自然派ワインの造り手
パルティーダ クレウス

2018年7月27日
自然派ワインの造り手 パルティーダ クレウス

イタリア人がスペインで造るフランス的ワイン!?

スペイン北部カタルーニャ地方の沿岸部、タラゴーナから東北に30km。
ボナストレ村でとびっっきりのピュアでナチュラルなワインを造る男がいた!

パルティーダクレウスという蔵元でオーナーのマッシモ氏は、イタリアのピエモンテ出身。代々ワイン造りを行っている家系で育った。パートナーのアントネッラさん曰く、「マッシモの血はワインで出来ている!!」と言わせるほどのワイン人。この地を選んだきっかけは、20 年前に建築の仕事でバルセロナに来て以来、カタルーニャのなかでも特に「タラゴーナ」の土地に惹かれたのだ。2000年に2haの畑を購入しワイン造りを始める。

BioWine_sub1



運命の古木ブドウに出会う

カタルーニャの土地で自給自足の生活をしたいと想い、生活の拠点を探し求めていたマッシモ氏に衝撃的な出会いが訪れる。標高200m、海まで4㎞、森に囲まれた畑に植えられた数本のスモイというのブドウの古木を発見!!!マッシモ氏はすぐにこの土地でのワイン造りを決意した。この土地はマイヨールと呼ばれる小さな区画。※マイヨール(小さな区画の意味)カタラン語でくるぶしの事。ガリッグ(野生の香草群)やオリーブなど、多種多様な植物と共生する誰にも邪魔されないパワースポットだ。2005年から接ぎ木、植樹を徐々に始め、スモイや地場品種を復活させることに全精力を注いでいる。

BioWine_sub2

今までのスペインワインのイメージを覆す!

スペインワインのイメージはというとリオハ、リベラ・デル・ドゥエロ、プリオラートのワインのように濃厚な果実が広がり、樽熟成したワインは時にはアメリカンオークなどのバニラの甘い香りや濃厚な果実を感じるというのが一般的なイメージ。
マッシモ氏が自然に忠実に造るワインは、この世界とは遠くかけ離れた別次元のワイン!



畑では

畑はもちろん不耕作。ぶどうは一見どこにも見当たらないほど多種多様な植物の中に埋もれている。やっと見つけたぶどうの木の枝は天高く枝が伸び切り、一般的なブドウ畑のイメージとはかけ離れている。「この畑には雑草など存在しない。森にある植物は全て何らかの役割をして互いに良い影響を与えているんだ」
自然がくれた環境でスモイ、ガルー、ヴィニャテール、カルトゥシャ・ベルメイなど、この土地に元々あった地場品種だけを使った真のテロワールワインを造ることだけに全力を注いでいる。

BioWine_sub3

醸造所では

BioWine_sub4ピカピカの床、清潔なカーヴは地下にあるので常に涼しい温度が保たれている。収穫後のぶどうは一切冷やさない。温度管理をしない理由は、出来たワインが美味しいというだけの判断軸で考えるのではなく、ぶどう自体のスピリットを壊したくないからだ。瓶詰まで一貫してSO2 ゼロ。天然酵母で発酵、ノンフィルター。もちろん畑には銅や硫黄も一切まかない。

バルセロナの「BAR BRUTAL」はじめ、パリ、ウィーンなどの自然派レストランではスペインで最も熱い生産者。
ラベル、コルクのデザインはボルハ・マルティネスというバルセロナ出身の世界的に有名なアーティストによる作品。
ラベルの色はワインの色合いを表している。自家消費用にだが、ベルモットを少量作っている。1870年トリノからの秘蔵伝統レシピ。自身で酒精強化。
近い将来、正式に認可を取り、販売も視野にいれている。



ワイン

●ビネッロ ブランコ VN(白)

BioWine_sub5 その年の収穫のタイミングに合わせて発酵させる新しく「自由な」ワイン造り。
抜栓後も旨みがジワジワと出て、さらに本領を発揮する!レモンなど柑橘系のアロマに蜜の丸み。柔らかい青リンゴの甘み、温かみが感じられるように、提供温度は少し高めが

品種 ガルナッチャ・ブランカ、マカブー、マスカット、チャレッロ、ヴィニアテ、パンセ、パレリャーダ

●ビネッロ ティント VN(赤)

