せかいのひとびと

2017年6月22日
「せかいのひとびと」

本屋をやっていると
たまにこんなことを言われる
「絵本ってなぜこんなにサイズがバラバラなんですか?」

明確な答えが見つからないまま2年が過ぎたある日
ふと思った
こじつけかも知れないが
少しお時間を頂きたい

きっかけは隣のビルのお店
OUTBOUNDの小林さんと話していたときだ
小学校の入学式に参加した小林さん
校長先生の話を聞きながら思ったらしい
明るく、元気よく、友だちと仲良く
それは勿論とても大切なことだが
ここに集まったそれぞれが異なる人間で
異なる個性を持っている
その違い、多様性を尊重しましょう
みたいなことにも触れて欲しいな
そんな話をしていた

僕の頭の中に一つの絵本が浮かんだ

ピーター・スピア
「せかいのひとびと」
評論社

その名のとおり
世界には多種多様な人々がいて
髪の色が違えば目の色も違うということを
スピアの丁寧な絵でセンスよく描いた名作

1ページに56個ずらりと並ぶ横顔
ほら
鼻の形を比べてごらん
こんなに色々ある!
勿論肌の色も違うし耳の形も
あ、この人はピアスを開けている
あ、この人の耳は尖っている
みんな違う
すごい
よく見たらみんな違う
色々な服を着ている人がいるし
勿論何も着ていない人だっている
きみの当たり前はあの人にとってはすごく新鮮なことかもしれない
(でも生まれたときはみんなはだかんぼ
みんな同じ)

みんな楽しいことが大好きだけれど
同じことで笑う人もいれば
泣く人もいる
みんなでいるのが好きな人もいれば
1人でいるのが好きな人だっている
一枚一枚の絵
添えられる短い文章
ページを繰る毎に
自分の当たり前がぺりぺりとキャベツみたいにむかれていく
そんな本

例えば小学校
今日体育館の入学式に集まった一年生たち
みんな一年生
みんなおなじ○○小学校の一年生
でもぐるりを見回してごらん
背の大きいひともいる
背の小さなひともいる
みんな違う
生まれたときはみんなおっぱい飲んでいた
でもきっといま
肉が好きな子もいれば
魚が大好きな子もいる
ピーマンなんて見るのもいや!ってこもいれば
好物はピーマンの肉詰め!ってこもきっといる
みんな同じで
みんな違う
楽しいね

そう
例えば本棚の絵本たち
しまうの大変なんだよなぁ
なんで同じサイズじゃないんだろ
なんて大人のぶつぶつをよそに
自由自在なカタチの絵本たち
大きさも違う
厚さも違う
色も匂いもそれぞれ違う
(違いは...受け止めればいい
うちの本棚は
一番大きい本「ねこのオーランドー」のサイズで作ってある
だから
どんな大きな本ものびのびと収まる
もちろん小さな本だって居心地が良さそうだ
色も形もバラバラ
もちろん中の物語だってみんな違う)
大きい本が小さい本より面白い
なんてこともない

「せかいのひとびと」

そう
なんでオトナが形や大きさを一緒にしたいかって
整理しやすいからなんだ
そのほうがわかりやすくて便利だからね
ひとまとめにしやすい
紐でだってぎゅっとくくれる
小さい箱にだって詰め込める
ところがどっこい
絵本はそうはいかない
まとめようとしたってちっともうまくいかない
これはどう考えたって
まとめられないためにこうなっているに違いない!

