新米の価格が高騰

2017年9月15日
新米の価格が高騰

いま29年産米の収穫期を迎えております。そして今年の米価は作柄に関係なく産地品種によっては2年前に比べ2割以上も高騰しています。もともとお米の価格は味に比例せず、新潟県魚沼産のように有名産地や有名ブランド、銘柄で価格が決まります。需給バランスの影響は若干ありますが、そもそもお米は年々消費量が落ち込み、市場に溢れている状態なので不作にならない限り供給過剰になります。

先日、新潟県小国町のJA柏崎へ今年の作柄確認と商談に行ってきました。8月の長雨と低温が続いたため生育が未熟です。平年以下の収量になると予想されます。茨城県や千葉県などの一部は8月中旬から9月上旬にやっと稲刈りが始まり市場へ新米が出荷されます。新潟県小国町のコシヒカリも10月上旬頃にずれこみます。今年は全国的に天候不順による刈り遅れが目立っています。

稲刈りが終わると、籾を一定の水分まで乾燥させます。結果、1年間安定した食味が確保されます。しっかり乾燥されていないお米は翌年頃から劣化が進みカビの原因になります。最近の新米は瑞々しさが少ないと思われたら保存技術が進歩したと思って下さい。乾燥が終わると籾摺り(脱穀)し玄米を袋詰めします。そして出荷前に品質検査を受けます。検査内容は味ではなく見た目と水分値です。粒ぞろいと一定の水分値に達していると良品質順に1等、2等、3等となります。よほどの天候不順で生育がままならない年でないと3等はめったに出ません。1等と2等では価格の差がありますから。生産者の収入に直接影響してくる要因となります。

ではどうやって価格を決めているのか、一般的な商品は需要と供給のバランスで市場価格が決まるのですが、お米の場合大方の価格を決定する指標が全国にある農協の概算金(仮渡価格)。収穫されたお米を生産者が農協に持ち込み、検査を受けて仮価格を決定。その代金が生産者へ一括で支払われるというシステムです。年が明けて、お米が売れなくて価格が下がったり、何かの要因で取引価格が上がったりした時に買い取り価格を見直し相殺します。
しかしこの概算金があまりにも安いと少しでも高く売りたい農家さんは違うルートで販売し始めます。集荷率が下がった農協は一定量を確保するため高めの価格提示をしたのが今年の29年産米。それに加えて飼料用米への転用が補助金対象となり、一般に販売するより利益が出るため飯米価格上昇のきっかけにもなっています。

生産者が持続可能な農業経営するには生産費を割らない価格での取引が必要です。よって販売価格の上昇はやむを得ないのですが、スーパーやディスカウント、公的機関(学校や病院)や飲食店に納品されるお米の価格が生産費より安い価格で販売、納品されているのが現状です。

理想ですが、生産者はこだわり米だけではなく、収穫量が多く経費の掛からない低価格米も生産や販売先の厳選、小売は生産現場をないがしろにしない価格帯で販売し、消費者は一時の利益ではなく日本の国土保全に貢献しているという意識を持てば、瑞穂の国という日本文化を絶やすことなく子々孫々へつなげていけるのではないでしょうか。ただ現在の流通小売システムを再構築するのは難しいと感じています。

Profile

金井一浩(かない かずひろ)

金井一浩(かないかずひろ)

吉祥寺生まれ吉祥寺育ち。
高校卒業後、大学に進学せず1990年証券会社へ入社しバブル崩壊を肌で経験。阪神淡路大震災の時に感じた利益優先のマーケットに疑問を感じこの年に退社。フリーター業で生計を立てるも、規制緩和の時代変化に対応できていない実家の米屋に危機感を覚え家業を継ぐことに。その後、お客さんに目が向いていないお米業界の古い体質や流通から脱するために1年半の通信教育を経て業界で一番難しいといされる「お米アドバイザー」を取得、後に第1回環境社会検定試験に合格し、フード&ヘルス研究所主催の小児食生活アドバイザーに認定される。単に美味しさだけではなく環境や健康も考えた生活の中のお米選びをお客様に提案し提供している。現在では本業の他に業界の若い世代が集まる「和日米会」の会長を務め、「フリースクール上田学園」にて日本食文化の講師を担当する。

  • たいまつを放さない人の手をたいまつが焼く

    by 石黒 健治 on 2017年9月19日
     9月最初の月曜日、フォトコンテストの審査会に出席しました。仏教伝道協会の「2019年一日一訓カレンダー」を飾る写真の審査です。1740枚の応募の中から第1次審査を通過した385枚の写真が、大
  • 新米の価格が高騰

    by 金井 一浩 on 2017年9月15日
    いま29年産米の収穫期を迎えております。そして今年の米価は作柄に関係なく産地品種によっては2年前に比べ2割以上も高騰しています。もともとお米の価格は味に比例せず、新潟県魚沼産のように有名産地や有
  • ソフトドリンクも自分好みの濃さにできます

    by 中村 滋 on 2017年9月 6日
    ウイスキーや焼酎は、水割りにしろ炭酸割りにしろ自分好みの濃さにできます。ソフトドリンクも同じようにしたいと思いますが、カルピス以外あまりみたことがありません。出来合いのペットボトル炭酸飲料は甘す
  • ぼくからみると

    by 冨樫 チト on 2017年8月30日
    お店の端っこのほうに常にあるけれどとくに光が当たることもなく手に取られ旅立っていくこともほぼない本たちのコーナーがある田島征三さんの「猫は生きている」や米倉斉加年さんの「おとなになれなかった弟たち
  • 自然派ワインの造り手「ガングランジェ」

    by 竹之内 一行 on 2017年8月24日
    フランス・パリから約500km、ドイツとの国境付近に位置するアルザス地方。この地は17世紀から19世紀にかけてフランスとドイツが領有権争いを続けていたため、フランスに属したりドイツに属したりを繰り
  • ヨコハマ トリエンナーレ2017とヴェネ...

