農家が自分で食べるお米は特別!これ都市伝説です。

2020年9月15日
農家が自分で食べるお米は特別!これ都市伝説です。

先日、ネットで発見したのですが「農家が自分で食べるお米」という商品がありました。商品説明を読むと、少々お米の流通やトレサビリティー法を理解していない人が書いた文章だと推測できる内容でした。
ただ、一般消費者からすると、さぞかしこの表現にはインパクトがあり、効果があるのかなーと思いながら読んでいたのですが、一律に農家さんのイメージを脚色する方法で、購買動機を促す手法はいかがなものかと思い、長年産地訪問をして得た私の経験を元に「農家が食べるものは一番いいもの」という固定概念を払拭させていただきたいと思います。

まずこのサイトで気になった点を指摘させていただきますと、「古米も混ざっていない純粋なお米」、「新潟のお米は生産場所関係なく混ぜられている」との謳い文句です。
農家が出荷するお米は、産地、年産、銘柄、生産者名が記載され、検査官の等級検査を受け検査印が押されます。もし古米を混ぜたことが発覚すると、米トレサビリティー法という法律に抵触するので、見つかれば50万円以下の罰金という罰則があります。
一般販売するときには、食品表示法によって年産の記載義務があるので、年産表示を見ればわかるようになっています(業務用は別)。
違反者には2年以下の懲役若しくは200万円以下の罰金という罰則があります。
仮に、検査を受けていない、ブレンドされている、県の奨励を受けていない品種を一般販売するといった場合は、一律「国内産複数原料米」と「年産」表示は義務とされます。

特別栽培米(減農薬。減化学栽培)でしたらなおさらで、検査を受けた30㎏の米袋で出荷されます。地方によっては、農協に集まったお米が大きなサイロに入れられ混ぜられるカントリーエレベーターというのがありますが、これはこれで、農家ごとに品質のバラつきがあるお米が一定の品質になり、年間を通してお米の味が変化しないというメリットがあります。
農家さんが直接出荷するお米は、田んぼによって、品質のばらつきがあります。工業製品でないお米は、気象条件や栽培環境に左右される農産物なので、仕方のない事と思ってください。

質のいい農産物を市場に出荷した方が消費者に喜んでもらえるという、考えを持っている生産者は、市場軽視はしません。それに手塩をかけて育てた逸品は市場で評価を得られるので、農家さんの自家消費用は、前年の売れ残り(古米)や一番条件の悪い田んぼのお米を食べています。野菜も、低コスト栽培のものを食べていると言っていました。たまたまほったらかしで栽培したことにより、無農薬、無化学肥料栽培になり、規格外の形の悪い生産品を食べているそうです。見方によってはいいものかもしれませんが。

消費者の顔を気にすることが無い生産者はわかりませんが、ほとんどの農家さんは、品質がいい生産品は出荷し、対価を得ています。お米も、特別なお米を食べている農家さんの話は聞いたことがありません。農家が一番いいものを食べているイメージがあるかもしれませんが。実際は一般消費者の方が高品質のものを食べているのです。ただ、それは購入先の選び方によって違ってくる事もお忘れなく。

スイスアーミーナイフの爪切り

2020年9月 9日
スイスアーミーナイフの爪切り

爪切りは常時携帯しています。楽器弾きは爪の手入れが欠かせないので、弦を押さえる指の爪や割れた爪の手入れをします。
バッグに入れるので薄く軽くは当然ですが、なかなかいい物がありません。刃の動きがゆっくりで、コントロールしやすいことに加えて、ブレないことも必要です。

» 記事の続きはクールシニアのウェブマガジン「クールシニアマガジン」で!

1