だれのおうちかな?

2017年3月28日
「だれのおうちかな?」

「だれのおうちかな?」
作 ジョージ・メンドーサ
絵 ドリス・スミス
訳 福原洋子

あ!これはあれだ
小さい頃出会っていたら夢中になっていたやつだ
一目見ただけでそうピンとくる
そんな作品にたまに出会う
野ばらの村のシリーズしかり
いちごばたけのちいさなおばあさんや
バムとケロもそう
細かい絵が隅々までみっちり描き込まれていて
抜かりがない
気付いたら自分も落書き帳を広げていたりする
そんなタイプの絵本

この「だれのおうちかな?」なんてまさにその王様だ

表紙のネズミはエロイーズさん
名前から察するにフランスの方
彼は設計士
彼は建築家
彼は大工
彼はアーティスト
そして彼は...
天才
森の動物達それぞれに適した
見事な家を作ってくれる
その一つ一つがまあお見事!
表紙からもわかるように
とにかく絵が緻密で
悔しいくらい遊び心に充ちていて
そして純粋に建築物として面白い

例えばチラリと写っている西洋なしの家
これはいも虫の家
中は三層になっていて
まず地下は貯蔵庫
さくらんぼや冬用の枯葉なんかがたっぷり
一階は居住区
窓際には花が
壁にはフルーツの絵が飾ってあったり
アンティークなランプシェード
薪ストーブの上には湯気を立てるやかん
(煙突はちゃんと果物の外に繋がっている)
屋根裏では食用か鑑賞用か植物を栽培中
当のいも虫はというとソファでゆらりとくつろいでいる
この調子で
日向ぼっこの好きなトカゲのためのサンルーフのついた家
回遊する魚のための迷路のような家
ハンターのキツネ用の野原に紛れた家
蜘蛛の家にフクロウの家など
それぞれ建築としての実用的なアイデアで溢れていて
渡辺篤史さんが建物の探訪にいらしたら
「へぇー」「ほぉー」と感嘆されること間違いなしの物件の数々
お見事だし
ひとの住まいを見るのってやはり楽しい
目と頭がワクワクする

読み聞かせ
がメジャーになって来た今
絵本=読み聞かせ
になりがちだけれど
ところがどっこい
読み聞かせじゃ伝わらないこんな面白い本も沢山ある
「はるにれ」や「イエペ」のような
写真絵本しかり
クライドルフやワイズブラウンのような
圧倒的に絵の美しい本しかり
洋書しかり
1人で引き出して
ただじっと眺める
じっと眺める
じっと眺める
文字が読めない?
関係ない
優れた絵本の絵は
絵だけで充分に楽しませてくれるもの
絵の中を旅させてくれるもの
「目のごちそう」とは佐々木マキさんの言葉だったか
ごちそうはブルーライトでチカチカしない
ごちそうは手触りもよい
ごちそうはよい匂いがする
ごちそうは五感を愉しませてくれる

そういえばこの間
肺活量のまだ充分でない子どものために
オトナが最初にぷぅっと風船を膨らませてあげていた
ふと
想像力というのは風船のようなものだな
と思った
想像力の風船はもちろん
肺活量ではなく想像力で膨らませる
子どもの頃に大きく大きく膨らませておくと
オトナになって
地球が平らでないことや
雷がドラゴンの鳴き声でないことがわかる年齢になっても
ちょいと目を瞑るだけで風船はぷぅっとふくらむ

現実と非現実の境い目が曖昧なうちに
想像力の風船を出来る限り大きく膨らませておくこと

夜に太陽が何をしているか
知る前に
目をつむり
頭の中で旅に出る

その手助けになるような本が
世の中に溢れるとよいな
と思う

20年後の吉祥寺が
そんなオトナで溢れますように

今月の絵本
「だれのおうちかな」
吉祥寺の絵本の古本屋MAIN TENTより
フランソワ・バチスト氏がご紹介いたしました

Profile

冨樫 チト(とがし ちと)

