自然派ワインの造り手
「アレクサンドル・バン」

2017年7月28日
自然派ワインの造り手 「アレクサンドル・バン」

辛口・白ワインといえばシャブリ!というワインファンは多いと思うが同等に有名なのがプイィ・フュメというワイン。一般的にはレモンや柑橘類の爽やかな香りが感じられ果実味豊かで親しみやすいワインとされ、世界中でも知名度が高い人気のワイン産地。パリの南西の中央フランスに位置するロワール地方で、ソーヴィニヨン・ブラン種を使った辛口の白ワインが造られる。同じく人気のサンセールと対岸に位置しており、7つの村にまたがる。フュメ(Fume)はフランス語で「煙、蒸気」の意味。石灰質土壌等火打石から燻したような香りも感じられることからこの名前がついたという説もある。シャブリ、サンセールとともに銘醸地とされ人気が高くそれ故に構造的問題もありあまりにも有名になってしまったが故、ブランド的存在になってしまい品質追求を不要とし、ある程度のクオリティのワインであれば売るのに困らないという状況が、この地の生産者の多くを保守的な思考に走らせている。

アレクサンドル・バン氏は1977年生まれ、子供の頃、サンセールにある祖父の家の近くに移り住んだ時、農業をしていた祖父を見て興味を持ち、農業学校に進む。農業とは関係のない仕事をしていた父が自然派ワインのファンであった事から、ワイン造りに興味を持ち、卒業後にブルゴーニュや南仏を始め、カリフォルニアのワイナリーでも研修を積み、メヌトゥー サロンの「ドメーヌ アンリ プレ」で醸造長を務めた後、2007年に畑を購入して独立。5haほどの広さから始めたワイン造りも現在は11haほどの広さになり、中生代ジュラ紀後期の地層であるキンメリジャンやポルトランディアン土壌を備えた畑から印象的な味わいのワインを生み出す。

BioWine_sub1

BioWine_sub2 彼の造るワインは完熟した葡萄を使ってワインを造るという一見普通の事と思えるスタイルだが実はこれが難しい。一般的な醸造学校では、ソーヴィニヨン ブランにおけるワイン造りのセオリーとして、早い収穫や収量をある程度多くすることなどを教わるとのこと。しかし、他の産地に目を向けるとブドウのバランスの良い成熟度は、黒ブドウや白ブドウを問わずに重要視されており、なぜソーヴィニヨン ブランだけが青くて酸っぱい状態で収穫しなくてはならないのか、という疑問が彼の原点となっている。


BioWine_sub3 周りの保守的な考えに流されず畑で除草剤や殺虫剤、化学肥料などの化学物質を用いずに収穫量を制限し、完熟しつつも良い酸を備えたブドウを得るために収穫時期を遅らせる。そのため、一部のブドウに貴腐菌が付くこともあるのだが、その貴腐菌がついたブドウも含めて収穫し、濃密な果実味と品の良い酸、繊細なミネラル感を備えた従来のソーヴィニヨン ブランやプイィ フュメの概念を超えたワインを造る。


ブドウを完熟させ、その土地で生きる自然酵母の力でのみ発酵させ、厳密な濾過(ろか)も清澄もしない、場合によっては瓶詰め時に亜硫酸添加もしないワイン。しかしそれは周りの生産者はやっていない事。農薬、化学肥料、酸化防止剤、培養酵母を多用しリスクを限りなく回避したワイン造り。これが周囲では当たりまえであり、アレックス(アレキサンドル・バン氏の相性)のワインは異端とされている。彼のワインは普通じゃないワインとされているのだ。だから原産地呼称委員会は彼のワインにプイィ・フュメというAOC(原産地呼称)を与えなかった。このことはこの地に限った事でなくマルク・ペノ氏のワイン等多くのところで同じような事象が起きている。

