こいぬのうんち

2017年12月25日
「こいぬのうんち」

泣ける絵本というものが
世の中にはある
僕の父親は寝る前の絵本に
「チロヌップのきつね」を読むたび
目を真っ赤にして子ども部屋から出ていっていた
2人目を生んだ親御さんから絶大な人気を誇るのは瀧村有子さんの
「ちょっとだけ」
独占していた親の愛情
生まれてきた新しい赤ちゃん
じっと我慢するお姉ちゃんから出てくる
ちょっとだけ
が愛おしい名作だ
また世の中には
よし泣かせてやれ
という絵本も残念ながら存在するし
ベストセラーになっていたりもする
安易に交通事故で命を奪ったり
生んでくれてありがとうと誘導したり
生と死という最もデリケートなテーマを
感動の材料にするような絵本
日本児童文学の母
石井桃子さんはこの類の本を
「くすぐり」
と呼んでいた記憶がある
くすぐって笑わせる
つねって泣かせる
そういう手段ではない
子どもの心に丁寧に寄り添い
真に面白がらせてくれる本
つまる本を日々探す中で

一冊の本と出会った

「こいぬのうんち」
クォンジョンセン 文
チョンスンガク 絵
ピョンキジャ 訳
平凡社

先日の買取りで出会った本だ
正直タイトルと表紙の感じから
またこの感じか
うんちをテーマにすれば子どもが喜ぶと思って...
と第一印象はよくなかった
だが棚に並べる前には読まねばならない
それが僕の本屋のルールだ

表紙のこいぬ
ほかほかとここから出て来たのがそう
この物語の主人公
こいぬのうんちだ
この湯気が
周りの寒さを感じさせ
じわじわと効いてくる
この世に誕生した彼は
やって来た雀に
自分がうんちであること
そして汚い存在であることを知らされ
生まれた直後に絶望を知り
こえをはりあげて泣く
(この泣き姿が可愛いのだ。アニメ化された丸いフォルムや大きな目の可愛いさではなく、乳幼児の泣き姿のそれ。うまれたての無垢な姿が描かれていて、この時点でうんちに対する抵抗がスッと取り除かれる)
そのとなりには
つちくれが落ちている
つちくれ?
どうやら只の絵本ではなさそうな雰囲気が出てきた
つちくれは語る
自分はとんでもない過ちを犯したと
昨年の夏
自分に植わっていた唐辛子の赤ちゃんを枯らしてしまったのだと
そうか
畑の土には植わった野菜を
命を守る使命があるのか
どうやら本当にこれは
只の絵本ではない
(しかし絵が素晴らしい
美しさではないのだが何というか
景色の描写の中にその周りの空気
感情をも包んで描いている気がする)
やがてつちくれは
この色や手触りは間違いなくうちの畑のつちくれだと
無事農夫に拾われていなくなり
(オンリーワンのつちくれ、そうか農業というものはそういうものかと思う。
確かに絵本でも、この角の凹みは間違いなくうちのだ。という瞬間はある)
ひとりぼっちのうんちの上には雪が降り積もる
そしてときは過ぎ
春を迎える
雨に打たれるひとりぼっちのうんち
うつぶせのカラダに雨が降る
顔も何もかもびしょ濡れだ
ただただ傘もささず
無機物のように雨に打たれる
(そりゃうんちなんだから、と思うが、この時点ではもう完全に感情移入してしまっているのでもう、トレンディ俳優が雨の中で佇んでいるのとなんら変わりはないのだ)
視点が変わって遠くから見ると更にひとりぼっち
日暮れの道
そびえる石垣
雨に打たれるうんち
どん底だ

だがそこで
うんちはある存在と出会う
目の前に
冬の間に生えてきたたんぽぽ
やがて星のように綺麗な花を咲かせる美しいたんぽぽ
そこからがクライマックス
気づいたら
カラダの中の小さな無数の僕たちが
総立ちで拍手をしている
泣いているのもいる
満足気に頷いているのもいる
結末は是非皆さまに直に見て頂きたい
(満足頂けなければうちで買取ります!)