冨樫 チト (とがし ちと)

本名である。フランス童話「みどりのゆび」のチト少年にちなんで両親から命名される。富士の裾野の大自然の中、植物画と読書と空想の幼少期を過ごす。
早稲田大学在学時よりプロダンサーとしての活動を開始。
舞台演出、振付け、インストラクター、バックダンサーなど、踊りに関わる全てに携わる傍ら、持ち前の遊び心で、空間演出、デザイナー、リゾートホテルのライブラリーの選書、壁画の製作、ライブペイントによる3Dトリックアートの製作など、無数のわらじを履く。
2015年2月、フランソワ・バチスト氏として、住まいのある吉祥寺に絵本児童書専門古書店、「MAIN TENT」をオープン。
氏の部屋をそのまま移動させた小さな絵本屋から、エンターテインメントを発信している。

  • 日本では、桜は観るだけでなく様々

    by 中村 滋 on 2017年4月 3日
    桜がそろそろです。我が日本では観て宴を開くだけでなく、歌から街の飾りから桜餅、道明寺までまさに満開になりますが、こんな職人芸「飴細工」もあります。「飴細工」は注文をその場で作る実演が売り物で、大昔
  • だれのおうちかな?

    by 冨樫 チト on 2017年3月28日
    「だれのおうちかな?」 作 ジョージ・メンドーサ 絵 ドリス・スミス 訳 福原洋子 あ!これはあれだ 小さい頃出会っていたら夢中になっていたやつだ 一目見ただけでそうピンとくる そんな作
  • 自然派ワインの造り手「アレクサンドル・ジ...

    by 竹之内 一行 on 2017年3月24日
    オーナーのアレクサンドル・ジュヴォー氏はディジョン大学で美術を専攻し、卒業後、ディジョンで美術品の個展を開くアトリエを2年運営。その後、農業学校に入りなおし、ぶどう栽培とワイン醸造を学びました。
  • イギリス料理を食べに行く【不味いか? お...

    by 石黒 健治 on 2017年3月17日
     世界中の男たちの最高の幸せは、アメリカの家に住み、日本人の女性を妻として、フランス料理を食べること。その反対、最悪の不幸は、日本の家屋に住み、アメリカの女と結婚し、毎日イギリス料理を食べるこ
  • 同位体検査ってなんだ?中国産米混入のニュ...

    by 金井 一浩 on 2017年3月15日
    2月、週刊ダイヤモンドに掲載された記事で「告発スクープ 産地偽装疑惑に投げ売りも JAグループの深い闇」というショッキングな内容がありました。 http://www.j-cast.com/tv/2
  • シニア向けのドリップコーヒー・バッグ

    by 中村 滋 on 2017年3月 6日
    「アウトドアでもドリップコーヒーを」というのは変わらぬ欲求のようで、軽量コンパクトな新製品が次から次へと登場しています。ウルトラライトが優先ならスターバックスのインスタントコーヒーが秀逸で、味と香り
  • だれも知らない小さな国

    by 冨樫 チト on 2017年2月27日
    違う本で原稿を書いていた 入稿間近だった だが2月9日 佐藤さとるさんがお亡くなりになった 僕という存在のど真ん中にあって 今の僕を形成しているのは間違いなくこのコロボックルシリー
  • 自然派ワインの造り手「ピエール・オヴェル...

    by 竹之内 一行 on 2017年2月24日
    ブルゴーニュというあまりにも有名なワイン産地から東へ車で2時間程走るとアルボワという産地がある。ハードチーズで有名な「コンテ」チーズの産地でもある。ワインだけでなく牧畜も盛んな地域。スイス国境にほ
  • 地球温暖化説は本当か?

    by 金井 一浩 on 2017年2月15日
    毎日寒い日が続いていますが、こう寒い日が続くと地球温暖化の話題が影を潜めますね。温暖化が進むと北海道が旨いお米の一大産地になる!そんなイメージを持つくらい地球温暖化というキーワードが根付いている今
  • 春を観に行く ティツィアーノとヴェネツィ...

