自然派ワインの造り手
ドメーヌ・ル・ヴァン・ド・ドゥ(le 22)

2018年5月24日
自然派ワインの造り手 ドメーヌ・ル・ヴァン・ド・ドゥ(le 22)

先日のワイン試飲会でとんでもないシャブリを発見!
見たこともないラベルのワインを何気なく口にしたら衝撃の旨さ!輸入元の方に聞いてみると2014年が初ヴィンテージの新しい生産者とのこと。
早速買えるだけ買ってしまったおすすめのワインです!

蔵元名のル・ヴァン・ド・ドゥとはフランス語の数字の22=「ヴァンドゥ」と「ヴァン・ド・ドゥ」「二人のワイン」をかけている。

Chablis の Fleys 村 (フレイ村)に畑はありまだまだ極小の畑での栽培。
2014年に初ヴィンテージワインを生産し、フランスでの販売も2016年の2月から始めたばかり。今年日本にも初入荷したがなんと10ケース以下という少なさ。
造り手のヴァレリーは40代。本業は画家。 現在絵だけではなく、本のイラストレーターとしても活躍。彼氏のビルはコメディアン。とてもワイン好きでヴァレリーをサポートしている。

BioWine_sub1

フレイ村に醸造所を借りており、実際は二人ともニオールに住んでる。
ヴァレリーは若いころ、世界中を旅する。特に南米と南ヨーロッパ。ラテン文化にとても惹かれる。
ビルも元メカニシアンであり、1990年には仕事をやめ世界中を回る。北アメリカをオートバイで一年走り回りアフリカもザイールやルワンダにNPOとして活躍。
ヴァレリーの母型の家族は代々シャブリ地方で葡萄畑を栽培していた。彼女の母も生産者だったが、ワインは造らなかった。葡萄は全て農協へ売っていた。

BioWine_sub22010年に母は引退し、小さな畑を三つヴァレリーに譲る。全部で0.99ヘクタール。
シャブリ・ヴィラージュの畑を一つと隣り合わせのプルミエ・クリュを2つ。
しかしそのころの畑は農協との契約がまだ続いている状態。契約が切れるまでさらに4年間かかる。
ヴァレリーさんは畑を手に入れてすぐビオディナミと有機栽培に変える。葡萄を農協に売り続けながら4年間ゆっくり土壌をよみがえらせることに成功。
畑の草は長い間放置しており、一切農薬を使ない。二人とも元々ワインが大好きで、そして環境問題にもアーチストとしてとても敏感。

契約の期限が近づくにつれ、プルミエ・クリュ葡萄を手放したくない農協は、ヴァレリーに悪質のプレッシャーをかけることもあった。
ビルの応援のおかげで、農協に反抗し、2013年ついに無事独立に成功する。
アリスとオリヴィエ・ド・ムール夫妻との関係もとても良く交流も深く、色々と助けてもらう。
自然派だけとは限らず、ビオディナミ栽培を行うとても大きなドメーヌ Drouhinドルアンからも色々助けられる。機材やプレス機など色々と貸してくれる。
実際現在のプルミエ・クリュの葡萄は資金を貯めるため、Drouhinに8割以上売っている。
醸造や栽培の学校には通ってないヴァレリーは幼いころからの畑の中の経験、母からの直々教えてもらった栽培法、Drouhinからのビオディナミ栽培の教え、そして醸造はドゥ・ムールのアドバイスや教えなどのおかげ初めてワイン造りに挑戦する。
ビルも元々ワインが大好きで博学。ワイン醸造の本も沢山読み、二コラ・カルマランやトマ・ピコなどいろんな生産者と話し、ヴァレリーと共に醸造する。
また彼女は感受性豊かで、アーチストとして必要なインスピレーションとフィーリングをワイン造りにも十分活躍させている。



畑について

全部で0.99ヘクタール!

一つ目の畑は母が植えたシャブリ・ヴィラージュの畑。
樹齢35-40歳のシャルドネ。
畑は毎年とてもいい葡萄を作るのでLa Vigne en Or「黄金の畑」と祖父に呼ばれそののまま 定着。粘土石灰質土壌北向きなので、葡萄の成熟はゆっくり旨みとミネラルもたっぷり。
草はそのまま放置。