本の一文にこんなものがある
「ある人たちは自分と違っているというだけでよその人たちをきらう。そんなことっておかしいよ。その人たちは自分たちだって他の人から見ればちがっているってことを忘れているんだ」

2週間前に娘が生まれた
生まれた瞬間から
この子は他の誰とも違うんだ
この子はこの子以外の何者でもないんだ
と思って
愛おしくて愛おしくてたまらなくなった

もしかしたら
絵本のサイズがバラバラなのは
この世にうまれてきた子どもたちに
みんな同じじゃなくてよいんだよ
違っていいんだよ
違うって
こんな楽しくて
美しいんだよって
そんなメッセージかもしれない

ピータースピア
「せかいのひとびと」
フランソワ・バチスト氏がご紹介いたしました

Profile

冨樫 チト(とがし ちと)

冨樫 チト (とがし ちと)

本名である。フランス童話「みどりのゆび」のチト少年にちなんで両親から命名される。富士の裾野の大自然の中、植物画と読書と空想の幼少期を過ごす。
早稲田大学在学時よりプロダンサーとしての活動を開始。
舞台演出、振付け、インストラクター、バックダンサーなど、踊りに関わる全てに携わる傍ら、持ち前の遊び心で、空間演出、デザイナー、リゾートホテルのライブラリーの選書、壁画の製作、ライブペイントによる3Dトリックアートの製作など、無数のわらじを履く。
2015年2月、フランソワ・バチスト氏として、住まいのある吉祥寺に絵本児童書専門古書店、「MAIN TENT」をオープン。
氏の部屋をそのまま移動させた小さな絵本屋から、エンターテインメントを発信している。

  • 自然派ワインの造り手「レ・カプリアード」

    by 竹之内 一行 on 2017年6月29日
    真面目な性格なパスカル・ポテールと陽気なモーズ・ガドゥッシュがタッグを組んで造るこだわりの発泡性ワイン! 地理 ロワールの古城で有名なシュノンソー城に程近いモントリシャーという町付近にパスカル
  • せかいのひとびと

    by 冨樫 チト on 2017年6月22日
    本屋をやっているとたまにこんなことを言われる「絵本ってなぜこんなにサイズがバラバラなんですか?」明確な答えが見つからないまま2年が過ぎたある日ふと思ったこじつけかも知れないが少しお時間を頂きたい
  • スマホ vs デジタルカメラ

    by 石黒 健治 on 2017年6月19日
     人はなぜ写真を撮るのか。フランスの精神科医で映像評論家のG・ティスロンは、「思い出を、とりあえずカメラという箱の中へ投げ込んでおく。あとで取り出して見るための行為」だといいます。しかし、いまや
  • 自然の物を独占していいのだろうか? 種子...

    by 金井 一浩 on 2017年6月15日
    種子の権利が民間へ開放されます。これによりこれから始まるであろう主要穀物種の利権争いに経済的にも健康的にも一番の被害を受けるのは消費者です。ワイドショーと化している国会質疑の影でしれっと通過して
  • スポーツブランドの機能性アロハシャツ

    by 中村 滋 on 2017年6月 5日
    もうすぐアロハシャツの季節がやってきます。アロハシャツはもともと日本の着物を利用したものなので、シルクかその代用品のレーヨンが多く、有名ブランドはそのどちらかです。ハワイのような乾燥している風土で
  • 花を棲みかに

    by 冨樫 チト on 2017年5月30日
    個人的な意見だが僕がしあわせだったなと思うのは何か読みたい本ある?と親に言われなかったことかなとふと思った本屋に行って読みたい本を選びましょうと言われた記憶はないし選んだ本をそれはあなたにはまだ早
  • 自然派ワインの造り手「パスカル&ジャッ...

    by 竹之内 一行 on 2017年5月22日
    お茶目で陽気なジャッキーおじさん! ここのワインは安い!旨い!!自然!!!の3拍子揃ったワインだ! この三つが揃ったワインは世界でもなかなか見つからない! 歴史 1966年よりワイン造りを
  • 人生を変える1枚? 人生をかけた20点!

    by 石黒 健治 on 2017年5月18日
     ゴールデン・ウイークはいかがでしたか? 全国的には天候異変があったようですが、東京地方はおおむね晴れ、何処も人出が多く、公園では芝生に寝転ぶ一家団らんの情景が展開していました。  しかし、心
  • 来る平成30年に問題が!?