絵本はやはり面白い
これは韓国の絵本で
風景や途中に出てくる農夫のいでたちなどから
違う国の文化を感じられる
だが何より
ニュースや週刊誌の見出しで見る韓国という文字と違う
韓国のひとの物の考え方
感じ方
生きている人の心
こういう心を持った方々なのだ
ということに少し触れられる
素敵な体験だった

泣ける絵本
ベストセラーになったお涙頂戴のあんな感じではなく
からだの奥に小さな灯りがともる
2017年最後にして
最高の一冊
フランソワ・バチスト氏がご紹介いたしました

Profile

冨樫 チト(とがし ちと)

冨樫 チト (とがし ちと)

本名である。フランス童話「みどりのゆび」のチト少年にちなんで両親から命名される。富士の裾野の大自然の中、植物画と読書と空想の幼少期を過ごす。
早稲田大学在学時よりプロダンサーとしての活動を開始。
舞台演出、振付け、インストラクター、バックダンサーなど、踊りに関わる全てに携わる傍ら、持ち前の遊び心で、空間演出、デザイナー、リゾートホテルのライブラリーの選書、壁画の製作、ライブペイントによる3Dトリックアートの製作など、無数のわらじを履く。
2015年2月、フランソワ・バチスト氏として、住まいのある吉祥寺に絵本児童書専門古書店、「MAIN TENT」をオープン。
氏の部屋をそのまま移動させた小さな絵本屋から、エンターテインメントを発信している。

  • あらゆるものが超軽量化するウルトラライト...

    by 中村 滋 on 2018年1月10日
    ミュージシャンが、ギターのほかにケースを引っ張って歩いている姿を街でよく見かけます。あれはギター用のエフェクターなるものが数個入っていて、演奏中に切り替えて音色を様々に変化させるのですが、重いので
  • こいぬのうんち

    by 冨樫 チト on 2017年12月25日
    泣ける絵本というものが世の中にはある僕の父親は寝る前の絵本に「チロヌップのきつね」を読むたび目を真っ赤にして子ども部屋から出ていっていた2人目を生んだ親御さんから絶大な人気を誇るのは瀧村有子さんの
  • 自然派スパークリングワイン!?

    by 竹之内 一行 on 2017年12月21日
    自然派ワインの生産者の中にも発泡性のワインを造っている生産者も多く楽しみが広がる!「メトード・アンセストラル」(アンセストラル方式)と呼ばれる方式で造られることが圧倒的に多い。別名「古代方式」や
  • お米は生きている

    by 金井 一浩 on 2017年12月15日
    お米○○といった肩書のある人よりお米のことが詳しくなれる本の紹介です。 漢字にフリガナが符ってあるので小学生以上であればだれでも手軽に読むことができます。 この本のタイトル「お米は生きている」とは
  • 南へ!

    by 石黒 健治 on 2017年12月12日
     毎年、新年の挨拶にかえて、沖縄の話を披露してきたのですが、今回は1ヶ月を待ちきれずに、最近刊行の3冊の本を紹介したいのです。沖縄本島と八重山諸島と南北大東島、いずれも時間をかけて取材した写真
  • 競馬で牝馬をひんばと読みますが牡馬は?

    by 中村 滋 on 2017年12月 5日
    来年、広辞苑が10年ぶりの改訂とかで、「スマホ」とか「萌え」とかが載るということですが、これをニュースにするというのは、なんか時代とズレてませんか。辞典編集部の担当役員をした経験から言うと、辞典編
  • ぴちぴちカイサとクリスマスのひみつ

    by 冨樫 チト on 2017年11月30日
    さあ今年もホリデーシーズンがやってきたぼんやりと外の雨を眺める日々も終わり年に一度の絵本屋の張り切り時一年間ためた200冊あまりのクリスマスの絵本を一度に放流する今年はなかなか楽しい絵本を捕獲し
  • 「1968年」無数の問いの噴出の時代

    by 石黒 健治 on 2017年11月22日
    「1968年」無数の問いの噴出の時代」展が、国立歴史民俗博物館で開催されています。無数の問いとは何でしょうか。誰が何を、だれに問うのか、問いには答えがあったのか?第1の問いは、ベトナム戦争です。1
  • 美味しさの秘訣は計量

    by 金井 一浩 on 2017年11月15日
    「同じお米なのになぜ?毎回違う炊き上がり!」という経験ありませんか? ごくまれに、「前回のお米はベチャっと炊き上がり美味しくなかった」「今回のお米は粘りがすくなく感じた」このような問い合わせがあ
  • 2017年の自然派ボージョレ・ヌーヴォ...

