自然派ワインの造り手
「ミッシェル・ガイエ」

2017年9月26日
自然派ワインの造り手 「ミッシェル・ガイエ」

自然派ワインファンが大注目の産地の一つにジュラ地方がある。
フランスとスイスの国境に近い山岳地帯にありコンテやモン・ドールなど素晴らしいチーズの名産地でもある。この地は冷涼な気候とこの地独特の葡萄品種もあり個性的なワインを生み出している。冷涼な気候もありピノ・ノワールやシャルドネといったブルゴーニュ系の品種も使用している生産者も多い。

神と形容されるピエール・オヴェルノワやエマニエル・ウイヨン、ジェラール・シュレール等で研修を経た鏡健二郎氏のドメーヌ・デ・ミロワール、ガヌヴァ、ボールナール、ロクタヴァン、ラ・ヴィーニュ・デ・ペロン等々超人気生産者も多い地区である。

ミッシェル・ガイエの蔵は、エマニュエル ウイヨンやピエール オヴェルノワが居を構えるピュピヤンから、車で15分ほど山道を走ったモンティニィ レ アルスル村にある。

16歳から父親と一緒に働いていたが、ワインを専門に造っていなかったことから、ほぼ独学でワインについて学んできた。アドバイスをくれた人たちは、かつて昔ながらの栽培と醸造をしていた祖父くらいの年齢の、既に引退した人たちだけといった環境。有機栽培をしていることで周囲からは異端者扱いされ、(採算性が悪い理由から)銀行もお金を貸してくれない、極めて厳しい時代を耐え抜いてきた苦労人である。

頑張って続けて来ることができたのは、アルボワのレストラン「ジャン-ポール ジュネ」の初代料理長アンドレ ジュネ氏から受けた薫陶が大きいと言う。アンドレは、ミッシェルが納品に訪れるたびに古いワインを飲ませてくれ、苦しくても栽培と醸造の方法を楽な方向に変えては絶対にいけないと励ましてくれた。ミッシェルのワイン造りの根幹にあるのは、仕事の内容は違っても、アンドレ ジュネのようなモノ造りをする職人が共通して持つ、魂のようなものなのだと思われる。

ワイン

●レ・フォラス 白 2015 / ミッシェル・ガイエ

BioWine_sub7 シャルドネ100%。樹齢40年。標高270Mのマルヌーブラン土壌の平地。除梗したブドウをプレスして大樽で自然発酵させ、そのまま12ヶ月の熟成 軽くフィルターをかけたが清澄はしておらず、亜硫酸も加えていない。
カリンやリンゴの蜜のような香り派手ではないがフレッシュさと甘い香りが交錯。口中ではグラ(粘着性)を十分に感じ温度の上昇とともに旨みが開いてくる。ゆっくり時間をかけて飲みたい。


●レ・クレ 白 2013 ミッシェル・ガイエ

BioWine_sub7 シャルドネ100%。柑橘系とカラメル的香りが支配。酸味穏やかでわずかに酸化のニュアンスがより複雑さを増している印象。温度の上昇とともに甘さと芳ばしさが増して複雑さが増す。ビターなチョコレートなどと食後に楽しむのもいいかも。


●グラン・ヴェルジェ 赤 2015 ミッシェル・ガイエ

BioWine_sub7 トゥルソー100% 。樹齢80年。小石混じりの石灰質土壌。最もトゥルソーの栽培に適した畑。約1ヶ月程度のセミマセラシオン・カルボニック。発酵後、大樽にて12ヶ月の熟成。亜硫酸無添加。ドライフルーツ的な凝縮した香り。淡く繊細なスタイルだが味わい深く芯のあるワイン。葡萄のポテンシャルを存分に感じるスケール感をもつ。


●ヴァン・ジョーヌ 白 2009 ミッシェル・ガイエ

BioWine_sub7 柑橘や黄色い果実をドライフルーツにしたような香りに酸化のニュアンス少量混じり複雑。
パンチのあるタイプではなく、飲み易いタイプのヴァンジョーヌ。食後はもちろん食中にもいける!


https://item.rakuten.co.jp/shinkawa/c/0000000355/

わたしのワンピース

2017年9月21日
「わたしのワンピース」

噂にはきいていたが
どうやら
読むことと
読んでもらうことは
全然違うらしい

自分で足をマッサージするのと
誰かに足をマッサージしてもらうのが全く違うように
するとされるとでは全然違う気持ちよさがある

ということを最近改めて実感している
何を今さら...
と思われるかもしれないが
いやいや
絵本を読んでもらえる機会なんて
絵本屋をやっている僕ですらそうはないのですよ

