おおきなくまがいいました

2017年10月27日
「おおきなくまがいいました」

週に一度仕事で横浜に行く
吉祥寺から新宿へ
湘南新宿ラインに乗り換え横浜へ
1時間ほどの電車の旅だ
ボックス席に乗りながら本を読んだり
携帯をいじったり
周りもほぼ同じように自分の世界を過ごしている
新聞であったり雑誌であったり携帯であったり
手の爪や髪の毛の先であったり
色々な所に向けられた目線
その目線がふと
車窓の向こうに向けられる瞬間がある

多摩川だ
空間が急にひらけ

そして河原
そこで思い思いに過ごす人々
釣り
キャッチボール
散歩
車内に閉じこめられていた空気が
一瞬解放される

よい絵本というのは
何となくこの日常の中の多摩川のような本かもしれない

「おおきなくまがいいました」
原作 フィルレスナー
画 クロスビーボンサール
ウェザヒル

ここ最近読んだ本の中で間違いなく
1番お気に入りの一冊だ
人間になりたいこぐまのテッドと
人間てのはどんなことが出来るのか教える大きなものしりぐまのオーガスト
オーガストが説明する
まずカラダを洗って服を着てだな
着る?
着るってなあに?
そうだな
ふくろみたいなものにボタンを...
ボタン?ボタンってなあに?
そしてチャックを...
チャック?
このチャックってのが厄介で
上げたり下げたりするといい音がして
上げたら下がらなくなったり下げたら上がらなくなってしまったり...
曇ってゆくこぐまの表情
更に厄介なのが靴の紐ってやつで...
そしてフォーク
スプーン...
宿題...
一つ一つ説明していく

まず知らないものを初めて聞くときのこぐまの表情の描かれ方が見事
そうそう
そんな顔する!
アタマの中が一生懸命動いているときのその顔!
これはちゃんと子どもの日常を
動きや表情、仕草をちゃんと観察して
愛おしいと思いながら描いている絵
ちゃんと見る
プラスそこにその動きや表情に対する愛おしさがある
というのが本当に大切
(名作「かばくん」のかばを見て頂くとよく伝わります)
画像検索でヒョイ
では生まれない魅力が
間違いなくこのくまにはある
きっとクマを見たのではなく
3歳くらいの男の子を見て描いたのだとは思うが...
(中をお見せ出来ないのが残念
でも表紙のこぐまの右手の添え方
くちびる
左手の体重のかかり具合
おおぐまのお尻の凹み方などを見て頂ければ伝わるはず!)

知らないものを相手に伝える大人のコトバ探しも面白い
そう
いざ説明しようとすると
なかなか丁度よいコトバって出てきてくれないもの
人間てのはフォークやスプーンでご飯を食べ...
フォークってのは先が3つにわかれて尖がっていてあれだ
失敗するとハナに刺さってしまうことも...
なんて説明ついつい僕らだってしてしまう

そこから想像して映像化されるこぐまのアタマの中がこりゃまた面白い
これな〜に期の子どもとふれたことのある方なら皆経験済みのあの光景
ママこれな〜に
これはフラミンゴ
フラミンゴって?
鳥さん
鳥...
ほら羽で空を飛ぶ
ハト!
そうね
ハトさんと同じ仲間
なんでいるの?
そうねーなんででしょうねー
動物園から逃げて来ちゃったのかしら
絵本屋でもしょっちゅう繰り広げられているあの光景
そうか
子どものアタマの中ではこんな風に映像化されているのか
というのが実際視覚化されるのがとても楽しい
これは実際は僕らには見られないもの
でもきっとそうなんだろうな
服というのは袋みたいなもので
ボタンが色々なところについていて
を服を全く知らない状態で描いたらこうなるんだろな
自転車とかも説明難しいよな
だから子どもが描く絵は楽しいんだな
知らないって最高に楽しいよな

(そう
世の中って知るとすごく楽しいけれど
知らないも最高に楽しいんだ
雨がどうして降るか知るのも楽しいけど
雨がどうして降るか空想するのも抜群に楽しい
それが雪ならなおさらのこと
あの山の向こうに
あの水平線の向こうに何があるか
想像するのって最高に楽しい
知らないって最高だ)

