くまくんのじてんしゃ

2017年7月24日
「くまくんのじてんしゃ」

「くまくんのじてんしゃ」
エミリー・ウォレン・マクラウド 文
デイビッド・マクフェイル 絵
アリス館

読書感想文の季節ですね
苦手だった方
たくさんいるでしょう
何せまず感動しなきゃなりませんから
そして僕も私もこの○○のように○○な生き方を...
そんなこと...考えながら...本なんて...
正直な話
僕が本を読んだ感想はあー面白かった!
それにつきます
娯楽ですから
この本もそう
あー面白い
最高に面白い
でもなんで面白かったんだろ
ちょっと考えてみます
そのためには
よく読まなくてはなりませぬ
ではスタート

まずは本のもつオーラです
手にとられなくては何も始まらない
あまたある本の中から
何故この本にしたのか
その目に見えないチカラ
まるで磁石
一見平らに見えるところに置いたボール
心がコロコロその本に向かって転がって行く
その理由は何か
背表紙「くまくんのじてんしゃ」
黒い文字
うん
よいフォントです
表紙
わぁばかでかいくま!(きたない言葉使います、あしからず)
それに比べて見て!ちいちゃな自転車
よく見たら補助輪付き!!
なのに見て!この得意げなこの表情
右手の中指のくいっと握りしめた感じ
まるで赤ちゃんみたい
足の裏はペダルにフモッと接して
よく見たらちょっと左に曲がろうとしているのかしら
毛が風に揺れています
さぞかしスピードが出ていることでしょう
絵が動いています
自転車がちゃんと前に進んでいます
例えば雨のシーンだったら
描かれた雨はちゃんと降っているか
紙の上で停止してしまっていないか
空の雲はゆっくり流れているか
そこが大切
(「優しさごっこ」の中で今江祥智さんも言っていました)
合格
これはきっと面白い本に違いありません
いざページを開いてみましょう
おや
だいぶシミがありますね
なかなか古い本のようです
古い紙の匂い
時間の匂い
中扉
家が一軒
窓からは子ども
子どもの手にはぬいぐるみのくま(実はこれがくまくん)
目線の先にはガレージが
補助輪付きの自転車が二台
ガレージにはノコギリとかトンカチ

カレンダーもあります
カレンダーの写真は...
遠くて見えません
(後のページに出てきます。水着の女性でした)
次のページ
ちょっと難しいことが書いてありますよ
どれどれ...
ほらやっぱり1976年2月28日初版
本にだって誕生日はあるのです
この本は41歳です
この香りは41年の時の香り
さあいよいよ本編へ!

ただ本を読む
ということと
感想文を書くときに本を読むこと
結構違うかもしれません
僕のもう一足の草鞋はダンサーなのですが
いわゆる普通に音楽を聴くことと
われわれダンサーが音を聴くことはかなり違います
人に説明するときによく例えるのはカレーの話
カレーをカレーとしてわしゃわしゃ食べるのか
お、茄子が入っている
お肉は豚肉だな
隠し味にナンプラーが入っているぞ
これがダンサーの音を聴く感覚
ドラムパターン、ベース、ホーン
ボーカルの質感

本を読むも同じ
このカレーを食べる感覚で本を読んでみたら
その時点でやっと我々は
字の読めない子どもが絵本を「読む」ときの眼差しに並ぶのです

よく小さい頃の絵本の記憶を紐解くと
ストーリーや結末は殆ど覚えていないものの
テーブルの上に並んでいた美味しそうな料理や
画面の端っこに飛んでいたトンボのことは鮮明に記憶にあったりします
それはよい本の1つの条件
料理から湯気が出ていた証拠
トンボが飛んでいた証拠
この本も
一枚の絵がちゃんとものがたりになっていて
細部まで丁寧に描き込まれていて
次のページをめくるワクワクもある
表紙を見てわかるとおり
毛の一本一本
口角
指の曲がり具合
いずれも隙がなく
絵だけでもどんな性格のくまだかちゃんと伝わる 素晴らしい本です

