秋の楽しみ、天然キノコの買い出し

2014年11月15日
mekiki_10.jpg

毎年、秋になると雑キノコを買いに八ヶ岳や富士山周辺のキノコ販売店に出かけます。山菜と違ってキノコは個体差が大きく自分で雑キノコを採取するのは危険です。

» 記事の続きはクールシニアのウェブマガジン「クールシニアマガジン」で!

果実を食べるケーキ
~プティ・ガトー風 フルーツパウンド~

2014年11月11日
kumi_11main.jpg

すっかり寒くなり、温かいお茶でほっと一息...が幸せなこの季節、温かい紅茶と一緒に、フルーツの美味しさをじっくりと味わえるケーキはいかがでしょうか。

今日は美味しいジャムをたっぷりと使ったパウンドケーキをご紹介します。

一見プティ・ガトーのようなこのケーキ、生地は『オール・イン・ワン法』という、その名の通り、全てを一緒に混ぜるだけ、の簡単に作れるパウンドケーキに、ジャムを塗っただけ、のとても簡単なもの。
ジャムはたっぷりと使うので、できれば無糖のジャムがおススメです。 果実そのものの甘さで十分美味しいケーキです。
市販のジャムを使う場合は、冷凍のラズベリーやブルーベリーをたっぷりと足して、1度グツグツ煮てから使うのがおススメです。 仕上げにレモン果汁を入れるなどして、お好みの味に調整してみてください。

ジャムを塗った後の状態で、常温で1週間は日持ちします。 日にちが経つほど味が馴染み、生地はしっとりとしてきます。
生クリームは頂く直前に乗せましょう。

kumi_menu.jpg 【材料】~5×5×5(cm)キューブ型 4個分~
(パウンド生地)~23×5×5(cm)パウンド型1本分~
・無塩バター            100g
(a)
・砂糖(お好みのもの)         80g
・薄力粉              100g
・ベーキングパウダー        小さじ1/2

・卵(L玉)              2個

(仕上げ用)
・ラズベリージャム(お好みのもの)  約200g

・生クリーム             100ml
・砂糖                10g

・フリーズドライラズベリー      適量
・ローズマリー            適量

【下準備】

①無塩バターは常温に置き、柔らかくしておく。
②(a)の粉類は3回空気を含ませるようにふるっておく。
③卵は溶いておく。
④型に型紙を敷くか、内側にバターを塗り、粉をはたいておく。
⑤オーブンを170℃に温めておく。

【作り方】

①ボールに柔らかくした無塩バター、篩った(a)を入れ、粉気が無くなるまでゴムベラで押し付けるようにして全体を馴染ませる。

②①へ溶いた卵を3回ほどに分けて入れ、ハンドミキサーの低速で都度馴染むまで混ぜる。
 (卵液が飛び散らない様に低速にする)

③卵を全部入れ終わり、生地に馴染んだらハンドミキサーを高速にし、生地にツヤが出るまで混ぜる。

④③を用意した型に入れ、温めておいたオーブンで40分~45分程焼く。オーブンの焼きムラがある場合は、途中で入れ替える。

~仕上げ~

kumi_sub1.jpg ⑤粗熱が取れたパウンドケーキを横3枚にスライスする。(写真①)
上面は平らになるようにし、ひっくり返す。


kumi_sub2.jpg ⑥断面にジャムを塗り、スライスしたパウンドを乗せる。これを2回繰り返す。(写真②)


kumi_sub3.jpg ⑦横からはみ出たジャムをパレットナイフで平らにし、4等分にカットする。(写真③)


kumi_sub4.jpg ⑧1個ずつ手に取り、上面、側面にジャムを塗る。(写真④)
この状態で2日程置くと味が馴染んでくる。(常温OK)


⑨仕上げに泡立てた生クリームや、フリーズドライのラズベリー、ローズマリーなどを飾り、出来上がり。

オリンピックと新幹線がやってきた

2014年11月10日
shasin_main.jpg

10月10日は特別な日だ。1964年、第18回オリンピックが開かれてから、ちょうど50年目に当たる。その9日前には東海道新幹線・東京―大阪間が開業した。焼け野原で飢えていた敗戦後からたった19年後、特別の上に超がつく奇蹟のような年だった。

» 記事の続きはこちら
「オリンピックと新幹線がやってきた」

記事提供:社団法人東京都トラック協会