西荻南きずなサロン

2014年6月29日

西荻南きずなサロン

杉並区の「きずなサロン」とは、社会福祉法人杉並区社会福祉協議会が提唱し、各地域の人々によって運営されている、ふれあいや情報交換の場です。今回は、2013年に新たに生まれた「西荻南きずなサロン」の中心メンバーである方々に、設立の経緯や、活動に込められた想いなどをお伺いしました。地域に今何が必要とされているのか、生活に根ざしたコミュニケーションの場を、様々な分野の方が協力して実現されています。

地域の人

「西荻南きずなサロン」スタッフの皆さん

地域の課題を「何とかして改善したい」という強い想いを持って集まったメンバーのみなさん。それまで管轄が分けられていた地区間の垣根を取り払い、これからの地域社会に必要な仕組みづくりに貢献されています。


きずなサロン会長綾部さん ――この「西荻南きずなサロン」を設立されたきっかけを教えてください。
「きずなサロン」の役割は大きく2つあります。1つは、年々増えている高齢者の方のためのふれあいの場、もう1つは、子育てをしているお母さん方のための情報交換の場というものです。双方に共通するのは、日常的な会話や、悩みや不安なことを気軽に相談できる相手がなかなかいないということ。この地域にも「きずなサロン」をつくることによって、住民同士が気軽におしゃべりしながら交流できる場所をつくりたいと考えました。杉並区には全部で20ヶ所の「きずなサロン」があったのですが、昨年まで西荻地区には1つもなかったのです。
直接的な設立のきっかけになったのは、行政から地域の「防災マップ」を作りましょうという話が出てきたことでしたね。防災という観点からみても、地域のつながりはとても大切なことです。そのため、これを契機として西荻地区にも「きずなサロン」を作ろうという提案が生まれたんです。


きずなサロンスタッフの方
きずなサロンスタッフの方――「きずなサロン」ができてから、変化はありましたか?
実はこれまで、この地域は神明通りを境に、春日神社側と荻窪八幡神社側で、警察や神社の管轄、地域の会合、住民の交流までもがきっぱりわかれていたんです。しかし「きずなサロン」を作るにあたり、住民同士の協力体制が生まれたことで、見えない垣根を取り払うことができました。
この地域の課題を「なんとかしたい」という想いを持った人が大勢集まってくれて、自主的に協力してくれているのが大きいですね。参加を強制するのではなく、自分たちができる範囲のことを、長く続けていくことが一番大切だと思っています。


きずなサロンスタッフの方 ――今後、取り組んでいきたいと考えていらっしゃることはありますか?
今後は、若い世代の方にも参加してほしいと思っています。今「サードプレイス※」という言葉がありますが、会社と自宅以外の"居場所"として、この「きずなサロン」が機能していけばいいなと。ここで暮らす人同士のつながりが広がれば、もちろん防災にも役立ちますし、ひょっとしたら婚活にもなるかもしれない(笑)そうやって西荻地区全体を、明るく楽しく、住みやすい街にしていきたいですね。


※サードプレイス=都市生活者にとって必要とされる居場所のこと。
第一の場所を「家」、第二の場所を「職場」とし、それ以外の場所を指す。

「チャンスは一日に3度ある」
①出汁抜き手前味噌汁

2014年6月27日
sekihan_main.jpg

「1日に3回もチャンスがある。という言葉を信じているのです」と語るのは、藤本比呂さんである。
いったい何のチャンスか?そして藤本さんはどういう人か?

» 記事の続きはこちら
石黒健治Webサイト:「チャンスは一日に3度ある」 ①出汁抜き手前味噌汁

記事提供:社団法人東京都トラック協会

甘さのヒミツ 第2回

2014年6月18日
kome06_main.jpg

「糖質」は大きく4種類に分けられるそうです。
①単糖類 → それ以上分解できない最小単位のブドウ糖、果糖。
②二糖類 → 二つの単糖が結合したもので蔗糖(白砂糖)、麦芽糖、乳糖など。
砂糖は「二糖類」になるのでグルコース(ブドウ糖)とフルクトース(果糖)が結合した糖になります。ジュースや菓子類に使われる糖は主に「単糖類」と「二糖類」です。
③少糖類 → 単糖が20~30個結合したフラクトオリゴ糖など。
④多糖類 → 単糖が数千個結合したデンプン、グリコーゼン、セルロースなどに分類され、炭水化物はこの部類。

これらの糖類でポイントになるのが「結合数」です。 結合数が多い糖質は消化吸収できる物質まで分解しなければなりません。お米などのデンプンが糖質として消化吸収されエネルギーに至るまでには「分解過程」という時間が必要になります。そのため炭水化物のような多糖類は血糖値が緩やかに上昇するのです。
逆に、単糖、二糖類が主なスイーツや清涼飲料水を摂取すると糖の分解が必要ないため血糖値が急激に上昇します、切れると急下降。これが常習化されるとインスリンという血中の糖を分解するホルモンのバランスが崩れしまい糖尿病に至るという仕組みです。

「消化酵素の違い」もポイントで、例に乳糖をあげると、赤ちゃんや乳が必須蛋白源の環境で生活する民族はラクターゼ消化酵素という乳糖を分解する能力を持ち合わせています。ただ、日本人の成人では9割ほど消滅しているそうです。そうすると乳糖不耐性となり消化不良に至るそうです。

いまや子供が糖尿病になる時代です。原因は血糖値を急激に上昇させる清涼飲料水、お菓子やなどの加工品、単糖や二果糖を多用するパン食。特にアイスクリームなどの冷たい物は危険です、溶かして飲めばその甘さに驚かれる事だとおもいます。朝食がパン中心だとジャムやジュースといった単糖を常に摂取している可能性が高いので糖尿のリスクがあると思っていいと思います。

さて、この糖質ですが食物繊維と合わせると「炭水化物」と言います。この「炭水化物」は「タンパク質」「脂質」と合わせて人に必要な3大栄養素とも言われています。

次回は、その3大栄養素「炭水化物」とお米についてのお話です。