BioWine_sub6 透明感のある薄いピンク。クランベリー、ザクロのような小さく赤い果実味とさわやかな酸味と甘み。ミネラルが程よく溶けかかっている優しい果実味。 全房で短時間マセラシオン後、足で破砕使用されるガルナッチャは「ガルナッチャコスタ」と呼ばれる。海沿いに生育している品種。

品種 ガルナッチャ、ウール・デ・ペルディウ、スモイ、ケイシャル・デ・リョップ、サムソ、ガルー、トレパット

●ヴィニャテール・ブランコ VY(白)

BioWine_sub7 DOペネデスが認可しないため、ほとんど抜かれてしまったという希少品種。色調は少し濁りのあるイエロー、アロマが非常に複雑でスパイシー。抜栓後の果実の開きが素晴らしい! 土壌は粘土石灰質土壌。樹齢25年、60年70年の三つの畑。澱とともに少し熟成。

品種 ヴィニャテール

https://item.rakuten.co.jp/shinkawa/c/0000000487/

Profile

竹之内 一行(たけのうち かずゆき)

竹之内 一行 (たけのうち かずゆき)

1968年10月生まれ 神奈川県出身。横浜商業高校卒後、レストラン&バーでの修業、
1993年約3週間ヨーロッパへ食べ歩きの旅行をきっかけにワインに興味をもつ。
1996年日本ソムリエ協会ワインアドバイザー修得。その後も都内ワインスクールにてテイスティングの勉強を重ねる。2000年再度渡仏の際に教科書やワインスクールでは、知ることができなかった自然派ワインや地元でしか流通していない真のお宝ワインがあることに興味を持ちはじめ毎年渡仏し現地生産者等と交流を深める。現在、父親が始めた酒販店「エスポアしんかわ」代表。都内等ワイン飲食店にワインの卸や初心者のためのワイン講座等も行っている。

  • 自然派ワインの造り手パルティーダ クレウ...

    by 竹之内 一行 on 2018年7月27日
    イタリア人がスペインで造るフランス的ワイン!? スペイン北部カタルーニャ地方の沿岸部、タラゴーナから東北に30km。 ボナストレ村でとびっっきりのピュアでナチュラルなワインを造る男がいた! パルテ
  • 環境保護と農業とビジネスの関係

    by 金井 一浩 on 2018年7月15日
    前回はお米屋さんの経営状況について書きましたが、今回は農業経営を考えてみたいと思います。 俗に農業、農家というと一律に生産物を栽培する第一次産業をイメージすると思います。 しかし農業と言っても家
  • 日本人のデザインセンスは落ちているのか?

    by 中村 滋 on 2018年7月 6日
    テニスの錦織圭が着るテニスウェア、センス悪いです。2020東京オリンピックのボランティア制服も、最初も今もひどい(1964時の選手ウェアは美しい、ポスターも)。TV情報・ニュース番組の背景を一度注
  • ぬまばばさまのさけづくり

    by 冨樫 チト on 2018年6月27日
    かけただけでダンスが3割は上手く見える魅惑の髪型ドレッドヘアーをかけるにはそれ専用の美容室を探さなければならなかった時は90年代の終わり僕が仲間や先輩にきいて探し出したのは原宿のブランコ通りにあった
  • [1968] いちご白書をもう一度

    by 石黒 健治 on 2018年6月15日
     日大事件がまだ終わらない。たかがアメフット部の出来事だったはずが、学生や教職員が発言を始めて、社会的な問題になった。1968年の日大紛争に似てきた、と思われる方も多いだろう。理学部教授が
  • 自然派ワインの造り手ドメーヌ・ル・ヴァン...

    by 竹之内 一行 on 2018年5月24日
    先日のワイン試飲会でとんでもないシャブリを発見! 見たこともないラベルのワインを何気なく口にしたら衝撃の旨さ!輸入元の方に聞いてみると2014年が初ヴィンテージの新しい生産者とのこと。 早速買える
  • なぜお米屋さんは廃業していくのか?

