ベジフード

  • はちみつジンジャーレモン

    by Megumi Nachev on 2014年2月22日
    喉がいがいがしたり、疲れたなあと感じた時など、はちみつの出番。 わたしは、最近お気に入りのはちみつに出会いました。アルゼンチン産、クローバーはちみつ。生のまま、非加熱で瓶詰めしてくれています。
  • インドのサブジバザール

    by Megumi Nachev on 2014年2月12日
    野菜の市場という意味になります。12月のクリスマス前に訪れた、インドはジャイプール。ですが、野菜の種類がとっても豊富。つい、あれもこれも選んで買ってしまいます。そんなにお料理しても食べきれないのに!
  • 心臓の形をしたフェンネル

    by Megumi Nachev on 2013年11月22日
    野菜の形がそのまま、わたしたちの健康にとって良いことを表しているって感じます。フェンネル。和名、ういきょう。動脈、静脈の流れをコントロールする心臓みたい。 気がついたら、キッチンで、北海道とれ
  • オリーブ、レモン、タイムの香りでさわやか...

    by Megumi Nachev on 2013年9月 9日
    北アフリカでは、オリーブ、レモン、タイムの香りでさわやかなクスクスのサラダをよく食べます。暑い日にピッタリ、採れたてキュウリとトマトでつくりましょう!ヒヨコ豆は一晩浸水させておいて、たっぷりの水
  • フィッシュ・ベジタリアン

    by Megumi Nachev on 2013年9月 4日
    原材料は大豆のたんぱく質と、湯葉、海苔がメイン、麹入り調味料で味付けして作られています。仏教徒で菜食主義の人たちが多い台湾の大豆製品は豊富。中でも"海鮮"ものが得意のようです。こちらのお魚、鯖のよ
  • Aardappel(アールダッペル)って...

    by Megumi Nachev on 2013年7月30日
    「アールダッペルという種類のじゃがいもだよ」と、私のお店でお世話になっている農家さんに頂いた、赤い皮が鮫肌みたいな火通りがよくクリーミーだけれど形崩れしない種類のジャガイモ。 まさにオランダのジ
  • ヒヨコ豆で今日も元気!

    by Megumi Nachev on 2013年6月26日
    ここ10年くらいのうちに、一般のスーパーでも乾燥のひよこ豆が手軽に買えるようになりました。缶詰ではなく、一晩4倍のお水につけ、コトコトと茹でて節約しましょう!45〜60分で柔らかく炊けます。塩を多
  • 万能の主食「オートミール"燕麦"」

    by Megumi Nachev on 2013年5月29日
    万能な主食として、常備され、道産子のわたしは幼いときから朝ごはんに食べていました。今でもオートミールのミルクポリッジ(甘味には蜂蜜をかけて)は大好物です。 さて、日本語では"燕麦"といわれますが、鉄
  • ほうれん草とジャガイモのサブジ

    by Megumi Nachev on 2013年4月24日
    Sabji(サブジ)って汁気があってスパイスがしみてほっくりしているのが美味しいおかず。 サブジとは、インドに昔から伝わる料理法で、日本で言う"炒め煮"です。 最初にスパイスを油で香り立たせてから野
  • Thermomixでライスミルクをつくる

    by Megumi Nachev on 2013年3月20日
    今日は、わたしのキッチンの優秀なアシスタント、ドイツ製のThermomixをご紹介しながら、健康によい自家製ライスミルクを作りますね。 浸水しておいたライスとお水の半量をレベル5で2秒、レベル1
  • ドイツのベジ紀行〜2ドイツでのコッホショ...

    by Megumi Nachev on 2013年3月 8日
    Kochshowというのは、お料理ショーのこと。 先日はじめてドイツ、フランクフルト近郊のWiesbadenを訪れ、Veggie World 2013という祭典に参加しました。日本から来たベジー料
  • ドイツのベジ紀行〜1

    by Megumi Nachev on 2013年2月20日
    よりグリーンな、地球にやさしい、できたら普遍的な価値観に基づくハッピーや美味しいを万国共通でシェアしたい。ドイツにはグリーンを学ぶ所が多いと、ずっと19歳でボランティア滞在したときから信奉してきた。
  • ハニーマスタードソースで食べるフロフキ大...

    by Megumi Nachev on 2013年1月10日
    冬のお野菜といえば! ヨーロッパのお料理ではあまり登場しない日本の大黒柱的な大根、わたくしはお鍋の蓋をあけるとぷ〜んとお部屋中に充満するにおいが苦手で、ロマンティックさに欠けるため、ついお料理しない
1