花を棲みかに

2017年5月30日
「花を棲みかに」

個人的な意見だが
僕がしあわせだったな
と思うのは
何か読みたい本ある?
と親に言われなかったことかな
とふと思った
本屋に行って
読みたい本を選びましょう
と言われた記憶はないし
選んだ本を
それはあなたにはまだ早いわね
と言われたこともない
絵本は家の本棚にあって
知らないうちに少しづつ増えていた
選ぶのは
その中からだった
例えば自分にはまだ早いと思われるような本だって
勝手に父親が絵から物語を作って読んでくれた
欲しいって言ったから買ったのに
と言われることもなく
そもそも
これは良く読んだから当たりの本
これは気に入らなかったから外れの本という感覚もなかった気がする
絵本は当たり前のように家にあった
いつまでも
(もちろん今も)
だからかどうかはわからないが
本に対するプレッシャーのようなものがないまま
本当に自分で好きな本を選べる年齢までこれたのかもしれない
(あくまでこの方法が僕と相性がよかっただけだが)
本は娯楽だ
絵本なんて更に娯楽だ

興味がなければ
本棚にねかせておけばよい
たまに背表紙が目に入る
必要とされる日は
いつか必ず来る
それも
思いがけない瞬間に

エルンスト・クライドルフ 作
矢川澄子 訳
「花を棲みかに」
福音館書店

この不朽の名作
大人がその魅力にやられてしまうクライドルフの代表作もそうだ

我が家には物心ついた頃から
クライドルフやアロイス・カリジェ
ワイルドスミスなど
およそ子どもうけしそうにない本も
「だるまちゃん」の隣
「サラダでげんき」の隣にしれっと挟まれていた

子ども心にこれらの本は
「なんか凄いけど読む本ではない」
と認識されていて
たまに気まぐれで2、3ページ開いてはみるものの
すぐに閉じてしまう本だった
でもよく考えたらそれって凄いことで
読んでいないのに未だにちゃんと記憶に残っているということなのだ
本棚の左隅にあって
たまに取り出して
違うなと思ってまた元に戻した本
ちゃんとそういう記憶として
20年30年経った後にも僕の中に残っている
図書館で借りて来ただけだったら
きっと数日で忘れてしまっていただろう
絵本を沢山読むことが大事なのではなく
読んだ本がいつでも手の届くところにあることが
実は大事なのかもしれない
そして
大人になったある日
ちゃんと近所の本屋で邂逅するのだ
この本本棚にあったぞ!と

開いてみる
大人になった僕にはもうその価値がわかる
なんだこの絵は!
幼い頃に撒かれた種が
にょきにょきと芽を出す瞬間だ

エルンスト・クライドルフ
(1863〜1956)スイスの国民的な絵本作家
幼少期より自然と親しみ
ドイツにて画家として仕事を開始するも体調を崩し
アルプスにて療養する
ある日その美しさに摘んで来たプリムラとリンドウ
その事が結果的にその花の命を縮めてしまうことに気づき
その姿を絵に描く
それが初めての絵本「花のメルヘン」が誕生するきっかけとなる

あからさまに脳内で生み出されたフィクション作品ではなく
佐藤さとるさんのコロボックルシリーズや宮沢賢治の「さるのこしかけ」と同じように
草はらを1時間位見つめていたらきっとこんな光景に出会えるに違いない
そう信じさせてくれる
いわゆる「見える側の人」の作品を生み出した絵本作家

小さな世界を大きな世界と同じように愛しむ
そういう眼差しを持った方で
葉っぱで出来た家
木の枝に弦を張った楽器
バッタの馬車
鉄琴のようなつらら
花の照明
クライドルフの世界を実現させた
クライドルフランドがあればさぞ楽しいだろうと思わせてくれる

そしてひそかに注目しているのは
扉、中扉のデザイン
表紙と違い扉のデザインは凝りに凝っていて
蔓で縁取らていたり
虫たちで囲まれていたり
美しい門や窓のようになっていて
何よりもそれらが
ただ草木や虫をコラージュした感じではなく
あくまで自然の法則の中で描かれている美しさ
葉っぱの虫喰い部分をうまく利用したり
枝の絶妙な曲がり具合
それぞれの特性
Googleの画像検索で調べただけでは決して描けない
匂い
重さ

質感が漂って来る絵
精密画が持つリアリティではなく
そのものが何であるかをしっかり描いたリアリティ
そこがきっとクライドルフの世界の美しさなのだろうと
改めて思う

葉っぱは風で揺れる
虫が飛び立つと葉っぱは揺れる
朝露が葉先からぽたりと落ちると
葉っぱは揺れる
風が吹くと気持ちいい
虫が飛び立った先の空には
雲が浮かんでいる
朝露は落ちると地面に当たって
四方に飛び散る
この世界は美しい

絵本が伝えられるのは
きっとそういう世界だ

非日常を日常として描く魔法使い
エルンスト・クライドルフ
「花を棲みかに」
フランソワバチスト氏がご紹介致しました

自然派ワインの造り手
「パスカル&ジャッキー・プレイ」

2017年5月22日
自然派ワインの造り手 「パスカル&ジャッキー・プレイ」

BioWine_sub1 お茶目で陽気なジャッキーおじさん!
ここのワインは安い!旨い!!自然!!!の3拍子揃ったワインだ!
この三つが揃ったワインは世界でもなかなか見つからない!


