自然派ワインの造り手
パスカル・シモニュッティ

2015年5月26日
パスカル・シモニュッティ

自然が大好き!だからワインを選んだ! ワインは中身。AOCじゃない!VDTにかける男!

~ 人柄 ~
「ワインの基本的な味は自然の力で造られると言っていい。自然を身近で感じる手段として、ぶどう栽培はとても面白い。」よれよれのTシャツ姿でパスカル・シモニュッティ氏はワイン作りをするようになった理由をそう答える。
彼は、がっちりした躯体のどこかに自然体の雰囲気を漂わせる。料理とワインが大好きで、一度は料理の世界を選んだ。しかし田舎育ちの彼にとっては朝から晩まで調理場で働く毎日が息苦しく、太陽の日差しを浴びて自然を感じながら伸び伸びと体を動かす仕事がしたいと思うようになりワイン屋に転身し、この蔵を立ち上げた。
トゥールの近くにある地元の農業学校でぶどう栽培の基本を学んだ後、ロワールの自然派ワインの重鎮たちにアドヴァイスを受けるうちにアルザスのブルーノ・シュレールに出会って彼の目指すスタイルが決まった。

シュレール譲りのヴァン・ド・ターブルVDT(VDF)。そう!テーブルワイン!! シモニュッティ氏は、ブルーノ・シュレールが実践する「自然の力、テロワールの底力をとことん引き出すぶどう栽培」に一気に惹きこまれてしまった。ワインはとにかく味わい豊かなぶどうを育てること、あとはその旨みを最大限に引き出すことが欠かせないと訴える。ブルーノに惹かれたのは彼ら二人に共通する性格かもしれない。それは「アペラシオン」(原産地呼称制度)への無頓着さだ。シュレール氏が試飲検査で格下げされるのをそばで見てきたからか、シモニュッティ氏は「AOC試飲検査」には一切申告しない。そのため全アイテムが「ヴァン・ド・ターブル」(現在はヴァン・ド・フランス)である。そのせいか香りにそこはかとなくシュレールのようなみずみずしいピュアな部分を感じる。

パスカル・シモニュッティ 「ワインは中身なんだ!ヴァン・ド・ターブルのほうが気軽に飲めるのでは・・・」と意に介さない。「アペラシオン取得」にまったく興味がないというか、レッテルについてまったく迷いがない。毎年違う作柄を生かすように造れば当然ワインは違うものができるわけで、しなやかでエレガントな年もあれば、肉付きのいい年などそれぞれ違って当然。「これがベストだ」と信じるワインを目指して周りの目を気にすることもなく、型にはまらない「自由なワイン」「自然を表現するワイン」を造る。それはとてもなめらかでタッチが優しい。肩に力が入らないきれいなバランスのワインゆえ、また飲みたくなる「自然派の雰囲気」を醸している。ラベルは知人にか描いてもらったもので、「ぶどうがそのまま詰まった液体」。ワインによって緑や赤に色使いが異なるだけのストレートでオリジナルなデザイン。
「VIN DE FRANCE」と大きく書かれている他は必要最低限の内容が表示されただけ。ワインのように余分なものがそぎ落とされてピュアなラベルは印象に残る。


パスカル・シモニュッティ そしてもう一つ、セックス・ピストルズのアルバム「勝手にしやがれ」のパロディー。
パスカルはパンク・ロックの熱狂的ファンで、中でもセックス・ピストルズが大のお気に入り。彼らの唯一のオリジナル・アルバム「Never Mind the Bollox」(邦題「勝手にしやがれ」)を仏訳すると、「On s'en bas les couilles」となり、これがワイン名になっている。


パスカル・シモニュッティ ~ 畑 ~
畑仕事は人には任せられない「ビオロジック」
ワイン造りを始めたばかりで、4.2Haの区画は今のところ「賃貸」畑。穏やかな気候と、砂が多く水はけがよいこの辺りの土地は、ぶどう栽培に向いているのだ。また土壌には「シレックス=火打石」などが混ざってそれがワインにアクセントを加えてくれている。
栽培は「ビオロジック」に一部「ビオディナミ」を取り入れた農業を行い、手間と時間がかかっても除草剤などを使わないようにしている。「これじゃないと野生酵母は宿らないし、熟成方法も変わる」のだ。もうひとつの特徴は「セレクション・マサル」の株を使う点。ガメイは樹齢の古い株を切って接木したタイプで根の張りが深い。