彼はなぜ農薬や化学肥料、培養酵母、酸化防止剤の使用に制限のないワインたちが「普通」とされ、それ以外のワインがその土地らしさを表現しているはずのアペラシオン制度(原産地呼称制度)から除外されてしまうのか。この矛盾と戦うために以下のような声を上げてきた。
「INAOによって、今後手がける私たちのワインからプイィ フュメと名乗る資格を奪われることになりました。ぜひ皆さんに心にとどめておいて頂きたいのですが、私たちは畑では有機栽培を実践し、エコセールやデメテールなどの認証も取得しています。ドメーヌから遠く離れた一部の区画を除いて、馬による耕耘を実践しており、野草やハーブなどの力を借りつつ育ったブドウを、完全に熟したタイミングで手作業で収穫しています。手がけるワインの70%は、自然酵母による発酵からはじまる全ての醸造プロセスを通じて添加物を加えること無く、残り30%に関しても瓶詰め時の10mg/lの酸化防止剤となる亜硫酸以外は何も加えていません。この他にも、ドメーヌでの仕事の多くは自然環境やそのサイクを尊重し、多くを人の手によって行っています。完璧でない部分はまだまだありますが、こうして生まれる自然なワインは、飲み手にとっても、大地にとっても、そこで働く人々にとっても、そして私たち人類が共有するこの地球にとっても喜びをもたらすものだという信念のもと、私たちはワイン造りを行っています。」

BioWine_sub4

上記のような声を上げ続け、最近ではフランス国内の新聞やテレビ番組で彼の取り組みが紹介されたり、権威あるワインの資格といわれるマスター・オブ・ワインの称号をもつイザベル レジョロン氏が"Natural Wine"という書籍を発刊しナチュラルワインの素晴らしさを啓蒙し始めたのである。イザベルはインタビューで「マスター オブ ワインを取得しようとしていた頃の自分は、典型的なワイン人でした。しかし、テイスティングを続けるうちにそのころ飲んでいたワインがどんどんと同じような味わいに集約されて行くのに気付いたのです。そもそも自分がワイン業界に身を投じた理由は、大地の営みに立ち返ることでした。私の家族がそうであったように。にもかかわらず、ある時自分が、とても工業的で農業からは離れた世界に身をおいている事に気付いたのです。そして、個人的にではありますが、ワインから人柄を感じることができるものを飲むようになりました。そしてMWを取得した後には、今後のキャリアを自分自身が家で飲んでいたナチュラルワインに身を捧げようと決意するに至りました。」と語っている。

このような新しい世代による動きは着実に広がりを見せている。
そんな中嬉しいニュースが入ってきた。約2ヶ月ほど前にディジョンの行政地方裁判所が、INAOがアレクサンドル バンに課していたアペラシオンの剥奪処置を取り消す決定を下しましたのだ。これによって、アレックスのワインにプイィ・フュメの名がラベルに記することが出来るようになる。決して自分自身の為でなく純粋な疑問のために戦ってきた彼だが今後も色んな苦難が待ち受けているだろう。純粋に美味しいワインを造る彼を今後も応援したい!

ワイン

●レ・グラン・ザット 2014 白 アレクサンドル・バン

BioWine_sub5 2014年よりあらたにリリースされたこのレ グラン ザット。畑の立地は、マドモワゼル Mの区画から少し野道を進んだところにある区画で、植えられているブドウの樹齢は平均20-25年ほど。本来であればプイィ フュメを名乗れる区画ですが、アペラシオンを失った為、VIN DE FRANCEでのリリースとなります。

土壌のタイプは、マドモアゼル Mと同様に土質、砂質、石灰質の混ざったもの。この畑ではブドウの成長と成熟がゆっくりと進み、最終的には非常に高い熟度のブドウが得られます。この凝縮したブドウを自然酵母によって発酵させ、500Lの大樽にて熟成させ、厳密な濾過(ろか)や清澄は行わず、瓶詰め時の亜硫酸も添加しません。


●ラルヴェ 2014 白 アレクサンドル・バン

BioWine_sub6 以前スプリングと呼ばれていたキュヴェ。爽快でフレッシュな酸が特徴のワインです。良年となった2014年も素晴らしい仕上がりで、アレクサンドル バンらしい濃密な果実の風味と爽快さのバランスが秀逸です!