この「くまくんのじてんしゃ」
ストーリーはくまくんが男の子と一緒に自転車を漕いでいて
道を渡るときによく見ないとどうなるか
坂を下りるときいいきになるとどうなっちゃうか
(ドンガラガッシャーン)
気をつけて運転しないとこうなる
というのをことごとく体現してくれるのですが
じゃあ自転車には気をつけて乗りましょうではない
なんて愉快に転ぶんだ
なんて得意げに自転車に乗るんだ
小さなサドルになんて大きなおしりが乗っているんだ
ってところが最高に楽しくて
出来ることならくまのふかふかさ
自慢気な表情
そんなところを感想文にくまなく書いて欲しい
間違っても
僕もこれからはちゃんと右見て左見て交通ルールを守りながら自転車に乗りたいと思います。
なんて書かないで欲しい
最高に愉快で痛快で
くまのおしりが最高に可愛い
そんな一冊です
くまの絵本ばかり描いているデイビッド・マクフェイル
「くまくんのじてんしゃ」
フランソワ・バチスト氏がご紹介いたしました

Profile

冨樫 チト(とがし ちと)

冨樫 チト (とがし ちと)

本名である。フランス童話「みどりのゆび」のチト少年にちなんで両親から命名される。富士の裾野の大自然の中、植物画と読書と空想の幼少期を過ごす。
早稲田大学在学時よりプロダンサーとしての活動を開始。
舞台演出、振付け、インストラクター、バックダンサーなど、踊りに関わる全てに携わる傍ら、持ち前の遊び心で、空間演出、デザイナー、リゾートホテルのライブラリーの選書、壁画の製作、ライブペイントによる3Dトリックアートの製作など、無数のわらじを履く。
2015年2月、フランソワ・バチスト氏として、住まいのある吉祥寺に絵本児童書専門古書店、「MAIN TENT」をオープン。
氏の部屋をそのまま移動させた小さな絵本屋から、エンターテインメントを発信している。

  • 自然派ワインの造り手「アレクサンドル・バ...

    by 竹之内 一行 on 2017年7月28日
    辛口・白ワインといえばシャブリ!というワインファンは多いと思うが同等に有名なのがプイィ・フュメというワイン。一般的にはレモンや柑橘類の爽やかな香りが感じられ果実味豊かで親しみやすいワインとされ、
  • くまくんのじてんしゃ

    by 冨樫 チト on 2017年7月24日
    「くまくんのじてんしゃ」エミリー・ウォレン・マクラウド 文デイビッド・マクフェイル 絵アリス館読書感想文の季節ですね苦手だった方たくさんいるでしょう何せまず感動しなきゃなりませんからそして僕も私も
  • 風評被害を考える

    by 金井 一浩 on 2017年7月15日
    昨年の東京都知事選挙。新しく就任した小池都知事が議会の承認を得ないまま独断で豊洲移転延期を決断してしまいました。築地市場の豊洲移転が「風評被害」というマッチポンプ商法でメディアに煽ら、安全なのに
  • アルチンボルドの楽しみ方

    by 石黒 健治 on 2017年7月11日
     アルチンボルドって、聞き慣れない変な名前ですが、意外に日本人に身近に親しまれている画家なんです。気がつけば、筆者がいま使っているノートの表紙が彼の代表作[夏」、裏表紙が[冬]でした! 何しろ
  • 「本を読む為のマグカップ」とは

    by 中村 滋 on 2017年7月 3日
    世界の有名ブランドが集まる最大店舗という銀座シックスに行ってきました。といってもファッションブランドに興味があるわけではなく、雑貨・バラエティーフロアを見たあと銀座・蔦屋書店へ。 ここはTSUTA
  • 自然派ワインの造り手「レ・カプリアード」

    by 竹之内 一行 on 2017年6月29日
    真面目な性格なパスカル・ポテールと陽気なモーズ・ガドゥッシュがタッグを組んで造るこだわりの発泡性ワイン! 地理 ロワールの古城で有名なシュノンソー城に程近いモントリシャーという町付近にパスカル
  • せかいのひとびと

    by 冨樫 チト on 2017年6月22日
    本屋をやっているとたまにこんなことを言われる「絵本ってなぜこんなにサイズがバラバラなんですか?」明確な答えが見つからないまま2年が過ぎたある日ふと思ったこじつけかも知れないが少しお時間を頂きたい
  • スマホ vs デジタルカメラ

    by 石黒 健治 on 2017年6月19日
     人はなぜ写真を撮るのか。フランスの精神科医で映像評論家のG・ティスロンは、「思い出を、とりあえずカメラという箱の中へ投げ込んでおく。あとで取り出して見るための行為」だといいます。しかし、いまや
  • 自然の物を独占していいのだろうか? 種子...

