新潟のコシヒカリはコシヒカリじゃない!? 第4回

2014年3月28日
kome_03.jpg

多くの品種改良したお米は、先祖帰りや品質の劣化など、徐々に形質が変化していく傾向にあります。しかし「コシヒカリ」に関してはそれを感じません。米穀業界では「腐ってもコシヒカリ」という言葉があるくらい品質の劣化がない優良種とされています。しかしその「コシヒカリ」は、稲が倒れやすく「いもち」という病気になりやすい栽培上の欠点があります。デビューした当時は味より収穫量を重視する時代でしたから、農家は収穫量が上がらないお米は敬遠します。

ところが時代が高度成長期になると「量」より「質」が求められます。そうすると全国を席巻するように味が良くて高値で取引される「コシヒカリ」の生産量が自然と増えます。中でも1日の寒暖差が大きく、丈が低く育ち、肥沃な環境を持ち「コシヒカリ」の長所に最適な生産地がありました。有名な新潟県魚沼地区です。皮肉にも、中山間地で棚田が多く大量生産に不向きな場所だったからこそ「コシヒカリ」を多収穫せずに美味しいとされるお米が栽培されていたのです。

全国では質の向上に努め様々な栽培方法が生み出されていきます。ただこまった事が起こりました。コシヒカリの生産に適し味もいいと評判になっていた新潟県産のコシヒカリを偽装した他県産玄米が流通し始めたのです。新潟県産と謳うだけで他県との価格差が2割以上ありましたから、少しでも高く売ろうとした農家や業者、小売が偽装行為を行いました。魚沼産に限っては、生産量に対して3倍以上の量が市場に出回っていたといわれています。食糧管理法の下で国に管理されていたお米は本来自由に売買できないはずなのですが、ヤミ米として出回っていました。

しかし経済発展と共に日本人の食生活は欧米食化に向かい、お米が大量に余るようになると食糧管理法も規制緩和され、お米の取引が自由になります。今では産地直送米が当たり前に認識されるようになりました。
さらに、不正を防止するためのJAS法やトレサビリティー法などの法律も強化され、中身と違う表示は罰則が設けられるようになります。遺伝子検査技術も可能になりました。その頃、新潟県では平成17年、戻し交配という技術で「BLコシヒカリ」が誕生します。BLとはBlast Resistance Lines(ブラスト レジスタンス ラインズ)の略で、「いもち病」という低温時に発生しやすい稲の病気に対して「異なる抵抗性を持つコシヒカリ」を意味しています。ただこれは表向きで、他県産との差別化のために遺伝子で見分けられるしるしをつけるためだと、業界内で話題になりました。

実は、現在新潟で栽培されているほとんどの「コシヒカリ」は厳密には「BLコシヒカリ」なのです。表記ではBL表示しなくてもいいとされています。流通用の30kg米袋には記載されていますが、精米販売で「BLコシヒカリ」の表記義務はありません。味はどうなのだと言われると、そこまで厳密に差の分かる人はいないと思います。何が違うのか私が聞きたいくらい。ただ、やはり栽培している農家さんに聞くと、BLは作りにくいといった声が聞こえてきます。

さてそんな「コシヒカリ」、脱コシヒカリとささやかれ、各県では品種改良が盛んに行われ「ゆめぴりか」「つや姫」などがデビューしています。次回そんな品種の運命を大胆にも占って行きます。

日本が元気になるのは里山と下町から

2014年3月26日
里山

「里山資本主義」という新書が売れているようです。日本総合研究所の藻谷浩介氏とNHK広島取材班の共著(角川書店刊)で、2014新書大賞だそうです。

» 記事の続きはクールシニアのウェブマガジン「クールシニアマガジン」で!

悲しみの街へようこそ
神隠しされた街 詩人の預言・若松丈太郎さん

2014年3月24日
sunaonna_main.jpg 若松さんに南相馬市立図書館で初めてお会いしたときの第一声は、「ぼくは怒っているんですよ」だった。どう見ても温厚な人柄に違いなく、威圧感を振り回すタイプにも見えなかったので驚いた。

いったい何を怒っておいでなのか、お話を聞くうちに怒りの中身が少しずつ見えてきた。

» 記事の続きはこちら
石黒健治Webサイト:悲しみの街へようこそ 神隠しされた街 詩人の預言・若松丈太郎さん

記事提供:社団法人東京都トラック協会