●エルダンジュ 2013 白 アレクサンドル・バン

BioWine_sub7 若干の酸化的なニュアンスもありますが、非常にクリアなミネラル感とリッチな果実味の重層的なハーモニーが、圧巻のワイン。


くまくんのじてんしゃ

2017年7月24日
「くまくんのじてんしゃ」

「くまくんのじてんしゃ」
エミリー・ウォレン・マクラウド 文
デイビッド・マクフェイル 絵
アリス館

読書感想文の季節ですね
苦手だった方
たくさんいるでしょう
何せまず感動しなきゃなりませんから
そして僕も私もこの○○のように○○な生き方を...
そんなこと...考えながら...本なんて...
正直な話
僕が本を読んだ感想はあー面白かった!
それにつきます
娯楽ですから
この本もそう
あー面白い
最高に面白い
でもなんで面白かったんだろ
ちょっと考えてみます
そのためには
よく読まなくてはなりませぬ
ではスタート

まずは本のもつオーラです
手にとられなくては何も始まらない
あまたある本の中から
何故この本にしたのか
その目に見えないチカラ
まるで磁石
一見平らに見えるところに置いたボール
心がコロコロその本に向かって転がって行く
その理由は何か
背表紙「くまくんのじてんしゃ」
黒い文字
うん
よいフォントです
表紙
わぁばかでかいくま!(きたない言葉使います、あしからず)
それに比べて見て!ちいちゃな自転車
よく見たら補助輪付き!!
なのに見て!この得意げなこの表情
右手の中指のくいっと握りしめた感じ
まるで赤ちゃんみたい
足の裏はペダルにフモッと接して
よく見たらちょっと左に曲がろうとしているのかしら
毛が風に揺れています
さぞかしスピードが出ていることでしょう
絵が動いています
自転車がちゃんと前に進んでいます
例えば雨のシーンだったら
描かれた雨はちゃんと降っているか
紙の上で停止してしまっていないか
空の雲はゆっくり流れているか
そこが大切
(「優しさごっこ」の中で今江祥智さんも言っていました)
合格
これはきっと面白い本に違いありません
いざページを開いてみましょう
おや
だいぶシミがありますね
なかなか古い本のようです
古い紙の匂い
時間の匂い
中扉
家が一軒
窓からは子ども
子どもの手にはぬいぐるみのくま(実はこれがくまくん)
目線の先にはガレージが
補助輪付きの自転車が二台
ガレージにはノコギリとかトンカチ

カレンダーもあります
カレンダーの写真は...
遠くて見えません
(後のページに出てきます。水着の女性でした)
次のページ
ちょっと難しいことが書いてありますよ
どれどれ...
ほらやっぱり1976年2月28日初版
本にだって誕生日はあるのです
この本は41歳です
この香りは41年の時の香り
さあいよいよ本編へ!

ただ本を読む
ということと
感想文を書くときに本を読むこと
結構違うかもしれません
僕のもう一足の草鞋はダンサーなのですが
いわゆる普通に音楽を聴くことと
われわれダンサーが音を聴くことはかなり違います
人に説明するときによく例えるのはカレーの話
カレーをカレーとしてわしゃわしゃ食べるのか
お、茄子が入っている
お肉は豚肉だな
隠し味にナンプラーが入っているぞ
これがダンサーの音を聴く感覚
ドラムパターン、ベース、ホーン
ボーカルの質感

本を読むも同じ
このカレーを食べる感覚で本を読んでみたら
その時点でやっと我々は
字の読めない子どもが絵本を「読む」ときの眼差しに並ぶのです

よく小さい頃の絵本の記憶を紐解くと
ストーリーや結末は殆ど覚えていないものの
テーブルの上に並んでいた美味しそうな料理や
画面の端っこに飛んでいたトンボのことは鮮明に記憶にあったりします
それはよい本の1つの条件
料理から湯気が出ていた証拠
トンボが飛んでいた証拠
この本も
一枚の絵がちゃんとものがたりになっていて
細部まで丁寧に描き込まれていて
次のページをめくるワクワクもある
表紙を見てわかるとおり
毛の一本一本
口角
指の曲がり具合
いずれも隙がなく
絵だけでもどんな性格のくまだかちゃんと伝わる 素晴らしい本です