パスカル・シモニュッティ ~ 醸造 ~
蔵のポイント
「ガメイやピノ・ノワールはしなやかな品種。マセラシオンを強くさせると良さが台無し。大自然の恵みとなる作柄にあった醸造をしている。」


北欧雑貨と日用品の店 yovalo
店主 池田美都さん

2015年5月23日

北欧雑貨と日用品の店「yovalo(ユアバロ)」

今回は、吉祥寺通り沿いにある、北欧雑貨と日用品の店「yovalo(ユアバロ)」へお邪魔しました。
オープン当時まだ大学生だった店主の池田美都さんにお店の成り立ちや店舗誕生のきっかけなど伺いました。

地域の人

池田 美都(いけだ みと)さん

池田 美都(いけだ みと)さん

2012年に北欧雑貨と日用品の店「yovalo(ユアバロ)」をオープン。大学4年生の時にお店を構え、現地で直接買い付けた北欧雑貨を中心にセレクトされた品が展示販売されている。商品はWEBショップでの購入も可能。


img01.jpg ――お店をはじめたきっかけを教えてください。
大学4年生の夏、就職先を探していた頃に、ちょうど海外へ行くのが好きなことや、もともといつかは自分の店を持つことが夢だったことが転じて現在に至ります。はじめは慣れないことが多く大変でしたが、「夢が叶う!」という想いでいっぱいでした。友人や友人の友人たちの協力があって店舗オープンまでの準備は捗りました。


――店名(yovaloユアバロ)は素敵な響きですね、どんな意味なのでしょうか。
フィンランド語で「夜の光」という意味合いがあるんです。夜、赤ちゃんが怖くないよう安心して眠れるように抱いて眠る光るおもちゃがあるのですが、そのおもちゃを「yovaloユアバロ」というんです。店名を考えていたときに、夜の暗闇をポッと照らすような温かみのあるイメージがずっとあって。「yovaloユアバロ」は意味合いも音の響きもとてもしっくりきたのですぐに決まりました。


img03.jpg ――買い付けはご自身で行かれているんですね。
年に2回、冬と夏にスウェーデンである展示会に合わせて買い付けに行っています。買い付けと同時に北欧地域の暮らしを体験できることが楽しみのひとつでもあるんです。時間の流れ方がゆったりとしていて、人との距離感もちょうど良いんです。心地よく接してくれるので気を遣い過ぎずに自然体でいられるような気がします。


img03.jpg ――今後の夢をお聞かせください。
自由で楽しく、健康でありたいと思います。(笑)お店はこのまま続けていければと思いますし、個人ではヨガ教室を開きたいと考えています。あとは成り行きに任せて楽しく過ごして行きたいです。


img03.jpg ――ヨガを習っていらっしゃるんですね!
20歳からゆるゆるはじめているのでもう4年ほどになります。去年の4月から本格的に学校へ通うようになりました。身体を緩めたあとに、お茶をしながら先生と季節ごとに生じる身体の悩みや、日々感じる身体の変化のことなどお話する時間がとてもたのしくて。こんな時間を提供できるような人になりたいと強く感じました。いずれは教室をもちたいと計画中です!


img03.jpg *おすすめの品を紹介して頂きました*
メーカー :Kronjydenクロニーデン
生産国:デンマーク
シリーズ:「Azur」
エンボスでいれられた凹凸のあるお花のスタンプが特徴です。
昔は、どの家庭にもひとつは置いてあるほど現地の人びとに愛されたお皿のひとつでもあります。

img03.jpg

yovalo(ユアバロ)

場所 〒180-0001
東京都武蔵野市吉祥寺北町2-2-22テナント2号室

営業時間 12:00-19:00
定休日 日曜日〜木曜日
TEL/FAX 0422-27-5101
HP http://www.yovaloshop.com/

モノは真実を語るか? 【大英博物館展】

2015年5月21日
モノは真実を語るか? 【大英博物館展】

イギリスはいま沸いている。まず、ウイリアム王子とキャサリン妃の第2子の誕生だ。女の子で、シャーロット・エリザベス・ダイアナと名付けられた。シャーロットはチャールズの女性形、祖父のチャールズ皇太子の名前から、エリザベスは曾祖母の現エリザベス女王から、

» 記事の続きはこちら
モノは真実を語るか? 【大英博物館展】

記事提供:社団法人東京都トラック協会