上田学園
学園長 上田早苗さん

2014年4月30日

吉祥寺「かない米店」

今回は、吉祥寺本町にあるフリースクール「上田学園」にお邪魔しました。学園長の上田早苗園長に「上田学園」の教育について、お話を伺いました。

地域の人

上田 早苗(うえだ さなえ)さん

上田 早苗(うえだ さなえ)さん

平成9年にフリースクール上田学園を設立。魅力ある講師を招き、不登校など生き方に悩む子供達の教育に打ち込む。レッツ日本語教育センター代表取締役。


img03.jpg ――「上田学園」ではどのような授業をおこなっていらっしゃるんですか。
まずは、社会に出て自分の力で考え行動できる人間になって欲しいと思っています。その為には生徒自身が、自分で調べて、分析し、先生や生徒同士で意見をぶつけ合って学んでいく事が大切です。ですから、「上田学園」では、各授業のカリキュラムや進め方も、先生や授業の内容によって変化します。 そして、一般的な学校教育で受ける、国語・算数・理科・社会、といった枠組みでの授業はありません。例えば、食育についての授業、仏教についての授業、あるいは旅行についての授業など、実践として必要な知識を学ぶことから、自分で考える力を養っていきます。


――どんな生徒さんがいらっしゃるんですか。
基本的には、中学卒業(15歳以上)からお預かりする事にしています。登校拒否で今まで通っていた学校に行けなくなった子供がほとんどで、中には大学を中退して通った生徒もいます。


img03.jpg ――フリースクールを始めたきっかけについて教えてください。
16年前、当時日本では"登校拒否児"が一つの社会問題になり始めた頃でした。また、12歳〜17歳くらいの日本の学生が、日本の教育機関になじめず、海外の学校で勉強するという若年留学生が増え始めた時代でもありました。
私はもともと日本語教師を30数年やっておりますが、日本語教師養成のためにロンドンに滞在していた時のことです。夜遅くのバスの中で騒いでいる日本の若者をイギリス人の老夫婦が迷惑そうに見ておりました。そんな彼らに注意を促そうと声を掛け話をしてみますと、若年留学生の子供達でした。
彼らは現地の学校か、日本の学校の英国校に通い、一月大卒者の初任給のようなお小遣いをもらい、注意する人も、教え諭す人もいない中、親の見栄と自分の問題に目を向けないために「留学生」というポジションを選択し、遊びまわっている子供達でした。
そんな彼らを話しながら彼らにとって外国は彼らの"姨捨山"のように感じました。そして日本の子供の教育は「日本でしっかりしないと」と思いました。それも受験日から逆算されたような暗記の教育ではなく、自分の頭で問題を見つけ考え実行できるような。
同じ時期に、ロンドン大学のイギリス人教授に日本人留学生が英語力ではなく、自分の考えがなくて授業についていかれないというお話を伺ったことも、自分の頭で考える学校を創ってはと提案されたことも、学園をつくるきっかけになりました。


img03.jpg ――上田先生が考える「教育」についてお聞かせください。
私はいつも生徒に「あなた仕様の人間なんて何処にもいない、人との関わりの中で何か問題が起こった時は、自分でその人とどう付き合うかを考えるしかない」と話しています。人を動かすことは大変だけれど、自分を動かすのは簡単なんです。
今の子供達は、自分の頭で考えるという事が苦手です。自らの人生を大切に生きるために、自発的に学んで考える力をつけて巣立ってもらえる教育が出来ればと思っています。
また、私自身の夢がありますが、その夢を掴むプロセスを失敗や成功も含めて生徒達に見せていきたいと思っています。


img03.jpg

上田学園

場所 〒180-0004
東京都武蔵野市本町4-9-28

TEL 0422-20-3456
HP http://www.uedagakuen.org/

新潟のコシヒカリはコシヒカリじゃない!? 第5回

2014年4月27日
kome04_main.jpg

宮城県の有名な品種に「ササニシキ」があります。栽培が難しいのと、需要が低迷しているために、年々栽培量は減っています。ただ、コシヒカリのような粘りが強くないために寿司米には好まれる品種でもあります。そして、たんぱく質の含有量なのか科学的根拠は証明されていませんがアレルギー体質の方に好まれる傾向があります。

しかし稲は倒れやすく、いもち病に弱い、気象被害も受けやすいという短所は被害を受ける年を多発させました。そこで平成6年「ササロマン」という品種が登場します。じつはこれは「BLササニシキ」なのです。ただ従来ササニシキの需要が落ち込んでいる中での登場でしたので、販売不振に陥り現在ではほとんど栽培されていません。新潟の「BLコシヒカリ」と明暗を分ける形になりました。

そもそもなぜこのように様々な品種が改良され、新品種が増え続けているのでしょうか。
それは、生産効率と食味が向上しても、私たち日本人がお米を食べなくなったのが最大の理由だと思います。農水省のホームページで日本人の一人当たりのお米の年間消費量を調べると、昭和35年は115kgでしたが、平成15年は59.5kgに減少していると出ています。最近では、パンの購入代金がお米の購入代金を上回ったといったニュースがありました。
なぜお米を食べなくなったのか、戦後の栄養改善運動やフライパン運動、経済発展が最大の理由とされています。お米を食べると「太る」や「バカになる」などの間違った情報が蔓延し「頭脳パン」といった奇怪な商品まで登場しました。

その結果、欧米化されたカタカナ料理が増え、いまや日本国民の4人に1人が予備軍含め生活習慣病です。減反政策により価格の安定や余剰米を出さないようお米は生産調整されていましたが、今後5年かけて廃止すると先日政府が発表しました。日本の歴史上、政府がお米を管理しない農業政策は初めてではないでしょうか。業界では価格の暴落と生産農家の激減が懸念されています。

近い将来、世界人口の増加や異常気象により食糧難が訪れると試算されている事も考えると、少しでも日本人が日本のお米を中心とした食生活に戻ることができればグローバルな社会問題に巻き込まれず、付随した国内問題も解決しそうです。そのためにも生産者は消費者のニーズに合わせお米を栽培し、今までにない価値観で地域性を色濃く出す試みに力を入れ、品種だけで勝負するのではなく栽培技術で勝負してもらいたいと思っています。

カラスノエンドウのバター炒めを食べてみました

2014年4月25日

endou_main.jpg

山菜の季節です。コゴミ、タラノメに始まり、モミジガサ、ヤマウドから初夏のワラビまで続きます。身近なところでも野生のセリ(タゼリ)、ヨモギ、アケビ(つるの芽)、ノビルなどがあります。

近所にカラスノエンドウが大繁殖していて、図鑑をみると食べられるとあるので、サヤエンドウになるのを待ってバター炒めを作ってみました。

» 記事の続きはクールシニアのウェブマガジン「クールシニアマガジン」で!