まちでさいごのようせいをみたおまわりさんのはなし

2020年8月28日
「まちでさいごのようせいをみたおまわりさんのはなし」

MAIN TENTの隣には
マンションのゴミ置き場がある。
先日、そこに一匹の若いネズミが、息絶えていた。
周りを見回すと、隣の民家の配電盤に齧られたあとがあった。
もしかしたら、感電したのかもしれない。
絵本屋に出来ることはこれくらいしかないと、穴を掘り、土をかぶせ、野の花を添え、そっと祈った。
うちには、ネズミの絵本だって沢山ある。

地面の下には、終わった命も、これから地上に出る命も、色々なものたちが眠っている。
イエラマリの絵本のように、断面で見られたらさぞ楽しいのだろうなと思う。
3歳の娘は、地面の下にも何やら世界があるらしいと勘付き、興味津々だ。
地面の下にはアリの巣があり、もぐらやミミズがいて、更にその下にはマグマが...絵本はそういうことも伝えられる。
子どもたちに、この世界の「真実」を丁寧に、そして美しく伝えるのは、絵本の大切な役割の一つだ。
そして同時に、
地面の下には地上とは別の世界があって、地底人や小人が住んでいたり、立派なお城だってある。
という、この世界のもう一つの秘密を伝えるのも、絵本の大切な役割だと思っている。
月までの距離は384.400キロメートルあるのも事実だが、幼い子どもに頼まれたお父さんが、高い山の上で長い梯子にのぼればひょいと月を取って帰れるというのもこの世界の真実なのだ。
これは、地面の下に住む妖精と
1人のおまわりさんの、本当の物語。

『まちでさいごのようせいをみたおまわりさんのはなし』
立原えりか 作
太田大八 絵
1976年
フレーベル館

よるの公園をパトロールしていたおまわりさんは、風もないのに動いているブランコを発見します。
そしてそこで、「しゃぼんだまをもってきたひとにおひめさまをおよめにあげる」
という小さな小さな、虫メガネで見ないと読めないような手紙をもらいます。
それは公園の地下に住む、妖精からの手紙でした。
結婚式は翌日の夜7時。
しかし、その日の朝おまわりさんは署長から、重大な事実を聞かされるのです。
さあ、おまわりさんの計画の始まりです。

おまわりさんの表情が、最初のパトロールシーンから妖精と出会い、作戦を決行する流れの中で、
公務員的な無表情から、優しいひとりの男性に変わり、また頼もしい警察官の顔になる。
短い絵本の中でおきる変化が物語の芯を太いものにしています。
後書きにも書かれていますが、このお話はもともとの構想は長い長編の物語です。
一つ一つのシーンは全てとてもドラマチックで、
ブランコはどんな風に揺れていたのだろう
ピストルを下げたおまわりさんが、夜の公園でしゃぼん玉を吹くのは、どんな違和感だろう
地下の妖精の国の様子は...
もっともっと細かく描写してもらいたいシーンで溢れている中、一枚ずつの絵で想像を補ってくれるのは太田さんならでは。
統一して使われ続ける紫色と青が、この不思議な物語の空気を作ってくれています。
その色のせいか、個人的に思うのは60年代〜80年代に活躍したドイツの絵本作家、ブックスフーバーとどこか同じ匂いがする作品です。
ドイツの空の色と、長崎の海の色は、
似ているのかな、なんて考えてしまいました。
現実を象徴する存在のおまわりさん。
非現実を象徴する存在の妖精たち。
そしてその二つの世界をつなぐしゃぼん玉。
物語を絵本サイズに濃く濃縮された、そんなしゃぼんの原液のような一冊。
いつか、児童書のボリュームでこの世界を旅したいなと、夢見ている作品です。

自然派ワイン(ナチュラルワイン)が楽しめるお店
鮨 おとわ(横浜市青葉区)

2020年8月 7日
自然派ワイン(ナチュラルワイン)が楽しめるお店

鮨 おとわ(横浜市青葉区)

横浜市青葉区のこどもの国に程近い閑静な住宅街の一軒家で驚く程のクオリティのお寿司屋さんがある。店名は「鮨 おとわ」。最寄り駅からも徒歩で10分以上、周囲に他のお店も見当たらないこの地をめがけて遠方からも鮨好きや食通が通う名店だ。

店主の相澤さんは38歳。はじめて彼にあったのはもう彼がまだ20代後半の頃だったか。
自分鮨屋なんですけどお客様でワインを飲まれる方がいらっしゃるんですけどワインの事教えていただけますでしょうか?と。風貌はB-boy(ラップやブレイクダンス好きっぽい男子)っぽい服装で少々面食らってしまいましが、あとから学生の頃はプロのスノーボーダーを目指していたというから納得。



BioWine_sub1お父様が百貨店の催事をメインとした鮨のお仕事をされていて、リタイヤ後は自宅で鮨屋を営む計画だったが26歳の時にお父様が他界。父の意思を継ぐ形で実家を改装し2011年の震災の年にオープン。

お父様の『音和』という店の名前から、店名を『おとわ』とした。



BioWine_sub2とにかくいい素材にこだわる。ほぼ営業日はほとんど豊洲に通う。いいネタをいい状態で提供したい思いから豊洲から送ってもらうことはしないし、氷漬け魚は死後硬直が進むからと産地直送もせず。自分の目で状態を確かめられるからと豊洲の仲買いさんから仕入れる。養殖はほとんど使わず「天然もの」にこだわって厳選。
鮨マニアのひとから言わせるとあのネタだと銀座なら3倍はするのだとか。
鮨マニアも唸らせるほどの鮨を食べさせてくれる相澤さんだが銀座や東京への出店や有名になりたい思いはないのだとか。
自分の鮨を理解してくれる人に楽しんでいただき家族を食べさせていくことが一番だなと。

BioWine_sub3まだまだ鮨のことが知りたい。極めたい。もっとお客様に喜んでもらいたい。

お酒も美味しくて体が喜ぶものをお出ししたい。そのな思いからナチュラルなワインも揃えている。常連さんでもあるナチュラルワインインポーターのヴォルテックスさんのワインを中心に揃える。白木のカウンターの為、赤ワインはNGですが。

まだまだ進化が止まらない「鮨 おとわ」さん。ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。
おまかせコース¥18,000~



完全予約制
定休日:月曜・第3日曜日
席数 カウンター7席
※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

神奈川県横浜市青葉区奈良3-11-1
☎ 045-961-1007

アクセス:田園都市線長津田駅よりこどもの国線にて、恩田駅より徒歩13分

1