    by 石黒 健治 on 2017年8月17日
     3年に1度、世界各国からアーチストを招待して開かれる現代アートの国際展「ヨコハマ トリエンナーレ2017」が開幕した。タイトルは『島と星座とガラパゴス』―《「接続」と「孤立」をテーマに、世
  • 農業は儲かる!

    by 金井 一浩 on 2017年8月15日
    先日、和日米会(わかこめかい)というお米に携わる人で構成されている会の定例会に参加してきました。簡単にこの会を紹介しますと、「和」は日本の心、「日」は日常、「米」は日本食文の礎という理念の下、各々
  • 夜、これがバッグの中にあると助かります

    by 中村 滋 on 2017年8月 2日
    大きめのショルダーやトートバッグに手回り品を投げ込んで歩く人が多いと思いますが、夜、タクシーやバスの中でスマホ、キー、財布をバッグに手を突っ込んで探す時、これ、便利です。ほんの少し触れるだけでポッ
  • 自然派ワインの造り手「アレクサンドル・バ...

    by 竹之内 一行 on 2017年7月28日
    辛口・白ワインといえばシャブリ!というワインファンは多いと思うが同等に有名なのがプイィ・フュメというワイン。一般的にはレモンや柑橘類の爽やかな香りが感じられ果実味豊かで親しみやすいワインとされ、
  • くまくんのじてんしゃ

    by 冨樫 チト on 2017年7月24日
    「くまくんのじてんしゃ」エミリー・ウォレン・マクラウド 文デイビッド・マクフェイル 絵アリス館読書感想文の季節ですね苦手だった方たくさんいるでしょう何せまず感動しなきゃなりませんからそして僕も私も
  • 風評被害を考える

    by 金井 一浩 on 2017年7月15日
    昨年の東京都知事選挙。新しく就任した小池都知事が議会の承認を得ないまま独断で豊洲移転延期を決断してしまいました。築地市場の豊洲移転が「風評被害」というマッチポンプ商法でメディアに煽ら、安全なのに
  • アルチンボルドの楽しみ方

    by 石黒 健治 on 2017年7月11日
     アルチンボルドって、聞き慣れない変な名前ですが、意外に日本人に身近に親しまれている画家なんです。気がつけば、筆者がいま使っているノートの表紙が彼の代表作[夏」、裏表紙が[冬]でした! 何しろ
  • 「本を読む為のマグカップ」とは

    by 中村 滋 on 2017年7月 3日
    世界の有名ブランドが集まる最大店舗という銀座シックスに行ってきました。といってもファッションブランドに興味があるわけではなく、雑貨・バラエティーフロアを見たあと銀座・蔦屋書店へ。 ここはTSUTA
  • 自然派ワインの造り手「レ・カプリアード」

    by 竹之内 一行 on 2017年6月29日
    真面目な性格なパスカル・ポテールと陽気なモーズ・ガドゥッシュがタッグを組んで造るこだわりの発泡性ワイン! 地理 ロワールの古城で有名なシュノンソー城に程近いモントリシャーという町付近にパスカル
  • せかいのひとびと

    by 冨樫 チト on 2017年6月22日
    本屋をやっているとたまにこんなことを言われる「絵本ってなぜこんなにサイズがバラバラなんですか?」明確な答えが見つからないまま2年が過ぎたある日ふと思ったこじつけかも知れないが少しお時間を頂きたい
  • スマホ vs デジタルカメラ

    by 石黒 健治 on 2017年6月19日
     人はなぜ写真を撮るのか。フランスの精神科医で映像評論家のG・ティスロンは、「思い出を、とりあえずカメラという箱の中へ投げ込んでおく。あとで取り出して見るための行為」だといいます。しかし、いまや
  • 自然の物を独占していいのだろうか? 種子...

    by 金井 一浩 on 2017年6月15日
    種子の権利が民間へ開放されます。これによりこれから始まるであろう主要穀物種の利権争いに経済的にも健康的にも一番の被害を受けるのは消費者です。ワイドショーと化している国会質疑の影でしれっと通過して
  • スポーツブランドの機能性アロハシャツ

    by 中村 滋 on 2017年6月 5日
    もうすぐアロハシャツの季節がやってきます。アロハシャツはもともと日本の着物を利用したものなので、シルクかその代用品のレーヨンが多く、有名ブランドはそのどちらかです。ハワイのような乾燥している風土で
  • 花を棲みかに

    by 冨樫 チト on 2017年5月30日
    個人的な意見だが僕がしあわせだったなと思うのは何か読みたい本ある?と親に言われなかったことかなとふと思った本屋に行って読みたい本を選びましょうと言われた記憶はないし選んだ本をそれはあなたにはまだ早
  • 自然派ワインの造り手「パスカル&ジャッ...

    by 竹之内 一行 on 2017年5月22日
    お茶目で陽気なジャッキーおじさん! ここのワインは安い!旨い!!自然!!!の3拍子揃ったワインだ! この三つが揃ったワインは世界でもなかなか見つからない! 歴史 1966年よりワイン造りを
1

Homeに戻る