    by 石黒 健治 on 2017年2月13日
     冷たい風に押されて駆け込むように都美術館「ティツィアーノとヴェネツィア展」へ。入り口の大きなヴェネツィアの航空写真が、一気に異郷へ連れて行ってくれる。ヴェネツィアの光は美しく、影が明るく清らか
  • 久々に使えるガジェットがありました

    by 中村 滋 on 2017年2月 3日
    ・ガジェットという言葉がスマートフォンでしばしば出てきます。デジタル大辞泉によれば「ちょっとした小物、気のきいた小道具」とありますが、経験上まず、面白いだけでそう役に立つものはありません。 ・が、ガ
  • とぶ船

    by 冨樫 チト on 2017年1月31日
    「とぶ船」ヒルダ・ルイス石井桃子 訳岩波書店 需要と供給最近よく思うことだ 疑問の始まりはここ最近お店にいらしたお客様からのある質問 子どもが欲しい本を買ってあげるのがよいのかその時期に読んだほう
  • 自然派ワインの造り手「ジョン・シュミット...

    by 竹之内 一行 on 2017年1月19日
    フランス南部スペインとの国境に程近いオード県に世界遺産にも指定されている要塞都市カルカッソンヌがある。フランス南部を訪れるときは必ずといっていいほどこのカルカッソンヌ名物のカスレ(豆やソーゼジ、
  • 新年あけましておめでとうございます。

    by 金井 一浩 on 2017年1月15日
    新年あけましておめでとうございます。 本年も「お米と暮らし」どうぞよろしくお願いいたします。 さて今年はいったいどんな年になるのでしょうか、農業界で一番の関心事はアメリカのTPP参加が不透明にな
  • 2017 トランプ占い

    by 石黒 健治 on 2017年1月11日
     昔々、与那国島の沖に唐の国のマーラン船が現れた。島の住民たちは、唐船が着いて島に上陸されたら、女子供はみな食い殺されてしまうと怖れおののいた。  そのころ島は女傑サンアイ・イソバが治める独立
  • スマートフォン生誕10年、次の10年は?

    by 中村 滋 on 2017年1月 6日
    ・iPhoneが登場して今年で10年です。ライフスタイルが大きく変わりつつあります。街ゆく人々を見ればわかります。2007年にアメリカで発売されたものを取り寄せて手にしたときのショックを今でも鮮明に
  • 赤ひげのとしがみさま

    by 冨樫 チト on 2016年12月27日
    クリスマスに素敵な本が溢れるのは当然として モチロンお正月にだってちゃーんと素敵な本が控えています その一つがこれ 「赤ひげのとしがみさま」 ファリードファルジャーム/ミームアザード 作
  • 自然派ワインの造り手「ル・トン・デ・スリ...

    by 竹之内 一行 on 2016年12月22日
    ワインはその土地を表すというが造り手の個性も表す。これほどワインと造り手の個性がリンクしたワインがあるのかと思わせる蔵がある。「ル・トン・デ・スリーズ」だ。 東ドイツ出身という異色の経歴を持つ造
  • ヌカ床の話

    by 金井 一浩 on 2016年12月15日
    熟成された糠床に旬の野菜を漬け込む、栄養価も高く体に美味しい発酵食品。 今の季節ですと大根やカブが美味しく漬かるでしょう。沢庵も乾燥させた大根を糠に漬けて作りますから糠漬けになるのでしょうかね、
  • ロンドンを切る 早川伸生の天狗のハサミ

    by 石黒 健治 on 2016年12月12日
     ミョルニルで髪を切ってもらっていると、早川さんの手の中のハサミの音がリズミカルで、ポップな音楽を聴いているように、うきうきしてしまう。そして、演奏が終わって鏡を見ると、変身! 生まれ変わった
1

Homeに戻る