    by 金井 一浩 on 2017年6月15日
    種子の権利が民間へ開放されます。これによりこれから始まるであろう主要穀物種の利権争いに経済的にも健康的にも一番の被害を受けるのは消費者です。ワイドショーと化している国会質疑の影でしれっと通過して
  • スポーツブランドの機能性アロハシャツ

    by 中村 滋 on 2017年6月 5日
    もうすぐアロハシャツの季節がやってきます。アロハシャツはもともと日本の着物を利用したものなので、シルクかその代用品のレーヨンが多く、有名ブランドはそのどちらかです。ハワイのような乾燥している風土で
  • 花を棲みかに

    by 冨樫 チト on 2017年5月30日
    個人的な意見だが僕がしあわせだったなと思うのは何か読みたい本ある?と親に言われなかったことかなとふと思った本屋に行って読みたい本を選びましょうと言われた記憶はないし選んだ本をそれはあなたにはまだ早
  • 自然派ワインの造り手「パスカル&ジャッ...

    by 竹之内 一行 on 2017年5月22日
    お茶目で陽気なジャッキーおじさん! ここのワインは安い!旨い!!自然!!!の3拍子揃ったワインだ! この三つが揃ったワインは世界でもなかなか見つからない! 歴史 1966年よりワイン造りを
  • 人生を変える1枚? 人生をかけた20点!

    by 石黒 健治 on 2017年5月18日
     ゴールデン・ウイークはいかがでしたか? 全国的には天候異変があったようですが、東京地方はおおむね晴れ、何処も人出が多く、公園では芝生に寝転ぶ一家団らんの情景が展開していました。  しかし、心
  • 来る平成30年に問題が!?

    by 金井 一浩 on 2017年5月15日
    あまり報じられていないニュースに「平成30年減反政策廃止」があります。 "減反政策"と言われても馴染みが薄いと思いますので簡単に説明いたしますと、政府がお米の需要供給バランスを調整し、余剰米の生
  • シニア向け機能性チョコレート大増殖

    by 中村 滋 on 2017年5月 2日
    機能性チョコレートが流行っているらしいです。トクホとか機能性食品とかは効果が疑わしいといわれていますが、チョコレートはまあ、おいしいので+サプリ気分で食べられます。中でも乳酸菌、ビフィズス菌などの大
  • 夢ってなんだろう

    by 冨樫 チト on 2017年4月24日
    「夢ってなんだろう」村瀬学 文杉浦範茂 絵福音館書店 小さい頃の夢は「夢」を録画するビデオを発明することだった 今朝見た夢がどうしても思い出せない何だか凄く変わった夢でほぅそんなタイプの夢もある
  • 自然派ワインの造り手「クロ・デ・ジャール...

    by 竹之内 on 2017年4月19日
    南フランスのラングドック地方ミネルヴォワ地区のコーヌ・ミネルヴォワ村にヴィヴァン・エメルズダエルという若手醸造家がいる。1990年に、ヴィヴィアンの両親がミネルヴォワのブドウ畑を購入した。本業とは
  • 主役ではないけど主食です

    by ROLLEINAR on 2017年4月15日
    日本の主食は、と聞かれれば「お米」と当り前のように答えると思います。では他の国の主食はいったい何になるのでしょうか。そもそも主食という概念はあるのでしょうか。 実はヨーロッパでは肉もパンにも主
  • 伝統か? 統合か?【フュージョン料理の真...

    by 石黒 健治 on 2017年4月12日
     三田健義さんは、イタリアレストランのシェフの時代から、なかなか納得できない疑問を持っていた。  世界各国の料理を合わせたフュージョン料理が台頭していた。それは無国籍料理とも多国籍料理とも呼ばれ
  • 日本では、桜は観るだけでなく様々

    by 中村 滋 on 2017年4月 3日
    桜がそろそろです。我が日本では観て宴を開くだけでなく、歌から街の飾りから桜餅、道明寺までまさに満開になりますが、こんな職人芸「飴細工」もあります。「飴細工」は注文をその場で作る実演が売り物で、大昔
1

Homeに戻る