いえのなかを外へつれだしたおじいさん

2020年2月26日
「いえのなかを外へつれだしたおじいさん」

アーノルド・ローベル 作
奥田継夫 訳
アリス館

ご存知の通り
絵本の古本屋MAIN TENTはごちゃごちゃしている
お店には4000を超える絵本が所狭しとひしめきあい
床には太鼓が1.2.3.4...5個!
ライオンが寝そべり、亀が這う
ちょいと目を上げればロウソクを持った猿が3匹
鳥は1.2.3.4...数えきれないや
大きなラッパの間を機関車だって走っている
壁から首だけ覗いた熊までいる
ごちゃごちゃのめちゃくちゃだ

「いえのなかを外へつれだしたおじいさん」

もちろん最初からこうだったわけではない
ほら
ご覧のとおり

「いえのなかを外へつれだしたおじいさん」

ただの空っぽの空間
MAIN TENTなんてカッコつけた名前もついていない
ただの「フェリオ吉祥寺の102号室」だった

ここがまた空っぽになっちまったらどうしよう
想像するだけで怖くて
ベッドで毛布をかぶって震えたくなる
ところが
ベルウッドじいさんの家の中は
ある日本当にみんな出て行ってしまった
家出しちまったんだ
なんでそうなったかって?
それはある日の朝

いつものようにじいさんは家の中を隅々まで掃除する
ピアノやら額縁やら
みんなを心から愛していたので
丁寧に丁寧に拭く
絵をよく見ると、時計は7時
で、庭に出て朝の光をゆっくりと楽しむ
でも、その日じいさんは考えちゃったんだ
大好きな家の中たちも、外に出て楽しみたいんじゃないかと
絵をよく見ると時間は11時
最初は順調さ
「森をぬけ、野原をよこぎり」町を通り過ぎ
じいさんと家の中たちは愉快に散歩を楽しんだんだ
絵をよく見ると時間は16時
ところが夕方になると
家の中たちは自由の味を覚えてしまった
あんな狭い家の中にまた戻るかって
そんなのごめんと、じいさんを振り切って
勝手に走り去ってしまった
ついた先は浜辺
家の中たちはそれぞれ思い思いに
月の光が降り注ぐ夜の海を楽しむ
大量のお皿が波で泳ぐ姿
それを並んで眺めるカトラリーたち
こんな光景はマザーグースのあの詩でもおよびっこない
岩陰でかくれんぼしている柱時計をよく見ると
時間はもう夜の23時
さて、一方のおじいさん
空っぽの部屋でくる日もくる日も家の中の帰りを待ちます
一年たった冬のある日
遠くから音楽が...

ここから先は読んでのお楽しみ
つまりこの作者の言いたいことは
自由とは...
物を大切にして...
愛とは...
なーんてこと1ミリも気にしなくてよいのが
絵本
あー面白かった
とか
あんまり好きじゃないな
とか
この絵のブルーベリー美味しそうだな
とか
おじいさんのひげはキスしたらいたいだろうな
とか
自由気ままに楽しんで下さい
『がまくんとかえるくん』の
あの温度が好きな方は
きっと気に入りますよ
個人的には、ラストシーンのおじいさんのうやうやしいお辞儀に
ぐっと来ます
静かで
賑やかな絵本
『いえのなかを外へつれだしたおじいさん』
フランソワ・バチスト氏がご紹介致しました。

Profile

冨樫 チト(とがし ちと)

冨樫 チト (とがし ちと)

本名である。フランス童話「みどりのゆび」のチト少年にちなんで両親から命名される。富士の裾野の大自然の中、植物画と読書と空想の幼少期を過ごす。
早稲田大学在学時よりプロダンサーとしての活動を開始。
舞台演出、振付け、インストラクター、バックダンサーなど、踊りに関わる全てに携わる傍ら、持ち前の遊び心で、空間演出、デザイナー、リゾートホテルのライブラリーの選書、壁画の製作、ライブペイントによる3Dトリックアートの製作など、無数のわらじを履く。
2015年2月、フランソワ・バチスト氏として、住まいのある吉祥寺に絵本児童書専門古書店、「MAIN TENT」をオープン。
氏の部屋をそのまま移動させた小さな絵本屋から、エンターテインメントを発信している。

  • 小さくとも進化し続ける文房具その1

    by 中村 滋 on 2020年3月 9日
    プリントした資料や楽譜は2穴ファイルでまとめています。順番が狂いませんし、文字を書き込めるからです。ただし、穴あけが必要で順番変更も面倒。クリアファイルは汚れずいいのですが、反射して見にくく、これも
  • いえのなかを外へつれだしたおじいさん

    by 冨樫 チト on 2020年2月26日
    アーノルド・ローベル 作奥田継夫 訳アリス館 ご存知の通り絵本の古本屋MAIN TENTはごちゃごちゃしているお店には4000を超える絵本が所狭しとひしめきあい床には太鼓が1.2.3.4...5個
  • 自然派ワイン(ナチュラルワイン)が楽し...

