目利きの逸品

  • 文具メーカーのよくできたキッチンバサミ

    by 中村 滋 on 2015年1月 6日
    西洋人の料理をみていると、野菜をハサミで切っていて「包丁使わんのかい!」と突っ込みたくなりますが、最近は日本人もハサミを多用するようです。キッチンナイフといえばゾーリンゲンのヘンケルが定番で、錆びず
  • 都内最大の銀杏と東京近郊一番の紅葉

    by 中村 滋 on 2014年12月 5日
    皇居を始め東京の紅葉は終盤です。銀杏といえば外苑の並木が有名ですが、都内最大の銀杏が麻布十番にあります。幹まわり10.4m、樹高20m、樹齢750年の国指定天然記念物。昭和20年の東京大空襲で善福寺
  • 進化したノンアルコール・ビールの飲み比べ

    by 中村 滋 on 2014年12月 1日
    ノンアルコール・ビールもここへ来て成熟し、多様化細分化が始まっています。本来、アルコールを摂れないときのビール(だから買うとき年齢チェックがあって面倒。「当商品は20歳以上の方の飲用を想定して開発し
  • 秋の楽しみ、天然キノコの買い出し

    by 中村 滋 on 2014年11月15日
    毎年、秋になると雑キノコを買いに八ヶ岳や富士山周辺のキノコ販売店に出かけます。山菜と違ってキノコは個体差が大きく自分で雑キノコを採取するのは危険です。 » 記事の続きはクー
  • 中高年向き、秋のジーンズ&コットンパンツ

    by 中村 滋 on 2014年9月24日
    リーバイスに「コミューター」という2年前にラインナップされた、自転車乗りのためのパンツがあります。 このシリーズは前屈する自転車姿勢を考えて、股上が深くなっています(特に後ろが長く、写真でもよくわ
  • ミニマリストの「グラスはこれ一個」

    by 中村 滋 on 2014年8月15日
    ミニマリストという言葉があります。 必要最小限の道具で暮らすライフスタイルですが、アウトドアライフでも最近では、最小限最軽量の山歩き(ウルトラライト・バックパッキング)がトレンドになっています。
  • セルロイドの魅力が見直されています

    by 中村 滋 on 2014年7月 2日
    昔懐かしいセルロイドの人形が復刻されて、中高年女性に人気だそうです。 セルロイドというのはニトロセルロースと樟脳で作られた、世界初のプラスティックといわれ(当初は象牙の代用品)、人形、鉛筆や石鹸
  • 一冊だけの本作り、訂正、増ページ可

    by 中村 滋 on 2014年5月27日
    IT技術の進歩で、たまった写真や気に入りの楽譜を集めて少部数の本を作ることができます。オンデマンド本です。ただし、間違いを見つけた場合、そこだけ訂正することはできません、もう一度作り直しです。
  • カラスノエンドウのバター炒めを食べてみま...

    by 中村 滋 on 2014年4月25日
    山菜の季節です。コゴミ、タラノメに始まり、モミジガサ、ヤマウドから初夏のワラビまで続きます。身近なところでも野生のセリ(タゼリ)、ヨモギ、アケビ(つるの芽)、ノビルなどがあります。 近所にカラ
  • 日本が元気になるのは里山と下町から

    by 中村 滋 on 2014年3月26日
    「里山資本主義」という新書が売れているようです。日本総合研究所の藻谷浩介氏とNHK広島取材班の共著(角川書店刊)で、2014新書大賞だそうです。 » 記事の続きはクールシニ
  • スマホのマイクを高性能版に替える

    by 中村 滋 on 2014年2月27日
    予想通りスマートフォンにあらゆる電子機器が呑み込まれています。コンパクトデジカメもカーナビも音楽プレーヤーも。アップルはiPodの終了を匂わせていますし。 » 記事の続きは
  • 部屋に飾るにちょうどいい仏像

    by 中村 滋 on 2014年1月15日
    2009年に興福寺の「国宝阿修羅展」が上野の東京国立博物館で開催されて見に行ったのですが、この時は阿修羅像が360度、裏からも見ることができ、その美しさと作りの精緻さに驚きました。 »
  • モーターショーで見たかったのはこれ

    by 中村 滋 on 2013年12月27日
    2年に一度の開催ですが、わざわざモーターショーに出かけたのはフォルクスワーゲンのXL1が今回展示されていたからです。市販が近づいたこの車、今一番興味があります。 » 記事の
  • 道具には丁度いい大きさがあります

    by 中村 滋 on 2013年11月25日
    人間の体、手や足に合わせると道具の大きさは決まってきます。今のフルサイズデジタル一眼は、明らかに大きすぎて、それこそ手に余ります。 » 記事の続きはクールシニアのウェブマ
  • ポラロイド・アートのためのフィルムと道具

    by 中村 滋 on 2013年10月18日
    一時代を作ったポラロイドですが、カメラやフィルムがなくなって随分経つのに、未だにファンがいます。デジタルでは表現できない独特の色合いや柔らかいソフトな仕上がりはそれ自体アートです。 »
  • 一つあると便利なペンタイプの油差し

    by 中村 滋 on 2013年9月21日
    その昔、工具箱には油差しなるものがありました。ミシンの回転部や作動部に時折ペコペコと油を差したものです。そのせいで潤滑油をミシン油といってました。最近はほとんど使われなくなりましたが、CRC556
  • ジャケットやブルゾンの下に着る上質のTシ...

    by 中村 滋 on 2013年9月 2日
    もうすぐ朝夕が涼しくなる季節が来ます。Tシャツの上にジャケットやブルゾンをはおるぐらいがちょうどいいのですが、このシャツは下着ではなくアウターとして使うので上質なものが欲しいのですが、なかなかいいも
  • 忘れ物防止、アナログかデジタルか

    by 中村 滋 on 2013年7月29日
    毎日持ち歩いて、なくしたら絶対困るものが増えました。スマートフォン(あるいは携帯電話)とウォレット(現金、各種カード、免許証)です。ポケットやカバンに入れて、必要な時に取り出すのですが、他のことをす
  • ペット好きのための天然蚊取り線香

    by 中村 滋 on 2013年7月 9日
    「蚊取り線香は除虫菊で作られていた」というのは誰もが知っていることですが、本物の除虫菊製蚊取り線香の香りはほとんど記憶にありません。相当の高齢者でないと体験していないと思います。戦後早々に化学薬品に
  • 江戸東京たてもの園の新顔、デ・ラランデ邸...

    by 中村 滋 on 2013年6月26日
    この4月にデ・ラランデ邸という明治の洋館が復元され、公開されました。江戸東京たてもの園です。ゲオルグ・デ・ラランデというのはドイツの建築家で、神戸市のトーマス邸(風見鶏の家)を設計しています。木造3