    by 竹之内 一行 on 2017年11月13日
    2017年の作柄 6、7、8月の3か月は殆ど雨が降らなかった。 降ったのは雹だけ。しかも2度に渡って降った。 3か月も雨が降らなかったので、葡萄が熟す大切な8月は水不足で葡萄がシワシワになって
  • 街は騒音と雑音に満ちていると気づく道具

    by 中村 滋 on 2017年11月 6日
    夜道を歩いていて聴こえる虫の音も、気温のせいか小さくなっています。そんな虫や鳥、風の音は心地良い音色ですが、電車やトラック、バスのロードノイズ、バイクの排気音は騒音です。街はなんと雑音に満ちている
  • おおきなくまがいいました

    by 冨樫 チト on 2017年10月27日
    週に一度仕事で横浜に行く吉祥寺から新宿へ湘南新宿ラインに乗り換え横浜へ1時間ほどの電車の旅だボックス席に乗りながら本を読んだり携帯をいじったり周りもほぼ同じように自分の世界を過ごしている新聞であっ
  • 自然派ワインの造り手「オリヴィエ・クザン...

    by 竹之内 一行 on 2017年10月24日
    フランスのロワール地方の中にアンジュ・ソミュール地区とういワイン生産地がある。 ここでは赤はカベルネ・フラン、ガメイ、グロロ。白はシュナンブランを主に栽培されている。一般的には軽やかで安いワイン
  • 風景と調和すれば、存在が許される――安部...

    by 石黒 健治 on 2017年10月18日
     [美しい山。川を流れる石ころ。砂浜に打ち上がる流木。それらの形はとうてい人間には作り得ない必然性を持つ。]  安部大雅のパンフレットは、こんな詩的な文章から始まる。続けて、[我々人間がどこまで
  • 有機栽培は無農薬栽培なの!?

    by 金井 一浩 on 2017年10月15日
    最近、お米以外でも野菜や果樹、輸入品までJAS有機栽培の農産物を見かけます。ファーマーズマーケットのように生産者の直売イベントでは栽培表記が必須ですよね。 そこでJAS有機栽培、無農薬栽培、減農
  • あらゆる臭いが瞬時に消える不思議な液体

    by 中村 滋 on 2017年10月 4日
    体臭をやたら気にするのはどうかと思いますが、悪臭というのはいっぱいあります。靴箱、クローゼット、トイレ、生ゴミ、焼き魚あとの台所、エアコン、寝室、ペット、車の中などなど。 消臭といえばファブリーズが
  • 自然派ワインの造り手「ミッシェル・ガイ...

    by 竹之内 一行 on 2017年9月26日
    自然派ワインファンが大注目の産地の一つにジュラ地方がある。 フランスとスイスの国境に近い山岳地帯にありコンテやモン・ドールなど素晴らしいチーズの名産地でもある。この地は冷涼な気候とこの地独特の葡萄
  • わたしのワンピース

    by 冨樫 チト on 2017年9月21日
    噂にはきいていたがどうやら読むことと読んでもらうことは全然違うらしい自分で足をマッサージするのと誰かに足をマッサージしてもらうのが全く違うようにするとされるとでは全然違う気持ちよさがあるというこ
  • たいまつを放さない人の手をたいまつが焼く

    by 石黒 健治 on 2017年9月19日
     9月最初の月曜日、フォトコンテストの審査会に出席しました。仏教伝道協会の「2019年一日一訓カレンダー」を飾る写真の審査です。1740枚の応募の中から第1次審査を通過した385枚の写真が、大
  • 新米の価格が高騰

    by 金井 一浩 on 2017年9月15日
    いま29年産米の収穫期を迎えております。そして今年の米価は作柄に関係なく産地品種によっては2年前に比べ2割以上も高騰しています。もともとお米の価格は味に比例せず、新潟県魚沼産のように有名産地や有
1

Homeに戻る