同位体検査ってなんだ?中国産米混入のニュースから学ぶ

2017年3月15日
同位体検査ってなんだ?中国産米混入のニュースから学ぶ

2月、週刊ダイヤモンドに掲載された記事で「告発スクープ 産地偽装疑惑に投げ売りも JAグループの深い闇」というショッキングな内容がありました。
http://www.j-cast.com/tv/2017/02/15290695.html

お米に限らず食品擬装はいつまでも無くならない、いわば流通システムの隙間産業に発展しているように感じてしまいますが、職業柄とかくお米に関してはちょっと見方が厳しく変ってきます。

今回の擬装ですが同位体検査によって擬装が証明されたとあります。しかしこの同位体検査、本当に産地指定できるのか。そもそも同位体検査ってなんだろう?真実を知るには仕組みを理解する事が先決だと思い調べてみました。

まず、外国産米の混入擬装を見破る方法には二通りあります。一つは流通経路をたどる追跡方です。輸入米は政府管理のFA米とSBSという民間輸入米(輸入量上限あり)が存在します。どちらも税関を通過するので流通管理は難しくなく販売ルートを追う形で納品伝票を追えば最終処分地点が分かるはずです。

もう一つは検体検査です。品種を特定するDNA検査、これは確実に品種の特定ができます。そして産地を特定する同位体検査ですが育った自然環境によって物質の比重が変ります。炭素・窒素・酸素安定同位体比解析で産地擬装を解明する検査方法が同位体検査だそうです。

この2点からアプローチすれば確実に擬装の可能性を疑えますがここで一つ疑問が浮かびます。しかし毎年気候変動する為に同じ品質にならない農産物を同位体検査する場合、様々なサンプルを国内外から毎年集めビックデーター化し解析基準値を設けないと判断が出来ないのではないか、その時間と費用はどうなのだろう、はたして産地を特定するに至るのだろうかと素朴な疑問が浮かびます。オーストラリア産、中国産、タイ産、日本産は大まかに分かるのでしょうが、工業製品ではないお米をピンポイントに魚沼産と明確に断定する事はほぼ不可能だと思います。人為的境界線はと自然環境はべつの話です。

格安で飲食店やスーパーへ納品しているお米業者はどうだろうか、価格の圧力をかけられていたらと考えると業者を悪者にするだけではこの問題は解決しないと思います。デフレサイクルを絶つ営業努力は企業に課せられた課題なのかもしれません。ちなみに5kg1700円(税別)以下で売られているお米は疑ってもいい価格のボーダーラインだと思います。

シニア向けのドリップコーヒー・バッグ

2017年3月 6日
シニア向けのドリップコーヒー・バッグ

「アウトドアでもドリップコーヒーを」というのは変わらぬ欲求のようで、軽量コンパクトな新製品が次から次へと登場しています。ウルトラライトが優先ならスターバックスのインスタントコーヒーが秀逸で、味と香りは互角、ゴミも最小限です。
とはいえ蒸らしドリップするという儀式(時間)が一味加えるのは確かです。

» 記事の続きはクールシニアのウェブマガジン「クールシニアマガジン」で!