ワイン

●シャブリ 2015

BioWine_sub3

  • ・生産量1300本
  • ・母が植えたシャブリ・ヴィラージュの畑。樹齢35-40年のシャルドネ。Vigne en Or「黄金の畑」
  • ・粘土石灰質土壌で北向きなので、葡萄の成熟はゆっくり
  • ・手済み収穫。
  • ・破砕無しでグラップ・アンチエールでダイレクト・プレス。
  • ・デブルバージュしない。
  • ・2/3 5年樽と大きな新しいドゥミ・ムイに入れる。ポンプ無し。
    1/3 ステンレス製タンクに入れる。 ポンプ無し。
  • ・そのままゆっくりアルコール発酵・マロラクチック発酵を行い、14カ月間シュール・リー・熟成。バトナ―ジュ無し。
  • ・タンクで樽をアッサンブラージュして2015年12月半ばボトリング。
  • ・自生酵母
  • ・スーチーラージュ無し、コラージュ無し、フィルター無し。
  • ・S02をボトリング時3g/Hl

●シャブリ・プルミエ・クリュ 2015

BioWine_sub4 Mont De Milieuは中世時代、ブルゴーニュ国とシャンパーニュ国のちょうど国境で二つの国の真ん中なのでこの名前が付いたらしい。

  • ・モン・ドゥ・ミリウ上の畑
    主に樹齢68年 シャルドネ。残りは母が植えた4列 樹齢35-40年。南向き一年草は放置
  • ・モン・ドゥ・ミリウ下の畑
    樹齢35-40年のシャルドネ。母が植えたシャルドネ。粘土石灰質土壌。南向き一年草は放置。

このワインを目にしたら是非飲んでみて欲しい!

https://item.rakuten.co.jp/shinkawa/c/0000000621/

Profile

竹之内 一行(たけのうち かずゆき)

竹之内 一行 (たけのうち かずゆき)

1968年10月生まれ 神奈川県出身。横浜商業高校卒後、レストラン&バーでの修業、
1993年約3週間ヨーロッパへ食べ歩きの旅行をきっかけにワインに興味をもつ。
1996年日本ソムリエ協会ワインアドバイザー修得。その後も都内ワインスクールにてテイスティングの勉強を重ねる。2000年再度渡仏の際に教科書やワインスクールでは、知ることができなかった自然派ワインや地元でしか流通していない真のお宝ワインがあることに興味を持ちはじめ毎年渡仏し現地生産者等と交流を深める。現在、父親が始めた酒販店「エスポアしんかわ」代表。都内等ワイン飲食店にワインの卸や初心者のためのワイン講座等も行っている。

  • [1968] いちご白書をもう一度

    by 石黒 健治 on 2018年6月15日
     日大事件がまだ終わらない。たかがアメフット部の出来事だったはずが、学生や教職員が発言を始めて、社会的な問題になった。1968年の日大紛争に似てきた、と思われる方も多いだろう。理学部教授が
  • 自然派ワインの造り手ドメーヌ・ル・ヴァン...

    by 竹之内 一行 on 2018年5月24日
    先日のワイン試飲会でとんでもないシャブリを発見! 見たこともないラベルのワインを何気なく口にしたら衝撃の旨さ!輸入元の方に聞いてみると2014年が初ヴィンテージの新しい生産者とのこと。 早速買える
  • なぜお米屋さんは廃業していくのか?

    by 金井 一浩 on 2018年5月15日
    パン屋さんがオープンした。美容室に変わった。吉祥寺では当たり前の光景ですがお米屋さんがオープンした!という話は聞いた事がありません。これは吉祥寺に限った話ではなく日本全国どこでも同じ現象だと思いま
  • 個人情報は破かずに字を消すスタンプ式

    by 中村 滋 on 2018年5月 7日
    毎日、不明な封筒やハガキが郵便受けに入っています。中には届く可能性のあるものもありますが、ほぼ頼んでいない会社のものです。シニアの場合は保険、不動産、墓苑など。個人情報がどこかから漏れてるわけですが
  • The Dead Bird

    by 冨樫 チト on 2018年4月24日
    あれは小学生の頃だ 友だち数人と家に帰っている途中いつものように寄り道をした公園建物の裏の日陰の草むらで鴨を見つけた 鴨は静かに横たわっていた虫の死骸や枯れた花などは目にしていたがもしかしたら生き物
  • コシヒカリの憂鬱

    by 石黒 健治 on 2018年4月16日
     平成29年産米の食味ランキングで、28年間〈特A〉にランクされていた新潟・魚沼産コシヒカリが〈A〉に降格したニュースは、各マスコミでも話題となった。(一財)日本穀物検定協会が、訓練した専門の
  • 自然派ワインの造り手ノエラ・モランタン

    by 竹之内 一行 on 2018年3月26日
    トゥールの東、ロワール川の支流にあたるシェール川を左岸に沿って60kmほど進むと、陶器で有名な町サンタニアンが見えてくる。そのサンタニアンのちょうど手前の小さな村マレイユから隣村プイエにかけて、ト
  • 花粉症は治る!

