甘粕正彦憲兵大尉に会いに行く
歴史認識の闇の中で

2013年6月27日
甘粕正彦憲兵大尉"

日中韓をめぐって歴史認識がかまびすしいさ中、橋下大阪市長の従軍慰安婦発言が火に油を注いだ。一連の問題が指し示すのは、「戦争とはそういうものだから、戦争はやってはいけない」ということであろう。が、戦争利権でおおいに儲かっている人と組織があり、かれらは戦争がなくなると困るのである。自分たちの利権体制を守るためには何でもする。甘粕正彦憲兵大尉の事件は、まさにそのような利権組織を維持する象徴的な事例だった...

» 記事の続きはこちら
石黒健治Webサイト:レポート「視点・焦点・合点」

記事提供:社団法人東京都トラック協会

江戸東京たてもの園の新顔、デ・ラランデ邸?

2013年6月26日

この4月にデ・ラランデ邸という明治の洋館が復元され、公開されました。江戸東京たてもの園です。ゲオルグ・デ・ラランデというのはドイツの建築家で、神戸市のトーマス邸(風見鶏の家)を設計しています。木造3階建て洋館というのはちょっと珍しいです。

» 記事の続きはクールシニアのウェブマガジン「クールシニアマガジン」で!

ヒヨコ豆で今日も元気!

2013年6月26日
ヒヨコ豆で今日も元気!

ここ10年くらいのうちに、一般のスーパーでも乾燥のひよこ豆が手軽に買えるようになりました。缶詰ではなく、一晩4倍のお水につけ、コトコトと茹でて節約しましょう!45〜60分で柔らかく炊けます。塩を多めに入れておいて、茹で汁がかぶるくらいで冷蔵保存しておくと3日は大丈夫。すぐ使わないときは、汁気を切って、ジップロックで冷凍保存しておき、自然解凍で使います。スープや煮物、サラダに使う一回分ずつ小分けすると良いでしょう。

ヒヨコ豆の良いところは、大豆と似たタンパク質の組成をしているけれども匂いがさわやか系です。乾燥の豆を粉にひいたベーサン(Gram flour)もエスニックショップで売られていますが、これは大豆粉と同じで青臭いです。インドでは、ベーサンを香ばしく炒ってお菓子にしたり、しっかりと熱を通す揚げ物に使ったりしています。わたしは、ベーサンを使ってカレーやシチューのルーを作るのが好きです。

茹でたヒヨコ豆でおすすめのお料理は、何といってもフモス!Hummosという料理は中近東で食べられる練り胡麻とレモンとクミンの効いたディップです。たっぷりオリーブオイルを加えて食べます。

一晩水につけたヒヨコ豆をそのまま一部、セロリやパセリ、マジョラムとクミンと一緒にミンチにします。つなぎに少量の小麦粉を加え、ベーキングパウダーを加えて、水を足してこねます。固めのホットケーキミクスのようにできたら、ピンポン球くらいの丸にしてこんがりと揚げます。ファラフェルのできあがり。

写真はファラフェルをバーガーの形にしたものです。全粒粉バンズにサラダと一緒にサンド。良質な植物性タンパクで栄養バランスの良いヘルシージャンクフードです!(つまりジャンクではないですね)