    by 竹之内 一行 on 2020年1月28日
    イタリア料理 樋渡 (芝公園) 芝公園の程近くの小さな路地裏にひっそりとたたずむ「イタリア料理 樋渡」。 表札といった方がいいような小さな木に店名「樋渡」と控えめに記されたちいさな看板。 素朴な
  • 2020年、消費増税ともう一つの問題

    by 金井 一浩 on 2020年1月15日
    あけましておめでとうございます。本年も「お米と暮らし」ヘッセ武蔵野Webマガジンよろしくお願いいたします。さて昨年10月、消費税が8%から10%に引き上げられました。ただ今までと違うのは軽減税率の
  • 代替品を選択するという意思表示

    by 中村 滋 on 2020年1月 7日
    トップの呆れる行為、不祥事に対してのペナルティーは、政治家なら選挙があり、役人は出世に影響します。厄介なのは法曹関係者、中でも裁判官です。社会の良識とかけ離れた、いわゆる世間知らずの判決を見ると、判
  • ゆきになったくまさん

    by 冨樫 チト on 2019年12月26日
    まだ僕がちいさいころ僕の掛け布団のカバーにはキキララのような男の子と女の子のイラストが描かれていたキキララと違うのはキキララがお互い正面を向いているのに対しその二人はお互いが向き合って寄り添い
  • 自然派ワイン(ナチュラルワイン)が楽し...

    by 竹之内 一行 on 2019年11月28日
    リベルタン(渋谷) 渋谷駅から明治通りを宮下公園(現在工事中)沿いに原宿の方へ進むみキャットストリートを入ってすぐのピンクドラゴンを右に入った小さな路地裏にあるビストロ。 シェフの紫藤さんは24歳
  • 間接的な復興支援は誰でも簡単にできる

    by 金井 一浩 on 2019年11月15日
    復興支援と治水効果促進 今年は大型化した台風や大雨による災害が多くありました。千葉県に甚大な被害をもたらした台風15号、関東から東北地方の広範囲に大雨を降らせ各地で堤防を決壊させた台風19号。その
  • 作業着から機能性街着へのアプローチ

    by 中村 滋 on 2019年11月 1日
    秋は雨の季節です。で、いつも思うのですが、撥水か防水の靴、ジャケットを着て傘をさすのが街歩きのスタイルですが、膝下が濡れます。少しでも雨が強いと、長いレインコートでもスラックスがビショビショになりま
  • たぷの里

    by 冨樫 チト on 2019年10月25日
    よい絵本とは何か感覚ではわかるものの言葉にするのはなかなか難しい絵本は誰のものかこれは簡単絵本は子どものものだそう絵本は子どものものだわれわれがだれを相手にしているかたまにきちんと思い出すことはと
  • 自然派ワイン(ナチュラルワイン)が楽しめ...

    by 竹之内 一行 on 2019年9月26日
    ワインスタンド ブテイユ (渋谷) 渋谷のスクランブル交差点から徒歩1分。山手線のガードをくぐった左手に「渋谷のんべえ横丁」という間口1間ほどの小さな居酒屋、スナック、バーなどが軒を連ねる昭和感満
  • 「こうきょう」と「みんかん」を考えてみた...

    by 金井 一浩 on 2019年9月15日
    最近なにかと話題のN国党。発信媒体が多様化している昨今、高額受信料を強制徴収するテレビ局に公共放送とは言え国民の大半は不服に思っているはずです。徴収方法に問題がありますし、職員の高額な給料体系や天下り
  • 炭酸ソーダ水もバリエーションの時代

    by 中村 滋 on 2019年9月 4日
    コンビニ最大手のセブンイレブンが、9年数か月ぶりに前年割れだそうです。既存店の7月が3.4%減で、新規出店による売上増でのカバー(最近はこのパターンでした)ができなかったとか。長雨とセブンペイの失
  • O JABLONCE

    by 冨樫 チト on 2019年8月27日
    さて、お待たせいたしました 前回のハンガリー編に続き 今回は絵本大国チェコに仕入れの旅に出かけたお話です ハンガリー編はこちら http://hesse-web.com/musashino/book/
  • 自然派ワインの造り手レ コステ

    by 竹之内 一行 on 2019年7月24日
    ジャンマルコ アントヌーツィ、ヴァレンティーニやジュラール シュレール、愛する造り手のワインを飲むうちに、自らワインを造りの道を選んだジャンマルコ。フランスをはじめとした多くのワイナリーでの経験、
  • 「ふるさと納税」やってみた!

    by 金井 一浩 on 2019年7月15日
    「お米と暮らし」では、いままで寄稿した多くの内容がお米中心でしたので「暮らし」の観点も取り入れていきたいと思い今回は「ふるさと納税」に関して書いてみました。 私が住んでいる武蔵野市では月に1度
  • シニアには利点が多いネックアンダーウェア

    by 中村 滋 on 2019年7月 4日
    その昔、漫画家の白土三平さんに教えてもらった「ドカン」という首巻きがあります。親しい千葉の漁師がホコリよけ風よけ、昼寝の寝冷え防止とかで一年中首に巻いているのだそうです。木綿の布を筒状に縫ったもので
  • HAMUPIPOKE

    by 冨樫 チト on 2019年6月25日
    5月にチェコとハンガリーに旅に出て500冊の絵本を買って来た今月はそのお話をしようと思うきっかけ昨年だったろうか、高円寺の「えほんやるすばんばんするかいしゃ」さんにロシア絵本の展示を見に行ったロシ
  • 自然派ワインの造り手フレデリック コサー...

    by 竹之内 一行 on 2019年5月28日
    生産地 ボーヌ市から西に6 km、ポマール、オークセイ・デュレスと通り抜けさらに奥へ上ると、目の前に切り立った急崖が広がる。その崖を目指してさらに進むと標高400 mの高台にサン・ロマンの村がある
  • 中食需要は増えているけど「お米が不味い」...

    by 金井 一浩 on 2019年5月15日
    先日、帰宅時間が遅くなり夕食の準備ができないので仕方なく駅中で弁当を買って帰りました。外で弁当を買う機会があまりないので今と昔を比較できませんはが、お米が不味かった。 昨年の夏、産地視察に向かった
1

Homeに戻る