そりゃ当然仕事柄
毎日毎日多くの絵本に接していて
暇なときはお店の絵本を読むし
買い取った本仕入れた本は
書き込みやよごれのチェックも兼ね
全て一度読みます
これだけ日々絵本と触れていて
それこそナマハゲのように
「面白い本ねぇが〜面白い本ねぇが〜」と365日ウロウロ探していても
全くどこに隠れていたのか
まだまだ知らない名作と出会ったりするのです
(最近だと「よじはんよじはん」「あかべこのおはなし」の2作は素晴らしかった)
でもそれらは全て読む絵本で
読んでもらう絵本では
ないのです

ところが
ところがです

家に帰ると生後3カ月のかわいいかわいいかわいいかわいい娘がいて
お風呂から上がって寝るまでのほわっとした時間に
膝の上で妻に絵本を読んでもらっているのです
「いないないばあ」「ちびくろさんぼ」「しっぽがぴん」
レパートリーは色々だけれど
昨日はこれ
妻が実家から持って来た年季の入った

「わたしのワンピース」
西巻茅子
こぐま社

これを昨日娘の背後からのぞいてみたのです

まっしろなきれ
ふわふわって
そらから おちてきた

ミシン カタカタ
わたしの ワンピースを つくろうっと
ミシン カタカタ ミシン カタカタ

面白い
面白いぞ
「わたしのワンピース」
普段読むときにどうしても集中してしまう「文字」から今
自由になった視線がページいっぱいに広がった絵
そのあちらこちらにあるしかけに向かってゆく
普段気付かなかったものにふと気付く
へぇ影の色は緑なんだ
いや
よく見ると緑と黄色だ

次のページの影は青と緑だ
端っこに一羽の鳥
まだお話の中には出て来ていない
ページがめくられると...
鳥が沢山やってくる!
麦の穂発見
ということは...
やっぱり次のページは一面の麦畑
星空のページの前には
こっそり1つだけ星が隠れている
そうやってページとページの繋がりをスムースにしているんだ
(まるでDJ KIYOやDJ MUROのミックステープ!質のよいDJのように場面と場面を繋いでいるんだ)
めくる楽しみ
ページに手がかかるとドキドキする
いないいないばあの
いないいないーのときの気持ち
そして絵を眺めている空っぽの頭の中に
耳のほうから心地よく文字が音として入ってくる
「ラララン ロロロン」
この本の特徴の軽やかなリズム
読んでいるほうも楽しそう
何かをしてもらう
ということの気持ちよさ
満足感に浸る時間
そしてパタンと絵本を閉じる音
(あの音が好きです)

読み聞かせの大切さなんて
耳のタコが墨をスプリンクラーよろしく撒き散らすくらい聞いているけれど
知識で知っているのと実際に体験して気付くのは全然違う

絵本は当然子どもに向けられたものだし
子どもの娯楽だけれど
だからと言って絵本なんて
と高を括っている大人のみなさん
一度読み聞かせてもらいなさい
もしくは読み聞かせの後ろにこっそり混ざってごらんなさい
「わたしのワンピース」なんて1969年生まれ
現在48歳!
48年間子どもと正面から対峙してきて
目まぐるしく変わる時代の中で未だに子どもたちを満足させ続ける本物の力
時代
世代を越える力
何が本物なのか
何がよい絵本なのか
きっと発見できるはずです
普及の名作
みんな大好き
「わたしのワンピース」
フランソワ・バチスト氏がご紹介いたしました

たいまつを放さない人の手をたいまつが焼く

2017年9月19日
たいまつを放さない人の手をたいまつが焼く

 9月最初の月曜日、フォトコンテストの審査会に出席しました。仏教伝道協会の「2019年一日一訓カレンダー」を飾る写真の審査です。1740枚の応募の中から第1次審査を通過した385枚の写真が、大会議室に机を連ねて並べられています。その中から、1ヶ月の毎日=31枚と表紙、計32枚を選ぶわけです。
 写真は32に区分けされていて、表紙を除き、それぞれに31の文言が添えられています。実は、審査員としてはこの文言が大問題なのです。

» 記事の続きはこちら
たいまつを放さない人の手をたいまつが焼く

記事提供:社団法人東京都トラック協会