    by 金井 一浩 on 2018年3月15日
    花粉症はつらいですよね、この時期大変な思いをしている方多いと思います。 私は花粉症ではないのでその辛さを実感していませんが、体に花粉が蓄積され嵩がいついっぱいになるのか気が気ではありません。 確か
  • ガラス瓶の中の自然、苔テラリウム

    by 中村 滋 on 2018年3月 5日
    苔が流行っているようで、苔盆栽、苔玉とか各種苔図鑑とか、カプセルトイにもあります。さらに最近はガラス瓶や水槽で鑑賞する苔テラリウムというのが登場して、その講習会に行ってきました。蘚苔類(せんたい)類
  • あしたもよかった

    by 冨樫 チト on 2018年2月27日
    何かをぼーっと眺める時間少なくなってきたなと思う例えば電車の移動中車窓を流れる景色を見たり中吊り広告をぽけっと眺めたり斜め前に座る人の寝顔をこっそり観察したり目は開いているのだけれど気づいたら何も
  • ジョージア料理を食べに行く

    by 石黒 健治 on 2018年2月15日
     新年早々、日本の伝統・大相撲の灰黒色のもやもやを、えいやと投げ飛ばしたのは、栃ノ心関だった。本名、レヴァニ・ゴルガゼ。ジョージア出身の31歳。イケメンで角界のニコラス・ケイジと言われる。  
  • 自然派ワインの造り手「ローラン・サイヤ...

    by 竹之内 一行 on 2018年1月23日
    パリから南西にTGVで約1時間程のところにトゥールという街がある。ロワール渓谷地域の城を訪れる観光客に拠点としても多く人達が訪れる。大学も多くあり大学街としても有名。そのトゥールの街の東からロワー
  • つながっている森と田んぼ

    by 金井 一浩 on 2018年1月15日
    今年、お米の消費量と生産量を調整していた「減反政策」が廃止されます。それによってお米を作る量は生産者にゆだねられることになりました。 だからと言ってやみくもに作ると供給過剰になり米価は下落し
  • あらゆるものが超軽量化するウルトラライト...

    by 中村 滋 on 2018年1月10日
    ミュージシャンが、ギターのほかにケースを引っ張って歩いている姿を街でよく見かけます。あれはギター用のエフェクターなるものが数個入っていて、演奏中に切り替えて音色を様々に変化させるのですが、重いので
  • こいぬのうんち

    by 冨樫 チト on 2017年12月25日
    泣ける絵本というものが世の中にはある僕の父親は寝る前の絵本に「チロヌップのきつね」を読むたび目を真っ赤にして子ども部屋から出ていっていた2人目を生んだ親御さんから絶大な人気を誇るのは瀧村有子さんの
  • 自然派スパークリングワイン!?

    by 竹之内 一行 on 2017年12月21日
    自然派ワインの生産者の中にも発泡性のワインを造っている生産者も多く楽しみが広がる!「メトード・アンセストラル」(アンセストラル方式)と呼ばれる方式で造られることが圧倒的に多い。別名「古代方式」や
  • お米は生きている

    by 金井 一浩 on 2017年12月15日
    お米○○といった肩書のある人よりお米のことが詳しくなれる本の紹介です。 漢字にフリガナが符ってあるので小学生以上であればだれでも手軽に読むことができます。 この本のタイトル「お米は生きている」とは
  • 南へ!

    by 石黒 健治 on 2017年12月12日
     毎年、新年の挨拶にかえて、沖縄の話を披露してきたのですが、今回は1ヶ月を待ちきれずに、最近刊行の3冊の本を紹介したいのです。沖縄本島と八重山諸島と南北大東島、いずれも時間をかけて取材した写真
  • 競馬で牝馬をひんばと読みますが牡馬は?

    by 中村 滋 on 2017年12月 5日
    来年、広辞苑が10年ぶりの改訂とかで、「スマホ」とか「萌え」とかが載るということですが、これをニュースにするというのは、なんか時代とズレてませんか。辞典編集部の担当役員をした経験から言うと、辞典編
  • ぴちぴちカイサとクリスマスのひみつ

    by 冨樫 チト on 2017年11月30日
    さあ今年もホリデーシーズンがやってきたぼんやりと外の雨を眺める日々も終わり年に一度の絵本屋の張り切り時一年間ためた200冊あまりのクリスマスの絵本を一度に放流する今年はなかなか楽しい絵本を捕獲し
1

Homeに戻る