると、『いたずらこねこ』よりも『ネッドくん』のほうがよい絵本であるように思えてしまうのが、難しいところですね。)
『ちいさなとりよ』
については以前こちらに書かせて頂きました。

http://hesse-web.com/dennentoshi/book/entry-779.html
シャーリップのページとページの間の繋ぎ方は、音楽的にもとても好きだな
と思います。
因みにネッドくんは、音楽に置き換えるなら
JURRASSIC5の名曲
"SWING SET"ですね。

https://youtu.be/7HUSl7bmIIs

さて、ドナルド・クリューズ
こちらはもはや、作品自体がほぼ音楽。
日本でも人気の『はしれかもつたちのぎょうれつ』に関してもまた、こちらに以前書かせて頂きました。

http://hesse-web.com/musashino/book/entry-811.html
最近入荷したこちらがまた、素晴らしいのです。

CAROUSEL

『CAROUSEL』
何のことはない、開店木馬が回り出して、やがて止まる。
ただそれだけなのにこの格好よさ。
空の木馬がスタンバイし
オルガンの準備が整い
人々が乗り
音楽が鳴り
馬が放たれ
上下し
回り
どんどん早くなり!
音楽はけたたましく鳴り響き!

やがて
全てはゆっくりともとに戻り
また
空の木馬が佇む
彼の作品は常に、読み終えたあとの静寂までを含めて、一冊の絵本となっています。
例えばライブで、曲終わり!拍手!
という間ではなく
例え最後のシンバルが空気中に吸い込まれ
完全に消える
その後に湧いてくる拍手
それが彼の絵本。
ビートとは
太鼓がドンと鳴ったその瞬間ではなく
それが消えてゆくまで
そこまでが一つのビートだから
瞬間瞬間のポージングではなく
その間までしっかり捉えて動くのだ
そう師に言われた言葉を思い出しつつ
2人の絵本作家の間をご紹介致しました。

自然派ワイン(ナチュラルワイン)が楽しめるお店
SAjiYA(渋谷区神山町)

2020年10月 7日
自然派ワイン(ナチュラルワイン)が楽しめるお店

SAjiYA(渋谷区神山町)

「奥渋」(オクシブ)という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 渋谷の喧騒からちょっと離れた「神山町」「宇田川町」「富ヶ谷」という地名のあたりのことを言うらしいです。10年以上前はあまりお店は少なかったのですが最近は注目のエリアで少し落ち着いた雰囲気があり流行に敏感な人たちが集うお店も多くなっています。

BioWine_sub1そんな奥渋の路地裏にひっそりと佇む美味しい料理とナチュラルワインが楽しめるSAjiYA(サジヤ)さんをご紹介します。
渋谷からの道順を通りの説明もかねて今回はご説明しましょう。
渋谷駅から東急百貨店本店へ向かう通り。Bunkamura通りを進み(最近まで東急百貨店本店通りと思っていたら今はBunkamura通りと呼ぶそうです!しらなかった。笑)、東急百貨店本店を左手に見て神山町・代々木方面へ。このあたりから通りの名前はオーチャードロードと呼びます。Bunkamuraのオーチャードホールからつけられたようですね。
少し歩きアップリンクのある神山町東の信号を右折するとすぐ左に遊歩道があります。



BioWine_sub1この遊歩道、唱歌『春の小川』のモデルとなった小川があったところなのだとか。河骨川(こうほねがわ)という小さな川で下流の宇田川や渋谷川に流れ込んでいたそうです。
遊歩道をほどなく歩くと右手に小さな古いビルの1階に昔の喫茶店を思わせる半円の窓から優しい灯りがこぼれているところがSAjiYAさん。



料理を担当するのは田中シェフ。日本のフランス料理を牽引して大きく飛躍させたといわれる酒井一之シェフのもとで料理を学ぶ。
ホールを担当するのは池上さん。池上さんは美大出身で油絵を描いていたそう。作品として形になって残るものもいいけど、飲食のように食べて飲んで笑って楽しい思い出だけが残る。「そんなとこがいいじゃない!」と大学を中退し食の世界へ!

BioWine_sub3

料理も勉強しワインを輸入しているアンテナショップでワインの勉強も兼ねて3年勤める。
最近になって元々お客さんで来店していたマリコさんがサービスと調理補助を任せられている。

BioWine_sub4池上さん曰く、失恋レストラン的お店にしたいと!
傷ついたり疲れた人たちが癒されて帰っていく感じ。

すでに多くの方たちがここを訪問するとほんとい居心地がよく、暖かい気持ちになりリピーターになっていく。
はじめてきた人もなぜか懐かしい雰囲気でとっても暖かみのある内装で知り合いのお宅にお邪魔しているかのような雰囲気。



BioWine_sub5

田中さんの作る料理もガツン!でもなく優しい味でジャワっと美味しい!
ワインリストは特になくその日の選んだお料理合わせてセレクトしてくれる。
池上さんの選ぶワインは料理に寄り添ってドンピシャだし!ワインの説明も難しい言葉を使わず分かりやすい!気の利いたトーク思わず笑顔がこぼれる!
常連の若いお客さんにはビシッと厳しい愛ある言葉も!
マリコさんの初々しい対応も気持ちいい!



BioWine_sub6立ち飲み用のカウンターで軽くつまみながらとワインを楽しむこともOK!

しっかりと食べたいときもアラカルト料理をコース仕立てでも楽しめるほどメニューも豊富!

店名のサジヤのサジは匙加減のサジ。「料理も接客も人生だって匙加減でしょ!」って。

なんて匙加減のいい店だ!



席数 テーブル18席、スタンディングカウンターあり
営業時間: 18時~ラストオーダー22時30分
定休日:月曜

住所:東京都渋谷区神山町9-17神山ビル101
TEL:03-3481-9560

アクセス:
渋谷A2出口(渋谷109)より徒歩8分
京王井の頭線 / 神泉駅 徒歩10分(750m)
東京メトロ千代田線 / 代々木公園駅 徒歩11分(830m)
小田急小田原線 / 代々木八幡駅 徒歩12分(890m)

1