We are ready for ENGLISH

2018年9月15日
We are ready for ENGLISH

先日、新宿まで備品の買い出しに行きました。日中ともあって夜の新宿とは少し違う落ち着いた雰囲気の繁華街、買い物客が行きかう風景が目に映ります。しかし行き交う人たちを眺めていると異国のセンスで着こなす洋服に様々な言語、一瞬ここ新宿だよねと錯覚してしまうくらい異文化に染まった街は非日常感に溢れていました。電車移動が稀な人にとってはその変貌ぶりに戸惑いを覚えるはずだと思います。

JNTO(日本政府観光局)の推計によると、訪日外客数は過去最高を記録中とあります。
https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/data_info_listing/pdf/180815_monthly.pdf

2年前の話になりますが、静岡へ新幹線で行く機会がありました。往路の新幹線で隣に座っていたのはスパイシーな香りを漂わせた外国人旅行者。復路では癖のある英語をしゃべる外国人旅行者が隣の席でした。

ここ、吉祥寺も外国人旅行者を多く見ます。もともと外国人留学生や居住者はそれなりに見かけることはありましたが、ハードケースを片手にガラガラ歩いている外国人旅行者はここ数年で多く見かけるようになり、駅近くでは必ず多言語を聞く変貌を遂げています。

俗に言われているインバウンド効果に少なからずとも恩恵を受けている吉祥寺は、文化遺産や歴史的建造物はないもの、観光目的の統計による1位の食と2位の買い物、4位の繁華街散策がずばり当てはまっているではありませんか。ちなみに歴史的建造物などの文化施設観光は3位です。確かに海外旅行で食と買い物は外せません。

そんなこともあって、当店の来店客数に訪日外国人の割合を考えてみると1日のうちで大体1組は来店されます。片言の英語でのやり取りになりますが、まさか接客対応で英語を使うなど思ってもみませんでした。

そんな最中、翻訳の仕事をされている英語の先生とそのお友達が合同会社を設立。業務内容はインバウンドに対応できるよう小売店を厳選しサポート、そして海外発信を目的としています。まだ立ち上げたばかりなので当店がモニター役を担いデーター収集にいそしんでいます。
外国人から見た日本を再発見し、どのようなニーズがあるのか逆にCOOL JAPANを発見してくれるかもしれません。今後の展開が楽しみなのですが、英語の勉強をしなくてはという切迫感が入り混じる緊張感のあるモニター活動です。
でも未知の将来性を感じ現在モニター進行中です。

使い道が色々ある手動ポンプ式シャワー

2018年9月 3日
使い道が色々ある手動ポンプ式シャワー

最近の車の塗装、というかコーティングは優れていて、1年や2年はワックス掛け不要といいます。つまり水掛けだけでいいと。たしかに土砂降りの雨のあと車はピカピカになります。というわけで、ガススタンドで洗車は滅多にしませんし、有料の洗車場も最近はあまり見かけなくなりました。ただアパートやマンション住まいだと、水栓を自由に使えず、駐車場所と離れていたりします。

» 記事の続きはクールシニアのウェブマガジン「クールシニアマガジン」で!

1