歴史

1966年よりワイン造りを行っている。プレス家は代々この地域で火打石で商いをしていた。今でもその名残として、ラベルには鉄砲の絵が描かれている。 とても陽気で気さくなジャッキー・プレイ氏が前オーナー。遠くはパリの得意先まで配達に行くなど、パワフルに活動しながら、50年間ワイナリーを経営していた。ジャッキー氏が2015年で引退し、現在は、長く栽培と醸造を担当していた息子のパスカル氏がオーナーとなっている。

BioWine_sub2 左が現オーナーのパスカル(息子)、右がジャッキー(父)


地理

フランスの中央部から大西洋まで、約1,000kmを流れるロワール河。その流域は古くから「Le Jardin de France(=フランスの庭)」と呼ばれ、ブロワ城、シャンボール城、シュノンソー城、ヴァランセ城といった美しい古城に囲まれ、バラエティーに富んだワインを産することで有名である。このドメーヌは、そのロワール河支流のシェール川流域にあり、ゆったりとした丘陵地が続く斜面に葡萄畑を所有している。ドメーヌの近くにはこの地方名産のシェーブル・チーズの工場もある。
トゥーレーヌは海洋性気候と大陸性気候の影響を受ける場所にあり、河川も葡萄畑に最適なミクロクリマに影響を及ぼしている。

驚きの火打石土壌!

畑のほどんどが火打ち石(=シレックス)で埋め尽くされている。「シレックス」とは、元の成分である砂が地殻変動の際、超高温状態によって溶解してできた極めて硬い岩石で、火縄銃の発火部分に使われていたもの。彼のワインはこの土壌の特徴をそのまま物語っており、不思議とそれは火打石を強くこすり合わせた、燻したような香りとなる。その素朴な風味は、芯があってしっかりと味わい深く、決して派手ではないがキリッとしていて、独特のミネラル感を持つ。

BioWine_sub3

ヴィヴィアンは、ワイン学校を卒業後、アルザスのビオディナミ農法をやる醸造元で研修した。そのよくシャブリが火打石といわれるがここの火打石土壌はハンパでない!

BioWine_sub4 火打石


BioWine_sub5 こんなに火打石のある土壌はあまり見ない。
ジャッキー・プレイの途轍もないミネラル感はこれだ!!
これは誰も真似ができない。


BioWine_sub6

「ウチの火打石は、昔、手縄銃の火つけに使われていたんだ。半端じゃねーぞ!」

BioWine_sub7 ラベルにも描かれている。手縄銃!
ピーマンの素揚げにピッタリ!


BioWine_sub8 もちろん寿司にも!


ワイン

●フィエ・グリ

BioWine_sub9 フィエ・グリとはソーヴィニヨン・ブラン種の祖先だと言われている。現在栽培している生産者は非常に稀。ここの樹齢は100年超えのもある!果皮は薄い紫色に色付くため、ワインの色調も他の白ワインより濃い。銀のような生き生きした輝きのある淡い黄色。ナッツ類やシダ植物等の複雑な香り。アタックは柔らかく、土壌から来る香ばしさ、レモンを想わせる上品な酸味、品種から来るコクのあるリッチな味わいのバランスが見事に取れている。


●ピノ・ノワール

BioWine_sub10 深く落ち着いたルビー色。フランボワーズ、カシスなどの甘酸っぱい果実の香り。口当たりは柔らかく、きめ細やかなタンニンが溶けこんでいてバランスが良く、若くても楽しめる。心地良い果実味が口中で長く続く、上品なワイン。
2500円以下で買えるピノ・ノワールとしてはかなり秀逸!


●ヴァランセイ ブラン

BioWine_sub11 透明感のある黄金色。下草のやさしい香りや、白い花のような甘い香り。キリッとした酸味と桃のハーモニーが絶妙で、後味はすっきり爽やか。
前菜や魚料理、シェーブルチーズに本当によく合うのでシェーブルチーズをみるとこのワインが飲みたくなり、このワインを見るとシェーブルチーズが食べたくなる!ソーヴィニョンブラン100%


●ヴァランセイ ルージュ

BioWine_sub12 ピノ・ノワール、ガメイ、コットのブレンド。まさにビストロワイン!カジュアルで料理を選ばず安くて旨い!
明るいルビー色。香りは花や、ブリオッシュ、トーストの香ばしい香り。控えめだがフローラルな香りも表れる。口当たりはまろやかで、さくらんぼのような熟した赤い果実の風味が素晴らしい。3品種の調和が良く取れている。


人生を変える1枚? 人生をかけた20点!

2017年5月18日
人生を変える1枚? 人生をかけた20点!

 ゴールデン・ウイークはいかがでしたか? 全国的には天候異変があったようですが、東京地方はおおむね晴れ、何処も人出が多く、公園では芝生に寝転ぶ一家団らんの情景が展開していました。
 しかし、心地よい5月の風が、一瞬、凍り付くようなニュースを運んできました。北からのミサイルが米軍基地や原子力発電所を襲うかも知れない! 地下鉄も一時停止した。・・・そのとき、スマホは写真を撮るために忙しく、誰もニュースには気づかなかった。

» 記事の続きはこちら
人生を変える1枚? 人生をかけた20点!

記事提供:社団法人東京都トラック協会