自然派ワインの造り手
レ コステ

2019年7月24日
自然派ワインの造り手 レ コステ

ジャンマルコ アントヌーツィ、ヴァレンティーニやジュラール シュレール、愛する造り手のワインを飲むうちに、自らワインを造りの道を選んだジャンマルコ。フランスをはじめとした多くのワイナリーでの経験、そして祖父より受け継いだグラードリでのブドウ栽培、それぞれ全くの無関係のようですべては彼の計画した通り。そう感じさせてくれる説得力を持っている。
そして、それだけでは終わらない彼のエネルギーは、畑での挑戦はもちろん醸造においてもただならぬものがある。そんな彼はいつも想像の斜め上を進み続ける彼のワイン。そこには造り手だけでない、飲み手へのたくさんのメッセージが散りばめられている。

BioWine_sub1グラードリの土地はラツィオ北部、ヴィテルボ近郊カルデラ型の湖ラーゴ ディ ボルセーナのほとりにある。このあたりの土壌は火山礫、凝灰岩、細かい顆粒状の石が積み重なり形成されている。砂質、火山性の堆積物、特に鉄分が多く、石灰質と共にブドウに特徴的なミネラルを与えている。標高も高く、350~450mという斜面、祖父の畑や周囲の小さな放棄地を寄せ集めた3ha(樹齢が非常に高い)と、2004年に彼が手に入れた3ha の土地「Le Coste」。2006年より収穫・醸造を開始。


BioWine_sub2彼の目の前で起きた数々の現象、、、大きく分けると彼には2つの畑がある。1つは樹齢50年を超える高樹齢の畑(彼曰く、樹の素晴らしさ、反面誘因等手入れの不備からくる不安定さ・もろさを内在)。そして、彼が土地の耕転から植樹まで行った畑「Le Coste」当初に植樹したグレゲット、アレアーティコ、トレッビアーノ等はピエ ディ フランコ:台木なし。レ コステの土壌特徴である小石、砂利の多い砂質はフィロキセラによる強い耐性があると考えたため(何事においても実践主義である彼の性格もあります)。そしてセレクション マッサールによる多様性(自分の尊敬する素晴らしい造り手達から苗木を分けてもらったという話は聞いたことがある人も多いでしょう)。


BioWine_sub3

畑では農薬はもちろん、堆肥なども一切使わない農法を徹底。畑ではブドウ樹だけを栽培するのではなく、自家消費用に野菜やオリーブ(一部は販売用にも生産)果実を混在させた状態で栽培。単一的な環境ではないより多様性のある畑、自然環境に近づける努力を惜しまない。これは、ジャンマルコのポリシーであって、絶対に妥協しない部分。効率性も悪ければリスクも非常に高い、しかしこのポリシーを貫くための過酷な畑仕事は一切惜しまない。彼の言葉を借りるならば、「自分の造りたいものを造るためには、欠かせない事。」となる。

BioWine_sub4点在する畑の標高は高いところで450m、ボルセーナ湖を見渡す斜面にあり、一番広いレ コステが350mほど。現在生産本数は約8000 本前後、トレビアーノ トスカーノや、プロカニコ、マルヴァージア トスカーナ、アレアーティコ、グレゲット、チリエジョーロなどを栽培。樹の仕立は古いものはグイヨー式(1ha/4000 本)、新しい畑は、各樹が独立したアルベレッロ式(1ha/10000 本)。彼曰く、「ワインを造るのに自然の恩恵は欠かせない、気候や環境ってのは全くコントロールできない。だからいわゆる"良い年"に"最高のブドウ"が収穫できる。ただ、これは"最高のワイン"ではない。そのまま普通に仕上げたら、自分の中では"良いワイン"、としか言えない。これまで以上の醸造、リスクを冒すことが当然必要。それに、その方が面白いだろ?」そう言い切って微笑むジャンマルコ、生産量は変わらずとも、種類は年々素敵に増えていく。それは彼の数えきれない想像や挑戦が具現化されている証しともいえる。


BioWine_sub5畑では農薬はもちろん、堆肥なども一切使わない農法を徹底。畑ではブドウ樹だけを栽培するのではなく、自家消費用に野菜やオリーブ(一部は販売用にも生産)果実を混在させた状態で栽培。単一的な環境ではないより多様性のある畑、自然環境に近づける努力を惜しまない。これは、ジャンマルコのポリシーであって、絶対に妥協しない部分。効率性も悪ければリスクも非常に高い、しかしこのポリシーを貫くための過酷な畑仕事は一切惜しまない。彼の言葉を借りるならば、「自分の造りたいものを造るためには、欠かせない事。」となる。点在する畑の標高は高いところで450m、ボルセーナ湖を見渡す斜面にあり、一番広いレ コステが350mほど。現在生産本数は約8000本前後、トレビアーノ トスカーノや、プロカニコ、マルヴァージア トスカーナ、アレアーティコ、グレゲット、チリエジョーロなどを栽培。樹の仕立は古いものはグイヨー式(1ha/4000 本)、新しい畑は、各樹が独立したアルベレッロ式(1ha/10000 本)。