    by 金井 一浩 on 2018年5月15日
    パン屋さんがオープンした。美容室に変わった。吉祥寺では当たり前の光景ですがお米屋さんがオープンした!という話は聞いた事がありません。これは吉祥寺に限った話ではなく日本全国どこでも同じ現象だと思いま
  • 個人情報は破かずに字を消すスタンプ式

    by 中村 滋 on 2018年5月 7日
    毎日、不明な封筒やハガキが郵便受けに入っています。中には届く可能性のあるものもありますが、ほぼ頼んでいない会社のものです。シニアの場合は保険、不動産、墓苑など。個人情報がどこかから漏れてるわけですが
  • The Dead Bird

    by 冨樫 チト on 2018年4月24日
    あれは小学生の頃だ 友だち数人と家に帰っている途中いつものように寄り道をした公園建物の裏の日陰の草むらで鴨を見つけた 鴨は静かに横たわっていた虫の死骸や枯れた花などは目にしていたがもしかしたら生き物
  • コシヒカリの憂鬱

    by 石黒 健治 on 2018年4月16日
     平成29年産米の食味ランキングで、28年間〈特A〉にランクされていた新潟・魚沼産コシヒカリが〈A〉に降格したニュースは、各マスコミでも話題となった。(一財)日本穀物検定協会が、訓練した専門の
  • 自然派ワインの造り手ノエラ・モランタン

    by 竹之内 一行 on 2018年3月26日
    トゥールの東、ロワール川の支流にあたるシェール川を左岸に沿って60kmほど進むと、陶器で有名な町サンタニアンが見えてくる。そのサンタニアンのちょうど手前の小さな村マレイユから隣村プイエにかけて、ト
  • 花粉症は治る!

    by 金井 一浩 on 2018年3月15日
    花粉症はつらいですよね、この時期大変な思いをしている方多いと思います。 私は花粉症ではないのでその辛さを実感していませんが、体に花粉が蓄積され嵩がいついっぱいになるのか気が気ではありません。 確か
  • ガラス瓶の中の自然、苔テラリウム

    by 中村 滋 on 2018年3月 5日
    苔が流行っているようで、苔盆栽、苔玉とか各種苔図鑑とか、カプセルトイにもあります。さらに最近はガラス瓶や水槽で鑑賞する苔テラリウムというのが登場して、その講習会に行ってきました。蘚苔類(せんたい)類
  • あしたもよかった

    by 冨樫 チト on 2018年2月27日
    何かをぼーっと眺める時間少なくなってきたなと思う例えば電車の移動中車窓を流れる景色を見たり中吊り広告をぽけっと眺めたり斜め前に座る人の寝顔をこっそり観察したり目は開いているのだけれど気づいたら何も
  • ジョージア料理を食べに行く

    by 石黒 健治 on 2018年2月15日
     新年早々、日本の伝統・大相撲の灰黒色のもやもやを、えいやと投げ飛ばしたのは、栃ノ心関だった。本名、レヴァニ・ゴルガゼ。ジョージア出身の31歳。イケメンで角界のニコラス・ケイジと言われる。  
  • 自然派ワインの造り手「ローラン・サイヤ...

    by 竹之内 一行 on 2018年1月23日
    パリから南西にTGVで約1時間程のところにトゥールという街がある。ロワール渓谷地域の城を訪れる観光客に拠点としても多く人達が訪れる。大学も多くあり大学街としても有名。そのトゥールの街の東からロワー
  • つながっている森と田んぼ

    by 金井 一浩 on 2018年1月15日
    今年、お米の消費量と生産量を調整していた「減反政策」が廃止されます。それによってお米を作る量は生産者にゆだねられることになりました。 だからと言ってやみくもに作ると供給過剰になり米価は下落し
  • あらゆるものが超軽量化するウルトラライト...

    by 中村 滋 on 2018年1月10日
    ミュージシャンが、ギターのほかにケースを引っ張って歩いている姿を街でよく見かけます。あれはギター用のエフェクターなるものが数個入っていて、演奏中に切り替えて音色を様々に変化させるのですが、重いので
  • こいぬのうんち

    by 冨樫 チト on 2017年12月25日
    泣ける絵本というものが世の中にはある僕の父親は寝る前の絵本に「チロヌップのきつね」を読むたび目を真っ赤にして子ども部屋から出ていっていた2人目を生んだ親御さんから絶大な人気を誇るのは瀧村有子さんの
  • 自然派スパークリングワイン!?

    by 竹之内 一行 on 2017年12月21日
    自然派ワインの生産者の中にも発泡性のワインを造っている生産者も多く楽しみが広がる!「メトード・アンセストラル」(アンセストラル方式)と呼ばれる方式で造られることが圧倒的に多い。別名「古代方式」や
1

Homeに戻る