だれも知らない小さな国

2017年2月27日
「だれも知らない小さな国」

違う本で原稿を書いていた
入稿間近だった
だが2月9日
佐藤さとるさんがお亡くなりになった
僕という存在のど真ん中にあって
今の僕を形成しているのは間違いなくこのコロボックルシリーズだ
悲しいけれど
今回はこの一冊について書かなくてはならない

「だれも知らない小さな国」
佐藤さとる 文
村上勉 絵

当然ご存知の方も多いであろう
日本を代表する児童文学作家
横須賀生まれ
佐藤さとるさんの代表作にして
コロボックルシリーズの始まりの物語
「だれも知らない小さな国」
世の中に優れた児童文学は多々あれど
もし大人になるまでに一冊しか読めないのであれば
間違いなくこの一冊を選ぶ
何故か
何故なのか
考えてみる

きっとそれは
これがファンタジーでもフィクションでもなく
これを読む小学校四年生の僕たちには
このお話はまごうことなきノンフィクションだからだ
ピッピもナルニアも素敵だけれど
あれはちゃんとしたフィクションの世界
「床下の小人たち」も小さな人たちを描いた作品だけれど
やはりフィクションだ
「だれも知らない小さな国」が他の物語と違うのは
ノンフィクションのドキュメンタリーとして描かれていること
そこ
この物語に出てくるせいたかさんも
ヒイラギヒコもマメイヌも
みんな実在するところ
実在するとちゃんと信じられること
サンタクロースはいるの?という疑問を持ち始める
それくらいの年令で出会うであろうこの本が
コロボックルはいる!とちゃんと信じられるように丁寧に丁寧に作られている
その部分だと思う

現実と非現実
その境い目は幼い頃はとても曖昧だ
そしてそれは素晴らしく貴重で
素晴らしくしあわせな時間だ
その限られた魔法の時間を存分に楽しめるように
世の中には沢山の絵本や児童書が存在している
その魔法は些細なきっかけでとけてしまう
その瞬間を1日でも遅らせたい
そのために世界中の魔法使いたちが
ペンを駆使して物語を紡ぎだす
日本の誇る偉大な魔法使い佐藤さとるさんも
もちろん抜かりが無く
コロボックルを何度疑おうが
いいや大丈夫
コロボックルはいるよ
とちゃんと信じさせてくれる
これはそういう貴重な本なのだ

個人的な話になるが
この一冊がなければ
僕は絵本屋をやっていない
小さい頃この本を読んで真面目に
セイタカさんは自分だと思っていた
ここには自分のことが書かれている!
と同時に
ここに書いてあるセイタカさんの年令と自分の年令を比べて
幼い僕は混乱していた
セイタカさんは将来の自分の姿だ
コロボックルに選ばれる人間は僕だ
と本当に思っていた
絵本屋を設計するときに頭にあったのは
セイタカさんが初めてコロボックルたちみんなと会うあの小屋のシーンだ
あのシーンのような
あれがおきても違和感のないような場所を作ろう
そう思った
少年の頃
想像力の入れ物を目一杯広げてもらえたおかげで
未だに頭の中は無限大だ

長くなって来た
伝えたいことが沢山あり過ぎる
佐藤さとるさんはもちろん他にも優れた作品を沢山世の中に送り出していて
自分で編んだ飛行機で空を飛ぶ「おばあさんのひこうき」
誰でも一度は憧れる夢のツリーハウス「大きな木がほしい」
更には「赤んぼ大将」シリーズや
隠れた名作
鉄塔と友だちになる「ジュンとひみつの友だち」など
いずれも子どもの頭の中の想像力を目一杯広げてくれること間違いないお話ばかりだ

「だれも知らない小さな国」が生まれたのは1958年
翌年自費出版される
シリーズ3作目「星からおちた小さな人」から挿し絵が村上勉さんになる
当時村上さんは23.4歳
かなり若手の絵描きさんだった
その先ずっと続く2人のコンビはここから始める
やがて改版のおりに1.2巻も
みなさんもよくご存知の村上さんの挿し絵に全て変わる
この作家さんの本はこの方の絵で読みたい
その典型的な例だと思う
どの本にも通じるのは
読んでああ面白かった!で終わらないところ
本を閉じた後も
もし自分だったら...
もしコロボックルが今出て来たら...
大きな木があったら...
とついつい想像力の羽根を伸ばしてみたくなるのだ
よく漫画などで見る頭の上に表れるモワモワ
あれが出やすい作家さんである

あのモワモワがそのまま雲になって部屋の中をゆっくり移動して
あるところで雨を降らせ
そこから芽が出て...