この「くまくんのじてんしゃ」
ストーリーはくまくんが男の子と一緒に自転車を漕いでいて
道を渡るときによく見ないとどうなるか
坂を下りるときいいきになるとどうなっちゃうか
(ドンガラガッシャーン)
気をつけて運転しないとこうなる
というのをことごとく体現してくれるのですが
じゃあ自転車には気をつけて乗りましょうではない
なんて愉快に転ぶんだ
なんて得意げに自転車に乗るんだ
小さなサドルになんて大きなおしりが乗っているんだ
ってところが最高に楽しくて
出来ることならくまのふかふかさ
自慢気な表情
そんなところを感想文にくまなく書いて欲しい
間違っても
僕もこれからはちゃんと右見て左見て交通ルールを守りながら自転車に乗りたいと思います。
なんて書かないで欲しい
最高に愉快で痛快で
くまのおしりが最高に可愛い
そんな一冊です
くまの絵本ばかり描いているデイビッド・マクフェイル
「くまくんのじてんしゃ」
フランソワ・バチスト氏がご紹介いたしました

風評被害を考える

2017年7月15日
風評被害を考える

昨年の東京都知事選挙。新しく就任した小池都知事が議会の承認を得ないまま独断で豊洲移転延期を決断してしまいました。築地市場の豊洲移転が「風評被害」というマッチポンプ商法でメディアに煽ら、安全なのに安心じゃないと意味不明なことを言い出した小池都知事、タイミングを見計らって豊洲移転を謳い、都議会議員選挙で一元代表性に収まったというなんとも違和感を覚えた選挙戦が終わったのはついこの間。

さてその「風評被害」は「盛土問題」から始まったと思います。しかしこれは豊洲市場の開場後に起こりうる不具合や施設メンテナンスを見越しての空間対策なのに、あたかも問題ありと知事やメディアが面白おかしく伝え、国民の不安心理を掻き立てました。そのとき代表的に扱われた物質がベンゼンです。地下水に発ガン性があるとされ、除染しないまま移転は危険だという不安ロジックを作り上げ「風評被害」を捻出、まんまと都民ならず国民も洗脳させられたことだと思います。

一方、復興作業が続いている東北、震災による爪あとはいまだ癒されていません。その中で「風評被害」に苦しんでいるのが福島県。津波により福島第一原発の電源が喪失し原子炉が爆発、それに伴い高濃度の放射性物質が拡散され、セシウムという物質がクローズアップされました。原子力という人間の手で到底コントロールできない技術で、セシウムという目に見えない放射性物質は実態が分からないため不安心理を煽り復興の進展状況を阻んでいます。

カイワレ大根や狂牛病の時を思い起こしても、これらに共通することは科学的見地で安全と証明されたとしても、一旦不安心理が根付くと防衛本能によって「風評被害」を拡大させ、容易には拭えなくなります。そして関係団体や企業は経営的に打撃を受け、回復が難しくなります。

ここで忘れがちなのが自然界の中に色んな物質があり、私たちは日々その影響を良くも悪くも受けていることです。
放射性物質は飛行機に乗ると地上にいるより多く浴びてしまいますし、日本は特にカドミュウムや水銀といったすでに土壌に存在する環境ホルモンが多く含まれているといわれています。これ以外に体に影響を及ぼす物質はたくさんありますが、私たちは知らず知らずに汚染物質を微量でも摂取しています。加工食品に至っても人工的な添加物は避けられません。しかし一昔前の公害事件のような社会的災害はないものの、ある程度の安全は担保されていると思います。そして100%クリーンな環境を求めた結果、自己免疫力が低下しアレルギーという新たな疾患が生まれていることも軽視できません。

福島県は日本の中でも有数の米所でした。会津産のお米は新潟県産より質が高いといわれ幅広い人が美味しいと感じるお米の生産地です。それが今では低価格で取引され、ほとんどが業務用として消化されます。外国の方には東北産すべてが敬遠される始末です。福島県産は放射性物質検査を30kg米袋ごとに行い検査証明シールが必ず貼ってあります、日本の中で唯一検査されている安全米として出荷されていても風評被害はいまだになくなりません。事故現場より距離がある会津産でも農産物の価格が震災前には戻っていません。
これは事故直後の政府、報道のあり方が原因で必要以上に国民を混迷させ不安心理を増幅させた結果だと思います。

風評被害は情報発信の方法次第で深層心理に根付く度合いが変ってくると思います。原子力災害という未知の事故によって福島県の農産物に不安を覚えるのは仕方の無い事だと思いますが、豊洲に関しては無い傷を作り意図的に傷口を広げさせた敬意は罪深い行為のように思います。情報は鵜呑みにしないリテラシーを育むことが大切だとしみじみ思いました。