BioWine_sub6彼曰く、「ワインを造るのに自然の恩恵は欠かせない、気候や環境ってのは全くコントロールできない。だからいわゆる"良い年"に"最高のブドウ"が収穫できる。ただ、これは"最高のワイン"ではない。そのまま普通に仕上げたら、自分の中では"良いワイン"、としか言えない。これまで以上の醸造、リスクを冒すことが当然必要。それに、その方が面白いだろ?」そう言い切って微笑むジャンマルコ、生産量は変わらずとも、種類は年々素敵に増えていく。それは彼の数えきれない想像や挑戦が具現化されている証しともいえる。


https://item.rakuten.co.jp/shinkawa/c/0000000485/

「ふるさと納税」やってみた!

2019年7月15日
「ふるさと納税」やってみた!

「お米と暮らし」では、いままで寄稿した多くの内容がお米中心でしたので「暮らし」の観点も取り入れていきたいと思い今回は「ふるさと納税」に関して書いてみました。

私が住んでいる武蔵野市では月に1度、全戸配布される行政情報誌の市報が発行されます。それによると武蔵野市の財政は健全で余剰分があると書かれていました。余分があるのなら雀の涙ほどの納税額の私でも地方活性に役立てるのではと思いまして震災による風評被害を未だに受け、復興支援を必要としている福島県浪江町に「ふるさと納税」してみました。ワンストップ特例制度という確定申告のいらない制度を利用すれば簡単にふるさと納税できます。もちろん返礼品は地場産で地場商店の商品です。

過日、このふるさと納税のあり方が問われ泉佐野市が総務省に利用停止処分を受けましたね。地域産業とは全く関係ないアマゾンギフト券を返礼品とし、過剰な制度利用が理由とされましたが集まったお金額がすごい497億円だそうです。さらに扱い終了直前まで返礼比率を増やしお金をかき集めるといった執着心。公人とは思えない発想ですが、ほかにも高額な家電メーカの製品を返礼品にし、税収を上げている自治体もあったそうですからあきれてしまいます。結局4つの自治体がふるさと納税制度に参加できなくなりました。

日本人のあらゆる制度設計は性善説に基づき作られるような気がします。まさか自治体が拝金主義に走るとは考えてもみなかったのでしょう。地方経済の活性と地場産業の発展が本来の趣旨だとうかがえますが、地域の特性やポテンシャルを引き出す筋道を立てるのが地方行政に求められているのではないかと思います。
今後、泉佐野市の財政計画がどう計画されるのかが気になるところです。

対照的なのが長野県下条村です。俳優の峯隆太さんの出身地ともあって観光大使をされている過疎地域です。「喜平さがつくった奇跡の村」(著者峯隆太)を読むとその健全な自治体運営と町民のために尽力する町長さんの思いや手腕に脱帽することでしょう。町が活性化すれば住民も増えるし出生率も上がる。本来あるべき自治体の姿であり、すべての市区町村のお手本のような気がします。返礼品にアマゾンギフトを使う事はないでしょう。

苦労して収益を上げた民間企業のお金と、それを法律に沿って徴収し予算配分する行政。同じお金でもキャッシュフローが違うと考え方が変わります。そして助成金や優遇措置で既得権者が生まれ税金の無駄遣いが横行し財政難に陥るといったパターンがダメ行政の王道な気がします。実は武蔵野市も外郭団体が多く存在しJR武蔵境の目の前にある一等地に税金をつぎ込み幽霊ビル化が問題視されています、公務員の数もピカ一多いのではないでしょうか。市議会、市民団体が監視役を担っていると思うのですがいささか・・・。安心して暮らせる街とは行政と民間の役割がハッキリ分かれ首長がそれを理解している事が前提だと思います。
けっこう武蔵野市は公民混同が多く存在しているので、次回はその辺を考えてみたいと思います。あなたの住んでいる街は健全ですか?

シニアには利点が多いネックアンダーウェア

2019年7月 4日
シニアには利点が多いネックアンダーウェア

その昔、漫画家の白土三平さんに教えてもらった「ドカン」という首巻きがあります。親しい千葉の漁師がホコリよけ風よけ、昼寝の寝冷え防止とかで一年中首に巻いているのだそうです。木綿の布を筒状に縫ったもので、形状から土管というんだとか。
これとほぼ同じ素材のものを最近みつけました。手拭いを筒状に縫ったものとかでよく似ていますが、34cm×34cmと短かいのと、素材に凝っているところが違います。

» 記事の続きはクールシニアのウェブマガジン「クールシニアマガジン」で!

1