なんて妄想が頭の中で広がるようになったのも
佐藤さとるさんのチカラかもしれない
10歳の僕と
今の僕
2人からお礼を言わせて下さい
ありがとうございました

今月の絵本紹介
佐藤さとるさんの代表作
「だれも知らない小さな国」
フランソワ・バチスト氏がご紹介致しました

Profile

冨樫 チト(とがし ちと)

冨樫 チト (とがし ちと)

本名である。フランス童話「みどりのゆび」のチト少年にちなんで両親から命名される。富士の裾野の大自然の中、植物画と読書と空想の幼少期を過ごす。
早稲田大学在学時よりプロダンサーとしての活動を開始。
舞台演出、振付け、インストラクター、バックダンサーなど、踊りに関わる全てに携わる傍ら、持ち前の遊び心で、空間演出、デザイナー、リゾートホテルのライブラリーの選書、壁画の製作、ライブペイントによる3Dトリックアートの製作など、無数のわらじを履く。
2015年2月、フランソワ・バチスト氏として、住まいのある吉祥寺に絵本児童書専門古書店、「MAIN TENT」をオープン。
氏の部屋をそのまま移動させた小さな絵本屋から、エンターテインメントを発信している。

  • 競馬で牝馬をひんばと読みますが牡馬は?

    by 中村 滋 on 2017年12月 5日
    来年、広辞苑が10年ぶりの改訂とかで、「スマホ」とか「萌え」とかが載るということですが、これをニュースにするというのは、なんか時代とズレてませんか。辞典編集部の担当役員をした経験から言うと、辞典編
  • ぴちぴちカイサとクリスマスのひみつ

    by 冨樫 チト on 2017年11月30日
    さあ今年もホリデーシーズンがやってきたぼんやりと外の雨を眺める日々も終わり年に一度の絵本屋の張り切り時一年間ためた200冊あまりのクリスマスの絵本を一度に放流する今年はなかなか楽しい絵本を捕獲し
  • 「1968年」無数の問いの噴出の時代

    by 石黒 健治 on 2017年11月22日
    「1968年」無数の問いの噴出の時代」展が、国立歴史民俗博物館で開催されています。無数の問いとは何でしょうか。誰が何を、だれに問うのか、問いには答えがあったのか?第1の問いは、ベトナム戦争です。1
  • 美味しさの秘訣は計量

    by 金井 一浩 on 2017年11月15日
    「同じお米なのになぜ?毎回違う炊き上がり!」という経験ありませんか? ごくまれに、「前回のお米はベチャっと炊き上がり美味しくなかった」「今回のお米は粘りがすくなく感じた」このような問い合わせがあ
  • 2017年の自然派ボージョレ・ヌーヴォ...

    by 竹之内 一行 on 2017年11月13日
    2017年の作柄 6、7、8月の3か月は殆ど雨が降らなかった。 降ったのは雹だけ。しかも2度に渡って降った。 3か月も雨が降らなかったので、葡萄が熟す大切な8月は水不足で葡萄がシワシワになって
  • 街は騒音と雑音に満ちていると気づく道具

    by 中村 滋 on 2017年11月 6日
    夜道を歩いていて聴こえる虫の音も、気温のせいか小さくなっています。そんな虫や鳥、風の音は心地良い音色ですが、電車やトラック、バスのロードノイズ、バイクの排気音は騒音です。街はなんと雑音に満ちている
  • おおきなくまがいいました

    by 冨樫 チト on 2017年10月27日
    週に一度仕事で横浜に行く吉祥寺から新宿へ湘南新宿ラインに乗り換え横浜へ1時間ほどの電車の旅だボックス席に乗りながら本を読んだり携帯をいじったり周りもほぼ同じように自分の世界を過ごしている新聞であっ
  • 自然派ワインの造り手「オリヴィエ・クザン...

