だれも知らない小さな国

2017年2月27日
「だれも知らない小さな国」

違う本で原稿を書いていた
入稿間近だった
だが2月9日
佐藤さとるさんがお亡くなりになった
僕という存在のど真ん中にあって
今の僕を形成しているのは間違いなくこのコロボックルシリーズだ
悲しいけれど
今回はこの一冊について書かなくてはならない

「だれも知らない小さな国」
佐藤さとる 文
村上勉 絵

当然ご存知の方も多いであろう
日本を代表する児童文学作家
横須賀生まれ
佐藤さとるさんの代表作にして
コロボックルシリーズの始まりの物語
「だれも知らない小さな国」
世の中に優れた児童文学は多々あれど
もし大人になるまでに一冊しか読めないのであれば
間違いなくこの一冊を選ぶ
何故か
何故なのか
考えてみる

きっとそれは
これがファンタジーでもフィクションでもなく
これを読む小学校四年生の僕たちには
このお話はまごうことなきノンフィクションだからだ
ピッピもナルニアも素敵だけれど
あれはちゃんとしたフィクションの世界
「床下の小人たち」も小さな人たちを描いた作品だけれど
やはりフィクションだ
「だれも知らない小さな国」が他の物語と違うのは
ノンフィクションのドキュメンタリーとして描かれていること
そこ
この物語に出てくるせいたかさんも
ヒイラギヒコもマメイヌも
みんな実在するところ
実在するとちゃんと信じられること
サンタクロースはいるの?という疑問を持ち始める
それくらいの年令で出会うであろうこの本が
コロボックルはいる!とちゃんと信じられるように丁寧に丁寧に作られている
その部分だと思う

現実と非現実
その境い目は幼い頃はとても曖昧だ
そしてそれは素晴らしく貴重で
素晴らしくしあわせな時間だ
その限られた魔法の時間を存分に楽しめるように
世の中には沢山の絵本や児童書が存在している
その魔法は些細なきっかけでとけてしまう
その瞬間を1日でも遅らせたい
そのために世界中の魔法使いたちが
ペンを駆使して物語を紡ぎだす
日本の誇る偉大な魔法使い佐藤さとるさんも
もちろん抜かりが無く
コロボックルを何度疑おうが
いいや大丈夫
コロボックルはいるよ
とちゃんと信じさせてくれる
これはそういう貴重な本なのだ

個人的な話になるが
この一冊がなければ
僕は絵本屋をやっていない
小さい頃この本を読んで真面目に
セイタカさんは自分だと思っていた
ここには自分のことが書かれている!
と同時に
ここに書いてあるセイタカさんの年令と自分の年令を比べて
幼い僕は混乱していた
セイタカさんは将来の自分の姿だ
コロボックルに選ばれる人間は僕だ
と本当に思っていた
絵本屋を設計するときに頭にあったのは
セイタカさんが初めてコロボックルたちみんなと会うあの小屋のシーンだ
あのシーンのような
あれがおきても違和感のないような場所を作ろう
そう思った
少年の頃
想像力の入れ物を目一杯広げてもらえたおかげで
未だに頭の中は無限大だ

長くなって来た
伝えたいことが沢山あり過ぎる
佐藤さとるさんはもちろん他にも優れた作品を沢山世の中に送り出していて
自分で編んだ飛行機で空を飛ぶ「おばあさんのひこうき」
誰でも一度は憧れる夢のツリーハウス「大きな木がほしい」
更には「赤んぼ大将」シリーズや
隠れた名作
鉄塔と友だちになる「ジュンとひみつの友だち」など
いずれも子どもの頭の中の想像力を目一杯広げてくれること間違いないお話ばかりだ

「だれも知らない小さな国」が生まれたのは1958年
翌年自費出版される
シリーズ3作目「星からおちた小さな人」から挿し絵が村上勉さんになる
当時村上さんは23.4歳
かなり若手の絵描きさんだった
その先ずっと続く2人のコンビはここから始める
やがて改版のおりに1.2巻も
みなさんもよくご存知の村上さんの挿し絵に全て変わる
この作家さんの本はこの方の絵で読みたい
その典型的な例だと思う
どの本にも通じるのは
読んでああ面白かった!で終わらないところ
本を閉じた後も
もし自分だったら...
もしコロボックルが今出て来たら...
大きな木があったら...
とついつい想像力の羽根を伸ばしてみたくなるのだ
よく漫画などで見る頭の上に表れるモワモワ
あれが出やすい作家さんである

あのモワモワがそのまま雲になって部屋の中をゆっくり移動して
あるところで雨を降らせ
そこから芽が出て...

