産地ブランド米の時代の終焉

2021年1月15日
産地ブランド米の時代の終焉

最近、新品種のお米がやたらと開発され、市場に多く出回るようになりました。直近では秋田県の「サキホコレ」がニューフェイスです。そんな中、苦戦している産地ブランド米があります。そもそも日本人の一人当たりのお米消費量が昭和初期の半分以下になっているのですから、供給過剰に加え、販売不振と価格の下落が止まりません。

例えば、商品カテゴリーのバリエーションが4種類しかなかったとします。そうすると評価対象が四分の一に。需要が一番評価の高い商品に集中するのは当然で、供給のバランスからも価値が上がっていきます。高度成長期、新潟県産のお米、特に魚沼のコシヒカリは生産量よりも多く市場に流通し、偽物が公然と販売されていた事実があります。そのくらいブランド化に成功していたのです。

しかし今では各県で新品種が続々奨励され、嗜好の幅が広がりに加えた選択枠が20にも50にも膨らみました。評価対象が拡大すると、新潟県産米や魚沼産コシヒカリの希少価値は年々下落傾向にあります。

しかし新潟県は、ただ手をこまねいていたわけではありません。偽物が出回っていた時代に危機感を覚えたのか、従来のコシヒカリを改良、BLコシヒカリ(Blast Resistance Lines)と品種改良し、表面上は病気に強い抗体を持つ品種としながらも、他県生産との差別化を図り、DNA検査すれば種子が特定できるようになりました。

ただ、それでも「米処新潟」イメージはだんだんと薄れていきます。現在では「新之助」という新品種を開発し販売促進に力を入れていますが、なかなか苦戦中。美味しいか、と聞かれれば、正直、価格に相当する品質では無いと思いますが、イメージ挽回の急先鋒として売り出している事には間違えないでしょう。

他県に比べ、新潟産と謳うだけで高値取引されていた時代が長かったせいか、生産者の技術レベル、販売企画のアイディアが向上していない印象を受けます。

いまや糖質制限ダイエット(タピオカの方が糖質カロリー過多なのに)や、欧米食化、ファーストフード化によって、お米の需要は一段と減っている中で、供給過多の米穀市場は少なくなったパイの取り合いです。

コロナの影響によって一段と外食産業は冷え込み、お米の消費はさらに影響を受けています。
低炭素社会に向けた取り組みや、ネオニコチノイドといった農薬を使わない、自然環境配慮型の農業に一番適しているのが稲作です。 この辺の情報発信を上手くマーケットに反映しない限り、ブランド産地の巻き返しはかなり難しい、そんな風に感じています。

マスク忘れを防止するボックス

2021年1月 7日
マスク忘れを防止するボックス

マスクを忘れて出かけて、コンビニやドラッグストアで買おうとしたら、「マスクなし入店禁止」なんてことがあります。そんなウッカリが多い人の道具があります。
玄関の扉にこのマスクホルダーを付けておけば、目の前のボックスに気づいて、即下から引っ張り出して出かけられます。

» 記事の続きはクールシニアのウェブマガジン「クールシニアマガジン」で!

1