    by 竹之内 一行 on 2017年10月24日
    フランスのロワール地方の中にアンジュ・ソミュール地区とういワイン生産地がある。 ここでは赤はカベルネ・フラン、ガメイ、グロロ。白はシュナンブランを主に栽培されている。一般的には軽やかで安いワイン
  • 風景と調和すれば、存在が許される――安部...

    by 石黒 健治 on 2017年10月18日
     [美しい山。川を流れる石ころ。砂浜に打ち上がる流木。それらの形はとうてい人間には作り得ない必然性を持つ。]  安部大雅のパンフレットは、こんな詩的な文章から始まる。続けて、[我々人間がどこまで
  • 有機栽培は無農薬栽培なの!?

    by 金井 一浩 on 2017年10月15日
    最近、お米以外でも野菜や果樹、輸入品までJAS有機栽培の農産物を見かけます。ファーマーズマーケットのように生産者の直売イベントでは栽培表記が必須ですよね。 そこでJAS有機栽培、無農薬栽培、減農
  • あらゆる臭いが瞬時に消える不思議な液体

    by 中村 滋 on 2017年10月 4日
    体臭をやたら気にするのはどうかと思いますが、悪臭というのはいっぱいあります。靴箱、クローゼット、トイレ、生ゴミ、焼き魚あとの台所、エアコン、寝室、ペット、車の中などなど。 消臭といえばファブリーズが
  • 自然派ワインの造り手「ミッシェル・ガイ...

    by 竹之内 一行 on 2017年9月26日
    自然派ワインファンが大注目の産地の一つにジュラ地方がある。 フランスとスイスの国境に近い山岳地帯にありコンテやモン・ドールなど素晴らしいチーズの名産地でもある。この地は冷涼な気候とこの地独特の葡萄
  • わたしのワンピース

    by 冨樫 チト on 2017年9月21日
    噂にはきいていたがどうやら読むことと読んでもらうことは全然違うらしい自分で足をマッサージするのと誰かに足をマッサージしてもらうのが全く違うようにするとされるとでは全然違う気持ちよさがあるというこ
  • たいまつを放さない人の手をたいまつが焼く

    by 石黒 健治 on 2017年9月19日
     9月最初の月曜日、フォトコンテストの審査会に出席しました。仏教伝道協会の「2019年一日一訓カレンダー」を飾る写真の審査です。1740枚の応募の中から第1次審査を通過した385枚の写真が、大
  • 新米の価格が高騰

    by 金井 一浩 on 2017年9月15日
    いま29年産米の収穫期を迎えております。そして今年の米価は作柄に関係なく産地品種によっては2年前に比べ2割以上も高騰しています。もともとお米の価格は味に比例せず、新潟県魚沼産のように有名産地や有
  • ソフトドリンクも自分好みの濃さにできます

    by 中村 滋 on 2017年9月 6日
    ウイスキーや焼酎は、水割りにしろ炭酸割りにしろ自分好みの濃さにできます。ソフトドリンクも同じようにしたいと思いますが、カルピス以外あまりみたことがありません。出来合いのペットボトル炭酸飲料は甘す
  • ぼくからみると

    by 冨樫 チト on 2017年8月30日
    お店の端っこのほうに常にあるけれどとくに光が当たることもなく手に取られ旅立っていくこともほぼない本たちのコーナーがある田島征三さんの「猫は生きている」や米倉斉加年さんの「おとなになれなかった弟たち
  • 自然派ワインの造り手「ガングランジェ」

    by 竹之内 一行 on 2017年8月24日
    フランス・パリから約500km、ドイツとの国境付近に位置するアルザス地方。この地は17世紀から19世紀にかけてフランスとドイツが領有権争いを続けていたため、フランスに属したりドイツに属したりを繰り
  • ヨコハマ トリエンナーレ2017とヴェネ...

    by 石黒 健治 on 2017年8月17日
     3年に1度、世界各国からアーチストを招待して開かれる現代アートの国際展「ヨコハマ トリエンナーレ2017」が開幕した。タイトルは『島と星座とガラパゴス』―《「接続」と「孤立」をテーマに、世
  • 農業は儲かる!

    by 金井 一浩 on 2017年8月15日
    先日、和日米会(わかこめかい)というお米に携わる人で構成されている会の定例会に参加してきました。簡単にこの会を紹介しますと、「和」は日本の心、「日」は日常、「米」は日本食文の礎という理念の下、各々
1

Homeに戻る