なんて妄想が頭の中で広がるようになったのも
佐藤さとるさんのチカラかもしれない
10歳の僕と
今の僕
2人からお礼を言わせて下さい
ありがとうございました

今月の絵本紹介
佐藤さとるさんの代表作
「だれも知らない小さな国」
フランソワ・バチスト氏がご紹介致しました

自然派ワインの造り手
「ピエール・オヴェルノワ / エマニエル・ウイヨン」

2017年2月24日
自然派ワインの造り手 「ピエール・オヴェルノワ / エマニエル・ウイヨン」

ブルゴーニュというあまりにも有名なワイン産地から東へ車で2時間程走るとアルボワという産地がある。ハードチーズで有名な「コンテ」チーズの産地でもある。ワインだけでなく牧畜も盛んな地域。スイス国境にほど近いピュピヤン村というところにピエール・オヴェルノワという蔵がある。名だたる自然派ワインの生産者の中から尊敬を集めており「自然派ワインの神様」と呼ばれることも多い。

BioWine_sub1ただその風貌は優しく物腰の柔らかいお爺ちゃんという印象。実は何年か前に彼はワイン造りからは引退。現在はビオのパンやハチミツを造ったりしている。


でもご心配なく!なんと15歳のころからオヴェルノワの元で働いてきたエマニエル・ウイヨン氏が引き継いでいる。彼はオヴェルノワの造ったワイン、30年以上も使用している発酵タンクや古樽だけではなく彼の哲学を正統に引き継いだ人物で、ある大変に難しいヴィンテージの醸造の際に、亜硫酸の添加を迷っていた師匠のオヴェルノワに対してウイヨン本人が、使うべきではないと進言したという話があるほど。この蔵のワインを輸入しているある方の言葉がとても印象的でしたので下に記します。

BioWine_sub2ピエール・オヴェルノワでなければ、オヴェルノワのワインは造れない。これは真実です。彼らほど清貧で、素朴で、研ぎ澄まされた生き方をしていなければ、その気品や美しさをワインに写し取ることはできません。ワインは、造り手の生き方や人柄を映す鏡ですから、ピエールにはピエールのワイン、エマニュエルにはエマニュエルのワインが、当然生まれます。過去への執着や邪推で、彼らのワインを斜に見るというのもあまり建設的ではありません。


BioWine_sub3エマニュエル・ウイヨンのワイン造りに対する情熱は、驚くほど旺盛です。毎日毎日、尽きることなくワインやブドウの話をし続けるというのです。そして、絶妙なタイミングに的確なアドバイスをするのが、ピエール。「この年はこうだったね。」「こっちは、まだワインが眠ってるね。」と決して「ああしなさい、こうしなさい」と指示するわけでなく、自らの経験や哲学で、そっとエマニュエルをサポートします。この瞬間、代替わりをしてワインが変わってしまう、品質が落ちるなどという、よく聞くような下世話な話題は、このメゾンに関しては起こりえないなと確信できました。エマニュエル・ウイヨンは、偉大なる先人ピエール・オヴェルノワから、大いなる遺産を受け継ぎ、その偉大なる伝説を継承しています。


私のこのワインの印象は唾液のようにストレスなく身体に入ってくるワインという感じ。
是非見つけたら飲んでみてください。生産量も少なく希少なワインですのでその際はみなさんで幸せを分け合って下さいね!

BioWine_sub4
オヴェルノワ(左)とエマニエル・ウイヨン氏(右)

地球温暖化説は本当か?

2017年2月15日
地球温暖化説は本当か?

毎日寒い日が続いていますが、こう寒い日が続くと地球温暖化の話題が影を潜めますね。温暖化が進むと北海道が旨いお米の一大産地になる!そんなイメージを持つくらい地球温暖化というキーワードが根付いている今日この頃。

しかし先月10日、アメリカ大統領就任関連ニュースで影は薄くなりましたが人類にとって重要な環境関連ニュースがありました。
それは「欧州大寒波、ポーランドで新たに10人死亡、氷点下20度下回る」という温暖化とは程遠い内容でした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-00010007-afpbbnewsv-int

単純に地球温暖化なのになぜ大寒波が起きるのかという素朴な疑問を抱かせる現象です。最近、科学者の間で地球温暖化はウソ説が増えてきているのもうなずけます。

そもそも地球が誕生してから46億年という途方もない時間経過の中、温暖化と氷河期を何度も繰り返してきた気象変動は科学的に証明されています。 地球年表で見ると人類が出現したのが12月31日の午後11時頃。
確かにCO2排出量や資源の大量消費は地球の営みの中で今までに無かった事です。しかし人類が経験している地球の時間軸は一瞬に過ぎません。よって、まだまだ経験した事が無い環境変動を考える方が自然なのかもしれません。

経済的に見ても環境に配慮した自然エネルギーの活用は資源の有効活用につながり持続可能な社会形勢に不可欠だと思います。ただ地球温暖化防止という大義名分が既得権益の温床にもなっている事実もあります。環境保全とマネーゲームを見極めることが必要なのだと思います。

さて、温暖化によって北海道のお米がおいしくなったと言われますが、これは完全に印象操作によるものと考えていいでしょう。確かに以前の北海道産米より今の道産米のほうが質はよくなっています。これは気候に合わせた品種改良の賜物以外何物でもありません。
仮に温暖化が進んでいれば北海道でコシヒカリが主流として栽培されているはずです。
コシヒカリは冷害に弱い品種なので青森以北では現在でも栽培が難しい品種です。

地球温暖化よって環境保全に意識を持つ事は必要だと思いますが、それが利益誘導に使われていないかを見極めることが大切なように感じます。