どこを切り取っても最高に楽しいし
観察に基づいて丁寧に描かれているし
表紙の木のフォントもいい
完全にマニアな話だが
60年代の紙とインク
そして57年分の時間の匂いもいい
お話の結末もほっこり安心
おすすめは最後のほう
ちびぐまが古い丸太にひとり腰掛けて
自分の足をみつめながら
人間に変身するかどうかじっくり考えているシーン
待っているおおぐまもよい
急かすことなく
ゆっくり答えが出るまで待つ
その姿勢が素敵だ
何となく
その湘南新宿ラインの多摩川のような
日常の中のふとゆるやかになる時間
そんなしあわせな時間を描いた
感動もどんでん返しも教訓もない
ためにならないけど最高の一冊
(本当はちゃんと目に見えない心の養分になりますよ)
「おおきなくまがいいました」
フランソワ・バチスト氏がご紹介致しました

自然派ワインの造り手
「オリヴィエ・クザン」

2017年10月24日
自然派ワインの造り手 「オリヴィエ・クザン」

フランスのロワール地方の中にアンジュ・ソミュール地区とういワイン生産地がある。
ここでは赤はカベルネ・フラン、ガメイ、グロロ。白はシュナンブランを主に栽培されている。一般的には軽やかで安いワインが多くパリのビストロでもよく使われるワインだ。
自然派ワイン好きならこのアンジュ・ソミュールという地区は美味しいワインを造る生産者が多く日本にもたくさんのワインが輸入されている。その中でもオリヴィエ・クザンといえば大御所クラスの生産者。MARTIGNE BRIAND村にて、ぶどう栽培、ワイン造りを行っている。

BioWine_sub1根っからのナチュラリスト!!
太陽熱でお湯を沸かし、自らひまわり油を精製して車を走らせるように改造。最近ではひまわり油も資源の無駄と廃車にして馬を使って移動しているとか。

若き日はヨットで無寄港で世界1周。

畑の耕作は愛馬で耕す。これは畝の土を耕すことで酸素を送り込んでやるため。トラクター等を使うと畝間の多くの部分をトラクターの重みで土を圧縮してしまう。馬であれば圧縮して硬くなる部分が少なくて済むとうメリットがある。


BioWine_sub2祖父から畑を受け継いだが祖父の時代は、除草剤も、化学肥料もなく、人間が全て手作業で畑を耕し、ぶどうを育てていた。醸造も、自然酵母で発酵、酸化防止剤などはないので、健全なぶどうを収穫することが、ワイン造りにおいて、何より大切だった。その、ワイン造りをオリヴィエは、そのまま続けている。収穫もまた手作業にこだわる。手作業の収穫には人手が必要になり多くの人で分担して作業をすることでみんなが少しづつでも収入を得て仕事が出来る。これを機会でやってしまうと効率化の名のもと人間が必要なくなってしまう。みんなで仕事を分かち合うこと、生活を分かち合うことが重要なのだという。

BioWine_sub3 ワイン造りの学校にも通ったが、『何も学ぶ事がなかった!』とか、近隣の自然派生産者マーク・アンジェリクやクルトワなどと意見を交換しながら、彼にしか出来ない独特の世界を持ったワインを造る。


ワイン

●ピュア・ブルトン 赤 2016)

BioWine_sub4 1966年にオリビエが植えたカベルネ・フラン100%

テロワール:粘土石灰質
収穫量:35 hL / Ha
醸造:20日間のマセラシオン・セミ・カルボニック(エグラパージュ)
熟成:6か月間のタンク熟成
SO2使用:無


●ル・フラン 赤 2015

BioWine_sub51947年にオリビエの祖父が植えたカベルネ・フラン100%

テロワール:粘土石灰質
場所:『ラ・ピエス・オ・ゼパングル』という区画の上のほう
収穫量:25 hL / Hav 醸造:エグラパージュ100% - 43hLの樽内で30日間の醸造期間 - フラージュ
熟成:18か月間の樽熟成
SO2使用:無


●Yamag ガメイ 赤 2016

BioWine_sub61966年に植えたガメイ100%

テロワール:砂利(大雑把な砂)
収穫量:15 hL / Ha
醸造:マセラシオン・カルボニック
熟成:6か月間の樽熟成
SO2使用:無


BioWine_sub7 https://item.rakuten.co.jp/shinkawa/c/0000000134/


風景と調和すれば、存在が許される――安部大雅

2017年10月18日
風景と調和すれば、存在が許される――安部大雅

 [美しい山。川を流れる石ころ。砂浜に打ち上がる流木。それらの形はとうてい人間には作り得ない必然性を持つ。]
 安部大雅のパンフレットは、こんな詩的な文章から始まる。続けて、[我々人間がどこまでその絶対的な説得力に近づけるのか。それを知るために僕は野外風景の中で作品を成立させようと試みる。]

» 記事の続きはこちら
風景と調和すれば、存在が許される――安部大雅

記事提供:社団法人東京都トラック協会