    by 金井 一浩 on 2017年5月15日
    あまり報じられていないニュースに「平成30年減反政策廃止」があります。 "減反政策"と言われても馴染みが薄いと思いますので簡単に説明いたしますと、政府がお米の需要供給バランスを調整し、余剰米の生
  • シニア向け機能性チョコレート大増殖

    by 中村 滋 on 2017年5月 2日
    機能性チョコレートが流行っているらしいです。トクホとか機能性食品とかは効果が疑わしいといわれていますが、チョコレートはまあ、おいしいので+サプリ気分で食べられます。中でも乳酸菌、ビフィズス菌などの大
  • 夢ってなんだろう

    by 冨樫 チト on 2017年4月24日
    「夢ってなんだろう」村瀬学 文杉浦範茂 絵福音館書店 小さい頃の夢は「夢」を録画するビデオを発明することだった 今朝見た夢がどうしても思い出せない何だか凄く変わった夢でほぅそんなタイプの夢もある
  • 自然派ワインの造り手「クロ・デ・ジャール...

    by 竹之内 on 2017年4月19日
    南フランスのラングドック地方ミネルヴォワ地区のコーヌ・ミネルヴォワ村にヴィヴァン・エメルズダエルという若手醸造家がいる。1990年に、ヴィヴィアンの両親がミネルヴォワのブドウ畑を購入した。本業とは
  • 主役ではないけど主食です

    by ROLLEINAR on 2017年4月15日
    日本の主食は、と聞かれれば「お米」と当り前のように答えると思います。では他の国の主食はいったい何になるのでしょうか。そもそも主食という概念はあるのでしょうか。 実はヨーロッパでは肉もパンにも主
  • 伝統か? 統合か?【フュージョン料理の真...

    by 石黒 健治 on 2017年4月12日
     三田健義さんは、イタリアレストランのシェフの時代から、なかなか納得できない疑問を持っていた。  世界各国の料理を合わせたフュージョン料理が台頭していた。それは無国籍料理とも多国籍料理とも呼ばれ
  • 日本では、桜は観るだけでなく様々

    by 中村 滋 on 2017年4月 3日
    桜がそろそろです。我が日本では観て宴を開くだけでなく、歌から街の飾りから桜餅、道明寺までまさに満開になりますが、こんな職人芸「飴細工」もあります。「飴細工」は注文をその場で作る実演が売り物で、大昔
  • だれのおうちかな?

    by 冨樫 チト on 2017年3月28日
    「だれのおうちかな?」 作 ジョージ・メンドーサ 絵 ドリス・スミス 訳 福原洋子 あ!これはあれだ 小さい頃出会っていたら夢中になっていたやつだ 一目見ただけでそうピンとくる そんな作
  • 自然派ワインの造り手「アレクサンドル・ジ...

    by 竹之内 一行 on 2017年3月24日
    オーナーのアレクサンドル・ジュヴォー氏はディジョン大学で美術を専攻し、卒業後、ディジョンで美術品の個展を開くアトリエを2年運営。その後、農業学校に入りなおし、ぶどう栽培とワイン醸造を学びました。
  • イギリス料理を食べに行く【不味いか? お...

    by 石黒 健治 on 2017年3月17日
     世界中の男たちの最高の幸せは、アメリカの家に住み、日本人の女性を妻として、フランス料理を食べること。その反対、最悪の不幸は、日本の家屋に住み、アメリカの女と結婚し、毎日イギリス料理を食べるこ
  • 同位体検査ってなんだ?中国産米混入のニュ...

    by 金井 一浩 on 2017年3月15日
    2月、週刊ダイヤモンドに掲載された記事で「告発スクープ 産地偽装疑惑に投げ売りも JAグループの深い闇」というショッキングな内容がありました。 http://www.j-cast.com/tv/2
  • シニア向けのドリップコーヒー・バッグ

    by 中村 滋 on 2017年3月 6日
    「アウトドアでもドリップコーヒーを」というのは変わらぬ欲求のようで、軽量コンパクトな新製品が次から次へと登場しています。ウルトラライトが優先ならスターバックスのインスタントコーヒーが秀逸で、味と香り
1

Homeに戻る